Entrance for Studies in Finance Gooblog Edition
blog for business studies
http://blog.goo.ne.jp/fu12345
 



日本総合研究所調査部金融ビジネス調査グループ編『グローバル金融危機後の金融システムの構図』金融財政事情研究会, 2010

2008年3月ベアスターンズBear Stearnsが資金繰りにゆきづまり 事実上ベアスターンズは破たんし 政府保証のもとでJPモルガンに救済合併された。

2008年9月リーマンブラザースLehman Brothesが破産申請し、メリルリンチ はバンクオブアメリカに買収され AIGに政府は850億ドル規模の融資をして救済し実質国有化された

アメリカ企業は社債利回り低下を背景に社債による資金調達を増やし その資金で自社株買いを行うことで株高を演出している

日本の低金利政策 円資金借り入れ 海外に投資という円キャリートレードcarry tradeが少なからず行われる

銀行は システムリスクへの対策が十分でえなかった

自己資本規制の低かった投資銀行では 過大なレバレッジが生じた

大手金融機関では オフバランス取引を拡大し 自己資本規制を潜脱していた SIVをつかい レポ取引 証券を購入し さらにそれを担保に借入➡高レバレッジ

問題の一つは 証券化という手法での資金調達と預金という資金調達方法の比較で 前者がより不安定だということ 証券化という手法に頼ることで不安定さが増すということ 

シンジケートローンは伝統的金融機関が預金をベースに行うという限りでは 市場型間接金融であっても 取り入れ資金に安定性がある。これに対して、さまざまなファンドはどうか。集める資金がそもそも市場型(市場性資金)だということからは、シンジとは区別するべきかもしれない。大垣さんはシンジを市場型与信といっているが(バルクセールも加えているが)、むしろポイントは預金がベースという点にあるのではないか。参照 大垣尚司『金融と法』2010 第11章以下。

集団投資スキームというリスクを投資家が負担するものと集団型投資を大垣さんは区別している。ただシンジといっても、金融機関はリスクを負担しているから、この分け方は合理的でないように思える。

シンジケートローンについて、市場型と呼ばれるのは、市場的に条件が決定される。参加者がある程度オープンである。などと特徴をみたもの。その延長上にコミットメントライン(融資枠 協調融資枠)。資産の証券化などもある。

銀行同様にリスク変換機能を果たしながら、規制を受けない資産変換(risk変換)の仕組み 中国の理財商品や先進国のヘッジファンドなどシャドーバンクをどうみるか、これらはレバレッジの拡大(借り入れた証券を担保に借入が増えるなど)というリスクの拡大もしている。参照 天谷知子『金融機能と金融規制』2012, 179-181以下ほか。 

VaR 統計的手法で市場リスクの予想最大損失を算出する指標 市場が大きく動く場合はこの手法では十分でない。1)ヒストリカルデータ十分でない 2)計量モデル自体に問題がある など

VaR shock 2003年に金融機関がVaR管理により大量に国債を売却 金利上昇が増幅された

アイデア:マクロリスクの測定 マクロVaR

アンバンドリングunbundling unbundle(業務プロセスの専門分化)➡ 自分のプロセスだけに関心 全体のリスクをだれもが把握できない

   ➡ アンバンドリングについて天谷は業務のアンバンドリングとリスクのアンバンドリングに分けることができると指摘。アンバンドリングの原因として規制逃れregulatory arbitrageを指摘している。天谷知子『金融機能と金融規制』2012, 123-124  

完全競争の前提 参加者の原子性(他の参加者に影響を与えない) 現代の市場では保証されていない

景気循環増幅効果(プロシクリカリテイprocyclicality)➡2004年のバーゼルⅡの問題点とされ バーゼルⅢでは修正された

マクロプルーデンスmacro prudence 金融システム全体の安定性 中央銀行の金融政策を役割として従来より比重 また一国の限界

中央銀行が直接クレジットリスクをとるところに踏み込む

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Platz and Fit... 日本証券経済... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。