動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙版 第16号

2012年08月05日 | 通信紙版バックナンバー
平成22年7月

今年も折り返しとなり7月を迎えました。今年は思った程雨量は少ないのですが、やはり蒸し暑い日が続き気分が曇りがちになります。そんな時こそ晴れた心を持ちたいですね。
7月7日は新暦の七夕です。
七夕は年に一度、天帝の娘である織姫星(こと座のベガ)と夏彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が天の川を渡って会うことを許された特別な日とされております。二人は共に働き者でしたが結婚生活があまりに楽しく仕事をしなくなり、結婚を許した天帝が怒り、二人を天の川を隔て引き離しました。
7月7日だけ会う事が許され、現れたカササギが橋を架けてくれるのだそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西瓜とお地蔵様
月に一度お参りにいらっしゃるご家族からスイカをいただきました。
今年になり始めて手にいたしました。
千葉県八街産のスイカです。富里産と並び日本一美味しいスイカです。
とても良い形をしておりすぐにでも包丁を入れたい所ですが、まずはお地蔵さまにお供えをいたしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
柘植(つげ)の住人
先月に続き園内整備で柘植の木の剪定を行いました。
作業にはエンジン式ヘッジトリマーを使用し、外側から少しずつ丸くカットします。
概ね形が整った頃には切り取った枝や葉の中から木の住人であるテントウムシが表に出てきました。
住みかを追い払うみたいで何だか可哀そうな気もしましたが、様子を見た所この小さな住人たちはめげずに柘植に戻る者、柘植の頂に登り空に向かい飛んで行く者と、次の道が決まったみたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お手紙
猫さんをご葬儀され四十九日忌を迎えましたご家族から、その子の写真付きのおはがきが届きました。
その子を通してのお知り合いにお送りされたであろう手紙の1通だと思います。
優しい文面が一緒に過ごした楽しかった日々の事を私も手紙を読んで想い浮かべました。





第16号紙面

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通信紙版 第15号 | トップ | 通信紙版 第17号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。