スターアライアンスNote

世界を旅するために働く、Architectによる旅日記

’09 冬 NZ・シンガポール21

2009年07月06日 | ’09 NZ・シンガポール
フラトン・シンガポールを左手に、アンダーソン橋を渡ります。
元々マーライオンはこのあたりにあったそうです。



橋から右手を見ると、遠くには、先ほどのドリアンが見えます。
リバークルーズの船にはたくさんの観光客が乗っています。



左手には1868年に建設されたカヴェナ橋。
シンガポールで唯一、原形をとどめている橋です。
昔は車も通っていましたが、アンダーソン橋が建設されてからは歩行者専用の橋になったそうです。
ちなみに橋の名前は第7代・シンガポール総督であったウィリアム・カヴェナに由来しています。



こちらが、そのアンダーソン橋です。
1910年に、隣のカヴェナ橋だけでは増大した交通量の多さに対処できなくなったことから、その解決策として建設されました。
橋の名前は第17代・シンガポール総督であったジョン・アンダーソンに由来しているそうです。
右に見えるのが、シンガポール・フラトン。
1996年まで中央郵便局だったそうです。



その横には、アジア文明博物館 エンプレス・プレイスという綺麗な建物が見えます。 
展示物がありますが、時間がないので今回はスルーします。



対岸の ボート・キーはこんな感じです。
このあたりは、レストラン街だそうです。

こちら側は、ラッフルズ卿の上陸記念の地になります。
ラッフルズ卿の像が建っています。



歴史上にシンガポールが現れるのは、彼がこの地に第一歩を記した時から。
このあたりが ”近代シンガポール発祥の地 ”だそうです。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ’09 冬 NZ・シンガポー... | TOP | ’09 冬 NZ・シンガポー... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | ’09 NZ・シンガポール

Trackback

Trackback  Ping-URL