鏡花水月紀。

日々の言の葉、よしなしごと。

旅の記録。

2016-05-26 | 日々のこと。
久しぶりに遠いところへ旅に出ました。
山陰を訪れるのは実は初めてです。
北陸の地形とは異なる風光や町並み、古代の歴史に思いをはせ、
旧交もあたためた時間。






岡山から中国山地を縦断し日本海へ抜ける伯備線。
沿線沿いには赤瓦の屋根にまじりトタン屋根の茅葺き民家がみられました。
ゆるやかに蛇行する睥太遒領れ。美しい風光のなかに人の暮らしがありました。



出雲・出雲大社へ。











出雲市駅から一畑電鉄にのりかえて出雲大社へ。
60年の遷宮で葺き替えられた桧皮葺きの屋根が青空に映えていました。
写真にはありませんが、博物館で出雲の豪族とヤマト政権のぶつかりあった地の
古代ロマンも堪能しました。


石見・大森地区へ。












日本海を車窓にみながら出雲市から大田市へ移動。
そこからバスに乗り換えて憧れの石見銀山・群言堂へ行ってきました。
本社社屋にある茅葺き民家はお休みということもあり伺いませんでしたが、
石見銀山の本店だけでも十分に素敵で、居心地良く時間を過ごしました。
茅葺き民家は来年葺き替えるとのこと。山口から職人さんがくるそうです。
来年、そんな時季にまた伺えたらなあと思っています。


三木市吉川の竹岱亭さんへ。





染織家の浅井一甲さん、藤原一藍さんのアトリエに3年ぶりに訪問。
(1年半ほど前にお見舞いにはいきましたっけ)
お二人から心のこもったおもてなしを受けました。
外食続きだったでしょうからと、山法師の木陰での夕食と朝食。
夕食には松葉の炭火焼、エンドウ豆ごはん、エンドウと高野豆腐のたき合わせ、ぽたぽたの梅干しなど
蝋燭の明かりのもと頂きました。
食後にはよかたん温泉にも連れて行っていただき、
寒くないように心配りをいただいたお布団に、ゆっくり休むことができました。

鶯の谷渡りの声で目覚めた朝。
朝食には、一藍さんが丹精込めて育てている苺畑で苺摘み体験もさせていただきました(^^)
お二人には細やかなお心配りをいただき、
深く感謝いたします。


竹岱亭さんで鋭気をやしなった帰り道、途中下車して猛暑の京都へ降り立ちました。
これはまた後日、したためましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学びの時間。

2016-05-16 | 日々のこと。
今年は自己流でやってきたことを、
プロに学ぼうという年にしようと思っています。

それで年初から金継ぎ教室に行き、
先日は盆栽屋さんに盆栽を習いにいきました。

本だけではわからないこと、
プロが数々の経験から体得した技を
お裾分けしていただく学びの時間。

知らないことを知る時間は、
楽しいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日29日から企画展はじまります。

2016-04-28 | 金沢大野湊 かたかご庵
明日29日から企画展「みたて2 花とうつわと古道具」がはじまります。

前期は29日から5月1日、後期は5月5日から8日の10時半〜18時半に開店しています。

今回は渋めの商品ラインナップです。

あわせて新緑もまぶしいモフモフ苔玉、

使い勝手もいろいろ春色草木染め手拭いも並びます。

母の日のギフトにもどうぞ(^^)







お詫び
メトロポールさんのマフィンは流通機能がまだ通常に働かないため、
今回はお楽しみいただけなくなりました。ごめんなさい。
また改めてマフィンを味わう機会を作ります。

そして、余談
もう枯れたかなあと思っていた苔玉のなかの蔦から、
可愛い新芽が顔をのぞかぜました。愛い。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

企画展「みたて 花とうつわと古道具」行います。

2016-04-14 | 金沢大野湊 かたかご庵
4月29日からかたかご庵にて企画展「みたて 花とうつわと古道具」をおこないます。

よれよれになりつつ、只今鋭意準備中。

たぶん企画展中が、一番体が休まる気もします(笑)



会期中のころは、大野町も光があふれ、心地よい海風の吹くころ。

地元の方も、観光の方も、街なかの喧騒をはなれて、

(本当に観光の方がざわざわと増えました)

海辺の町、お醤油の町、こまちなみの町、

大野町へぜひどうぞ〜(^^)


詳しくはこちら★





「みたて 花とうつわと古道具」
前期 2016年4月29日〜5月1日 10時半〜18時半
後期 2016年5月5日〜8日 10時半〜18時半

●ワークショップ「盆景・和モダン」
鉢のなかに草や木、苔、石などを配する人気の盆景。
自然をみたて、インテリアとして楽しみます。
日 時 5月7日(土)10時30分〜 14時〜
定 員 各回4名 
参加費 2,500円(鉢、材料、茶菓含む)
持ち物 ビニール手袋、エプロン、お持帰り用袋等
お申込み5月5日まで,名前、希望時間、参加人数をメールにてお知らせください。
antiquegallery_katakago★live.jp (★は@に替えてお願いします)


金沢大野湊かたかご庵
金沢市大野町3−4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草木染め手拭いのこと。

2016-04-14 | 日々のこと。
今年は春の女神・佐保姫は駆け足。
何をそんなに急いでいるのかしら。
ソメイヨシノはやわらかな葉桜となり、今はしだれ桜が見ごろ。
暖かくなってようやく動きやすくなりました。

WSで染め遊びをしていた草木染め。
この春から金沢市湯涌の温泉街にあるギャラリー日暮らしさんで
取り扱っていただいています。
今のところ、カリヤス、ヨモギ、ビワで染めたものを納品させていただきました。




詳しくはこちら★

湯涌温泉や江戸村、夢二館にお寄りの際は、
日暮らしさんへもぜひお立ち寄りください。
作家ものの素敵なうつわが並んでいます。
毎週、金曜〜日曜の週三日営業です。

ギャラリー日暮らし
金沢市湯涌町イ44-3
http://www3.spacelan.ne.jp/~higurashi/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに夢をみた。

2016-03-28 | 日々のこと。
浅い眠りの中で久しぶりに夢をみた。

バスのなかから窓の外を眺めている自分。

花が咲いている桜の枝が切られている。

「まだ花が咲いているのになあ」
「あの枝でいい色がでるんだけどなあ」

草木染め三昧のこのごろ、そんなことが夢に反映される。

ほどなくバスは山間を走り、スノーシェードの間から水辺がみえる。

ダム湖だろうか。

いつしか汀に立つ自分。

薄紅色の花を咲かせた牡丹が、

立っている。

生えているのではなく、立ってそこにいて、

迎えてくれた。

花弁がふわりと手にふれる。


そこで目が覚めた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の草木染め体験 よもぎで染めよう

2016-03-01 | 金沢大野湊 かたかご庵



弥生三月は雪で始まりましたが、地面には春の気配むくむく。
そして大野町にも春むくむく!

3月13日、大野町のイベント「春一番!ちょっと大野にきませんか」が行われます。

かたかご庵では芽吹いたばかりのヨモギを摘んで、
手拭いを板締め染めでおこなう草木染め体験を行います。
今回はお一人2枚染めます。

***************************
場 所 かたかご庵 (金沢市大野町3−4)
定 員 各回5名
時 間 (1) 9:30〜 残り3席
(2) 13:30〜 満席になりました
   (3) 15:30〜 残り3席

費 用 1,800円(材料費、茶菓付)
   親子でご参加の場合はお一人につき+200円お願いします。
持ち物 ゴム手袋 ・エプロン ・タオル
予 約 antiquegallery_katakago@live.jp

お車は大野町小学校グラウンドにお停めください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瑠璃色。

2016-02-02 | 日々のこと。
冬は紅い実が多いなか、

青い青い瑠璃色の実。

正体はリュウノヒゲの実。

美しいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧暦で楽しむ小正月の時間.ほか。

2016-01-30 | イベント、お知らせ。
水仙、蝋梅、雪の中でも花を咲かせる植物の生命力に
今更ながら驚かされます。
寒さが苦手なわたしはひたすら火の番といったところ。
それでも、もぞもぞと春にむかって動き出し、
2月、3月の催事をご案内いたします。



『旧暦で楽しむ小正月の時間』
日時 2016年2月20日(土)・21日(日)11時〜17時
内容
20日(土) 豆月さんの1dayCafe  福梅ちょこ針山づくり
21日(日) 福梅ちょこ針山づくり 小正月のしつらいWS(要ご予約)
★詳細はこちら♪


また3月は大野町のイベントにあわせて草木染めのWSも行います。

『春の草木染め体験 よもぎで染めよう!』
大野町でよもぎを摘み、その命を手ぬぐいにうつしていきます。
春ならではのヨモギの色、どんな色に染まるでしょうか。
ティータイムや足湯も楽しみます。

日時 3月13日(日)(1) 9:30〜  (2) 13:30〜 
費用 1,800円(材料費、茶菓付)
定員 各回5名
持ち物 ゴム手袋、エプロン、タオル
予 約 antiquegallery_katakago◎live.jp までお申し込みください。
(◎は@にかえてください)

今しばらく、春待ちの日々。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新魂る。

2016-01-05 | 日々のこと。
新年あけました。
おめでとうございます。


昨年は友人に腫瘍がみつかり、
オペの結果、幸い患部はすっきりと切除でき、
転移も見当たらず、無罪放免、めでたし。めでたし。
ひとまず、ほっとしました。

かわって実家の両親もそろって82歳。
父は、同じことを何度も繰り返して言うことも多くなったり、
耳も少し遠くなってきたものの、週1回テニスにいく位に元気。
母は脳梗塞で倒れて9年目、日に日にクイチブになって
ころころまるで達磨さんのようですが、こちらも元気といえましょう。
お陰で私はまだ好きなことをやっていられます。
ありがとうございます。


暮れの企画展のおり、暇だったら読もうと図書館から
伊藤比呂美さんの「木霊草霊」、
中村好文さんの「暮らしを旅する」、
高山なおみさんの「記憶のスパイス」三冊を借りてきたのだけども、
有り難いごとにゆっくり読む時間はとれず、
お正月に読んでいました。
ばらばらの著者であったけど、
それぞれが不思議につながり面白い読書時間でした。

伊藤比呂美さんは、父親の介護で日本とカリフォルニアを行き来するなかでの
植物の生と死、父親の生と死を、ざらつきながら綴る。
ああ、そうそうという感覚が私のなかで共振する一冊だった。

中村好文さんの奥さんとは本の少しご縁があり、
以前夕食を共にしたとき「茅葺きの家をよくみにいったことがあったのよ」と言っておられたのだけど、
その理由、本を読んでようやく腑に落ちた。
ご主人の好文さんが子供のころ住んででいたのが茅葺きだったんだあ。

高山なおみさんは料理家だけど、言葉の運びがいつも面白いなあと想っていた。
子供のころ吃音ということを本で知る。
本著は子供のころのなおみさんが家族とともに描かれ、
わたしと5歳違いの彼女、読んでいると自分の子供時分がすごく思い起こされた。
異国の香りする彼女の料理も好きだ。


新年早々の雑文失礼。
新魂って今年も一年すごします。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加