BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず

2005年10月21日 12時28分43秒 | アメリカ牛は安全か?
■BSE:国会で食安委の”科学根拠”に疑問続々 でも報道されず

米国牛輸入再開が決定したようなムード報道の中、国会衆議院で、BSE問題に関して、食品安全委員会と農水・厚労省に対しての質疑が行われました。

かなり熱い質疑でしたし、議員から多数の「科学的評価に入れるべき重要情報」が指摘されましたが、それらが殆ど報道されなかったのは11月にブッシュさんが来日するから? それとも販促広告費のせい?

ということで、いまやマスコミのタブー?、禁忌?とされている、米国牛のヤバイ実態を知りたい、怖いものを見たい、という方はぜひ、週末のお供にビデオをお楽しみください。(笑 
さて、食安委の次の審議(24日月曜)ではそれら情報は反映されるんでしょうか。

11月15日追記:
衆議院の質疑の会議議事録ができてました。下記にて、ご覧いただけます。
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kaigiroku.htm
↑委員会名から、順にクリックしてご覧ください。
内閣委員会 第163回 平成17年10月12日第2号 (川内博史議員)
内閣委員会 第163回 平成17年10月19日第4号 (川内博史議員)
農林水産委員会 第163回 平成17年10月19日第2号 (山田正彦議員 高橋千鶴子議員)

衆議院の質疑の中継ビデオは下記にてご覧いただけます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm
検索で「日時」と「発言者」を入れるとHITします。

開会日: 平成17年10月12日
発言者名: 川内博史

開会日: 平成17年10月19日
発言者名: 山田正彦
      川内博史
      高橋千鶴子

========12日分の内容概略。========
★代用乳の中の牛脂と血漿たん白が感染源としてもっと調査会で追究されるべき。
今の感染源評価の基礎となっている報告書に統計的に重大な間違いがある、という指摘があるので、それを調査会で確認すべき。牛脂と血漿たん白が20頭中13頭の感染源となったなら、それらに全く規制がない米国の評価にも大きくかかわる
★米国の牛の脳や脊髄(SRM)から、16万トンの肉骨粉と、16万トンの牛脂が作られ(2004年)飼料化されている件。
★牛の脳&脊髄入り肉骨粉を食べた100万トンの鶏の糞の、牛の飼料リサイクルについて
★鶏糞尿飼料の30%に肉骨粉が混入しているというFDA長官代理の見積もり
★ミンク脳症や狂鹿病(プリオン病)が存在するにもかかわらず、
 米国で、ミンクや鹿がレンダリングシステムに混入している件。
★食品安全委員会の中立公正が問われる件。

============== 順次追加予定。 ======

マスコミの方々は、食安委の希望的というか「こうだったらいいなー」という願望的仮定と推論に基づく、現実の実態として出ている数字を無視した、とても「科学」とは思えない、根拠のない「モデル計算の数字」だけは報道はされてますが、
(計算している座長は一応「モデルだ」と言っているんですが、またまた報道の、数字の一人歩きを黙認、野放しのプリオン専門調査会)

私は、これらモデル計算やら論文?を翻訳して、世界のBSE研究者に見てもらいたい位です。EUの学者なんか驚いちゃうだろうなぁ。EUの食品安全局が「米国のレンダリングでは大気圧下のため感染性は減少するとは思えない レンダリング評価は”不合格”」と評価してるのが、日本の吉川座長の計算だと「レンダリングで1/100に感染性は減少」なんてモデル計算を出してるんですもん。なんだそれ。
米国在住のセイファー教授やプルシナー教授は、さて、これら「科学的評価」を見たら、なんてコメントするだろうか。

周りの方は、自分は食べても子供には食べさせない、なんていわれてる方もおられるけれど、子供が事故でもして、輸血や血液製剤を使う、とか、歯医者にいく、なんてことを考えると、とてもじゃないけれど、「個人の選択」な問題ではありませんね。

ちなみにこの質疑で報道されたのは、次の2点くらいではないでしょうか。
■BSE問題:「安全」パンフを政府調査会座長代理が監修
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20051013k0000m040083000c.html
 米国食肉輸出連合会が作った米牛肉の安全性を訴えるパンフレットを、政府の食品安全委員会(寺田雅昭委員長)リスクコミュニケーション専門調査会座長代理を務める唐木英明・東大名誉教授が監修していたことが分かった。12日の衆院内閣委員会で川内博史議員(民主)が「食品安全行政の中立・公正を疑わせる」と指摘した。寺田委員長は、唐木氏は牛肉輸入を審議する委員ではないとしたが、「もう少し気をつけたらいいのにと思う」と答え、問題があったとの認識を示した。

 パンフレットは「知って安心BSEのホント」との題でA5判18ページ。連合会が昨年6月に約1万部を作った。唐木氏はパンフレットの中の対談にも登場し「アメリカの(脳などの)特定部位の除去は徹底していた」「(日本のような)全頭検査の必要はない」などと話している。経歴欄に「食品安全委員会専門委員」との記載がある。

 安全委は、プリオン専門調査会で米国・カナダ産の牛肉の安全性を審議中。寺田委員長は「(監修は)委員会の立場としてではないので、まあしょうがない」と話した。一方で、唐木氏には以前に、発言の際は安全委の肩書を使わないよう注意していたことを明らかにした。【高木昭午】
毎日新聞 2005年10月12日 20時21分


■米産牛 輸入の前提“お粗末” 査察体制ほとんどなし
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-10-20/2005102015_01_2.html
 日本政府が米国産牛肉輸入再開のための条件としている米国内の“BSE(牛海綿状脳症)安全対策”にたいし、日本政府にはほとんど査察体制がなく、月1回でも査察率はわずか3%程度。実効性はない――。19日の衆院農水委員会で、日本共産党の高橋千鶴子議員はそんな実態を明らかにしました。日本政府が急ぐ輸入再開の前提そのものが揺らいでいます。

■高橋議員が追及
 政府は現在アメリカの圧力を受け、米国産牛肉の早期輸入再開をめざしています。そのために、内閣府の食品安全委員会に「生後二十カ月以下」「危険部位の除去」という条件をつけ、米国産牛肉と国産牛肉のリスクは「同等」かどうかの評価を求める諮問をしています。食品安全委員会の審議では、輸入条件の完全順守が大前提となってきました。しかし、その前提の実効性にはこれまでも強い疑問が指摘されており、政府は「査察の実施で実効性をあげる」(農水省の石原葵事務次官)などと言明してきました。

 しかし、高橋議員によると、米国では、一日あたり一施設で約五千頭と畜されているのに、査察にあたる日本政府の人員体制は農水省動物検疫所の家畜防疫官二十三人と厚生労働省監視安全課の職員二人だけです。

 米国産牛肉輸入を含む農水省の査察活動の来年度予算要求は約四千万円です。
 動物検疫所の家畜防疫官は、米国産牛肉査察だけでなく、口蹄(こうてい)疫が発生した中国などからの輸入条件の査察も任務です。
 しかも、米国内での日本向け米国産牛肉の処理施設は約三十施設。訪米して毎日査察すると年間約一万九百五十回の査察が必要になる計算です。
 高橋議員は、「仮に十人が月一回米国に出向いて三十施設を査察しても査察回数は年三百六十回。査察率はせいぜい3・2%にすぎない」と指摘。航空運賃など旅費を考えるだけで予算オーバーになるような「人員と予算でまともな査察となり、担保できるのか」とただしました。

■政府「これから詰める」

 農水省の中川坦消費・安全局長は、「(月齢判定の)枝肉格付けなどを常駐に近い形でみるわけではない」「頻度その他はこれから詰めるところ」と答弁。多くを「書類」の審査などに頼る意向を示しました。
 岩永峯一農水相は「(再開は)食品安全委員会の答申を踏まえていく」と答えました。


参考:
最近報道された、米国食肉加工場の様子では、
■日経スペシャル「ガイアの夜明け」アメリカ牛肉は大丈夫か
8月16日放送 第174回

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview050816.html
閲覧者のまとめが↓にUPされてますけれど、私も見ましたけど
牛の緑色のぶつぶつの膿瘍(病変)を、肉に付着させたままそのまま出荷してるとか、やってましたね。再放送希望。
http://nyoze.seesaa.net/article/8294815.html

コメント (6)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉... | トップ | 食安委の事務局が不透明に見... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難う御座います (rvsgnb)
2005-10-30 13:24:05
TB有難う御座います。今も牛肉は余り食べないようにしていますが(値段が高いため?)つい食べてしまうのは危ないような?。米国が制裁とかは、何をトンチンカンななどと怒り?が沸いてきてしまう様なですが。日本政府と米政府のコミュニケーション?が全くできないことを露呈?。日本のマスコミは義務を放棄?してるようなですが、ニューヨークタイムズは日本の現状などを知ってたら米議員らに知らせてくれないか、などとも思いますが。国会議員は米国へ行って議論しないとなどと思いましたが...無理?。乱筆。
TB有難う御座います (kouyou)
2005-10-31 02:55:29
TBして頂いて有り難うございます。私は、飲み屋でレバ刺し・千枚や子袋など牛もつが好きなので今後の対応尾が非常に気になります…。「BSEに対して戦戦恐恐する日本人」とアメリカメディアが取り上げてくれると若干圧力が変わるかも?日本政府には、上手く立ち回って欲しいものです。
怖い話です… (Mew)
2005-11-01 23:10:56
TBされてましたのでお邪魔しました。

しかし、恐ろしい話ですよね。目に見えない危険ですので、国にはしっかりした対応を望みたいのですが、アメリカの犬状態の政府には無理な話ですかねえ…。

TBありがとございます (トウサン)
2005-11-02 10:33:57
TBありがとうございます。

なぜそこまで急ぐ必要があるのか?

今回の内閣改造もあまりにもアメリカよりの人事、国民の健康よりもアメリカの軍事力頼みの姿勢は疑問だらけです。
Unknown (ピア)
2005-11-08 22:06:50
こんばんわ、TBありがとうございます。

なにしろ表で報道される内容がしょぼいので、国民は一体どうなのよという状態でしょう。どうして国内と海外で対策が違っても大丈夫なのか(実際は大丈夫じゃないですけど)、そこを言わないと輸入再開しても少なくとも私は食べません。しかし、肉そのものを食べる以外にもいろいろと感染経路がありそうですので、そこも問題ですよね。

またよろしくお願いします!
あっちでもこっちでも (オサル)
2005-11-14 16:43:29
いろいろ教えていただいてありがとうございます

専門的な事は分かりませんが近い将来BSE患者による

死亡者が増えることは確実みたいです

政府は日本の将来をどう描いているのでしょうか

目先の欲に駆られて出た結果に呆然としそうです

会社の弁当とか学校給食とか避けて通れない状況に

みんな置かれている

発症して一年で死亡じゃあね・・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
英米露仏 (詩)
沈んでいる 水に落ちた、俺達の希望 大きな壁にぶち当たり 政府という壁に潰される 赤と青と白には失望させられる くだらない政治論を並べ 間違ったことばかり、自分の都合に合わせ ほざいている 赤と青と白だけじゃない だが先頭に立っているのは ヨーロッパとアメ
ホリエナジー (1-B (ichibii))
←ホリエナジーを買ってみました。30mlで380円。 噂の(どこで?)『ホリエナジー』という栄養ドリンクなのですが、 「am/pm」限定発売として売っていたのを見つけ、思わず買ってしまいました。 『ホリエナジー』というだけあって、発売元はライブドア。『.
政治解決(米牛肉輸入再開問題) (時事を考える)
米産牛肉の輸入再開が12月に内定したようです、農水相が中川さんに決まったようです
大丈夫なのアメリカ牛 (情報Bank)
米産牛肉、年内にも輸入再開へ・食品安全委が答申案 食品安全委員会は31日午前、プリオン専門調査会(座長・吉川泰弘東大教授)を開き、BSE(牛海綿状脳症)発
BSEリスク差は小さい 日米牛肉で調査委原案 (Mew\'s Room)
Sankei Webの記事。 北米産牛肉の輸入再開問題を審議している内閣府食品安全委員会プリオン専門調査会が近くまとめる答申原案に、北米産牛肉と国産牛肉の牛海綿...
( ゜д゜)ポカーン (因果応報な日々)
科学的回答難しい=「あとは消費者が決めればいい」-プリオン調査会座長|Yahooニュース  米国産牛輸入再開の答申案を了承した内閣府食品安全委員会プリオン専門調査会の吉川泰弘座長は31日の会合後記者会見し、「(米国の)データ不足に加え、(日本向け輸出条件が守ら
セザンヌ(静物):  食欲の秋を健康的に楽しむため 原産地表示に気を付けよう。そして その決定・表示基準にも 思いを回らそう。 (猫曼荼羅)
食欲の秋。米国産牛肉の輸入解禁も 目処が付いた。 審議委員会の委員長の言によれば ”米国の安全基準に不安を持たれる人は 食べなければよい” とのことであった。 発言の当否はさて置き 問題は ”食べない自由” が どのように担保されるかであろう。”食べない.
『推定安全米国産牛肉』....?? (「のぞき屋」ブログ)
米国産牛肉の輸入解禁?  ついに、日本国政府は非科学的な『推定安全』で米国産牛肉の輸入再開に踏み切るようだ。 牛の月齢20ケ月未満の判定も曖昧! BSE検査体制や危険部位除去技術が不十分の状態で、今後の米国の努力に期待して政治的決着をめざすのだそうだ。 米国畜.
北米産牛肉の輸入再開は、アブナイ!(1) (日本がアブナイ!)
<この項は、加筆修正されるかも知れません。> 私は今、ある意味では憲法や政治経済の諸問題よりも脅威に感じていることがある。  それは、日本政府が、年内にもアメリカ・カナダ(以下、北米)生産の牛肉の輸入を再開 しようとしていることだ。安全性に対する保証
12月定例会で米国産牛肉問題でも取り上げてみようかと思ったが・・・・ (埼玉県和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました))
そろそろ、何かのテーマを定例会の質問に入れるなら頭の片隅に常に置いておかなければならない時期、気になるのが米国産牛肉の輸入再開です。 そもそもリスクが日本産と比較して小さい、ということはリスクはある、ということです。特に、子供が危ないというのが定説。
アメリカ牛肉問題 ジャブの応酬 (ピア 徒然見聞録)
国民感情を無視したまま、アメリカ牛肉は輸入再開の動きが活発になっていますが、早速ジャブの応酬があった模様です →goo →goo 「日本はグローバリズムに弱いからな、国際基準でねじ込んでやる!」 「全頭検査から譲歩したんだ。これ以上譲歩して
産地偽装 (怪眠・怪食倶楽部)
どうしてもなくならない産地偽装 安全より利益が中心の卸売会社がまだある。 中国産サトイモを「千葉県産」などと不正表示して販売したことで、日本農林規格(JAS)法違反で改善命令を出した。 とTVのニュースや新聞で報道されていたが、この業者は3年前にも改善命令を
BSE対策に新兵器 (Everyday is April Fool!)
 小泉純一郎首相は16日に京都迎賓館で行われた日米首脳会談で、懸案の米国産牛肉の輸入再開問題について、年内輸入再開の方針をブッシュ大統領に伝えた模様だ。これは、米国がBSE対策として新兵器を導入した事が明らかになったためと思われる。  その新兵器とは、三.
私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶことになる。 アメリ.
私は、「吉野家」ではなく、「すき家」に行きます! (「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表 米国、カナダ産牛肉の輸入が2年ぶりに再開されることになった。内閣府の食品安全委員会の答申を受け、農林水産省などが禁輸の解除を決めた。近く、米国産牛肉が牛丼店で復活し、販売店の店頭にも並ぶことになる。 アメリ.
外務省にはBSE存在せず (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。
外務省にはBSE存在せず (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。
信用できるものが何もない (真夜中の国語辞典blog版ぞーぷす)
この米国産全頭検査拒否牛肉輸入再開より前、国内で初のBSE感染牛発見のあたりで、各政党に食品表示のアミノ酸や牛エキスといった原材料不明の表示から具体的な表示に変更し、外食の厨房の調理器具や精肉段階での切断器具等の徹底管理(牛なら牛、鶏なら鶏等)を徹底指導...