新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ

全国紙の元記者・中村仁がジャーナリストの経験を生かしたブログ
政治、経済、社会問題、メディア論などのニュースをえぐる

消費税先送りで8%が恒久化の恐れ

2016年05月27日 | 経済
  引き上げには与野党の政治休戦が必要 2016年5月27日  安倍政権は消費税の引き上げを先送りする方針を固め、後は意思表示のタイミングを待っているだけです。2017年4月の予定をいつまで引き延ばすのか。民進党などは2年先送りといっています。3年先とか4年先というと、やる気がないと、思われますから安倍政権も、2年程度を言い出すでしょうか。  それなら与野党が共同歩調をとり、 . . . 本文を読む
コメント

花見酒経済を実演する財務省と日銀の悪酔い

2016年05月23日 | 経済
異次元緩和の黒田節の鼻歌はいつまで 2016年5月23日    日銀の黒田総裁は、デフレ脱却の異次元緩和策に悪酔いを始めているようですね。金融政策頼みは限界に近づきつつあるという見方が一般的なのに、総裁は「できることはすべてやる」という姿勢をいまだに崩していません。  ここで思い出すのが、笠信太郎氏の名著「花見酒の経済」(昭和37年)です。高度成長期にあった日本経済の底の浅さ . . . 本文を読む
コメント

知事公費の公私混同以前の変質者的な行動

2016年05月20日 | 社会
  こんな金銭感覚の政治家は前代未聞 2016年5月20日    舛添都知事のスキャンダル追及では、どうしてこんなちまちましたレベルの問題を辞任騒動に発展させたがるのかと、当初は疑問に思っていました。斡旋収賄の疑いのある甘利議員のほうが事件に発展するならば、はるかにスケールが大きいでしょう。舛添知事の場合、明らかになっているのは何十万円、何百万円のケタでしょう。   公用車 . . . 本文を読む
コメント (1)

「思いやり予算」にトランプが怒りだすぞ

2016年05月17日 | 政治
使用停止し死語にしたら 2016年5月17日  米大統領選で共和党のトランプ候補が、不勉強なのか口先だけなのか、乱暴な発言を乱発しています。トランプさんに噛みつかれる前に、日本側が使うのをやめるべきだ思う言葉遣いがあります。不正確だし、実態にそぐわず、むしろ誤解を生みかねない米軍への「思いやり予算」という表現です。無神経な言葉です。  1978年に金丸信防衛庁長官が、在日米軍基地で働く日 . . . 本文を読む
コメント

三菱自は「日産の下請け会社」が正しい解釈

2016年05月13日 | 経済
  資本提携という美名の実態 2016年5月13日  燃費データの偽装が発覚して窮地に陥った三菱自動車は、日産自動車からの出資で危機を切り抜けることなりました。メディアは「日産の傘下で再建」、「自動車メーカーの大型再編」とかいっております。ニュースとしての付加価値を上げるために、すぐ「大型再編」など呼ぶ悪いクセからの卒業が必要です。  資本提携の実態は日産の下請け会社化でしょ . . . 本文を読む
コメント (2)

租税回避地の「パナマ」に金融制裁を

2016年05月11日 | 経済
    合法化された非合法の世界 2016年5月11日  「パナマ文書」で明らかにされたマネーの闇の世界に、あ然、茫然とするばかりです。タイトルにつけた「パナマ」はパナマ一国だけの話ではなく、カリブ海諸島、香港、モナコなどのタックスヘイブン(租税回避地)の総称です。また、違法ではない部分は当然、対象外であり、あくまで非合法の部分に対する制裁を強化しようという意味です。 . . . 本文を読む
コメント

新雑誌「Hanada」を「カエルの楽園」にするな

2016年05月04日 | メディア論
    同じ論題ばかりに食傷する 2016年5月4日  書店に行きましたら、産経新聞社の「正論」、その親戚みたいな「Will」と並んで、花田紀凱責任編集による新創刊「月刊Hanada」が置いてありました。私は普段、「正論」も「Will」も買いません。新聞広告をみるか、店頭で手にとれば、何を言いたいのかが、想像できるからです。さらに「Hanada」をみると、この3誌の筆者 . . . 本文を読む
コメント

新聞離れ恐れデジタル教科書に反対か

2016年05月01日 | 社会
  教育より新聞への影響を重視する主張 2016年5日1日  小中学校で使うデジタル教科書について、文科省の専門家会議は2020年度に導入する案を決めました。導入に際しては、いくつもの課題があるにせよ、正しい方向だと思います。社会経済の競争力の落ちてきた日本にとって、教育が最も重要な将来への投資であり、少なくとも英語教育と並び、デジタル教育が不可欠です。  私を含め、多くの中 . . . 本文を読む
コメント

三菱自動車を待つ会社整理の危機

2016年04月28日 | 経済
と  国際化時代における不正の代償 2016年4月28日  三菱自動車の燃費偽装は、恐らくこの名門企業が社会から抹殺されかねない規模の事件に発展するでしょう。不正車両の買い取り、リコール費用、余計に支払わされた燃料代の払い戻し、供給先の日産に対する補償、株価下落の損害賠償請求、規制当局が課す課徴金、適用を受けた環境軽減税の返却など、処理にいくらかかるのか想像がつきません。海外輸出先 . . . 本文を読む
コメント

安倍政権が些事に指示を乱発したがる理由

2016年04月26日 | 政治
  メディアも安易に宣伝の片棒 2016年4月26日  安倍政権をめぐる政治記事で、いつも気になっているのは、首相がやたらと「指示」を乱発することです。熊本地震の発生で、また「首相指示」が急増しました。歴代政権に比べても、「首相指示」が突出して多いのではないでしょうか。  新聞をよく御覧になってみてください。同じ日の紙面でも、何度も文中や見出しに「首相指示」が登場します。「首 . . . 本文を読む
コメント

熊本地震を口実にする安倍政権の本当の誤算

2016年04月21日 | 政治
  基本構想の練り直しに迫られる 2016年4月21日  熊本地震の発生から一週間が経ちました。被災者の方々は本当にお気の毒で、早く正常な生活に戻れるよう願っております。この間、安倍政権が地震を理由に懸案を次々に先送りし、当座はこれでしのげても、基本的な政治、経済構想の練り直しに迫られることになりましょう。  おおさか維新の会の片山氏が「タイミングのいい地震」と口走ったのは軽 . . . 本文を読む
コメント

「第三次世界大戦」はテロリストを喜ばす誇張

2016年04月17日 | 国際
  学者に欲しい抑制した表現力 2016年4月17日  「第三次世界大戦」に対する懸念をしばしば聞くようになりました。中東複合危機が深まり、それに欧米、ロシアなどの介入や思惑が絡み、中東情勢の構造が複雑化し、「第三次世界大戦」に近づいているか、そうとでもいえる状況にすでにあるというのです。ここで注意すべきは、誇張された表現はテロリストを喜ばすことになるということです。   . . . 本文を読む
コメント (2)

尖閣有事で米軍を当てにするなとの警告

2016年04月14日 | 国際
  日本が自分で守るのが先 2016年4月14日  日中対立の象徴である尖閣諸島で軍事的な有事が発生した場合、米軍が日本の支援にかけつけ、一緒に戦ってくれると信じている人は多いはずです。実際は、そんなに甘くないみたいですね。  2014年4月、日米首脳会談でオバマ大統領が「日本の施政権下にある領土は、尖閣諸島を含め、日米安保5条の適用対象になる」と、明言しました。歴代大統領は . . . 本文を読む
コメント (1)

独裁者の最後はなぜこうも似る

2016年04月08日 | 経済
  鋭敏だった鈴木氏も陥る罠 2016年4月8日  なんど同じような退陣劇を見てきたことでしょうか。セブンHDの最高経営者、鈴木敏文氏(83)の在任期間があまりにも長く、「いつまでやるつもりなのか」と、懸念していましたら、ドラマ仕立ての最後となりました。すぐれた経営者でも逃れられない宿命の罠があるのでしょう。    私は以前、鈴木氏をよく存知あげておりました。10数年前、倒産状 . . . 本文を読む
コメント (3)

はずれて喜ばれる物価引き上げ目標

2016年04月05日 | 経済
  もう無理なことをするな 2016年4月5日  黒田日銀総裁による異次元金融緩和は丸3年になり、4年目に入りました。安倍首相とともに約束した消費者物価の2%引き上げ目標の達成が遅れに遅れ、いまだに実現のメドが立っていません。そのことが多くの国民からむしろ喜ばれているのです。珍妙な経済目標となりました。    景気がよくなっていないのに、物価だけが上がれば、消費者は生活が苦しく . . . 本文を読む
コメント (2)