Entrance for Studies in Finance Gooblog Edition
blog for business studies
http://blog.goo.ne.jp/fu12345
 



証券市場論講義目次·Lecture Notes on Securities Markets
証券市場論:2017年度につきましては学部は木曜日2限10:40-12:10 003教室で開講中です。
成城学園前駅までのアクセス 成城学園前駅より徒歩3分 正規受講を希望される方は3月下旬に受付期間が限定されていますので、成城大学教務課0334829389まで早めにお問い合わせ下さい。なお学外の方で大学院で私の演習指導を希望される方は、まず郵便物あるいは電子メールで問い合わせをお願いします(成城大学:世田谷区成城6-1-20の私宛に郵便物でご連絡下さい。メールアドレスなど連絡先を入れて下さい。お返事いたします。)。メールアドレスはgoogleで「seijo fukumitu e-mail」で検索されると出てきます。なお、証券化、M&A、コーポレートガバナンス、リスクマネジメントは、平行して開講する財務管理論の方で主として議論します。 株式、債券、投資、証券市場、金融規制(プルーデンス)などは、証券市場論で主として議論します。
証券市場論講義動画(Youtube)
使用するパワーポイントはResearch Mapの私のページにもあります。
 意見交換を希望される方も、さきほどのメールアドレスでお気軽にご連絡下さい。
証券市場論 前期 証券市場論 後期 現代の証券市場 証券市場論教材
証券投資分析のためのサイト
福光寛 報告要旨 中国概念股の理論・歴史・現状 金融学会2014年度春季大会 2014年5月25日
福光寛 中国概念股の理論・歴史・現状 成城大学経済研究203号 Jan.2014 15-76
みずほ総合研究所『ポスト金融危機の銀行経営』金融財政事情研究会, 2014
斉藤美彦『イングランド銀行の金融政策』金融財政事情研究会, 2014
福光寛 講演要旨 中国概念股の理論・歴史・現状 大阪市立大学都市創造研究科 2013年12月13日
福光寛 中国概念股の危機はなぜ生じたのか 成城大学経済研究所研究報告64号 July 2013 1-36
福光寛 報告要旨 中国概念股の危機で見えてきた諸問題 証券経済学会第79回大会プログラム 2013年6月16日
福光寛 中国概念股の危機で見えてきた諸問題ー上場手法としての反向収購 成城大学経済研究199号 Jan.2013, 59-102
日本証券経済研究所『図説アメリカの証券市場2013年版』日本証券経済研究所, 2013
日本証券経済研究所『図説日本の証券市場2012年版』日本証券経済研究所, 2012, No.1(総論)
日本証券経済研究所『図説日本の証券市場2012年版』日本証券経済研究所, 2012, No.2(株式)
日本証券経済研究所『図説日本の証券市場2012年版』日本証券経済研究所, 2012, No.3(債券)
天谷知子『金融機能と金融規制 プルーデンシャル規制の誕生と変化』金融財政事情研究会, 2012
P.Vernimmen and others, Frequentry Asked Questions in Corporate Finance, Wiley:2011 No.2
福光寛 中国証券市場概覧 2008-2009年 成城大学経済研究191号 Jan.2011, 81-113.
福光寛 中国証券監督管理委員会「中国証券市場発展簡要回顧」について 成城大学経済研究189号, 2010年7月, 83-105
宇野淳監修 日本証券投資顧問業協会投資信託協会編『アセットマネジメントの世界』東洋経済, 2010
日本総合研究所調査部金融ビジネス調査グループ編『グローバル金融危機後の金融システムの構図』金融財政事情研究会, 2010
Erik Banks, Dark Pools The Structure and Future of Off-Exchange Trading and Liquidity, palgrave macmillan:2010
Michael E.Lewitt, The Death of Capital, Wiley:2010
斉藤美彦・須藤時仁『国債累積時代の金融政策』日本経済評論社, 2009
ジリアン・テッド著 平尾光司監訳 土方奈美訳『愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術』日本経済新聞出版社, 2009
倉橋透 小林正宏『サブプライム問題の正しい考え方』中央公論社, 2008
小幡績『すべての経済はバブルに通じる』光文社,  2008
寺本名保美『ヘッジファンド運用入門 第2版』財経詳報社, 2008
後藤文人・大槻奈那『ハイブリッド証券入門』金融財政事情研究会,  2008
リチャード・ブックステーバー著 遠藤真美訳『市場リスク 暴落は当然か』日経BP社, 2008
ベノワ・マンデルブロ リチャードLハドソン共著 高安秀樹監訳『禁断の市場 フラクタルでみるリスクとリターン』東洋経済, 2008
福光寛 証券化の功罪:サブプライム問題を振り返る 成城大学経済研究所研究報告No.47, Oct.2007, 1-16.
山崎元『新しい株式投資論 「合理的へそ曲がり」のすすめ』PHP研究所, 2007
Kendall Kim, Electronic and Algorithmic Trading Technology The Complete Guide,  Elsevier:2007
ピーター・L・バーンスタイン著 青山護・山口勝業訳『証券投資の思想革命』東洋経済,  2006
米澤康博編『証券市場読本 第2版』東洋経済, 2006
Marc Levinson, Guide to Financial Markets 4th edition, Bloomberg Press, 2006
Charles H.Meyer, Accounting and Finance for Lawyers, Thomson/West:2006
福光寛 学校債と医療法人債 擬似債券の理論・歴史・現状 成城大学経済研究173号, Dec.2006, 1-51. 
Dave Kansas, The Wall Street Journal . Complete Money & Investing Guidebook,  Three Rivers Press:2005
福光寛 アメリカの住宅金融をめぐる新たな視点 証券化の進展の中でのサブプライム層に対する略奪的貸付 成城大学経済研究170号, Sep.2005, 57-88.
福光寛 債券投資におけるマーケット・リスク管理 成城大学経済研究169号, June 2005, 89-116.
櫻川雅哉『金融立国試論』光文社, 2005
福光寛 エクイティ・ファイナンスをめぐって 成城大学経済研究166号, Nov.2004, 95-132
Barbara Apostolou, Keys to Investing in Common Stocks, 4th ed., Barron's Eductional:2004
公益法人資産運用研究会編著『公益法人の資産運用』公益法人協会,  2003
真壁昭夫『最強のファイナンス理論 心理学が解くマーケットの謎』講談社, 2003
Daniel Dolan and Taisei Hayashi, Financial English for Professionals, 日経BP社, 2003
福光寛「空売り規制と情報公開」『東証取引参加者協会』7巻3号 Aug.2003, 20-30
福光寛 市場と規制 証拠金規制をめぐって 成城大学経済研究161号, June 2003, 113-146.
福光寛 空売り規制について 成城大学経済研究158号, Nov.2002, 285-323.
福光寛 公社債投資信託の元本割れをめぐって 成城大学経済研究所研究報告No.31, Mar.2002, 1-30
大塚明生・神谷智『運用難時代を切り拓く オルタナティブ投資』金融財政事情研究会, 2002
代田純『日本の株式市場と外国人投資家』東洋経済, 2002
Philip Coggan, The Money Machine: How the City Works 5th edition: Penguin Books, 2002
ロバート・J・シラー著 植草一秀監訳 沢崎冬日訳『投機バブル 根拠なき熱狂』ダイヤモンド社, 2001
Hugo Dixon, The Penguin Guide to Finance, Penguin Books:2000
Peter D.Spencer, The Structure and Regulation of Financial Markets, OUP:2000
大崎貞和『ネット証券取引』日本経済新聞社, 2000
斉藤惇『兜町からウオール街 汗と涙のグローバリゼーション』金融ファクシミリ新聞社, 2000
福光寛 新たな段階に入った日本の資産証券化成城大学経済研究145号, July 1999, 103-142.
福光寛 資産担保証券の財務的意義について 成城大学経済研究所研究報告No.21, Mar1999, 1-24.
大竹慎一『合理的株式投資の考え方』フォレスト出版,  1998
福光寛 1997年10月の金融パニックについて 立命館経済学46-4, Oct.1997, 64-70.
福光寛 外人投資と日本の株式市場 立命館経済学46-2, June 1997, 142-166.
大和銀行信託財産運用部編著『グローバル証券投資』東洋経済, 1996
太田八十雄『ゼミナール 債券の運用戦略 基本と実際』東洋経済.  1995
小林和子『株式会社の世紀:証券市場の120年』日本経済評論社, 1995
代田純『ロンドンの機関投資家と証券市場』法律文化社, 1995
高橋元『証券市場と投資の理論』同文出版, 1993
細金正人『兜町の四十年 一証券記者の見た戦後史』中央公論社, 1990
Charles R.Geisst, A Guide to the Financial Markets, St.Martin's Press:1982
Brinley Davies, Business Finance and the City of London : Heinemann Educational, 1976
2014年度期末試験回答案解題
第1回 戦前から戦後へ 学問としての変遷 取引の仕方 証券の定義
difference of economics and management
difference of finance and securities markets
証券と証券市場
講義PPT1回目 in researchmap
第2回 不発行化(paperless) 機関化 高速化 
institutional investors
高速度取引 ダークプール アルゴリズム取引
クロッシングとダークプール
PTS(ECN)について
講義ノート 加速する取引所の国際的再編
ICEによるNYSE買収発表(2012年12月)
ICEによるNYSE買収(2012年12月)
私設取引システムの現状 JIPsDIRECR 2015/04/24
講義PPT2回目 in researchmap

第3回 金融仲介 間接金融 直接金融 投資信託 シャドーバンキング
金融仲介と証券 
shadow banking sysytem
講義PPT3回目 in researchmap

第4回 エクイテイファイナンス 株式会社 有限責任 株式の権利
法人なり 組織形態 株式の発行
株式について
株券電子化
講義PPT4回目 in researchmap

第5回 エクイティファイナンス 増資 減資の仕組み 普通株 種類株 発行方法
新株発行を伴う資金調達equity finance
エイクティファイナンスequity financing
増資における株主の権利保護にからむルール改正
venture capital 新興市場
未公開株取引とクラウドファンデイング
book building method 新規公開株の売出価格の決定
現代のエクイティファイナンスmodern equity fnance
講義PPT5回目 in researchmap

第6回 自社株買い
配当利回り 配当/株価
総合利回り {配当+(売却価格ー取得価格)}/取得価格
配当性向  配当/利益
総配当性向 (配当+自社株買い)/利益
自社株買い論stock buybacks
自社株買いによる資本構成見直し戦略recapitalization
自社株買い増加の背景と今後の動向
講義PPT6回目 in researchmap

第7回 非上場化(MBO 親子会社の完全子会社化) 新たな上場
東証一部上場会社数など推移 2012~2016
上場株式部門別売買統計・保有統計など
2010年の上場会社数の状況 完全子会社化 第一生命の株式会社化など
新規公開企業・上場廃止企業
時価総額ランキング 上場・上場廃止と時価総額基準
日本の証券市場 時価総額・上場企業数・売買代金
サントリBFの上場(2013年7月3日) 
講義PPT7回目 in researchmap

第8回 ハイブリッドファイナンス
ハイブリッド証券(hybrid securities)
ハイブリッドファイナンスhybrid financing
講義PPT8回目 in researchmap

第9回 新興企業の扱い
講義PPT9回目 in researchmap

第10回 企業価値評価valuation
企業価値評価valuationについて
講義PPT10回目 in researchmap

第11回 テクニカル分析 株価指数
新株価指数(quality index)
証券の価値・価格の決定方法
割高(売りどき)・割安(買い時)の判断について
東証1部 2017年5月15日から19日
東証1部 2017年5月8日から12日
講義PPT11回目 in researchmap

第12回 行動心理学
アノマリーズanomalies
投資の神様たち
市場原理主義と行動ファイナンスについて
講義PPT12回目 in researchmap

第13回 株式取引の神様 信用取引 先物取引など
信用取引と裁定取引
株式派生商品取引統計
講義PPT13回目 in researchmap

第14回目 持合いの解体 GPIF 質的量的金融緩和など
講義PPT14回目 in researchmap
第15回目 エクイティファイナンスについての復習
講義PPT15回目in researchmap

重くなった後期を分割した
証券市場論後期



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Case Study : ... 財務管理論前期 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。