グローバル・スタンダードの最高峰資格CFAとCFPを持つ完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤峰男の書評ブログ

びとうファイナンシャルサービスはお客様の利益のみに目をむけた金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【当書評ブログ休載と弊社ホームページへのリンクのお知らせ】

2015-10-29 16:17:35 | 投資
当書評ブログは、本業が多忙のため、現在休載としております。なおこれまでの書評はすべてご覧いただけます。

当書評ブログは、びとうファイナンシャルサービスファイナンシャルサービス株式会社、代表取締役 尾藤 峰男が主宰しています。金融資産運用に関心のある方は、弊社ホームページ右のバナー、メールマガジンと月刊ニュースレターを情報ソースとして、ぜひご活用ください。弊社は、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【金融機関から完全独立の資産運用アドバイザー 『びとうファイナンシャルサービス』】

2014-01-23 10:43:33 | Weblog
金融機関から完全独立の日本で最も頼りになる資産運用アドバイザー
『びとうファイナンシャルサービス』


======
お知らせ情報
======

◆ 毎月『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催しています。◆
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

お申し込みはこちらからどうぞ!
『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』
http://www.bfsc.jp/seminar/

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催 します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を 運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいの ない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。
● NISAをどう活用したらいいか。
● 証券優遇税制の有利な活用法etc.

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとし て、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資へ の造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国 株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。


◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新訂『江戸名所図会』斎藤幸雄・幸孝・幸成著(ちくま学芸文庫、第1~6巻)を読んで

2013-08-21 15:00:43 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


新訂『江戸名所図会』斎藤幸雄・幸孝・幸成著(ちくま学芸文庫、第1~6巻)を読んで


この書は、1836年天保7年、江戸神田雛町の名主斎藤家の祖父、子、孫3代により、30有余年の年月をかけ完成した。原書は全7巻20冊からなり、江戸府内のみならず日野、船橋、横浜、大宮まで名所、寺社、生業、風物などをきめ細かく、史実を振り返りながら表している。ここに載っている地域に住んでいれば、必ず近くの寺や神社の説明がこの書にあるだろう。事実、大宮の氷川神社や東光寺は、小生の実家のそばにあり、当然だが周りの景色がいまと違い、そのコントラストは実に感慨深い。

この書が発刊されると、一大ブームを引き起こしたそうだ。長谷川雪旦による挿絵が人の表情や動きを生き生きと表し、町の風情や田園風景などを上空から広々としたタッチで描いている。特に第1巻は江戸を中心にしているので手にとって見るといいだろう。江戸っ子の表情が大変生き生きとしていて、その気風のよさがうかがえる。

この本6巻をどこで読んだかというと、実は家の近くにある区立図書館。休日の半日を過ごしたが、有意義な一日であった。


・ 江戸八つ見橋-江戸は川の多い町だった。鍛冶橋、呉服橋、常盤橋、日本橋など8つの橋がいっぺんに見える。

・ 魚市-日本橋界隈は魚河岸となっていて、橋の上には人人人、川には舟の賑わい、挿絵からは、まぐろ、アンコウ、カレイ、鯛、すずきなど、さまざまな魚が見える。

・ 呉服町、三井呉服店の圧倒されるにぎわい

日本橋の記述-万治元年(1658年)造立。旭日東海に出づるを親しく見るゆえにしか号するといへり。この地は江戸の中央にして、諸方への行程もこのところより定めしむ。橋上の往来は貴となく賎となく、絡繹として間断なし。また橋下を漕ぎつたう魚船の出入り、旦より暮れに至るまで、嗷嗷として囂(かまびす)し。

・ 佃島の白魚網漁-白魚に価あるこそ恨みなれ 芭蕉

・ 当時の風物-品川の汐干、目黒の飴、品川・大森の浅草海苔

・ 挿絵によく出るもの-和舟、茅葺屋根、かまどの煙、茶屋、馬

内藤新宿の記述-甲州街道の官駅なり。日本橋より高井戸までの行程、およそ4里あまりにして、人馬ともに労す。よって元禄の頃この地の土人官府に訴へて、新たに駅舎を取り立つる。ゆえに新宿の名あり。

深大寺そばの記述-当寺の名産とす。それを産する地、裏門の前少しく高き畑にして、わづかに八反一畝ほどのよし。都下に称して桂品となす。しかれども、真とするものははなはだ少なし。いま近隣の村里より産するもの、おしなべてこの名を冠らしむるといえども桂ならず。


新訂『江戸名所図会』斎藤幸雄・幸孝・幸成著(ちくま学芸文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ホーキング、宇宙を語る』スティーブン・W・ホーキング著(ハヤカワ文庫)を読んで

2013-08-19 13:59:51 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『ホーキング、宇宙を語る』スティーブン・W・ホーキング著(ハヤカワ文庫)を読んで


この本は、筋萎縮性側索硬化症という難病にかかり車椅子から離れられない学者が、際限のない宇宙を語る。またこの学者は、宇宙研究の大家だ。すばらしいではないか。若いときの発病時は、2,3年の命といわれていたのが、60代に入り健在で活躍している。世界にとっても貴重な宝だ。

この本は、知人のアドバイスで計算式を入れるなといわれ、アインシュタインの数式E=mc²だけしか計算式が入っていない。あとは、絵だけだ。ところが小生にとっては、これがむずかしいのだ。何しろ語ることが壮大であり、専門的なところがあり、かつページにスペースがなくびっしり字が書かれている。260ページの文庫を読んでいるのだが、まるで500ページの大著を読んでいるような気になってくる。そのなかで以下に記した点は、目からうろこであった。


・ リンゴが頭の上に落ちてきたことからニュートンは霊感を得たという物語があるが、作り話にほぼ間違いない。ニュートン自身は、重力の着想を得たのは坐って“黙想にふけって”いたときで、“リンゴの落ちるのがきっかけになった”としか述べていない。

・ 1929年にハッブルは、遠方の銀河はわれわれから急速に遠ざかっているという画期的な観測を行った。いいかえれば、宇宙は膨張しているのだ。これは、初期には天体がびっしり集まっていたことを意味する。これをビッグバンという。事実、100億ないし200億年前にはすべての天体が全く同じ場所に集まり、したがって宇宙の密度が無限大だった時期があったように見えるのである。

・ ハッブルの観測は、宇宙が無限に小さく、無限に濃密だったビッグバンと呼ばれる時点があったことを示唆した。

・ なにものも、光速より速く動くことはできない。

・ アインシュタインの一般相対性理論には、宇宙にははじまりがあったはずだということ、そして終わりもありうることが暗黙裡に包含されている。

・ わが銀河は、現代の望遠鏡で見ることのできる何千億という銀河のひとつにすぎないし、それぞれの銀河は何千億という星を含んでいる。

・ 太陽の周りを回る地球の運動も重力波を生み出す。このエネルギー損失のために、地球の軌道は変化してしだいに太陽に近づき、最後には太陽にぶつかって定常状態に落ち着く。

・ 宇宙は完全に自己完結しており、その外部のなにものにも影響されない。宇宙は創造されず、破壊もされない。宇宙はひたすら存在する。

・ ブラックホールと呼ばれている天体は、十分な重さがあり物質が硬く詰まった星であり、光が脱出できないほど強い重力場を持つ。そのような星の表面から放出された光は、あまり遠くまで行かないうちに星の重力によって引き戻されてしまうために、そこから光がやってこないために見えない。このような天体がブラックホールと呼ばれる天体だ。


『ホーキング、宇宙を語る』スティーブン・W・ホーキング著(ハヤカワ文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ぼくらの頭脳の鍛え方』立花隆 佐藤優著(文春文庫)を読んで

2013-08-16 11:03:41 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『ぼくらの頭脳の鍛え方』立花隆 佐藤優著(文春文庫)を読んで


この二人はまさに、知の両巨頭だ。ものすごい量の読書量。それも、薄っぺらのビジネス本とは違う、哲学書、古典、専門書などをおびただしいほどというくらい、蔵書として持っているのである。立花氏は、7,8万冊、佐藤氏は1万5000冊という。

立花氏がこのところあまり登場しないと思っていたが、とんでもない話だ。登場しない間に、すごい量の読書をしているのである。世の中には、すごい人がいるものだとあらためて感心している。


佐藤氏
・ 読むことで脳の回路が開ける。読書とはまさに人間をつくるものなのですね。

・ 検察の厳しい取調べにも落ちなかったのは、監獄で読んだ読書のおかげです。

・ 今度監獄に入ったら、もう少し効率的に読書ができると思います。


立花氏
・ 注釈を読み飛ばすな。

・ 本を読むときは、懐疑心を忘れるな。活字になっていると、何でももっともらしく見えるが、世評が高い本にもウソ、デタラメがいくらもある。


私が、これは読んでみたいと思っている本

立花氏
・ 東大教師が新入生にすすめる本
・ 教養のためのブックガイド
・ 細胞の分子生物学
・ 数学-その形式と機能
・ 風の谷のナウシカ
・ 二重らせん
・ ユング自伝
・ 20世紀全記録
・ 2001年宇宙の旅
・ 自民党戦国史
・ 宇宙創成はじめの3分間
・ 失敗の本質-日本軍の組織論的研究
・ 百万回の永訣-がん再発日記

佐藤氏
・   林檎の木
・ 影を裁く日
・ 存在と時間
・ 中核VS革丸
・ 謀略
・ ロックフェラー回顧録
・ 入門!論理学
・ バカの壁
・ 不完全性定理
・ 外国語上達法
・ 読書について ほか2篇
・ 被差別部落1千年史
・ 断る力


『ぼくらの頭脳の鍛え方』立花隆 佐藤優著(文春文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『東大教師が新入生にすすめる本2』文芸春秋編(文春新書)を読んで

2013-08-14 12:57:17 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『東大教師が新入生にすすめる本2』文芸春秋編(文春新書)を読んで


この本は、『東大生が新入生にすすめる本』の第二弾だ。期間は2004年から2008年。東大出版会雑誌「UP」に掲載されるアンケート特集を編集したものだ。東大教師の選書だからいいというわけではないが、全学部の教師陣の知の集積といってよいので、そこからおもしろそうな本を抽出していけば、自分にあった読書ができる。その意味では大変効率がよい。

また、なによりいいのは、新刊ばかり読むのではなく、本当の良書を過去から引っ張ってきていることだ。

そして私がその中から選んだ本が、以下のとおり。また本が増える。デイヴィッド・コパフィールドは中でも珠玉である。本当に読んでよかったと思う。

・ グロテスク
・ 東京セブンローズ
・ デイヴィッド・コパフィールド
・ ボードレール批評
・ 自分の中に毒を持て―あなたは常識人間を捨てられるか
・ カオス―新しい科学をつくる
・ 大聖堂
・ 無限の果てに何があるか-現代数学への招待
・ 日本人の美意識
・ マオ-誰も知らなかった毛沢東
・ 怒りの葡萄
・ 現代アメリカのキーワード
・ 冬の鷹
・ 蒼穹の昴
・ 大江戸見聞録
・ 月と六ペンス
・ 江戸名所図会
・ 種の起源


『東大教師が新入生にすすめる本2』文芸春秋編(文春新書)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『東大教師が新入生にすすめる本』文芸春秋編(文芸春秋)を読んで

2013-08-13 15:10:04 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『東大教師が新入生にすすめる本』文芸春秋編(文芸春秋)を読んで


この本は、東大教師が新入生のためのブックガイドとして、毎年4月に雑誌『UP』に掲載されたアンケートを再構成したものだ。厳しい受験戦争を乗り越えてきた、幾分頭でっかちの新入生に、本来の『知恵を学ぶ喜び』を味わってもらいたいと願いながら、東大教師陣が個々人それなりに選んだ、本の集積だ。1994年から2003年まで、1500余冊に及ぶ。

このガイドは、彼ら新入生だけにとどめておく理由はなく、われわれが見ても非常に参考になる。

私はこれを読んで、以下の本を早速購入した。

・ 人生について(小林秀雄)
・ 21世紀 知の挑戦(立花隆)
・ 国家(プラトン)
・ 忘れられた日本人
・ 人間を幸福にしない日本というシステム
・ 存在と時間(ハイデッカー)
・ チャップリン自伝
・ キュリー夫人
・ 生きがいについて
・ 新幹線を作った男-島秀雄物語
・ 二重ラセン
など


『東大教師が新入生にすすめる本』文芸春秋編(文芸春秋)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ソークラテースの思い出』クセノフォーン著(岩波文庫)を読んで

2013-08-12 15:31:06 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『ソークラテースの思い出』クセノフォーン著(岩波文庫)を読んで


ギリシャの哲人、ソクラテス。その弟子にはプラトン、アリストテレスなどが連なる。ソクラテスは、裁判で反論すればいくらでも無罪となったものの、法と正義 を最後まで曲げず、死を淡々と受け入れる。そのくだりは、プラトンの「ソクラテスの弁明」に詳しく記されている。富や名声に一切関心はなく、人間はいかに生きるべきかを弟子やギリシャ市民に説き続ける姿は、もはや人間の域を越えている。探究し甲斐のある人物である。


・ソクラテスは、神々はわれわれの言葉も行ないも、黙って考えていることも、すべてを知り、あらゆるところにいまし、人間のことのいっさいについて人に諭しを与えると考えていた。

・ソクラテスは常々、名声に達する道は、自分が何かで偉いと思われたい事がらに、じっさい卓越したものになるより他に道はないと、言っていた。

・兄弟というものは、神が手とか足とか眼とか、その他、兄弟そろえて人間に付けてくださった何よりも、はるかに増して相互に助けとなるように造ってくださった。

・いかなる財宝と比べようとも、良友に勝るものはない。

・もっとも近いもっとも確かなもっとも美しい道は、自分が何か一事に優れていると思われたい事項に、事実すぐれた人間となるよう努めることである。

・もし君が国家において名声を博し賞賛を得んと欲するならば、何よりもまず、行なわんとすることの知識を完全ならしめるように努めたまえ。そして君がこの点で 他人に立ちすぐれてから国事に携わるようにするならば、君がその望むところをきわめてやすやすと達しえても、私は少しも不思議とは感じないであろう。

・しばしば空腹のために善であるものは熱病には悪であり、熱病には善であるものは空腹には悪であるからだ。またしばしば競争に美であることが角力には醜である。それは、ものはすべてその目的に見事にかなっていれば美にして善であり、まずくできていれば醜にして悪だからだ。

・いかなる生まれつきの者も学習と訓練によって勇気を増す。あらゆる事柄において人間は生まれつき互いに相違していて、しかも訓練によってきわめて発達する。生まれつき俊秀な者もまた鈍根な者も、すべて己の卓越せんと欲する事物を、学びかつ練磨しなくてはならぬ。

・智と思慮とを区別することなく、ただ美にして善なるものを知ってこれを実行し、醜なるものを知ってこれを避けるものは、智者にして思慮ある人間である。

・好意は求められてはじめてこっちから与えるようにするとき、もっとも喜ばれる。空腹にさせてから出せば、すこぶるの粗食もきわめて美味に覚える。ほしくなっている人々には、この上もなく上品な交際と、承知することを渋る様子を見せることによって、思い出させながら、最大限にほしくなるまで逃げていればよい。 ほしくないときに与えるよりも、同じ贈り物でも値打ちがまるで違う。

・無自制は飢えも渇きも肉欲も眠気も、これを我慢することを許さない、もっとも本然の、もっとも継続的な快楽を、真正に楽しむことをさまたげる。ただ自制のみが、これらのことを真正に楽しませるのだ。

・できる限りよい人間になろうとして最善を尽くすものが、最善の生涯を送り、前よりもいっそう善くなっているとの自覚のもっとも大きい者が、もっとも楽しい生涯を送る者である。


『ソークラテースの思い出』クセノフォーン著(岩波文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『チャップリン自伝-若き日々』中野好夫訳(新潮文庫)を読んで

2013-08-08 10:02:51 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。TV東京、日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『チャップリン自伝-若き日々』中野好夫訳(新潮文庫)を読んで


自らが語る若き日のチャップリン。喜劇王がどのように誕生したかは、非常に興味深いものがある。あの独特の格好-だぶだぶのズボン、大きなドタ靴、きつすぎるほどの上着、ステッキと小さな山高帽―これは、あっという間の間に合わせで誕生した。しかしながら、それができた裏には、チャップリンの15歳くらいまでのこのうえない極貧の日々がある。父は女をつくり家族から逃げ、アル中で若死に。チャップリンの母は、二人の子供を育てる極貧のなか、栄養失調で精神に異常をきたす。チャップリンはそのため貧民院生活が長い。いわば町のこども浮浪者のような格好をしていた。こういう生活を送っていたことが、あの独特の格好、そしてすばらしい映画の数々を世に出すことになったのだ。この本を読んで「モダンタイムズ」をみたが、チャップリンのすばらしい笑顔は、どこから来るのかといえば、こういう生活を味わったからこそ、なのである。若いときの苦労は決してムダではなく、大きく生きてくる。「人間は、生きることへの希望を決して失ってはいけない。」とチャップリンは言っている。その言葉には、深い重みがある。


・ 果たして私は、チャールズ・ディッケンズがつくる人物像にすっかり魅せられてしまい、それらに扮するブランビー・ウィリアムズを、私も何とか真似てみたいと思うようになった。このようにして私の内に芽生え始めた才能は、到底長く隠しておけるものではなかった。ある日、「骨董店の祖父」を真似てみせて、その場でジャクソンさんから、君は天才だといわれた。―チャップリン7~8歳頃の話だ。


・ 実際驚くのだが、人間というものは、上流生活には実に造作なく適応できるし、また飲食物の好みなどでも、贅沢にはすぐ慣れてしまう。一週間と立たぬうちに、すべてが当然のことのように思われてくるのだ。


・ 人間の不幸をつかさどる神々は、ときおりその遊びにも飽きて、慈悲をたれることがある。母の場合がそれだった。死ぬ前の7年間、花と太陽の光に包まれながら、楽しく暮らし、その二人の息子たちは、かつて彼女が想像もしなかったほどの名声と財産に恵まれるのを、見届けてから死んだのである。


・ わたしは、身体があいて、なんにもやることがないので、普通の外出着のまま、セネット(映画監督)の目につきそうなところにじっと立っていた。セネットは葉巻を口にくわえたまま、メイベルと並んで立ち、ホテルのロビーになったセットを見入っている。「なんかここでギャグのほしいところだな。」と彼はいった。そして、私のほうをふり向くと、「おい、なんでもいいから、なにか喜劇の扮装をしてこい。」

といわれても、とっさにそんな扮装など思いつくわけもなかった。レアマンの作品で出た新聞記者のつくりもいやだった。しかし、衣装部屋へ行く途中、私はふとだぶだぶのズボン、大きなドタ靴、それにステッキと山高帽という組み合わせを思いついた。だぶだぶのズボンにきつすぎるほどの上着、小さな帽子に大きすぎる靴という、とにかくすべてにちぐはぐな対照というのが狙いだった。

年恰好のほうは若くつくるか年寄りにするか、そこまではまだよくわからなかったが、これもとっさに、セネットがいつか、私の若いのに驚いたといったのを思い出し、とりあえず小さな口ひげをつけることにした。こうすれば無理に表情を隠す世話もなく、老けて見えるに違いない、と考えたからである。

性格のことまでは考えていなかった。だが、衣装をつけ、メーキャップをやってみると、とたんに私は人物になりきっていた。それがどんな人間だか、次第にわかりかけていたばかりか、いよいよステージに立ったときには、すでにはっきり一人の人間が生まれていた。セネットさんの前に出ると、早速わたしはその人物になりすまし、ステッキをふりながら彼の前を歩いて見せた。私の頭の中には、ギャグと喜劇のアイデアでいっぱいだった。


・ わたしのやったその人間というのは、アメリカ人にとっては、全く知らない始めての性格像、いや、私自身にとってさえ思いもかけない人物だったのだ。だが、ちゃんと衣装を着けてみると、立派に実在の生きた人間に思えてきた。そして事実そうした浮浪者の衣装をつけ、顔を作るまでは、私自身全く想像もしなかったような奇想が、次々とまるで泉のように湧いてくるのだった。


・ わたしは決して自信を失わなかった。もしどこからも誘いがなければ、独立するまでだ。どうしてできないわけがあろう。わたしは自信に満ち、独立心に燃えていた。はじめてそうした気持ちが生まれた瞬間のことを、わたしは今でもはっきり覚えている。



『チャップリン自伝-若き日々』中野好夫訳(新潮文庫)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『利益第二主義-過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学』牧尾英二著(ダイヤモンド社)を読んで

2013-08-06 17:47:06 | 書評
======
お知らせ情報
======

☆★第29回『退職金や金融資産をしっかり運用するためのセミナー』を開催します!☆★
-こうすればセカンドライフを豊かに過ごすことができる-
毎回わかりやすいと大変好評なセミナーです。ぜひお越しください。かならず役立ちます!

びとうファイナンシャルサービスが、今後の日本の将来を見通して、お金の運用をどうしたら間違いなくできるかをわかりやすくお話しする下記セミナーを開催します。金融機関や証券会社から完全独立の立場で、お客様にもっとも適した金融商品やアドバイスを提供する弊社のセミナーは、お越しいただいた方から大変好評です。ぜひご参加ください!お待ちしています。

大切なお金の運用で、本当のことを知るのはたいへんむずかしくなっています。日本の将来が不透明感を強め、国の年金にも頼れない中、自分でしっかりお金を運用する必要があります。このセミナーで、他では絶対に聞けない、人生を安心して過ごせる「正しいお金の運用法」をぜひ学んでください。きっとかけがいのない時間となることでしょう。

30年以上の経験と資産運用で頂点のグローバル資格を持つ、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザー尾藤 峰男だから語れる「人生を豊かに過ごすためのお金の運用法」をお話します!

お話しする内容:
● なぜ日本だけに投資していてはダメか、海外投資の必要性とメリット
● 本当に正しい資産運用法の実践法-やり方によって人生の分岐点にも
● 証券会社や銀行がいう通りにしては、必ず失敗する。
● よい金融商品とはどういうものか。
● 安心してお金の相談をできるところはどこか。

日時:2013年8月24日(土)15:00~17:00
場所:TKP東京駅丸の内会議室ミーティングルームC(日比谷帝劇ビル地下1階) 
http://tkpteigeki.net/access/index.shtml
(最寄り駅:有楽町・日比谷駅)
~参加料1,000円(当日支払い)、限定10名~
申し込みは、下記メールまたは電話にて「8月24日セミナー参加希望」として、お名前とご連絡先をお知らせください。
E-メール: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386

講師:尾藤 峰男 びとうファイナンシャルサービス代表取締役
プロフィール:
米国CFA協会認定証券アナリスト、CFPR、日本証券アナリスト協会検定会員、1級FP技能士、金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーとして、個人の金融資産や退職金の運用助言・ライフプランニングサービスを提供する。2000年当社設立。グローバルな投資理論や外国株投資・国際分散投資への造詣が深い。日本経済新聞、週刊東洋経済、日経マネーなどへのコメント多数。日経CNBCにもたびたび出演。著書に「いまこそ始めよう 外国株投資入門」日本経済新聞出版社。投資助言・代理業として関東財務局登録。



◆『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスのご案内 ◆

弊社は、『お仕事帰り・休日の無料個別相談』サービスを実施しています。次のようなことでお困りの方、お悩みの方に的確なアドバイスをさせていただきます。

● 退職金が入ったが、どう(運用)したらいいかわからない…。

● お金はほとんどが、利息のつかない定期預金においてある。

● 自己流の運用のやり方でほんとうにいいのか、自信がない。

● 証券会社のいうとおりにしたら、株や投資信託で大損した…。

● 銀行や証券会社は、高い手数料の商品ばかり勧めるので、信用できない。

● お金の運用を、本当に信頼できる人に訊きたいが、誰に訊いたらいいか
  わからない。

● 大切な老後の資金を間違いなく、着実に殖やしたい。

● 仕事が忙しいので、お金の運用に時間はないが、それでもしっかり殖やし
たい。

● 今後の日本のことを考えると、海外に投資すべきだと思うが、どうしたらいいかわからない。

資産運用は、やり方によって大きな差が出ます。金融機関から完全独立のFP・資産運用アドバイザーが価値あるアドバイスを提供する「無料個別相談」をお気軽にご利用ください。

『お仕事帰り・休日の無料個別相談』スケジュール
毎週水曜日 18:30~
毎週土曜日 13:00~、15:00~、17:00~

なお、他の曜日につきましても別途調整いたしますので、ご相談ください。
完全予約制ですので、事前に下記までご氏名、ご連絡先をお知らせください。
E-mail: info@bfsc.jp
Tel: 03-6721-8386


◆ びとうファイナンシャルサービスのお役立ち情報源 ◆

☆★ 更新情報満載!『びとうファイナンシャルサービス公式ホームページ』★☆
http://www.bfsc.jp
完全独立のFP・資産運用アドバイザーがお金の運用を取り巻くテーマの視点・論点をお届けします。これから日本はどうなる?どう資産を運用したらいいのか?キーとなるポイントは?皆さんにとって役立つ情報を随時配信します。

☆★ 『毎週3分で、資産運用の成功へ導くメルマガ!』 ★☆
最近のバックナンバーも掲載!登録はこちらから
http://www.bfsc.jp/mailmagazine/


==================================


『利益第二主義-過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学』牧尾英二著(ダイヤモンド社)を読んで


この本には、驚いた。こういうやり方で、事業が成り立つのか。利益のことは考えない。何から何まで全部そろえる。地方の過疎地(鹿児島県阿久根市)に巨大スーパーセンターを造る。徹底した利用しやすい店舗つくり。年寄り用巡回バス。24時間営業。社員・パート主導主義。定年は本人が決める。社長は下からの支え役。まさに常識破りの経営だ。エブリデイロープライスのウォールマートに似た面は一部あるが、たくさんの部分で、これまでにないやり方を創造して、それでいて成長を続ける、きわめて注目すべきモデルだ。一言で言えば、徹底した「すべてが、お客さまのために」経営だ。

こういうことも考えさせられる。すなわち「真の創造性は、正しい考え方に立脚すれば、発揮できる。」

地方活性化、さらには地方主体の新しい日本の姿も垣間見ることができる。


・ 正しきによりて滅びるものあらば滅びてもよし、断じて滅びず。

・ 私どもの経営は「前例否定」さらには「素人発想」で、小売業のあり方に疑問を投げかけるところから始まっています。

・ AZでは、お客様のためになることであれば、効率は一切追求しません。

・ 最初から前例を否定しようとしたわけではありません。常にお客様の利便性を優先して考えた結果、小売業の常識や前例を否定することになったのです。

・ お客様のリピート率を高くしなければ、小商圏ではAZのような大型店舗の経営は成り立ちません。私たちがもっとも恐れているのは、お客様の数が減ること、リピート率が落ちることです。

・ 他店を見ながら仕事をするのではなく、お客様を見ながら仕事をしようというのが、私どもの基本的な姿勢です。

・ 私どもは、管理小売業を目指していません。だからデータを見る暇があったら売り場に出なさいと担当者に言っています。お客さまの声や棚からデータをもらいなさいという発想です。

・ あの人はいつもニコニコしていて、こっちまで楽しくなる。こういわれるようになれば、しめたものです。明るい自然な笑顔から、争いごとは生まれません。

・ 自分の思うように他人を動かし、他人を変えることは、容易なことではありません。では、どうしたらよいか。最も簡単ですぐできて、きわめて効果的な方法は、人を変えるより自分を変えることです。そうすれば自然に人も変わります。

・ 私が何より従業員に望むことは、常に売る立場ではなく、買う立場に立って仕事を続ける姿勢です。

素朴で素直で誠実に、平凡で当たり前のことをこつこつと行い、世のため、人のためになるよう、サービス精神を持って仕事をしてほしいと思います。そのためには、常に自分は控えめに、相手を優先して、相手の利益を第一に考え、華美ではなく質素に、自然体を習慣として決して見栄を張らずに、毎日の生活を送ることが大切です。

・ 仕入先と強く交渉して、安く仕入れてたくさん売るか。そういう交渉はしないで、たくさん売ることで自然と安くなるか。考え方だと思いますが、仕入先との関係を考えれば、自然と安くなるほうが当然いいです。

・ 自動車販売の二割は業者むけ―共存共栄です。

・ 小売業は営利企業ではありますが、そこからもう一歩踏み込んで、地域の皆さんの生活に何か寄与するという発想を持てば、結果として利益はかえってくると思います。

・ 自分優先から他者優先、損得よりも善悪優先、利益よりもお客さま優先。

・ 私は、人生、死ぬまで修行、死ぬまで完成もなく、死ぬまで役割ありと覚悟しており、苦楽で苦を選び、明暗で暗を選び、上下で下を選び、損得で損を選び、修行を続けるまま人生を終われたらと願っています。そうすることで社会的な役割を果たせる気がしてなりません。



『利益第二主義-過疎地の巨大スーパー「A-Z」の成功哲学』牧尾英二著(ダイヤモンド社)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加