BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本のBSE感染源は肉骨粉ではなく「代用乳材料の汚染」説 &米国2頭目

2005年06月14日 07時18分52秒 | アメリカ牛は安全か?
◆BSEの感染源としての代用乳材料の汚染

6月11日、日本獣医畜産大学で「BSEと飼料問題」についてのシンポジウムが行われました。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/yiwa/
http://home.hiroshima-u.ac.jp/yiwa/19APS.pdf
トピックは、日本で今まで「不明」とされていたBSE感染の原因を検証するもので、発生した多くの牛に共通する飼料を洗い直し、国の公的発表の計算の不備や間違いを学術的に指摘するものです。
先生方は、「犯人探し」をするのではなく、今後の感染防止、BSE撲滅のために、原因を究明されています。
その調査上で、代用乳や動物油脂などが浮上してきました。

シンポジウムに参加できなかった方で、詳細をお知りになりたい方は、当日の資料を配布(資料代1000円)されていますので、畜産システム研究会に直接お問い合わせを。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/yiwa/

日本の現在判明しているBSE牛において、肉骨粉や交差汚染だけが感染源ではなく、その他の代用乳などが共通した感染源であるという調査は、今後の対策においても重要な着眼点であります。他国のBSE対策や、輸入問題を考える上でも大きな問題となります。「肉骨粉は食べさせていないから安全です」なんてキャッチフレーズの裏に注意が必要です。

代用乳については、下記もぜひ。
どうして鹿追町でのBSE二頭発生を問題にしない?
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=288

2000年生まれのBSE患畜 3頭すべてに同一の代用乳 感染源再検討の必要性
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05062301.htm

■米国の状況
米国における飼料規制除外品目
http://blog.livedoor.jp/manasan/archives/26071694.html
血液・牛脂は牛の飼料として使用OK(加熱などの規制なし)
※食安委では、この表にチキンリッター(chiken litter)
~養鶏場の餌の食べこぼしや糞などのごみについての詳細が入っていない、という指摘も。
※牛の肉骨粉は鶏・豚には使用可。

ところでですが、会場から出た意見で、一つ、印象深く疑問に思われた点がありましたのでご紹介を。

「マスコミがともぐい、ともぐい、と、おどろおどろしく報道してしまうから覚えが悪くなった。しかし肉骨粉は飼料として貴重なリサイクル資源なんです。」

獣医学の先生からの、上記のような内容の熱いご意見だったんですけれども、私は「飼料」として使う場合に、上記に3つの疑問を持ちました。

==========================================

1. 同じ種のものを食べさせることについて→種の壁がないので、病気が感染しやすいのでは?

2. 大量の個体を混ぜるので、ひとたび汚染されたら病気が伝播しやすいのでは?
  (例・雪印牛乳食中毒事件・牛乳テロ論文不掲載事件・加熱しても駄目な毒素など)

3. 汚染物質の生体濃縮は?
 ※その他、家畜の糞の飼料もあるわけですが、糞はそもそも毒素を排泄する行為でもあり。。。


==========================================

「肉骨粉」と書くと「動物油脂など」が除かれる語弊があるので「動物再生飼料」の「ともぐい」についてですが、以下は別件、ちょっと思い出したことを。。。

日本でBSEが発生した2001年9月当時、某畜産県の指導的立場におられた学者が、「肉骨粉は貴重なリサイクル資源だ」という主張をずーっとHPに掲載されてました。それは発生した後もしばらく削除されなかったので、注目していたのですが、やがてそれは消えました。その方が、その後BSE対策についていろいろコメントをされているのを見て、よく農家の人は怒らないな、と思ったものです。まぁ、その学者は今も持論を変えていないのでしょうが、指導者たる者が、あれだけの甚大な被害を防ぐことが出来ず、その反省点を踏まえた上での持論なのか?上記の3つのような問題はどうクリアするのか?この点を教えていただきたいです。不勉強な私はこの点を知りたい。


◆米国2頭目疑いの情報について

笹山登生さんとSpeak Easyさんのサイトが詳しいのでそちらにお任せ(^^

二頭目のBSE発生で、問われるアメリカの検査体制
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=290
Speak EasyさんのアメリカBSE特集ページ
http://blog.livedoor.jp/manasan/archives/cat_924521.html
最新情報は笹山掲示板
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi

コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国牛輸入に関する調査会傍聴と... | トップ | 全頭検査廃止・米国牛輸入再開を... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食健連のアメリカBSE調査報告 (ymasanori2000)
2005-06-14 12:44:32
 食健連のBSEアメリカ視察団が帰国しました。17日の午後3時から衆院第2議員会館で緊急報告会を開くようです。

 「アメリカはBSEまん延の恐れ」という視察団の検討会。牛肉骨粉は禁止されたとはいえいまだに流通しており、BSE検査もと畜数の0.1%。全米食肉輸出業協会会長は「ゼロリスクは不可能。日本は食料を50%以上も海外に頼っているんだからリスクを負うことを考えるべき」と本音。アメリカ農務省や食肉輸出業協会とも懇談しており、報告会が待たれます。

 ときあたかも、11日にアメリカでBSE疑い牛が見つかりました。日本式の検査で判明したもので、これまでアメリカでは日本式検査は行われていません。
トラックバックに感謝 (豆作)
2005-06-19 23:13:25
ありがとうございます

貴重な情報が沢山得られそうなページを紹介しててただき感謝です

一介の臨床獣医師として勉強しようと思います

純粋な学問と経済がごっちゃになった意見を整理してみる必要があると思います

過去の画期的な学術研究や発見の多くは、経済的には全く非効率で、一見非現実的な方法から生れてきたことを忘れてはならないと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アメリカで2頭目のBSEか (ビデオジャーナリスト神保哲生のブログ)
 アメリカで2頭目のBSE感染牛が確認されたようです。  農務省は予備的な検査で...
[生命][食][STS]BSEが教えてくれること (こども省)
先日,以前別の感染関連コンテンツのことで情報交換したことのあるブログ作者から, BSEの感染源としての代用乳(BSE&食と感染症 つぶやきブログ,2005/06/14) に書かれているシンポジウム資料を送っていただいた。以下に目次を転載させてもらう。 I シンポジウム論文 BSE
アメリカ牛肉のBSEが話題ですが、国内BSEの感染源調査について (つらつらブログってみます)
政治経済社会ニュース独自の評論 毎日配信 登録無料!! オリーブニュース 国内のBSE感染牛の感染源は、肉骨粉だということで決着がついているようでいて、実は決着はついていないということをご存知ですか? アメリカ牛肉の輸入をはじめるころの話ですが、日