新聞記者OBが書くニュース物語 中村仁のブログ

全国紙の元記者・中村仁がジャーナリストの経験を生かしたブログ
政治、経済、社会問題、メディア論などのニュースをえぐる

EU危機の本震、予震、余震は何か

2016年06月30日 | 国際
  格差の拡大が社会を分断 2016年6月30日  EU(欧州連合)の分裂危機ほど、無数の問題点の指摘、解説が飛び出していることも珍しく、どれもがもっともらしく聞こえてきます。動揺を始めていた活断層があちこちで動き出した感じです。どれが本震、予震、余震かもはっきりしません。私は、最も本質的な震源は、国民投票を公約したキャメロン首相の失敗、はびこるポピュリズムというより、転換期に入ったEUのあ . . . 本文を読む
コメント

EU危機は統合の世紀への反逆

2016年06月26日 | 国際
  経済連携TPPはご破算も 2016年6月25日EU  欧州連合(EU)からの英国離脱で、「よもや」、「まさか」が現実になりました。予想可能な「連続的な変化の時代」から、予想不可能な「非連続的な変化の時代」に入ったようです。われわれの常識を支えていた世界の枠組みが突然、常識を覆して過去へと逆流してしまう時代になりました。  非連続は、これまで蓄積してきた過去からの断絶を意味します。こ . . . 本文を読む
コメント (4)

「まだ生きるのか90歳」麻生発言の盲点

2016年06月21日 | 政治
     高齢者を優遇する政治の結末 2016年6月21日  麻生副総理・財務相が「90歳になって老後が心配だとか、わけの分からないことを言っている人がテレビに出ていた」と発言したそうです。この「またか暴言か」には続きがあり、「おい、いつまで生きているつもりだよと、思いながらテレビをみていました」です。麻生さん、高齢者を若い世代をよりずっと優遇してきた社会保障制度のあり方が、日本に超高齢化 . . . 本文を読む
コメント (5)

首相密着の新刊「日本会議の研究」の謎

2016年06月18日 | 政治
  出版停止はおとり作戦か 2016年6月18日  首相はもちろん、安倍政権の閣僚が大勢、参加しているのが「日本会議」です。関係する国会議員は260人だそうです。神社系の宗教団体、霊友会、さらに生長の家の元活動家も加わっているとされ、宗教色が濃いようですね。その「日本会議」を題材にした新書「日本会議の研究」(扶桑社)が出版され、重版を重ねています。安倍首相の思想的な背景を知るのに役立つと思い . . . 本文を読む
コメント (3)

ザル法、見ざる、言わざる、聞かざるの知事辞職

2016年06月16日 | 政治
  ジャーナリズムの劣化の象徴 2016年6月16日  舛添都知事の辞職は騒ぎのバカバカしさとともに、日本の政治、社会、ジャーナリズムの質の低下を見事に物語りました。バカバカしすぎると思いながらメディアの報道に連日、ついつい引きずり込まれたのは、今の日本を理解する象徴的な事件だったからでしょう。  一言でいえば、まず政治資金規正法が抜け穴だらけのザル法であることが事件の発端です。その . . . 本文を読む
コメント

広島を訪問したオバマ氏の重大な忘れ物

2016年06月09日 | 国際
  売り放題の通常兵器をなぜ野放し 2016年6月9日    G7サミット(先進国首脳会議)で来日したおり、オバマ大統領は現職として初めて被爆地、広島を訪れ、多くのメディア、識者は、「核兵器なき世界へ」の歴史的な意義を絶賛しました。そのことにまったく異論は唱えません。異論があるのは、もう一つの深刻な問題が、オバマ・フィーバーの影に隠れてしまっていたことです。  米ロ独仏中などが売りた . . . 本文を読む
コメント

リコールと規制法改正で知事追放を

2016年06月07日 | 社会
  舛添知事の頭の中はオモチャ箱 2016年6月7日  舛添都知事の政治資金の私的流用疑惑について、調査報告書が発表されました。報告書や会見の様子を拝見すると、都知事は外見は大人でも、精神構造は大人になりきっていない子供並みの人物であることがよくわかりました。自発的に辞める気配はありませんから、リコールで退陣に追い込む運動を起こすべきでしょう。  まず、その前に触れたいのは弁護士の役割 . . . 本文を読む
コメント

安倍さんは財政も金融も破壊する気か

2016年06月02日 | 経済
  どこかで聞いた「新しい判断」 2016年6月2日  安倍首相が10%への消費税引き上げを、19年10月まで延期すると表明しました。昨日の記者会見で「再延期はこれまでの約束と異なる新しい判断だ」と語り、参院選で信を問いたいと述べました。「はてな、新しい判断とは、どこかで聞いたことあるような言葉だな」。思い出しました。2年ほど前の話です。  集団的自衛権の行使を限定的に容認するとの閣議 . . . 本文を読む
コメント (2)

安倍首相は非民主主義者のようだ

2016年05月31日 | 政治
  選挙の意義をはぐらかす 2016年5月31日  安倍首相のG7サミット(先進国首脳会議)での振る舞い、消費税引き上げの再延期、同日選挙の扱いなどを見ていますと、民主主義制度や選挙が好きでない人物のように思えてきます。1強政権による強気、高い支持率による自信過剰からか、民主主義社会の基本的なルールよりも、自分の一存を強引に優先させる人物のようですね。    安倍首相は、もちろん民主主義 . . . 本文を読む
コメント (5)

消費税先送りで8%が恒久化の恐れ

2016年05月27日 | 経済
  引き上げには与野党の政治休戦が必要 2016年5月27日  安倍政権は消費税の引き上げを先送りする方針を固め、後は意思表示のタイミングを待っているだけです。2017年4月の予定をいつまで引き延ばすのか。民進党などは2年先送りといっています。3年先とか4年先というと、やる気がないと、思われますから安倍政権も、2年程度を言い出すでしょうか。  それなら与野党が共同歩調をとり、消費税につ . . . 本文を読む
コメント (1)

花見酒経済を実演する財務省と日銀の悪酔い

2016年05月23日 | 経済
異次元緩和の黒田節の鼻歌はいつまで 2016年5月23日    日銀の黒田総裁は、デフレ脱却の異次元緩和策に悪酔いを始めているようですね。金融政策頼みは限界に近づきつつあるという見方が一般的なのに、総裁は「できることはすべてやる」という姿勢をいまだに崩していません。  ここで思い出すのが、笠信太郎氏の名著「花見酒の経済」(昭和37年)です。高度成長期にあった日本経済の底の浅さを危ぶみ、 . . . 本文を読む
コメント

知事公費の公私混同以前の変質者的な行動

2016年05月20日 | 社会
  こんな金銭感覚の政治家は前代未聞 2016年5月20日    舛添都知事のスキャンダル追及では、どうしてこんなちまちましたレベルの問題を辞任騒動に発展させたがるのかと、当初は疑問に思っていました。斡旋収賄の疑いのある甘利議員のほうが事件に発展するならば、はるかにスケールが大きいでしょう。舛添知事の場合、明らかになっているのは何十万円、何百万円のケタでしょう。   公用車での別荘通 . . . 本文を読む
コメント (1)

「思いやり予算」にトランプが怒りだすぞ

2016年05月17日 | 政治
使用停止し死語にしたら 2016年5月17日  米大統領選で共和党のトランプ候補が、不勉強なのか口先だけなのか、乱暴な発言を乱発しています。トランプさんに噛みつかれる前に、日本側が使うのをやめるべきだ思う言葉遣いがあります。不正確だし、実態にそぐわず、むしろ誤解を生みかねない米軍への「思いやり予算」という表現です。無神経な言葉です。  1978年に金丸信防衛庁長官が、在日米軍基地で働く日 . . . 本文を読む
コメント

三菱自は「日産の下請け会社」が正しい解釈

2016年05月13日 | 経済
  資本提携という美名の実態 2016年5月13日  燃費データの偽装が発覚して窮地に陥った三菱自動車は、日産自動車からの出資で危機を切り抜けることなりました。メディアは「日産の傘下で再建」、「自動車メーカーの大型再編」とかいっております。ニュースとしての付加価値を上げるために、すぐ「大型再編」など呼ぶ悪いクセからの卒業が必要です。  資本提携の実態は日産の下請け会社化でしょう。日産は . . . 本文を読む
コメント (2)

租税回避地の「パナマ」に金融制裁を

2016年05月11日 | 経済
    合法化された非合法の世界 2016年5月11日  「パナマ文書」で明らかにされたマネーの闇の世界に、あ然、茫然とするばかりです。タイトルにつけた「パナマ」はパナマ一国だけの話ではなく、カリブ海諸島、香港、モナコなどのタックスヘイブン(租税回避地)の総称です。また、違法ではない部分は当然、対象外であり、あくまで非合法の部分に対する制裁を強化しようという意味です。  「パナマ文書 . . . 本文を読む
コメント