チエちゃんの昭和めもりーず

 昭和40年代 少女だったあの頃の物語
+昭和50年代~現在のお話も・・・

本ができました!

2008年06月14日 | チエの玉手箱
 あれから7か月、ようやく念願の書籍化が実現しました! 
ずっと以前から、子どもの頃の思い出を一冊の本にまとめてみたいという夢が、とうとう叶いました。
お値段は少々高めですが、自費出版をすれば、数十万から百万円くらいは掛かってしまうことを考えれば、たった1冊、自分の楽しみのためだけに本を作るには、大変有難いシステムだと思います。。
MyBooks.jp」さん、ありがとうございました。

 さて、どうして、7か月もかかってしまったのか・・・

 初めは、投稿記事が限度の480ページになるまで待とうと思っていたのです。
しかし、だんだん記事は変な方向に向かってしまったし、お値段を計算してみると、15,000円を超えてる!
 そこで、まあ、まとも?に書けていた2007年11月末までの記事を載せることにしました。
早速、PDFを作成。
しかし・・・、「日付ごとに改ページ」を設定したので、極端な場合、文末の1行だけで1ページを占めていることもありました。1ページたったの27円といえどもバカになりません。そこで、編集作業をしました。
これがまた、大変なのです。
修正しても、すぐには反映されません。バックアップデータが生成されるまで1日待たなければなりません。何処をどう修正したのか、判らなくなってしまいます。
昨年末あたりがんばってみたのですが、面倒になり、一度挫折しました。
今回、気を取り直して、根気よく編集作業を続け、とうとう出来上がりました。

  B6標準サイズ 346P(ただし、本文は334P 表紙・目次も含む)
  カラー印刷 ブックカバー付き 厚さ14㎜

  
  「はじめに」と目次を入れました

  
  空いた余白には、こんな風に飾り罫や画像を追加しました

  
  画像は荒さの目立つ写真もありますが、まあまあきれいです

  
  裏表紙です

 そして、今回もチエちゃんのイメージイラストを使用させていただきました。
さじカンさん、本当にありがとうございました。

 世界でたった1冊の「昭和めもりーず」の仕上がりに大満足のチエでした。

ジャンル:
その他
コメント (24)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 函館旅行 | トップ | 第147話 地震 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当に偶然! (ムーミンパパ)
2008-06-14 21:33:33
自分だけの一冊。
誰が何と言おうとやっぱりいいですよねえ。
私のとはちがってさじカンさんのイラストも素敵だし!
おめでとうございます。
おめでとうございます! (uncle Shige)
2008-06-15 00:48:51
記念すべき一冊! 産みの苦しみを経験なさっただけに、
嬉しさは格別だったでしょうね。
ぼくは一昨年の夏、「金はない、早く作り上げたい」で、
高校の野球部応援ブログを、インクジェットプリンターで印刷
し、プラスチック製バインダで自家製本したことがあります。
50部ほど作り、実費 (人件費なし) は1冊あたり600円ほどでした。
http://tochio.jugem.jp/?eid=95
おめでとうございます♪ (エー)
2008-06-15 11:02:47
いよいよ、完成ですね!!
学生時代の会報や新聞、最近でもいろいろな活動の広報などをやりましたが、自分だけの1冊の本には、また格別な編集作業の大変さがあったようですね。
心の中の思い出が、形になって・・・。
素敵です♪
いいですね~ (カー助)
2008-06-15 20:00:44
子供の頃の思い出に
編集作業の大変さの思い出が加わった大事な1冊になったのではないでしょうか
思い出を本に出来るなんてチエちゃんは幸せ者ですよ
さじカンさんのイラストも、やはりいいですね~

いいしたぁ~!! (影武者所長)
2008-06-15 20:05:49
うらやましいしたぁ~~。
画像なんかも、かなりハッキリしてんだなぁ~~。
オレもやりでぇ~げんちょ・・・まんた、アドバンス登録してね~んぢょな。
> ムーミンパパさん (チエ)
2008-06-15 22:03:05
ありがとうございます。
ムーミンパパさんこそ、第2巻を発刊、すごいです!
パパさんは、何と言っても、文章力があります。語彙も豊富ですし・・
私のはお恥ずかしい限りですが、さじカンさんのイラストのお陰で、カッコよく見えます。
> Uncle Shigeさん (チエ)
2008-06-15 22:09:46
ありがとうございます。
産みの苦しみ!?
それがですね、PDFを何度も読み返したせいで、感動が薄れています。
もう少し過ぎてから、じっくりと読んで、感動を味わいたいと思います。
Shigeさんのは、CD(DVDかな?)付きのすばらしいものですね。
選手の皆さんや関係者の方々は、喜ばれたことでしょうね。
> エーさん (チエ)
2008-06-15 22:15:01
いつもありがとうございます。
せっかくお金をかけるのですから、納得のいく仕上がりにしようと、あちこち編集しました。
それでも、たぶん、誤字・脱字があると思います。
すご~い! (うし)
2008-06-15 22:16:35
その冷やし中華の写真、見覚えがある!

へぇ、そんな風に本になるんだぁ。
自分で作るとけっこう手間もお金もかかります。
東急ハンズで製本キットを買った日が懐かしい。
こんなにきれいになるなら、残しておくべきですね。
> カー助さん (チエ)
2008-06-15 22:21:14
ありがとうございます。
30代の後半くらいからでしたかねえ、漠然と考えていました。
子供の頃の思い出を綴れたら、いいなあと。
それで、忘れないようにしてたんですよ。
さじカンさんのイラスト、いいですよね。
おっしゃるとおり、私は幸せ者です。

コメントを投稿

チエの玉手箱」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

第2巻 (ムーミンパパの気まぐれ日記)
 書籍化サービスというのを使って、このブログを製本したのは去年の10月のこと。あれから半年以上経ったこともあり、夏のボーナスを当てにして「街角から空を見上げて?」を刊行することにした。刊行って言ったって誰かに売るわけでもなんでもないのだからやっぱり製本っ...