チエちゃんの昭和めもりーず

 昭和40年代 少女だったあの頃の物語
+昭和50年代~現在のお話も・・・

ようこそ! チエちゃんの昭和めもりーずへ

はじめての方は「チエちゃん」のカテゴリからお読みいただくことを推奨しています。 もちろん、どこからお読みいただいてもかまいません。

最後のあさつき

2017年02月26日 | チエの玉手箱
実家では毎年あさつきを栽培しており、この時期味覚を楽しんでいたことを思い出し、
「お父さんは、今年はあさつきを植えなかったのか?」と尋ねると、「植えたはずだ」と母が答えるので、畑を見てみると一番奥にそれらしい芽が出ていた。
慣れない農作業でコツがつかめず時間がかかってしまったが、私はあさつきを掘り起こした。
それを母に見せると、私はいいからお前が全部持って行けと言う。

何言ってるの!? お父さんが作った最後のあさつきなんだよ。
もう二度と食べられないんだよ!
母ちゃんが食べなくて、どうすんの?


私の言葉を聞いた母はフッと笑い、台所からボールと包丁を持ち出してきた。
あさつきは、こしゃう(こさえる=下ごしらえ)のが大変なんだ。
そう言うと、おもむろに下ごしらえを始めた。

掘り起こしたあさつきはひげ根に土が付いているので、まずそれを洗い流さなければならない。
実家では、裏庭の井戸端でその作業をする。
バケツで水洗いをするのだが、最初はかなりの泥水だ。何度も水を取り換える。
それから、ひとつひとつ包丁でひげ根を切り落としてゆく。
ひげ根は茎の部分と同じくらいの量があるので、たくさんあると思っても作業の割に得られる食べられる部分が少ないので、母はそう思っているらしいのだ。

あさつきはお盆前に種を蒔くんだよ。
お父さんは種を採って、毎年蒔いてた。


サッとゆで上げたあさつきは、甘く美味であった。
ああ、この味はずっと同じDNAだったんだ。
祖父が食べていたあさつきなのだ。

自分で育てない限り、このあさつきをもう二度と口にすることはできない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トクおばさん逝去

2017年02月25日 | チエの玉手箱
父の葬儀からまだ1か月と経っていないというのにトクおばさんが亡くなり、先週日曜日弟と共にお葬式に参列した。
こういうことは連鎖するのか?などと思う。
トクおばさんというのは、おばあちゃんの弟賢二郎おじさんの奥さんだ。
享年97歳老衰ということで大往生である。
トクおばさんは外出が大好きで、旅行によく出かけていた。
最近は週2回のデイサービスに出かけ、お友達に会うことを楽しんでいたという。

今日、母に葬儀の写真を見せると思い出話を聞くことができた。
(歳をとったせいか、最近の母は昔話をよくするようになった)


ばあちゃんは何処にも行くところがないから、(実家である)豆腐屋へチエを連れてよく行ってたのさ。
トクおばちゃんにとっては、小姑だろ?
だから、ばあちゃんのことが煙たかったかもしれないさ。
ばあちゃんはあのとおり、はっきりとものを言う人だったから・・・

豆腐屋のおんつぁんは将棋が好きでな。
よお~ぐ、うぢに来てお父さんと将棋を指してたなぁ。
何べんやっても、お父さんに勝てなくてな、そんでも次は勝ってやろうって「もう、いちばん! もう、いちばん!」つって、夜中までやってたもんさ。
それを横で、じいちゃんがニコニコしながら見てたなぁ。

にしゃばあちゃんの連れ合い(祖母の父)って人は鉄砲ぶぢなんかばっかりやってで、ちっとも働がない人でな
にしゃばあちゃんが一人で豆腐作って、売り歩いて、子どもを育てあげたのさ。
にしゃばあちゃんは大した偉い人なんだ。
そんなだから暮らしは楽じゃなくて、イチおば(祖母の姉)とばあちゃんがすすんで身を売ったのさ。
あいづらには助けらっちゃって、にしゃばあちゃんはよお~ぐ言ってだ。


 そうだったのか。そういう時代だったのだ。
 それぞれの人生があり、絡み合って、次の世代へと受け継がれてゆく・・・
 母の昔話を心に刻もうと思う。 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロシのメイン・ディッシュ

2017年02月19日 | チエの玉手箱
朝食後のパン皿にのる丸いつぶつぶ。
たくさん薬処方されてるなとは思っていたけれど、これほどとは
こっちの方がメインかも!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 立春

2017年02月04日 | チエの玉手箱
父は土曜日に亡くなったので七日ごとの忌日は金曜日になるが、仕事があるので墓参りは土日に実家を訪問した際になってしまう。
二七日の翌日、墓参りに訪れるとお寺の境内にあるロウバイが咲いていた。

よく見ると、梅のつぼみもだいぶ膨らんでいる。



ああ、今日は立春だと思い出す。
暖かな日差しの中、空の色も春色になっていた。

世帯主が亡くなるとややこしい手続きがたくさんあって、まだまだ落ち着かない。

(2017.2.14アップ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

父 永眠

2017年01月29日 | チエの玉手箱
2017年1月21日19時38分、父が永眠しました。

父は11月末に末期の悪性リンパ腫と診断され、緩和ケア病棟に入院、クリスマスとお正月には外泊もできていたのだが、1月20日弟が面会に行くと看護師から医師の説明があるので時間を取ってほしいと依頼があった。
私たちは、翌日(1月21日)午後4時に医師と面会することにした。
これはもう、父の命の期限はあと2~3日であると私たちは判断した。

翌日、私は実家を訪問し、母と片付けをしていた。
というのも、この辺りでは遺体は一旦自宅へ帰るからだ。
座卓、座布団を出し、父を安置する布団などを準備していた。
そこへ、午前10時頃弟から連絡が入る。
病院から連絡があり、面会時間を早めてほしいというのだ。
父の病状の説明を受ける時は姉弟の二人で聞くことにしていたのだが、もしこのまま危篤ということになれば母を連れに誰かが戻らなければならないのだからそれでは時間のロスとなってしまうと判断し、仕事を切り上げ弟一人が病院へと向かうことにする。
果たして、医師の説明を受けた弟からの連絡は、父は肩で呼吸しており、血圧の低下がみられ、逢わせたい人がいるならいまの内にと告げられたという。
私は「ああ、今夜だ」そう覚悟した。
それから、父の妹の娘(私から見て従妹)、本家筋にあたる父の従兄(双子であった祖父の兄の息子)に連絡し、母と共に病院へ向かった。

午後2時半頃には到着したと思う。
父は眼と口をあけ、大きく呼吸を繰り返していた。
母がベッドの側へ行くと、父は横を向いて母の方ばかりを見ているように見えた。
駆けつけてきた従妹夫婦、本家の叔父夫婦は、父にがんばれと声をかけてくれたが、私はその言葉を言ってほしくはなかった。
父はもう十分にがんばったのだ。私は早く楽にしてあげたいと思っていた。
癌の痛みは、薬で完全に消えることはないと知った。
父は常に脇腹をさすっており、痛いのか?と聞くといつもこくんとうなずくのだった。

逢いに来てくれた親戚が帰ると、母と弟、私の3人が残った。
午後6時とりあえず、夕食を調達することにした。
私がスーパーに走る。買い物をしていると、弟から父の血圧が低下したと連絡が入る。
もう、父の最期の間に合わないか?と思うも、私はすべてがうまくいくとも感じていた。
父がうまく取り計らってくれるにちがいないと。
病室に戻ると、一時危篤状態になった父は容体を持ち直していた。
その後、家族に見守られ、父は息を引き取った。

葬儀が終わるまでは、なんとか葬儀を終わらせなければと気を張っていたのだけれど、一段落すると父とのいろいろな思い出が蘇ってくる。
今まで忘れていたほんの些細なことを思い出す。
これが悲しいという感情なのだろうか?
いや、なつかしいのだ。
もう二度と戻らないあの日々が、ひどくなつかしくて涙があふれるのだ。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 初夢

2017年01月09日 | チエの玉手箱
私は、筋骨たくましい見知らぬ男性と裸でベッドにいる。
どうやら、これからセックスをしようとしているらしい。
布袋寅泰似のその男が私を見下ろしている。

そこで私はヒロシのことを思い出す。
こんなことをしていては、ヒロシに申し訳ない。
私には夫がいるので、止めてほしいと男に懇願する。

すると、そこへ突然ヒロシが現れる。
「俺はもうチエを抱きたくても、できないんだ。
 だから、俺の代わりにチエを可愛がってやってくれ」
と、その布袋寅泰似の男に向かって言う。

私は、ヒロシがそんなに私のことを想っていてくれたのだと泣き崩れてしまう。


ハッとして、目覚めると現実の私も涙に濡れていた。


この初夢、いったいなんなのよ~ 

いつも私のことを想ってくれているヒロシに感謝しているという意味として受け止めておきたいと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年あけて七草

2017年01月07日 | チエの玉手箱
新年のごあいさつを、と思っているうちに7日も過ぎてしまいました。
今日は七草。朝はお弁当で精一杯なので、お昼に七草粥を作りました。
スーパーで買った七草セットですが、ミニ大根がかわいい!(味はしっかり大根でした)


末期がんで入院中の父がクリスマスに続き、大晦日から1月3日まで外泊で自宅に戻り、家族が集まってお正月を祝うことができました。
ですが、昨日あたりから急速に父の病状が悪化しています。
自分で自分の身体を支えることが難しくなってきました。
食事やトイレも介助がなければ、できません。
つい2・3日前まではできていたことが、できなくなっています。

母も思うように身体を動かすことができないので、そちらも心配です。
父と二人の時は、互いに助け合ってできていたことができなくなっています。
たとえば、重いものを動かすことができない。
高い所に手が届かない。ビンのフタを開けることができない。
買い物に行くことができない。
父の入院後、弟と交互に出来る限り訪問することにしています。


自分自身は定年退職まであと1年となりました。(つまり還暦まで1年だ!)
数字を見間違えたり、1つの事に集中できなくなったり、明らかに衰えを感じています。
今のところ、再雇用を希望しているのですが状況によっては取りやめもアリです。
1年かけてじっくり考えようと思っています。

でもでも、悲観することばかりではありません。



長男が私の誕生日にケーキを買ってくれました。
毎年、ヒロシがやっていたことを息子が真似てくれたのです。
こういうことって、いずれ息子が(可能性は低いけれど)結婚した時に自然とできるんじゃないかと思います。
男の子は母親に優しいです。

元日から開幕したATPツアー ブリスベン国際で、錦織選手、決勝進出です!
いや~、うれしいですねぇ
明日、TVの前で応援します!
錦織選手のプレーに元気もらえるから、今年も応援がんばろうと思います。

それから、ため込んだ手芸材料をなるべく作品に仕上げたいとも考えています。(肩凝っちゃうかな!?)

それと、本もたくさん読みたいし・・・

ブログも更新がんばろう!

そんなこんなで、2017年もどうぞよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年大晦日

2016年12月31日 | チエの玉手箱
お題「2016年を振り返って一言」に参加中!
2016年は、春に母が転んで腰を打ち要支援2に認定、冬には父が末期がんと判明。
いつかはこういう時が来るとは思っていても、やっぱりドタバタしてしまいました。
お正月を自宅で迎えるため今週も父の外泊が許可になり、本日送迎をしました。
緩和医療は、病状が許す限り本人や家族の希望を優先してくれるのでありがたいです。
連日なんやかやで実家や病院に通い、昨日は実家の正月準備の手伝いをやったので、我が家のお正月の準備はなんだかな~です。
でも、今はスーパーでなんでも売っているので助かります。
なんとか、形だけでも様になりました。

実家で、
父が寝床に去った後、母が言う。
自分が先に逝くとばかり思って、遺書と父への感謝の手紙をしたためておいたのだと。

百万回でも、一億回でもありがとうと感謝の言葉を言ってもまだ足りないけれど、
このたった一言に万感の思いを込めて、ありがとうと言わせてください。


どうらや、お父さんには見てもらえないかな。

私は「なら、今夜渡したらいいんじゃないの」と返した。

父と母は、今宵互いを労わりながら、年越しをすると思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続6年1組クラス会~クラス会に寄せて~

2016年12月29日 | チエの玉手箱
11月に開催されたクラス会の様子をつづってきました。
同級生たちの様々な生き方が表現されていたらよいのですが・・・

さて、いよいよ最終話。
最後は、今回も出席してくださった担任の小木先生からいただいたメッセージを紹介したいと思います。

「クラス会に寄せて」
クラス会の開催おめでとうございます。
還暦を迎える歳になられたこと、当時を振り返り感慨深いものがあります。
ちょうど一回り違う皆さんと、あの木造の校舎で出会い、こうして今を迎えられました。
皆さんは、教員になって初めて担任した子ども達でした。
何もかもが新しく、新鮮で、夢中であったことをついこの間の事のように覚えています。
今思えば、あの時こうすればよかったと思うことばかりですが、何もわからない新米教員が精いっぱいやったこととしてお許しください。
今でも、みなさん一人ひとりの顔が、当時の子どもの顔で思い出されます。

さて、歳をとったらどうすればよいのか。
私は、皆さんより先に逝く身ですが、ついこの前96歳の叔父から言われたことをお伝えしましょう。
週3回のプール通い(30分の水中歩行)を欠かさない元気な叔父から
「俺は死ぬまで生きる。」そして、渡されたのが下の言葉でした。
思い当たることがいっぱい。
でも、私も「死ぬまで生きよう」と思います。
皆さんは、心身ともに変わり目の歳を迎えられました。
健康に気をつけて、元気に、楽しくお過ごしください。


「青春」とは、人生のある期間を言うのではなく、心の様相をいうのだ。
年を重ねただけでは人は老いない。
理想を失う時に初めて老いが来る。
人は信念と共に若く、疑念と共に老いる。
人は自信と共に若く、恐怖と共に老いる。
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

サミュエル・ヴルマン


小木先生、勝手にネット上に掲載することをお許しください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の贅沢~カニ鍋~

2016年12月28日 | チエの玉手箱
我が家の冬のぜいたく、今年も函館よりカニをお取り寄せです。
昨夜、カニ鍋にしました。
かにしゃぶ用のタラバとズワイ2種類を入れました。
煮過ぎて硬くならないうちに、いただきますよ。

我が家では、カニ好きがもう一人(というか一匹)増えました。



ドロ(ドロシー)です。
キャシーとボブは見向きもしないのですが、ドロはカニの匂いがしたら何処に居ても飛んできます。
くれ!くれ!くれ!の大騒ぎ
猫に甲殻類はよくないと聞きますので、あげたくはないのですが、彼女のしつこさと可愛らしさにいつも負けてしまいます。

一夜明けて、お昼はカニ雑炊にして完食です


コメント
この記事をはてなブックマークに追加