歩けば楽し


楽しさを歩いて発見

  思い出を歩いて発掘

   健康を歩いて増進

コボウズオトギリに花が咲き、赤い果実が付いている

2017-06-22 | 園芸
 お花屋さんで良く見かける、赤い果実が可愛い”ヒペリカム”。
 赤い実を”ヒペリカム”と呼んでいるのは、”コボウズオトギリ(小坊主弟切)”の果実。”ヒペリカム”類には”コボウズオトギリ”や”キンシバイ(金糸梅)””ビヨウヤナギ(未央柳)”などがある。コボウズオトギリは花より果実を鑑賞し、後者2つは花を鑑賞する。
 三者は良く似ている、特徴は
 キンシバイ(金糸梅):花は4cm位、オシベは短い、オシベを包む様な花姿
 ビヨウヤナギ(未央柳):花は少し大きい、オシベは長い、花びらは開いている
 ヒペリカム(ヒペリカム・アンドロサエマム 、コボウズオトギリ)
          :花は2cm位と小さい、オシベは長い、赤い果実が特徴的
 コボウズオトギリ(小坊主弟切)
 学名:Hypericum androsaemum)
   (ヒペリカム・アンドロサエマム )

 オトギリソウ科オトギリソウ属
 半常緑小低木、丈は30cm~1m
 原産はヨーロッパ西部~南部
 開花時期は6月~8月
 花色は黄色、径は2cm程
 花が咲くと同時に果実を付ける
 果実(1.5cm)の色は赤、後に黒色と変わる

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スモークツリーに花が咲いた | トップ | 傷ついた脊髄の再生を促す手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

園芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。