BOSSの壷

"Southern Valley" の日常とBOSSの《壷》をお伝えします。

UNPLUGGED〜アンプラグド

2017-03-25 18:13:23 | ご報告
《イタグレの集い》と独立して行われる《徒競走》は2週間後に迫った。
今回は8歳以上のシニアクラスも行われる予定。
詳しくは DOX ホームページをご覧いただきたい。

さて、5月14日に開催される《イタグレの集い》は記念すべき第30回となる。
色々とイベントを考えたが、コレといったアイデアが出なかった。
多くのショップさんにご参加いただき、まったり過ごそうと思っていたが、
正月明けから行っている「40年に一度の大伐採」で変貌したウエストサイドを利用して、
前日の13日(土)から「夜っぴいて遊びましょう❗️」〜となった。

伐採した薪を使ってのキャンプファイヤーやBBQ、
それぞれが得意の料理を作ったり食べたり、そして思いっきり飲んだり。
ウエストサイドでのテント泊や、駐車場での車中泊も5月なら暖かいと思う。
すでに大きい方のシンちゃんが「シンちゃんラーメン」を作ってくれるという。
また、ウラン&コテツ家のダーリンが「ピザ釜のピザ」を振舞ってくれる予定。
他にも、「こんなの作りま〜す‼︎」という方は私までお伝え願いたい。

そこで先日、消防署へ行って当日の火の扱いを届け出てきた。
届け出用紙の題目がいい。
「火災とまぎわらしい煙又は火災を発するおそれのある行為の届出書」〜だ。
お役所らしい、素晴らしいお題目だと思う。



前夜祭のキャンプファイヤーの名前は《UNPLUGGED〜アンプラグド》。
照明は一切の電気を使わず、キャンプファイヤーやランタン、ロウソクの灯りのみで過ごす。
ご参加の皆様、ありったけの「アンプラグド照明」をお持ち寄りください。
只今、長野の伊那に戻っているコジゾウ君も「松明(タイマツ)」を研究中。
アンプラグドでどこまで明るくなるか楽しみだ。

〜で、皆様にお願いがある。
大量の松明を作りたいので、
不要になったタオルやバスタオルなどがあったらご提供ねがいたい。
極めてババチくても全く問題ない。どうせ燃しちゃうんですから!

木更津イオンモールでもテントなどの展示会を行っているが、
これをきっかけにキャンプ用品ご購入をご検討なさったら如何かなものか?
少なくても、 "SV" ではワンコと一緒に一年中テント泊ができますよ‼️

テントのメンテナンスに余念のないメンバー様。





《イタグレの集い》はリュータローが仕切らせて頂くが、
前夜祭は私(BOSS)が仕切らせて頂きます。(キッパリ!)
ご質問やアイデアのご教授は私までお気軽にお申し付けください。


この記事をはてなブックマークに追加

こじぞう君の帰郷。

2017-03-15 09:42:18 | ご報告
約30年ぶりに再会した「こじぞう君」が今日、帰郷する。
"SV" での危険な仕事をこなし、
ダイジローには庭師としての経験と知識を伝授してくれた。

私の言葉は「死ぬこと以外かすり傷」〜だが、
彼の言葉は「死なないように気をつける」〜だ。
そんな「おバカな言葉を心に秘める男が少なくなった」〜と、
二人でボヤいて交わす酒も美味かった。

亡くなった父上から受け継いだ軽トラックの荷台は
様々な仕事道具と "武器" で満載。
テントや鍋釜、緊急食料までキッチリ積まれている。
そして凄いのは、長野の伊那と千葉を、全て下道で移動すること。
300キロ以上の旅を、一切の高速道路(アクアラインも)を使わずに走り切る。
彼は「景色」「発見」「出会い」を、時間短縮よりも大切にするからだ。



実は、私は何も出来ない男だと思う。
ただ、妻の Noco や息子たちも認める「 BOSS の特技」は、
「スペシャリストとの出逢い」〜であり、本当に、そう思う。
それもタイムリーに起こる出逢いが多い。

この歳になってもまだまだ奇跡は起こる。
そして、こじぞう君との付き合いが今回だけに限らないことを願いつつ、
人懐っこくて豪快な笑いを残し、彼は故郷に向かって出発した。




こじぞう君、有難う! ただひたすらに、有難う‼︎





この記事をはてなブックマークに追加

やること山積みの早春。

2017-03-14 13:25:35 | ご報告
早春という言葉を使うには早すぎると思うが、
木の芽が吹き、雑草が活動を始め、芝が薄っすら青くなるのを見ると、
春はもう、すぐそこまでやって来ている。

正月始めから突然始まった大木の伐採からこちら、
「冬の休みは何処へやら」〜という感じで作業は激しさを増している。
そこへ現れたスーパー助っ人「こじぞう君」のおかげで作業は急ピッチで進んだ。
この日、何でも出来るこじぞう君は排水枡のセッティング。



広大な "SV" は、何をやっても広さや長さが半端じゃない。



伐採や剪定の仕事は「倒す」や「切る」だけではない。
その「ゴミ」を片付けるのが嫌になるほどの大仕事となる。



〜で、東京の DOX からリュータローが助っ人に来た。
一緒に手伝ってくれたのは韓国からやって来たホン君。
リュータローとは柔術の仲間で、そのパワーとスピードは大したものだ。
韓国の徴兵制をこなした精神力と体力に敬服。



こじぞう君は明日、半月ぶりに長野の伊那へ帰郷する。
本当はもっと居て欲しかったが、そうもいかない。
私たちでは出来なかった危険な仕事を有難う!

この記事をはてなブックマークに追加

"SUNPALMS" 〜始まります‼︎

2017-03-10 18:17:47 | ご報告
"SUNPALMS" 〜サンパームス。
これは、 "SV" に隣接した新しい土地で行う新事業の名称。
九十九里は一宮のココスガーデンさんとのコラボでスタートする。
ヤシの木や植木の販売が主な業務だが、BBQ の提供なども企画している。
もちろん、 "SV" メンバー様にもお散歩して楽しんで頂いたり、
これから広がる様々な「新しいこと」にご参加願おうと考えている。

今後は "SV" メンバー様以外の方々もいらっしゃるし、
巨大な植木の搬出入で大型車も通る。
よって、新しい土地へのアクセスは極力皆様のご迷惑にならないよう
新しい道路の造成が始まった。

"SV" 参戦も約2週間になるこじぞう君はユンボの名手。
リースした大型ユンボを巧みに操るこじぞう君。
ほんと、出来ないことのない男だ。



独学だが、ユンボの扱いには自信のあった私だが、
「現場責任者」「重機免許取得者」の彼の足元にも及ばない。
〜で、自分の小さなユンボでこじぞう君をサポート。



30年近くも会っていなかったのに、こじぞう君とは正に阿吽の呼吸。
「伊那のこじぞう」〜。大したもんだ‼︎
初期の構想より遥かに大ゴトになった道路の造成も三日で形になった。



こじぞう君は来週はじめに帰郷する。

この記事をはてなブックマークに追加

すっきりした。〜の、分かりますか❓

2017-03-03 23:02:46 | ご報告
バンブーハウスのあるイーストガーデンは、
"SV" 開拓初期の癒しの場所だった。
ここでカップ麺を食べ、コーヒーを飲み、
火をおこして寒さをしのいだ。

地面をフラットに造成する芝のドッグランに対し、
イーストガーデンは原生の姿を残す小さな森。
夏は日差しを遮る大きな木々が有難い庭となる。

ところが、8年も経つと大々的に伐採や剪定をする必要に迫られる。
運良くこじぞう君の参戦で息を吹き返したイーストガーデンだが、
彼の丁寧な仕事はそれを感じさせないほどの自然観を醸し出している。



ありえない高さで剪定するこじぞう君。





木を倒す方向にロープを張って見守るヒデさんとダイジロー。



「スッキリしました。ありがとう」〜と木の妖精が現れた。
単なるレンズの悪戯だが・・・。



明日明後日の週末もこじぞう君は作業を続ける。
姿を見かけたら「お疲れ様!」とねぎらってやってください‼︎

この記事をはてなブックマークに追加