BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食品安全委員会の米国BSE評価計算は、抜け穴・欠陥だらけ

2005年10月11日 15時17分50秒 | アメリカ牛は安全か?
■食品安全委員会の米国BSE評価たたき台は欠陥だらけ


食品安全委員会の吉川座長や山本委員のたたき台計算を元に、あちこちで「米国の汚染は低い」「日本の5~6倍」などと、メディアはもちろん、食の安全安心に関する情報をメールマガジンなどで配信しておられる方々も、それら、穴だらけの評価計算をそのままうのみにして、BSE問題はたいしたことない、などという論調を消費者に垂れ流しておられることに、最近私は、本当にギョッとしております。

だいたい日本の汚染だって、2年間も高リスク死亡牛の検査をせずに、ヤバイ牛は生きたまま大量レンダリングなどという告発もあったり、素埋め事件が多発するようなことがあったわけですが。

話は戻って、この、食安委のたたき台評価案
http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai32/prion32-siryou3.pdf
の元となるそもそもの(農水省時代の)BSE対策検討チームの感染源評価が統計学的にも決定的に間違っていることを、在野の先生方が指摘されており、日本の20頭中13頭の感染牛の感染源は、代用乳中の牛脂または血漿たん白であるという指摘が、国会の農水委員会でも取り上げられたんですが、
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/23ab0dde4b4a2cdbbb3ec688de8e9bb8
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/b35ba6a5239ef9010394300ee16adb15
本日の時点でも、その資料を持っているはずの食品安全委員会はそれを無視したまま、米国内の牛脂や血漿たん白を使用し続けることによる国内増幅には触れていません。

参考:
米国の肉骨粉と動物油脂中に危険部位はどの位入ってるの?
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/5b5304b94fa3325250627d33a6e94302

さて、どうなりますことやら。。

たたき台の欠陥について、農業情報研究所さんのわかりやすい指摘がございましたので、ご紹介します。

プリオン専門委 たたき台二次案にも重大な欠陥ーレンダリング工程や獣脂には一切触れず
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05100801.htm
>とりわけ重大な問題と指摘した国内牛の暴露・増幅リスクに関して、レンダリング工程の実態には一切無視、「通常のレンダリングでは感染価は約1/100に減少する」とした点について何の修正もない。EUのリスク評価が言うように、

 「米国の約280のレンダリング工場で四つのシステムが使用されている。全システムが100-150℃の温度と様々な加熱時間、大気圧下で加工。

  -バッチ煮沸工場(46):115-125℃、45-90分。

  -連続チューブ・デイスク煮沸システム(220):131-150℃、45-90分。

  -連続多段階蒸発システム(10):115-125℃、20-40分。

  -連続予熱/加圧/蒸発システム(4):87-120℃、240-270分。


>これらは大気圧の下で(つまり加圧することなく)加工しているから、BSE感染性が工程に入れば、これを大きく減らすとは考えられない」(米国の地理的BSEリスクの評価に関する作業グループ報告(欧州食品安全庁) 04.9.4)

>というのが事実とすれば、感染牛1頭の”肉骨粉”がもつ感染価は最大でこの評価の100倍にもなってしまうというのにだ。この一事だけをとっても、この評価はまったく信頼できないと分かる

(以上抜粋)

笹山登生さんのご指摘です。

今年4月のEFSAのGBRⅡ、Ⅲ、Ⅳ地域の評価(Opinion of the Scientific Panel on Biological Hazards of the European Food Safety Authority on the “Assessment of the human and animal BSE risk posed by tallow with respect to residual BSE risk”.)の前提としては、
フィルタレーション0.15パーセント、最大粒子50mm、133度、20分、3バール加圧
という条件での評価でしたね。

http://www.efsa.eu.int/science/biohaz/biohaz_opinions/1110/biohaz_op_ej221_qra_tallow_en2.pdf

関連情報

BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/26465737f0866b47c55ab28b7c393d2c

食安委の事務局が不透明に見える件で寺田委員長に伺ってみた
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/11e70e02b14f098e9f24b8189de16aae

BSEの原因となる異常プリオンの発見で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した米カリフォルニア大学のスタンリー・プルシナー教授は「ある月齢以上なら(BSE) 検査が必要で、それ以下なら異常プリオンがなく検査なしで食用できる? そんな月齢を決めるなんて私には理解できない」と語っている。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_11/t2005110439.html

将来BSEが発生したら、あのエイズの安部さんではないが、皆さん方が責任を問われることになる[衆・農林水産委員会]
http://www.asyura2.com/0505/gm11/msg/552.html

英国:BSE(狂牛病)被害者は本当に150人だけ?盲腸推計3800人と、二次感染防止通知6000人
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/c/a0209d89782edb34131184136abc37e0

農水省:「BSEに感染した牛は、骨を取り除いても食肉処理の過程で肉が汚染される可能性がある」
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/0a2e4459558beb8d921eb79753e6c8fa
コメント (10)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛と私たちは、鹿だけじゃな... | トップ | 【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (通りすがり)
2005-10-13 21:14:59
ま、それでも支那牛よりはよほど安全な訳で…
中国牛 (Mariko)
2005-10-14 10:01:56
中国牛はどうなんですかね。なんか米国から肉骨粉などが大量に輸出されていたみたいですが。

ボイル中国牛タンなんかも輸入されて、サラミやソーセージになっているという記事もありましたね。
タブーが産まれる時 (M. K. 里)
2005-10-15 23:59:59
ハンナン浅田の逮捕で食肉タブーが打開したかと思いきや、新たに米国牛タブーが誕生するようですね…。



ちなみにアメリカ本国では、州法レヴェルではありますが"veggie libel"(農産物名誉毀損)というのがあって、農産物の信頼性に疑問を呈すること自体が非常に困難になっています。このことからしても(牛肉に限らず)米国産農産物にはよほど慎重にならないといけないでしょうに。
Unknown (Unknown)
2005-10-25 06:14:10
日本と違って外国の輸出食品って言うのは

国内で使えそうもない品質の悪い物。

一部の中国からの輸入商品は中国人でも顔をそむけるほど…



大体、米国産牛肉とか危険部位を摘出すれば安全と

言っているし、その根拠に河豚は卵巣を取ったら

安全だからという…(日本で放送されているアメリカ公報番組より)

元々、毒として持っているフグと、異常プリオンに感染した

病気を同じ物とする考え方は、ナンセンス。

未だにベトナム戦の枯葉剤散布で起った奇形などの影響を

否定し続ける米政府。

そのまた昔は米国民にプルトニウム注射等、人体実験まで…

態とBSE感染を広めて検体を集めてワクチンを作り出し

特許を収得して欧州に売り出そうと考えてるのかもしれない。



トラックバックありがとうございます (ooo---ooo)
2005-10-31 20:45:33
専門家では無いので良く判りませんが、あまりにおかしすぎる。テレビが消費者の自己判断とか言い出した。行政の役人はまたしても責任を取らないでしょう。そして、牛丼チェーンの株価が上がっているとの事。こんなことでこの日本国は良いのでしょうか、、、。

今年は鶏インフルエンザが種の壁をまさに越えてやって来そうな事態です。取り合えず、インフルのワクチンだけでも売っておいた方が安全ですね。
TB御礼 (すがたの狩人)
2005-11-03 20:02:08
安全委員会も責任回避。マスコミも無責任に政府追従。 

食べれ食べないは国民の判断、自己責任が基本です。お上の言う事に頼らず信用せず、主体性を持たなければいつまでも同じ事の繰り返し。政府や役人の責任を期待する事はいい加減にやめましょう。
科学的・・・ (ほにゃらら)
2005-11-03 23:45:10
米国の政治家がよく「科学的根拠」ってよく言うけどさ

奴らが科学ってものが分かってないってことが凄く良く分かるよね。



全頭検査をするってことはリスクを原則的には0%にするってこと。

だから1頭でも見つかったらニュースになるほど騒がれてしまう。

しかし抜き出し検査で「確率的」に0.1%や0.01%にでもなったとしても0%にはなり得ない。

これは数字の上では誤差なんだけれど、「ある」と「ない」は全然違うものだって事が理解できていない。



さらに言うと、こう反論できない日本の有識者や政治家にもそれが理解できていないってことなのか?

恥ずかしいことだ。

コメントありがとうございます (the-anoraks)
2005-11-10 18:27:40
初めまして。

すごい情報ですね。

怖いです。

世の中って力ずくで動かされていくんですね。

すごい怖いです。
コメントありがとうございます (MYU)
2005-11-24 13:01:17
色々、詳しい情報を探してはいましたが、こんなに良い感じのブログがあるのは知りませんでした。

これからも、この手の記事をたまに書いていこうと思っておりますので、そのときはまたお越し下さい。

そして、お手数ですが、関係ありそうなトラバを引いてくださると大変嬉しいです。

ありがとうございました。
給食にでたらどうしよう。 (かえる子)
2005-12-14 20:17:52
子持ちの母です。ハンバーグやカレーのルーにアメリカ牛が分からない形で入ってるかもしれないですよね。家で牛肉をたべないようにはできるけど、給食にでるのはさけられないですよね。国は子供が感染してもかまわないと考えてるのかしら。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アメリカ牛肉は安全か?~食肉安全委員会のからくりを考える (アメリカ奮闘記StruggledLifeinAmerica)
遅ればせながら、どうやらアメリカの牛肉輸入再開の方向に向かっているようです(関連記事)イラク戦争とカタリーナ復興の費用で財政が厳しくなりつつなるアメリカにとっては、少しでも国内の産業を活性化させ貿易輸出額を増やしたい。アメリカ政府は日本に早期輸入再開し...
小学生でも分かるアメリカ肉の怖さ (奥田健次の教育改革ぶろぐろ部)
以前の記事、『日本の安全を破壊する米国産牛肉』で、「米国産牛肉の輸入再開は子ども
米国産牛の安全性答申案 (すがたの狩人 雑記帳)
どこにも安全であるとは書いてないのに、実現が担保されてない仮定の前提条件をつけて責任回避、無責任極まりない食品安全委員会の答申案がいい加減なため、 マスコミも政府もその良いとこ取りの解釈で、解禁が決まったかのように既定路線を走っています。 アメリカのごり押
牛肉輸入再開について考えてみる (夜空に遠吠え)
どうやら近いうちにアメリカ産の牛肉輸入再開が始まるみたいですね。 いちおう食品安全委員会は現在の検査状況で安全であるという判断を下そうとしてるみたいで あとは消費者の判断に任せるということでしょうか? 私は必ずしも良い結果ばかりもたらすことはないと思うの
やはり、米産牛肉輸入再開になるようで!とほほ・・・ (成り行きアラカルト日記)
米産牛肉輸入再開で疑問相次ぐ 食品安全委意見交換会 (朝日新聞) - goo ニュース  食品安全委員会が意見交換会を開催したが、やはり不安や疑問の声がでたようだ。当然でしょうね。安全問題より、政治的解決で決まる流れですからね。委員会も最初から輸入再開を念頭に入れ
軽くヤバイ程度では済まない国 (AIRQUOTES)
アメリカの牛肉輸入再開に関するニュースが広く報道されていますが BSEなんかよりもっと危ない\"中国産\"を全く報道しない事に腹が立ちます。 現在残留農薬や重金属、添加物(国内で許可
ペットボトル牛乳、秋にも 食品安全委が解禁案 (総合情報ニュース徒然草)
 報道を耳にしたときに、あまりにも呆気に取られたオリックス前川元投手の処分だが、とうとうオリックスを解雇されたらしい。  ただ、どうも腑に落ちない。  記者会見した球団社長の言葉に「議論はあったが、交通事案に社会的風潮が厳しい中で事件がおき ...