かやぶき倶楽部 WEBSITE

”みて きいて うたって 感じて” 暮らしに素敵な音楽を

  コンサートと歌声のサークル、お待ちしています。

第38回かやぶき倶楽部鈴木舞ヴァイオリンリサイタル

2017-06-17 15:07:35 | 日記
あっという間に、6月のかやぶき倶楽部が終わり、次のチラシを配り始めました。

次回のかやぶき倶楽部は、伊那市高遠にご縁のあるヴァイオリニスト鈴木舞さん、そしてピアニストの福原彰美さんがご出演下さいます。

高遠は城下町、そして桜で有名です。高遠小彼岸桜と言って、ピンクの色がとても濃いのです。

桜がいっぱい咲く公園には、美術館が有り、平山郁夫の絵が飾ってあります、近くには、そろそろ終わりになりますが、バラ園も作られ、美しい町です。

また、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)の初代校長、伊澤修二の故郷と言うことから、記念音楽祭を始め、コンサートが良く開かれます。

詳しくは又ご紹介することにして、次回コンサートのお知らせです。


   第38回かやぶき倶楽部

   鈴木舞ヴァイオリンリサイタル「祖母の想い出に」

                            ピアノ 福原彰美


   日時 7月22日(土)   午後3時開演(午後2時30分開場)

   会場 伊那市富県 金鳳寺

   演奏予定曲   ドヴォルザーク作曲(クライスラー編)    我が母の教え給いし歌

             メンデルスゾーン作曲            ヴァイオリン協奏曲ホ短調 第1楽章   他

   プロフィール

   鈴木舞(ヴァイオリン)

   
   
   東京芸術大学附属高校、同大学卒業後、ローザンヌとザルツブルグで研鑽を積む。
   2005年大阪国際コンクールグランプリ、2006年日本音楽コンクール第二位、2007年チャイコフスキー国際コンクール最年少セミファイナリスト。
   2013年ヴァツラフ・フムル国際ヴァイオリンコンクール(クロ   アチア)で第一位、オーケストラ賞。オルフェウス室内楽コンクール(スイス)第一位。
   2016年5月にロシアのウファで開かれた第1回スピヴァコフ国際ヴァイオリンコンクールで第二位に入賞。
   これにより来シーズンにロシア ナショナル フィルとメンデルスゾーンの協奏曲を共演することが決まった。
   将来を嘱望される新世代のヴァイオリニストとして、2012年度シャネル・ピグマリオンデイズ・アーティストに選ばれた。
   これまでに読響、東響、日本フィル、ホーフ響(ドイツ)、モラヴィアフィル(チェコ)、ザグレブフィル(クロアチア)、クオピオ響(フィンランド)、ローザンヌ室内管(スイス)等、
   内外のオーケストラと共演を重ねるほか、各地で室内楽やリサイタルに招かれている。
   2012、13年度、文化庁芸術家在外派遣研修員。
   2015、16年度、公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション奨学生。 
   使用楽器は1683年製のニコロ・アマティ。                                      (2016年9月現在)

   福原彰美 ピアノ

   

   '94年PTNA・C級金賞、'95年日本学生音楽コンクール小学生の部西日本大会2位他。15歳で単身渡米し、サンフランシスコ音楽大学、ジュリアード音楽院で学ぶ。
   これまでにリンカーンセンター、ケネディーセンター、カーネギーホール等の主要なホールで演奏、アメリカ国内外のオーケストラと共演する。
   ニューヨークのメトロポリス・アンサンブル主催のコンサートでの演奏がニューヨークタイムズ紙で好評を得る。
   また2013年、サンフランシスコ交響楽団の室内楽シリーズに出演し、サンフランシスコ・エグザミナー紙にて絶賛される。
   室内楽ではクリスティーヌ・ワレフスカ氏、ナサニエル・ローゼン氏、フレッド・シェリー氏、アレクサンダー・バランチック氏、ピエール・アモイヤル氏など世界的な奏者と共演。
   クリスティーヌ・ワレフスカ氏の日本・台湾・エクアドル等でのツアーに参加する。
   これまでに学研プラッツレーベルより2枚のソロCDが発売され、ナクソス・ミュージック・ライブラリーより配信中。
   クリスティーヌ・ワレフスカ氏の伴奏を務めたアルバムが日本ウエストミンスター社及び日本タワーレコードより発売中。
   また台湾では、高雄オーディオショー制作のLPレコードや奇美美術館のプロジェクトによるCDが発売された。
   これまでに、多胡まき枝、故・松岡三恵、マック・マックレイ、シャロン・マン、ヨヘイヴェド・カプリンスキー、ルース・スレンチェンスカの各氏に師事。
   2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。 公式ホームページ www.akimifukuhara.com


   

   


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第37回かやぶき倶楽部のお知らせ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。