トンデモ議員民主・藤田幸久をワシントン・ポスト酷評 同時多発テロ陰謀・謀略発言で

2010-03-09 14:31:46 | 世界
ベンジャミン・フルフォード/きくちゆみ/リチャードコシミズ/藤田幸久・・・
副島隆彦/植草一秀/「晴天とら日和」「カナダde日本語」など小沢一郎・命ブログ・・・
百害あって一利なしの「陰謀論」の甘さに酔いしれる連中の種は尽きませんね。

----------------------------------
Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で/朝日
【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)が同紙に対し、2001年9月11日の米同時多発テロの犯人像に疑問を挟む発言などをしたとして「突拍子もなく、いい加減で、偽りがあり、まじめな議論に値しない」と酷評した。鳩山由紀夫首相が容認すれば、日米関係に影響するとも警告した。

 同紙は、藤田氏が最近の同紙による取材に対し、▽テロリストの犯行かどうかに疑問を挟んだ▽世界貿易センタービルの倒壊が(飛行機の衝突による)火災ではなく、起爆装置で起きた可能性があると示唆した、と紹介。そのうえで、こうした「幻想」は鳩山政権の「反米傾向」を反映していると指摘した。

 さらに「藤田氏のような無謀で事実に反した考え方を鳩山氏が容認するなら、日米関係が厳しく問われることになるだろう」と断じた。

 藤田氏は、野党時代の08年4月の参院外交防衛委員会で、国際テロ組織アルカイダのオサマ・ビンラディン容疑者の関与に疑問を挟む内容の質問をした。今年1月発売の週刊朝日でも、米国は犯人を特定しておらず、ビル倒壊の原因も再調査すべきだとの持論を展開。こうした発言はこれまでも米国の対日専門家らに批判されており、日米間の新たな問題に発展する可能性もある。

     ◇

 藤田氏は9日、朝日新聞の取材に「インタビュー後の懇談で、一議員としての考えを話したもので、社説は私の肩書を含めて間違った記述もある」と、党や鳩山政権の考えではないことを強調した。
http://www.asahi.com/politics/update/0309/TKY201003090110.html

米紙、9・11陰謀説の民主・藤田議員を酷評/讀賣
【ワシントン=小川聡】米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙のインタビューに応じ、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとして、「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した。

 社説は、藤田氏が米同時テロについて「株取引のもうけを狙った陰謀」の可能性を提起したと紹介。「こうした正気を失った過激派の空想に影響されやすい人物が、世界第2位の経済力を誇りにしている国の統治機関の中で重要な地位を占めている」として、民主党政権の反米気質と関連づけて解説した。

 そのうえで鳩山首相について、「日米同盟が安全保障の礎石だと再確認しているが、首相と民主党政権の行動は、そうした約束について疑問を提起している」と分析し、「首相が藤田氏のような向こう見ずで、事実を無視する党分子を大目に見るかどうかで、日米同盟が厳しく試されるだろう」と指摘した。

     ◇

 藤田氏は9日昼、「ワシントン・ポストの記者に雑談で話したことだ。内容がきちんと伝わっておらず、誤解がある。党の見解を述べたものではない」と述べた。

 藤田氏は、民間活動団体(NGO)をへて1996年衆院選で初当選した。2005年に落選後、07年参院選で茨城選挙区から立候補して当選した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100309-OYT1T00545.htm?from=navr

民主・藤田国際局長を米紙が酷評 同時テロ陰謀説示唆で/共同
 【ワシントン共同】8日付の米紙ワシントン・ポストは社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙に対し、米中枢同時テロの陰謀説を示唆する発言をしたとして「奇怪だ」などと同氏を酷評。鳩山由紀夫首相が「藤田氏のような向こう見ずで、事実をねじ曲げるような人物」を容認するのか否かで、日米関係にも悪影響が出かねないと警告した。

 同紙は藤田氏が、同テロ犯の何人かがまだ生きているとしたり、事件を事前に察知していた何者かが株式市場で利益を上げたなどと主張していることを紹介。「民主党や鳩山政権に一貫する反米志向を反映しているように見える」と指摘した
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030901000524.html

---------------------------
ワシントンポスト(3月8日付)の批判的な社説に対しての私のコメント/藤田幸久のブログ
ワシントンポスト(3月8日付)に誤解を受けるような社説が載りました。これに対する問い合わせ、その経緯をご報告致します。

3月3日AM10:30にフォーリン・プレスセンターの要請で米ワシントン・ポスト紙のリー・ホックスタッダー氏(Lee Hockstader, Editorial Writer, The Washington Post)が「日本の移民受け入れに対する姿勢、態度の変化」という取材テーマで藤田幸久参議院議員(国際局長)を訪問した。(別紙、最初の取材依頼書、及び下記質問項目詳細参照)
本取材依頼をめぐる経緯の概略及び同記事の問題点は以下の通り。


1 取材時間の丸々1時間は、依頼テーマの日本の移民受け入れの現状や右に関する藤田議員の見解であった。取材中、ホックスタッダー氏は、ラップトップでコメントを打ち続けていたが、1時間の取材を終え、ラップトップを閉じた後、雑談として藤田議員の略歴の中に「9.11」について委員会質問をしていることなどが紹介されている点を取り上げ、いずれの点を疑問に思っているかと尋ねた。それに対して、藤田議員は「9.11」にかかわりはじめた背景や不明なままになっている事件の諸点を指摘した。
2 したがって、藤田議員は、予定の同意した質問に約1時間答えた後は、当然取材外の質問として応対していた。
3 フォーリン・プレスセンターの深澤氏も同席したが(国際局主査内田、副主査のバーニクルも陪席)今回の訪日期間中、移民問題以外のインタビューはいずれの先でも行わなかったとの確認をとっている。(取材後、同センターの寺田理事長からお礼の手紙も届いている。)本インタビュー全部を記録として録音しているので、後日、全部を紹介する予定である。
4 上記1にある通り、取材後「9.11」に関する雑談をしたが、9.11が陰謀だと結論したこともなければ、ツインタワービルが解体爆破などと断定したことはないと、明確に発言している。むしろ、犠牲者家族などの支援やアフガニスタン戦争や人道援助の現場から、「テロとの戦い」の原点の検証が必要との立場から国会質問などを行って来た、ことを紹介した。                        
5 また藤田議員は、米軍元捕虜の支援活動を含め、アメリカ各界に友人も多く、日米の懸け橋作りに長年努力してきた。
6  そもそも同氏の記事冒頭、藤田議員が参議院の外交委員長であるかのような紹介をしていることや、(head of the Research Committee on Foreign Affairs in the upper house of Japan’s parliament)藤田議員が「外交政策のエスタブリシュメント」という表現を活用しているが、同議員は右のポストになければ、党の国際局長という立場は政策に関与する立場にあるものでない。事実を歪曲した扇動的報道と断ぜざるを得ない。
                     
(別紙2)3月2日着

民主党 国際局 アリスン 様
いつもよりお世話になっております。主な質問事項は下記の通りです。


・日本の人口が減少しています。
本問題に関して民主党はどのような取組みをされていらっしゃいますか。
・少子高齢化に伴う、日本の労働人口の減少が懸念されております。
外国からの労働者を受入れることに関して、民主党のお考えをお聞かせください。
・経済状況が悪い中で外国人労働者や移民問題を取り上げるのは難しいでしょうか。もしそうであれば、本問題に関して取り上げるのは何時が適当をお考えでしょうか。


政策等に触れるところに関しまして、お答えが難しいところもある
かと存じます。お答えをいただける範囲で結構ですので、よろしくお願い致します。


深澤 麻由子
財団法人 フォーリン・プレスセンター
メディア・リレーションズ課 TEL: 03-3501-5070 FAX: 03-3501-3622
http://www.election.ne.jp/10870/82214.html
---------------------------------------

藤田幸久は、陰謀論者ではない!といっている。しかしこの男の言動は「きくちゆみ」らと同伴し続けているところから判断すべきであると思う。
---------------------------------------

あのトンデモ藤田が、なぜ?/vanacoralの日記
藤田幸久の9.11陰謀説、米メディアに/Apes! Not Monkeys! はてな別館



藤田幸久 (911陰謀論)/Skeptic's Wiki
---------------------------

民主党国会議員藤田幸久ブログのプロフィールから見えてきたもの ほか/AMLから

よろしければ、下のマークをクリックして!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ジャンル:
その他
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敬宮愛子登校拒否 雅子妃殿... | トップ | 世界各地で国際女性デーのイ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です (一般市民の一人)
2010-03-10 02:33:18
質問です。なぜ9,11テロはアメリカ政府の発表したとおりの事件だと確信できるのですか?教えてください。
 あなたのブログは民主的運動の連絡簿のようになっているけど、そうした人はこうした国家が国民に隠している事について真相を明らかにするよう求めるものなのでは?例えばあなたのブログには「ガザ封鎖を解除」というのがあるけど、アメリカではガザは解放されていてテロ組織ハマスが勝手にイスラエル人を殺しているから対抗措置を取っているというのが「一般的な説明」なのでは?それは嘘であってそれに対抗したいから集会を開くのでは?

 藤田幸久さんも陰謀があったとは言っていない、事件の真相を明らかにしろと言っている、それが日本を巻き込んだ戦争だったから。勿論それは今のアメリカ政府の説明が嘘だ(真実でない)というのが暗黙の前提になっている。9.11テロは起きた事を素直に見るとアメリカ政府の説明通りだとは思えない、これは孫崎享、天木直人など元外務官僚も言っている事です。
 例えばオサマ・ビンラディンが9.11テロを起した首謀者であるという証拠はあるのですか?それを求める事こそこうした市民の活動なのではありませんか?なぜあなたはそこで陰謀論だとして目をつむる事ができるのですか?教えてください。
Unknown (お茶)
2010-03-10 22:54:37
このサイトはよい情報も流してくださっているが・・・

「トンデモ」というレッテルを貼り、イメージ工作を行っている点からも、誘導したい意図が見える。
それだけ焦っているのだろう。
いくつかの工作員サイトでも同じ記事がある。
(逆に情報を拡散するためにあえて出している、というのもあると思うが)
それでカネなどをもらっているのである。

ちなみにメディアのなんとか通信などもカルト報道機関として有名。

とても都合の悪い情報だということ。
これはすべての悪事にもつながっている重大な問題である。
アジアをはじめ世界の有志が情報を流してくれている(我々世界市民の生命の安全、未来に直結する重要な事件であるのだから・・・多くの人たちが見えないところで活動している)。


動画視聴し拡散を。

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (1 of 2)
http://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo&feature=related

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ (2 of 2)
http://www.youtube.com/watch?v=f0PDhMZf6Yc


9.11 ミステリー1 911事件の謎
http://www.youtube.com/watch?v=3vfouhgEUY4&feature=related

9.11 ミステリー2 911事件の謎
http://www.youtube.com/watch?v=KEc5t-m-8_c&feature=related
「お茶」さま。 一般市民の一人さま。 (AI)
2010-03-11 00:00:06
「それだけ焦っているのだろう」?何を焦っているといわれるのですか。
「誘導したい意図」というのも何の事だかよくわからん。
------------------
あなた方の「善意」を疑うものではないのだが、「アウシュビッツの嘘」や「南京大虐殺はなかった」「ユダヤ陰謀説」などと通底する陰謀・謀略史観や、それと本質において変わらぬものの見方は、ときに甘く心地よくても、心身を犯すのですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
あのトンデモ藤田が、なぜ? (vanacoralの日記)
普天間問題よりも核密約問題よりもはるかに日米関係を棄損せしめる爆弾が破裂しました。民主党の内部から。 ■Wポスト紙、民主・藤田議員を酷評 同時多発テロ発言で(朝日新聞) 2010年3月9日12時55分  【ワシントン=伊藤宏】米紙ワシントン・ポストは8日付の社説で...