千早巡遊&彩事記

情景の中の鉄道を目指して気の向くままの製作日記&途中下車の旅、そして時折の息抜き工作など。

譲渡の前に-②

2017-05-14 | Nトラムレイアウト製作

 改修中のNトラムレイアウト、続きです。庵へ続く小路には人力車を配置。京町屋には縁台や托鉢僧を配置して、少し非日常を演出。

 

 

 

 

 

 

 本屋には、立読みの高校生を配置。

 

 

 

 

 

 

 

 八百屋には、買い物で物色中のおばさん達を、古びた食堂には、開店準備中の板前を配置して雰囲気作り。

 

 

 

 

 

 

 マンションへの取付けにもフィギュアを配置・・・ここは家族連れや住人を中心にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 改修後のレイアウトです・・・車輌の展示台としては十分かと・・・一応コントローラーも組込んでいるので往復運転は可能です。

 

 

 

 

 

 

 三重塔や庵も含めた全景・・・後の改修や追加は後輩に任せることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 夜景の状況です。三重塔もライトアップしているので、車輌を点灯化すれば、それなりに楽しめるのではと思ってます。
 ・・・と云う事で傷口からの出血を繰返しながらの改修終了、名残惜しい気もしますが、新天地で大事にして欲しいものです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

譲渡の前に-①

2017-05-14 | Nトラムレイアウト製作

 行きつ戻りつのNトラムレイアウト、断捨離も兼ねて会社の後輩に譲る事にしました。そこで最低限の改修を開始・・・未着工の部分、200㎜をカットして仮完成を目指します。

 

 

 

 

 

 

 空地に店舗等を配置して、場所割りを行うのと並行して点灯化のためのLEDを設置。
 ・・・今後、大規模なレイアウト製作の予定もないので、入社3年目の鉄道模型好きな後輩にと余剰のLEDを大放出。

 

 

 

 

 

 店舗後背部は隣接する庵と連続した情景にするため、緑化することに・・・地形の土台を設置した後、フォーリッジクラスターを貼り付けました。

 

 

 

 

 

 

今回製作した部分には、余剰のストラクチャーから特徴あるものだけを選抜して、変化を持たせました。

 

 

 

 

 

 

 後背部の緑化が完成。

 

 

 

 

 

 

 

 煙草屋、喫茶店、甘味処の前に小物やフィギュアを最低限設置して、改修終了。

 

 

 

 

 

 

 

 自転車屋と写真館の前にも小物を配置。

 

 

 

 

 

 

 

 好事魔多し・・・負傷してしまいました。模型工作ではなく、家事手伝いでの事です。
 ・・・皿洗い中、結婚以来30数年使っていた40㎝級の大皿が真っ二つに割れ、手首に3㎝強の深い切傷・・・圧迫止血で何とか・・・お皿と雖も経年劣化はあるようで気をつけねば・・・

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和とともに-背景画-

2017-05-07 | 艦船モデル

 白い氷原とオレンジの船体を見ていたら、急に空の青を加えてみたくなったので、簡易背景画を設置しての撮影です。

 

 

 

 

 

 

 後方から・・・やはり空の青さが引き立ててくれますねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 右舷側側面から。

 

 

 

 

 

 

 

 荷揚げの真最中。

 

 

 

 

 

 

 

 晴れている間に・・・ 
 ・・・背景画の効果は抜群です。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和とともに-竣工-

2017-05-07 | 艦船モデル

 前部デリックの一部を細工して、荷下ろし中の情景を再現・・・下では隊員が待機中。

 

 

 

 

 

 

 

 氷海の方も追加工作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 軍艦以外の船舶製作、構造的にも色彩的にも新鮮でした。キットそのものも出来が良くて満足でしたが、パーツ数や繊細さは半端なくて、製作には覚悟が必要です。

 

 

 

 

 

 

  ここからは竣工記念の写真集です。

 

 

 

 

 

 

 

 船体右舷側後方から・・・

 

 

 

 

 

 

 

 左舷側後方から・・・

 

 

 

 

 

 

 

 GWも今日で終わり・・・今晩はゆっくり体を休めて明日からの英気を養います。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和とともに⑨

2017-05-07 | 艦船モデル

 ジオラマベースの氷原に樺太犬+越冬隊員と越冬資材輸送中の雪上車を設置。
 ・・・隊員横のスコップ類は見えませんねぇ。

 

 

 

 

 

 

 越冬資材荷揚げ&集積場所にも資材の木箱やドラム缶、隊員達を配置。
 ・・・近くの氷丘にはペンギン。

 

 

 

 

 

 

 全体は、こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

  船体の方も艦首部を若干汚し、張線を終えました・・・キット説明書通りに張線をすると、少し煩いように感じたので、主要部のみで終えてあります。

 

 

 

 

 

 

 観測船本体を配置して、ようやく完成までの目途がたちました。

 

 

 

 

 

 

 

  反対側からの一枚・・・小さい船体ですが、この角度からだと威風堂々と見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 少し上空から全体を撮影。あと前部のデリックと氷海の追加細工をすれば完成です。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加