暮らしの中で

ポメラニアンと共につぶやいています。

貴方の運転大丈夫?

2018-01-22 17:23:51 | 暮らしの中で


高齢者の運転による事故が社会問題を踏まえ、内閣府は19日・・
   運転免許証の自主返納などに関する世論調査の結果を発表した。

70歳以上の免許保有者で・・・
       自分の身体能力の低下を感じた時・・・・74‰
返納するつもりなし・・・・9.2‰

障害や病気のある運転に必要な助言受ける「運転適正相談」について?・・・
        28%が利用するつもりはない・・・・・

平成19年の75歳の死亡事故件数は、427件であったが・・・しかし
    28年は死亡事故の件数全体が減少傾向の中、75歳以上の件数は、
459件と増加し、13.5%に増加した。
警察庁の担当者曰く・・高齢者は自分で運転の厳しいなぁと感じなければ
  返納しなく、高齢者講習で自分の運転能力をチェックし、現在の状況を
知って自主返納に取り組む必要が大事だと言う・・・・・
    19年に約2万件だった運転免許の自主返納件数は毎年増加を続け
29年は42万件に増え続けていると発表した。

この記事をはてなブックマークに追加

快適な入浴法

2018-01-21 07:42:44 | 暮らしの中で


入浴は日本人の生活にとって欠かせない習慣です。
    何気なく入っているお風呂ですがお湯の温度や量、つかる時間などに、
よって体に及ぼす影響はさまざまで一日の疲れをすっきり解消するには、
   冬場なら40度前後の「ぬるめ」のお湯に10分以上を目安に
ゆっくりつかります・・ぬるめのお湯には副交感神経を優位にさせる効果があり、
   精神を鎮静させ、特にストレス疲れやイライラした時の入浴法です。

立ち仕事の多い人は、よく運動したり長く歩いたりして筋肉の疲れを感じた日は、
   38度から40度程度のお湯にゆっくりとつかると血管を拡張させて、
血行を促進させ発痛物質や疲労物資を流し去ることが出来ます。
   ぐっすり眠りたいときは、寝床にはいる2時間前を目安にお風呂に入ると、
快眠を得やすいと言われております。・・・・

朝風呂は42度位のアツいお湯にさっとつかり、長風呂は避けること・・・
     交感神経を刺激するので心身の緊張を高めます・・・
心臓や血圧に問題のある人は朝風呂は絶対に避けることです。
   目的や体調に合わせた効果的な入浴法を知ることで、心身の疲れを癒し、
毎日のバスタイムをもっと健康的な時間を変えてみては如何でしょうか?



この記事をはてなブックマークに追加

恋愛よりも即結婚だって?

2018-01-20 14:44:53 | 暮らしの中で


政府の統計で・・・40歳以上の女性が結婚できる可能性は1%??
     婚活の厳しさが指摘される中、ここ数年若い女性が・・・・
結婚相談所を訪れるケ-スが増えているという・・・・
   彼女達は草食系とは違って、ただ単に恋愛が面倒だとの持論らしい。
恋愛の駆け引きは面倒で、相手の言動にハラハラしたり、喧嘩したりとかで、
   煩わしいやりとりを省略し、最短距離で結婚したいとの持論らしい・・・
少子化で親から大事に育てられた事もあって、傷つきたくないのだろうか?
    昨今は、一人で何社も内定を得られる時代・・・
結婚だって、挫折を経験したくないというわけだろうか?・・・・・

バルブ時代の(3高)のように、条件で選ぶ傾向も強くなったという・・
      計画的に結婚相手を見つけるタイプが多くなったと言われる。
結婚を戦略的に捉える戦略女子で、条件に年収2000万円以上の経営者で、
    私が起業したいと言ったらサポ-トしてくれる人等々・・・
自分の将来にマッチした男性と結婚する事を「保険」にして社会人として
   悠長に恋愛する暇があれば、少しでも若くてきれいなうちに・・
条件のいい相手を見つけて結婚したいそんな打算が働いているようだが、
30代から40代よりかは男性のウケモ良く成婚率は高くなっていると言われる。

この記事をはてなブックマークに追加

先進医療費に備えて!!

2018-01-19 17:56:22 | 暮らしの中で


国立社会保障人口問題によると、1980年に968人だった100歳以上の
   高齢者は、2017年には70倍の6万7824人に増加、49年には50万人を、
超えると推計されている・・・07年に生まれた子供の半数が107歳より、
   長く生きるとの試算もあり、「人生100年時代」は確実に近づいている。

長寿化で「人生100年時代」に近づく、高齢者向けの保険商品が増えてきた。
   将来蓄えが尽きて医療費が払えなくなる「長生きリスク」に備える
保険商品90歳からでも入れる終身医療保険が始めて登場した・・現世代を
  タ-ゲットにしてきた保険業界も人口構成の変化で変わりつつある。

入院1回につき10万円、手術1回につき5万円を給付、退院から30日間空くと
  通算100回まで支払われる・・月額100-500円程度の特約をつければ、
先進的な手術など公的保険対象外の「先進医療」の費用通算2千万円まで補償、
  保険料の払い込期間は95歳までで、例えば加入時60歳なら月額8220円、
90歳男性なら2万4880円となる・・・明治安田生命保険の新商品だ。

医療技術の進歩も医療費を押し上げている15年度の75歳以上の国民一人当たり、
  公的保険適用分は92万9000円で10前から1割増えたとの厚生省の統計だ。
75歳以上の窓口医療費負担は1割だが(所得があれば3割)先進医療を利用すれば、
  負担額は急増する・・・超長寿社会のあり方を考え「人生100年時代」の
議論に基づき、社会保障を高齢者中心から全世代型に切り替える方針を
  政府は掲げているが、高齢者の不安にどう応えて行くかは大きな課題である。/font>



この記事をはてなブックマークに追加

老体に欠かせないもの?

2018-01-18 19:48:26 | 暮らしの中で


三ツのものが一体となって機能を発揮するのが・・・
      三位一体というらしいが、高齢化社会を乗り切るには、
老、中、若者が三位一体でなければいけないと言われているが、
          だったら・・・
老後の三位一体は何かと聞かれると・・・
   さしずめ・・カネと健康とハ-トの若さの3Kだと思っているのだが!!
      これにもう一つカミサンのKを足して・・・・
4Kが老後の男にとっては必要じゃないのかなって思っちゃう!!

この記事をはてなブックマークに追加

たた・・感動!!

2018-01-17 17:50:13 | 暮らしの中で


人は目でものを見る、人は耳で音を聴く・・・
      人は口で思いを告げる、それに値しているか?・・・

一昨日、BSテレビで身障者皆さんの素晴らしい生活行動を閲覧し、
    五体満足の私の心に生命への素晴らしい生き方を教わった。

身障者の方々の涙ぐましい努力からすると・・・・
    五体満足である身でありながら、あまりにも甘すぎる
自分の生き方を反省するばかりである・・・・
     足で料理をする、口で絵を描き、書をものにする・・
そのすばらしい作品に形容する言葉を失うほどだ。

天は二物を与えずというが、この方々の二物も・・・
          三物もそなえたものの陰には・・・・
どれほど汗と涙がこもっているのだろうか・・
     この人たちの足元にも及ばない自分をかえりみて、
たた・・胸熱く溜息をつくばかりである・・・・

この記事をはてなブックマークに追加

お迎え高級車

2018-01-16 17:31:24 | 暮らしの中で


若い時は、ただ気味悪がっていた霊柩車も・・・
   82歳の老いぼれともなれば、高級車よりも霊柩車が気になり、
乗るのが近づくにつれて、「お迎え車」と親しみが湧いてくる。
     これに乗れば安心!!の心境までもう一息・・・
ケバケバシい飾りの霊柩車はチョッピリ派手かな?・・・いやいや
    飾りのない霊柩車が性格にあっているかなぁって、
若いころ外車に抱いた夢のようなわくわく感の昨今である。

この記事をはてなブックマークに追加

避けがたい宿命

2018-01-15 16:41:25 | 暮らしの中で


きょうもまた空気を吸い、酸素を補給している。
        生命を維持する・・・人生を呼吸している。
ありがたいことだ。きょう一日生きることを許されたと、
       床につき夜の祈りを捧げる・・・・
そういう事に気づくまでに、何十年かかったことだろうか。

幼き友の訃報を喪中の挨拶によって知る・・・
生死流転、会者定離は人の世の避けがたい宿命ではあるが、
仲間の話題にそんなことが多くなってきた・・・

与謝野晶子の・・・・・
「いづくへか、かえる日近きここちして、
          この世のもののなつかしきころ」

そこまではいかなくても、もうじき・・・・
      そのことの意味を実感することになろう。

この記事をはてなブックマークに追加

迷う事なかれ!!

2018-01-14 17:35:27 | 暮らしの中で


クヨクヨするのは船酔いと同じだ・・・
        私達は、自身という小船に乗って人生という
大海原の波の上で揺られている・・・・
    船酔いをする人は、目の前の波を見つめているばかりで、
船酔いしないのは目の前の波ではなく、遠くの水平線を見る事だ。

目の前の波が、どんなに嵐のように荒れていいても・・・
     遠くの水平線はいつも穏やかである・・
クヨクヨしたら、目の前の波ばかり見つめないで、
      遠くの水平線を眺めれば船酔いも止まるだろう。

この記事をはてなブックマークに追加

不要なゴミは捨てましょう!!

2018-01-13 20:09:39 | 暮らしの中で


毎日好きな人の顔が
       目の前にある幸せ・・幸せ・・

幸せは当たり前すぎると・・・
    ときどき見えなくなる・・だから危険なことだ・・

けんかは内面からでるゴミです・・・気づくたび・・
    貯めたゴミは捨てて、捨てて、捨て去れば・・
いつかの日か心のゴミは空っぽ!!・・平穏な日々となる。

この記事をはてなブックマークに追加

期待はすれども??

2018-01-12 06:38:02 | 暮らしの中で


脳は加齢とともに退化し、記憶力、想像力も衰えるものだと、
    信じておりましたが、高齢者の脳にも新しい細胞が増殖していて、
能力の開発はいくつになっても認められると細胞学会では言われている。
    物忘れも、五感の感受性も集中力も、創造性も、高齢者であるために
衰えるものでなく、常にメンテナス作業を、繰り返していると言わているのに
        情報の氾濫で引きずり回されている・・・私の頭、
携帯、パソコン、タブレットと、アカウント、ID、パスワードと、
     三位一体の要求に、頭の老化も考えず、アレもコレもと欲張って、
画面を見るたび思い出せずに戸惑うばかりで、メンテナス待ちの昨今です。


この記事をはてなブックマークに追加

幸せの日々って?

2018-01-11 06:24:59 | 暮らしの中で


人生は退屈すれば長く、充実すれば短い・・・
     生も一度きり、死も一度きり、一度きりの人生だから、
一年草のように、独自の花を咲かせよう・・・・・・
     先行き短い爺ちゃんがこのように申しております。

ボクには座右の銘というものがない・・また、
   人生訓、生活訓というものもない、内密に秘めている言葉もなく、
たた、忠実に「食うちゃ寝」の日々だもの・・・
       これで幸せって言っちゃちょっぴり贅沢かなぁ?・・・・

            

この記事をはてなブックマークに追加

ホンワカ温かく

2018-01-09 08:18:24 | 暮らしの中で


伝えていますか・・・大事な人に感謝のありがとう。
        身近な人ほど後回しになっていませんか!!・・・・
大切にする気持ちはあるのに・・・・
        その気持ちを伝えてみませんか・・・・・
チョット照れくさいけれど・・・・
        心がホンワカ温かくなれますょ・・・


この記事をはてなブックマークに追加

5年経っても休業状態

2018-01-08 07:09:59 | 暮らしの中で


拉致進展がないのがもどかしい政府は主体的な具体策を取ってほしい。
        拉致被害者家族が安倍晋三に不満を強めるのは当然だ。
5年経っても進展ゼロというだけでなく安倍政権が拉致問題に本気で・・・
    取り組んでいる痕跡すらないというのも、6つの拉致関連の会議体制が、
ほとんど閉店休業状態なのだ・・・
   2012年12月に安倍政権が発足した翌月、安倍晋三自ら本部長となり・・
「私の使命として、私が最高責任者であるうちに解決したいと決意を致しております」
   気勢を上げて早速、関連の6つの会議体制を華々しく発足させのがよかったが、
ここまでで13〜〜14年に数回開催した後、14年を最後に議事録が消えた。

内閣官房拉致問題対策本部事務局曰く・・・14年で議事の掲載が終予している
   会議について、その後、開催されているのかは答えられず議事の掲載を
しなくなったのも堪えられません・・議事不掲載の理由は非開示というのだ。
  開催していれば、これまで同様議事をオ-プンにすればいいだけの話で、
今の加藤勝信拉致問題担当相は安倍政権で3人目だ・・・しかも厚労相を兼務
  手が回るはずがなく、安倍政権の拉致問題の優先度はこんなものだろう。
二度と「拉致の安倍晋三」と口にしないことだ・・
  北の脅威を国民に脅しをかけて政権安泰を計る口先の誤魔化しはやめろ!!

この記事をはてなブックマークに追加

松の内明けて増税?

2018-01-05 06:45:27 | 暮らしの中で


2018年も好天に恵まれ良き新年を迎えられ新しい年に向かって、
    自身の決意新たな誓いをなされた方もおられ良きお年を迎えられた事でしょ。
「戌笑う」で大発会の株価も700円以上の上げ幅と26年振りの高値をつけたが、
  2018年は大増税の元年で、増税メニュ-が審議される850万以上の所得増税と、
タバコ税、森林環境税、観光促進税と、19年秋には消費税10%の負担増税だ。

タダでさえサラリマンの手取りは年々減り続け、毎年引き上げられる社会保険料の
 負担増などで、2016年は42万9517円と月7万円も減り、年間84万もガタ減りだ。
円安政策で輸入物価の高騰に苦しみ、せっせっと貯金に励んでも低金利政策で、
    受け取る利息はスズメの涙、カラッカラに干しあがった庶民のサイフから、
さらにフンダクルとは安倍晋三冷酷政権である・・・

伸び悩む個人消費にテコ入れを計るべき時期なのに庶民を狙い打ちに負担増を
  押し付け消費は冷え込み、景気の悪化に、日銀の物価上昇目標も遠のき、
異次元緩和の失敗もズルズルと続く事になる・・・庶民から巻き上げたカネを、
  安倍晋三は何に使うのか・・・・米国から「爆買い」の使う事のない・・
高額兵器や、規制緩和や特区制度をネジまげて仲間内の利益に使うのだろう。
  庶民の負担増と引きかえに「アベ友」のトランプ米大統領を喜ばし、
仲間を喜ばし,自身の自己満足に満悦の安倍晋三が政権を続ける限り、
    庶民の生活は成り立たなくなっていく運命かも知れない。/font

この記事をはてなブックマークに追加