千早巡遊&彩事記

情景の中の鉄道を目指して気の向くままの製作日記&途中下車の旅、そして時折の息抜き工作など。

英艦上機製作⑥

2017-03-26 | 航空機モデル

 先週ここまで出来上がっていた英艦上機3機分の機体、松山から帰宅後、少しずつ仕上げていこうと・・・製作開始です。

 

 

 

 

 

 

 主脚収納部と主脚、適度なパーツ構成で一部穴開けのみで仕上げ、鐙も取付け。
 写真ではよく見えませんが、機銃を0.6㎜パイプに取換え、翼部より突出させて取付けました 

 

 

 

 

 

 デカール貼付け後に折畳み翼部も製作・・・将来的には翼断面にもう少し細工を施す予定です。
 

 

 

 

 

 

 

 それにしても付属のデカールが固くで乾燥するとパリパリで閉口しました・・・マークソフターを使っても何ともならない代物・・・国産メーカーの至れり尽くせりに慣れた身には辛い作業です。

 

 

 

 

 

 ・・・と云う事で何とか1機完成。
 翼端灯は、透明パーツの機体側を塗装し、塗膜を乱さないようグロスポリマーメデイゥムで接着。

 

 

 

 

 

 

 後方からの一枚・・・定番の塗装ですが、平凡ながら纏まりのある機体ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 スピットMkⅤと並べて記念撮影しましたが、大戦前半のスピットと比べると大振りな機体であることが一目瞭然です。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豫国へ-番外編-

2017-03-26 | 途中下車の旅

 母親と家内をミュージアムに残し、近くの萬翠荘へ・・・大正11年松山藩主子孫により建てられたフランス風洋館。
 館主が陸軍のフランス駐在武官だったのでフランス風となった由。

 

 

 

 

 

 

  坂の上の雲ミュージアム訪問の記念はスポーツタオル・・・空と雲をイメージする色合いがお気に入り。

 

 

 

 

 

 

 

 館内で爺が見とれていたのは、露戦艦ボロジノの艦船模型・・・落着いたマットブラックに黄色の煙突は映えますねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 ホテルとミュージアムの間にあるビジネスビルの1Fに古典車が展示されてました。

 

 

 

 

 

 

 

 もう一画には、T型フォードまでも・・・オーナー?の趣味にしても凄過ぎます、さり気無さ過ぎます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豫国へ④

2017-03-26 | 途中下車の旅

 ロープウェイ駅出口には、秋山兄弟の墨絵が・・・墨痕が力強くて圧倒されます。

 

 

 

 

 

 

 

 ロープウェイ通りを下っていくと有名な女子高・・・佇まいも風情抜群。

 

 

 

 

 

 

 

 通りから少し入った所には、秋山兄弟生誕の地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 家内とも合流し、ホテルランチ。歩き回れない家内の唯一の楽しみ・・・全品一口制覇で残り物を爺が頂きました。
 次回は全日空ホテル14Fのレストランで松山城と萬翠荘を眺めながら食事したいものです。

 

 

 

 

 

 

 昼食後は、ホテル近くにある坂の上の雲ミュージアムへ・・・親切な警備員さんの計らいで、この位置からエレベーターを使わせて頂いたので、家内は楽だったようです。

 

 

 

 

 

 

 色んな資料がありましたが、爺がこの作品を初めて読んだ新聞掲載の記事に感激です・・・一つ一つに挿絵があるこの形をそのまま文庫本にして欲しい爺です。

 

 

 

 

 

 

 少し若い時代の好古と真之・・・この時代のひたむきさと責任感は見習わねばなりませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 ミュージアム2Fのカフェより眺める萬翠荘・・・綺麗な洋館が見えるので、動き回れない同行者用にこのミュージアムを選択しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豫国へ③

2017-03-26 | 途中下車の旅

 道後温泉から移動してロープウェイで松山城へ登城。
 足が不具合な家内を、大街道の全日空ホテル1F喫茶で待機させての登城です。

 

 

 

 

 

 

 ロープウェイ駅からは10分程の登り径ですが、周囲の高い石垣に圧倒されます。平山城で周囲から見えるより堅固なお城です。

 

 

 

 

 

 

 まだ桜には早い時期ですが、早咲きの陽光桜は、モノトーンの景色の中で艶やかさを誇っています。

 

 

 

 

 

 

 

 天守下の広場より見ても威風堂々・・・風もあり肌寒い日でなければ云う事無し・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 広場からは張出した櫓の向こうには、穏やかな瀬戸内海の眺めが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 ここにも春の息吹き・・・

 

 

 

 

 

 

 

 広場にはマドンナと書生姿のガイドが待機・・・80代の母親は書生さんとツーショットの写真を撮ってもらいご機嫌・・・いい記念になりました。

 

 

 

 

 

 

 帰りは共通券でリフトを選択、松山市内を眺めつつ6分弱の空中散歩です。

 

 

 

 

 

 

 

 ロープウェイ駅には、AKBのおもてなし大使の等身大像が・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豫国へ②

2017-03-26 | 途中下車の旅

 2日目は、道後温泉駅前のからくり時計から・・・毎時0,30分に仕掛けが動きます。
 朝9時30分は、からくり仕掛けと坊ちゃん列車到着が同時に見られるタイミングです。

 

 

 

 

 

 

 時計台自体も伸び上がりつつ、からくりを押出すのは圧巻。

 

 

 

 

 

 

 

  坊ちゃん列車は到着後、引込み線で人力による方向転換。

 

 

 

 

 

 

 

 その後、機関車は側線に移動・・・今度は客車が側線へ移動して方向転換の終了の塩梅です。

 

 

 

 

 

 

 

 発車までは、駅前の側線で待機するようです。後方がレトロ感満載の伊予電道後温泉駅舎。

 

 

 

 

 

 

 

 松山の紹介ラッピングを纏った最新型低床トラムもまた新鮮。

 

 

 

 

 

 

 

 でも爺の好みは、旧型カラーリングの伊予電ですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 大街道付近で坊ちゃん列車に遭遇・・・乗務員もレトロ制服で電停近くでは身を乗り出しての前方確認、サービス精神満載です。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加