動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第77号

2015年07月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年(2015) 8月

盂蘭盆会の行事日程
以下の期日で予定させていただいております。
・平成27年 8月15日(土)
・読教時間 午後1時より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立秋
立秋とは、二十四節気のひとつで8月8日頃の秋に入る日のことを言います。
この日から「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。秋に入るとは言え、まだまだ暑さが続くこの頃は、全国高校野球がはじまる時期です。
この日から立冬の前日までが秋となります。とはいえまだまだ暑い盛りで、「暦の上では秋ですが・・・」というおなじみのフレーズが聞かれます。
この日が暑さの頂点となり、翌日からの暑さを「残暑」と言います。時候の挨拶も残暑のことばが使われ、立秋を過ぎたら「暑中見舞い」も「残暑見舞い」に変わります。
暑い日が続いていても、空を見上げると、秋の兆しが見え始めます。空が少しずつ高く感じられるようになり、もくもくとした夏雲の上に、刷毛で掃いたような秋の雲が見えることがあります。
夏の太平洋高気圧が弱まると、低気圧が日本に近づき通過していくようになり、このときに見られるのが、流れるような秋の雲。
いわし雲、さば雲、うろこ雲などの名前がついており、いわし雲が早く出た年は、イワシが豊漁になるともいわれています。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

蝉しぐれ
季節は夏。蝉しぐれが聞こえ始めた梅雨明け間もない昼下がり、一人の男性がワンちゃんの火葬に来園されました。
蝉しぐれがいつしかヒグラシの羽音に変わった頃に収骨をなさい男性は思い出を語ります。
男性とワンちゃんが知り合ったのは5年前の今日の様な暑い夏の日。ある事情から飼えなくなった大型犬を知人を伴い元の買主宅へ引き取りに行くとカラダを弱らせ衰弱したワンちゃんが乱雑した庭でうずくまっておりました。
この日を境にワンちゃんの生活は一変、祖父の代から犬を飼い続けてる男性宅でワンちゃんは日々回復し晩年となった去年、海開きに一緒に歩いた海岸で打ち上げられた魚や貝殻を一つひとつ咥えて渡してくれた姿が愛おしい・・と、遠い目線で話ながら最後の施しをなさいます。
蝉の羽音とともに今年も夏が来ました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成27年 秋彼岸会行事日程について
期日:9月20日(日)・9月21日(月・祝)・9月22日(火・祝)・9月23日(水・祝)
読教時間:9月20日~22日は午後2時よりの1回、9月23日は午前11時と午後2時の2回の予定とさせていただいております。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




紙面版 PDF
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝉しぐれ | トップ | サルスベリ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。