6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろに起きた台湾北東部・花蓮県の沿岸を震源とする大きな地震。

 花蓮市で民宿を経営する片桐秀明さん(70)は3階の自室で寝ようとしたところ、「ドンドンドンドン」という大きな音とともに激しい揺れを感じた。「縦揺れと横揺れが同時に来た」。1階に降りてみると、物入れの引き出しが飛び出していた。客室内のテーブルも倒れていた。

 日本人旅行客4人を含む6人が宿泊していたが、全員無事だった。6人と一緒に見たロビーのテレビには、民宿から1キロほど離れたホテルの1階がつぶれている様子が映し出されていた。「2日前の深夜にも大きめの地震があったが、今回はさらに激しい揺れだった。台湾に住んで15年目になるが、こんなに大きな地震は初めて」と話した。

 花蓮県でガイドをしている播磨憲治さん(57)は、妻と長女、長男とくつろいでいるときに揺れに襲われた。「最初はゆっくり、それからドドドドーっと一気に大きくなった。一度落ち着いたと思ったらまた揺れて、30秒ぐらい揺れ続けた」

 ドレッサーや棚から物が落ちたが、けがはなかった。「ホテルの1階がつぶれて、巻き込まれている人がいるようだ。日本人も使うホテルなので心配です」

 花蓮県でペンションを経営する大沢美映さん(43)は寝ていたところ、激しい横揺れで跳び起きた。客室のシャンデリアは壁に当たって割れ、背の高い家具は軒並み倒れた。化粧水などの小物類も床に落ちて割れた。「2、3日前から地震が続き、大きな地震の前触れじゃないかとおびえていたところだったが、本当に起きるとは」と話した。