かえで君と私

私、夫ネイサン、長男カエデ、次男アボ(全て仮名)4人家族の生活@ホワイトロック、カナダ。

かえで10歳の誕生日

2015-06-05 13:16:57 | 子育て
お久しぶりです。最近は週3で甥のヘイデンを預かっているのと、アボがプレスクールに行っている日はジョギングをしているのでなかなかブログを更新する時間がありませんでした。

さて、先日かえでがとうとう二桁の大台にあがり、10歳になりました。
誕生日の前日はテーブルをお祝いモードにセッティング。このセッティング、毎年毎年すっかり忘れていて夜中に一人で黙々と折り紙で旗を作ります。


朝起きてにやりと嬉しそうでしたが、もう「うわ〜!」とか言ってくれないのが10歳。感想は「これ、折り紙で作った〜?」だけでした。


続いてプレゼントを開けます。今年のプレゼントは特別なのでご紹介。初ペットのプレゼントです。ペットはレオパ、と呼ばれるヒョウモントカゲモドキ、初心者に飼いやすい爬虫類とのこと。この日はお家セットと飼育本です。レオパ自体は夏の旅行が終わってからあげることにしました。
驚いてくれるかな、と思ったのですが秘密がアボから漏れていてすっかりバレていました。それでも今からお家のデザインを考えたりしてワクワクしている模様。


その後の朝ごはん、誕生日は本人リクエストの物なんでも食べられるしきたりになっています。毎年シリアルのフルーツループスだったのですが今年はワッフルのバニラアイス、キャラメルソース添え、でした。ここぞとばかりに激甘です。

お祝いは本人の希望でまたまた海で友達とパーティーすることに。

大人たち。このグループは毎年キャンプに行く仲良しメンバーなのでとてもお気楽。
用意した食べ物も去年と全く同じ、チリドッグ、チップス、自家製サルサ、レインボージェローなど。


スイカ割りもまたしました。去年は3人目で一番大きいオーシャンがあっさり割ってしまってほとんどの子供達が参加できなかったので、今年はかえでが最初にトライした後は(ちょっとヒビが入った)小さい子から順番に割って行くことにしました。

そしたらこれが大成功!!通りかかりの人も巻き込んで大盛りあがりに盛り上がりました。今年はなんとアンカーのオーシャンの一人前でスイカが割れて終了に〜。

その後はケーキタイムになります。今年は普通の日本風のショートケーキにフォンダンで飾りつけをしました。

上に乗っているキャラクターはかえでと友達たちがずーーーっと考え続けているゲーム、エイリアンワーのキャラクターです。


かえでの原画。ポケモンみたいに水のエレメント、火のエレメント、などの生き物がいます。


本人嬉しそうなので良かった〜。日本風のケーキは大人達に好評でした。子供達はこのほかに用意した既製品のカップケーキの方が人気がありました。

ケーキの後は水は冷たかったのですが子供達は水遊び。ちょうど潮が混んできて遠浅だったので水遊びにぴったり。



そしてプレゼント開けタイムと記念撮影。

10歳になる、といっても特に何も考えていなかったのですがいざ誕生日が来てみると、もうかえでの子供時代も終盤なのだなとすこし寂しい気持ちになりました。あと何年、お友達と一緒に海でパーティーしたい、なんて言うのかな。



コメント (4)

読書ノート 2014年

2015-01-09 10:25:32 | 趣味の世界
ダイエットとフィットネスの他もう一つの私の2015年の抱負は「英語の本をもっと読む」です。
読書は大好きなのですがどうしても楽な日本語の本を手に取ってしまうので去年から英語力をつけるためになるべく英語の本を面倒がらずに読むことにしました。

去年の私の読書記録はそれでもたった10冊(実用書を含まず)。しかも2冊は読み返し。この少ない読書量の中から大胆にも勝手に星を5点満点でつけてみます。

Angela's ashes : Frank McCourt 
読み返し アイルランド移民の自伝で映画にもなりました。日本語訳(『アンジェラの灰』)も出ています。何回読んでも良い本です。星5

Into the wild Story about Chris Mccandless  : Jon Krakauer  
アラスカでバックパッキング中に餓死した青年クリス マキャンドレスの伝記。クリスの弁護に始終してしまっていてこれはショーンペンが監督した映画のほうが好きでした。星3

Kitchen God's Wife : Amy Tan 
読み返し 小説 これも何回も読んでしまいます。ジョイラッククラブで有名な著者の小説。中国系移民の娘と母親の物語。とても良い小説。これも日本語訳が出ています。(「キッチン ゴッズ ワイフ」)星5

Saving fish from Drowning: Amy Tan 
小説 エイミー タンは大好きですが、これは今ひとつ。登場人物が多すぎて、しかも一人一人の魅力が今ひとつ。最後まで頑張って読みましたが読まなくても良かった本。星2

A Widow for one year: John Irving 
小説 これはとても面白くて一気に読めました。この本は去年読んだ本のなかで特に印象深かった本です。物語の展開がどうなるのか、書き方も面白いし上手だし、本を置くのが惜しくなるくらい良い本でした。エディーのダメダメ度も気持ちいいくらいです。日本語訳は「未亡人の一年」という題で出ているそうです。星5

Wonder: R.J. Paracio 
小説(ジュニア向け)友達に勧められた本。顔に生まれつき奇形のある子供が初めて普通の学校に通い、いじめられたりしながら友達を作るという話。テーマは良いし主人公にも共感できるのですがちょっと単純すぎるというか、やっぱり子供向けの道徳書みたいです。ちょっとひねくれた私には純粋すぎでした。とくに途中から書き手が主人公の友達に変わったりして調子が狂うのと、書き手があまり小説を書くのに慣れていない感が否めませんでした。星3

One Man's Wilderness: An Alaskan Odyssey Richard Proenneke 
アラスカの荒野の丸太小屋に一人暮らしをしているリチャード(ディック)プロネケの日記。私の愛するディックの日記です。このおじいさんのドキュメンタリーはもう何度も見ましたが本を読むのは初めて。映像ではいとも簡単にやっていた仕事も読んでみたらそれなりに苦労もあったという事がわかります。この人のファンなので星4.5 読み応え等はない本ですが、アラスカでの丸太小屋に興味のある人限定で読む価値あり。このおじさんの実直さが伝わる一冊です。

Pilgrim's Wilderness / A True Story of Faith and Madness on the Alaska Frontier : Tom Kizzia 
ノンフィクション これは面白かった〜!これまたアラスカが舞台。アラスカの片田舎、マッカーシーに突然現れた敬虔なクリスチャン一家の話。敬虔(というか原理主義)でいまどき珍しいほどの昔ながらの生活をしていて当初は好感度大。でも少しづつおかしなことが起こり続け、蓋を開けてみたら父親が一家を虐待していて、という話。書いている人もアラスカの新聞社の記者です。星4

Lovely bones:Alice Sebold 
小説 ティーンネージャーの女の子がレイプされて殺されて天国に行くところから物語はスタート。天国から家族をみつめます。遺された家族や友人を見守りながら、犯人も探し、と、とても面白い設定です。残念だったのは最後のまとめがちょっと乱暴すぎるのと、全てがうまくまとまりすぎで小説を読んだ後の印象が薄かった事。でも読んでも時間の無駄にはならない程度のおもしろさ。星3つ半

Wild: Cheryl Strayed
自伝 ミネソタ出身の著者、若い時期に結婚しますがお母さんをまだ20代のうちにガンで無くし、そこから立ち直れなくてドラッグとセックスにはまりそうになり、ふと思い立ちパシフィッククレストトレイルのバックパッキングに挑戦します。ユーモアいっぱいで面白くて、ミネソタ、ハイキング、と共通点もあり声を出して笑ってしまう箇所もたくさんあり、一気に読みました。心に残る名著ではないですがエンターテイメントとしておすすめ。星4つ

2015年の目標は月1冊最低でも読むようにして12冊。良い本にめぐり合いますように。



コメント (4)

ポーラーベアスイム 元旦寒中水泳

2015-01-08 10:20:54 | カナダの祭日
ハッピーニューイヤー!今年も「かえで君と私」をよろしくお願い致します。

さて、去年のクリスマスは義父母がサンシャインコーストに引っ越して初めてのクリスマス。クリスマスイブは私たち家族だけで我が家でフォンデュパーティーをして、クリスマス当日プレゼントを開けてからフェリーに乗ってサンシャインコーストへ。以前は歩いて10分の近所に住んでいたのですが、今は行くのに2時間ほどかかります。が、これくらいが近すぎず遠すぎず丁度いい感じ。
クリスマスの夜はフレンチカナディアンの肉のパイ、Tourtiere を食べ、メインの七面鳥は義妹家族が遊びに来たボクシングデーに食べました。

翌日の朝は義母特製のクレープ。義母モニークのクレープはとても美味しいのですが、観察していたネイサンによると「信じられない量のバターを使っていた。」と。美味しさの秘密は大量のバター??

添えられたベーコンは地元の農家手作りでこれまたとても美味。「ちゃんと名前を付けられて可愛がられた豚」との事でスーパーで売っているものとまるで別物。

義父母の家に2泊してクリスマスは終了。年末は友人アンディー宅でラクレットをご馳走になりました。カウントダウンまで子供達も起きていて、最後はシャンパンで乾杯〜!蛍の光を歌います。

ところでアンディーは以前から元旦のお昼に海で行われる寒中水泳「ポーラーベアスイム」をやりたいと言っていて「死ぬまでに一度はやってみたいけど、一人ではやりたくない。誰か一緒にやってくれたらできるんだけど。」と言っていたので「じゃあ私が一緒にやってあげる。」とワインの酔いも手伝って申し出てしまいました。

元旦当日、12時に海で落ち合うことに。いつもは冬場は閑散としているホワイトロックのビーチなので11:30に家を出ました。帰りは寒いと思ったので車で行くことにしたのですが、海辺につくと、夏まっさかりでもここまでいない、という程の人だかり。この日はとてもお天気が良かったのでみんなポーラーベアスイムを見に来ていたのでした。一番端っこの駐車場も満杯。このままでは間に合わない!仕方がないのでネイサンに車を停める場所を探してもらうことにして私だけ先に会場へ行くことになりました。ビーチの端っこからホワイトロックの桟橋付近へ急ぎますが人だかりでなかなか前へ進めず、人をかき分けひた走り、会場へ着いたのは12時3分前!いそいで服を脱いで準備です。


ホワイトロック付近に参加者集合。


リアルなシロクママスコット。このクマは割りに海辺から遠い場所にいたので存在に気がついたのは泳いだあとでした。


勢いをつけて水に入ります。どんなに冷たいか、と入る前は思ったのですが実際入ってみると寒いというより痛い!
ちゃんと肩まで浸かって平泳ぎで数回ストロークして終了です。ネイサン、かえで、アボは結局駐車場が見つからず私の勇姿を見逃したのでした。


終了後。なぜかものすごい達成感を味わえました〜。終わったあとはちゃんと泳ぎましたという証明書がもらえます。




ちなみにこの日のホワイトロックの気温は−3度でした。カナダのもっと寒いところでは氷の張った湖に穴を開けてそこでポーラーベアスイムをするらしいですが私は−3度で限界でした。これでアンディーの「死ぬまでにやりたい事リスト」のうちの1項目チェックできました。私はそんなリストすらないのでもうちょっと目標持って生きなくちゃ。

私の今年の目標はちゃんと運動して3キロ痩せる。クリスマス1週間前からジョギングと筋トレスタートです。去年の秋から急に太ったのでなんとかしなくては。

コメント

湯たんぽとグリューワイン 

2014-12-19 11:37:28 | 未分類
子供達が風邪をひいて一週間、ついにいつもは免疫力が高くて滅多に風邪をひかないネイサンも風邪をひいてしまいました。鼻水ダラダラ、熱はないものの頭が痛いだの、吐き気がするだの、不調を訴えています。男の人は風邪の不調に弱く、ちょっと具合が悪いだけで大げさに騒ぎ立てるのでスラングではこういうとき"Nathan has got a man cold" 「ネイサンは男風邪をひいています。」と言います。

鼻水がつらいのか、昨日の夜は鼻につっぺをかっていました。つっぺをかる、というのは北海道弁で「鼻にティッシュで栓をする。」ということ。標準語にするととてもまどろっこしい、と思っていたらFBで同郷の友人も「つっぺをかる」と「いずい」だけは標準語でうまい表現がうかばないとつぶやいていました。

なので現在元気なのは私だけ。これはとてもとても珍しいこと。いつも真っ先に具合が悪くなり回復も遅いのは私だったのに。どうしてか考えてみたところ、これはひょっとして湯たんぽのおかげかもと思い当たりました。真夏に膀胱炎になってから、ふと夏なのに寒い気がして湯たんぽを使用していた私。8月から少なくとも2日置きには寝る時に湯たんぽと一緒に寝ていたのでした。お腹を温め、背中を温め、太ももを温めると足の先までジンジン温まり、普段はなかなか寝付けない夜型の私もぐっすり眠れるし膀胱炎の再発もなく快適に過ごしていたのです。

よく体温を上げると免疫力アップするなどと聞きますが、人間は恒温動物、体の中は37度なので外から温めただけでは体温は上がらないだろうし、効果はないのではないかといわゆる「冷えとり」を冷ややかな目で見ていたのですが、ひょっとして湯たんぽで体を温めるのは効果があるのかもしれません。こちらで売っている湯たんぽはゴム製の柔らかタイプ、沸騰したお湯は使えず、お湯の容量も少ないので物足りなかったので実家の母に日本の湯たんぽを送ってもらいました。これで風邪をひかないかも、というプラシーボ効果も相まって元気に冬を乗り越えられそう。

実家から送ってもらった湯たんぽ(と折り紙)

そして温まる気がするのはもちろん、美味しくてクセになりそうなのはこの時期恒例のグリューワイン!バンショー、モルドワインなどいろいろな呼び方があります。私の作り方はとても簡単。
まず、安い赤ワイン(安いので大瓶に入っている)を用意。
お鍋に開けて、りんご、梨、オレンジの輪切りを適当に加え、砂糖、シナモン、カルダモン(ホールスパイス)数個を入れ数時間つけておきます。あとは中火で熱し、仕上げにラム酒を少々たらしてできあがり。砂糖の量は少なめにして、最後に足りなかったら足したほうが安全です。ふわっと立ち上がる香りがたまらない、クリスマス気分に身も心も浸れる一杯です。つけておいて飲む分だけ小鍋で温めてもいいですが我が家ではお鍋にいっぱい作ってもなぜかあっという間になくなる危険な飲み物です。


グリューワインも湯たんぽも、わかすだけでほっかほか、お手軽な幸せです。
コメント (2)

咳に効くお菓子

2014-12-10 13:32:47 | お菓子
子供達二人とも風邪をひいて、ひどい咳をしています。熱はないのですが他の人に移しそうなので昨日は学校とプリスクールをお休みしました。

咳がひどいと眠れないし苦しいし、肺炎も怖いのでうちではいつも小児科からもらった吸入薬を即使っています。それと中国の人に教えて貰った咳の特効薬も作ります。
この特効薬は、1ヶ月ほど乾いた咳が続いてとても辛かった時に教えてもらって試したら1日で治ったという優れもの。
作り方もとても簡単、皮と種を除いた梨3個(洋梨でも普通の梨でもどちらでも)を鍋に入れ、ひたひたの水を加え、砂糖を大さじ3(本来は氷砂糖、rock sugar/黄氷糖を使用)も加え中火で蓋をしてやわらくなるまで煮て冷やすだけ。

咳で荒れた喉に梨がやさし〜い。煮汁も美味しいシロップなので忘れずに飲みましょう。私はこれを食べた途端、肺に水分が周る感じがしました!もし効かなくてもおやつとして美味しいので許せます。黄氷糖は中華食材屋さんで手に入ります。白きくらげのレモンシロップ煮の時にも使えます。

次に痰の絡んだ咳に効くのは杏仁。アーモンドエッセンスで作るのではなくて本当の杏仁を使用しているものを使うのがポイントです。
杏仁は漢方に使う苦味のあるものと、お菓子に使われる甘みのあるもの2種類あるそうですが、どちらも痰を切る作用があるとのこと。

今回はずっと前に買った杏仁があったので作ってみます。

中華スーパーT&Tで購入。北杏と南杏があり微妙に風味が違うそうですが、購入時はそんなこと知らなかったので今回は北杏。それにしてもどうして杏仁の英語がいつもAlmondなんでしょうね。正しくはApricot kernel です。杏仁から取れた油はアプリコットカーネルオイル、アロマをする人はご存知のお高いキャリーオイルです。この杏仁は熱めのお湯に1時間ほどつけておきます。

その後ブレンダーですりつぶしてチーズクロスで濾します。

こしたら豆乳のような液体がとれます。杏仁豆腐にせず、この液体を温めて蜂蜜などを入れてそのまま飲む方法もあります。(より簡単)


これに牛乳を加えて600ccにし、火にかけて水にふやかした寒天1本をちぎって入れ、煮溶かし、型に入れて冷ましたら杏仁豆腐のできあがり。


冷めたら切り分け、シロップをかけて食べます。
私はここまで作って急に面倒になったので先ほどの梨の煮たのと一緒に出してしまいました。最強の咳のお薬です。

1日うちでごろごろして、咳に効くはずのお菓子を食べて、二人とも咳はすっかりおさまり昨夜はぐっすり寝ていました。が、朝起きてみるとアボは鼻水ダラダラに〜。次は鼻水に効く漢方さがし???



コメント (3)

メキシコ風ピーマンの肉詰め CHILLES EN NOGADA

2014-12-04 13:20:30 | 料理 (お菓子以外)
久しぶりに手の混んだ夕ご飯を作りました。
メキシコ料理の本からChilles en nogadaという9月の独立記念日に食べられるというポブラーノチリの肉詰めです。ポブラーノチリはとうがらしですが辛味がほとんどないのでピーマンでも代用できます。

なぜメキシコの独立記念日に食べられるかというと、チリの緑、くるみソースの白、ざくろの赤がメキシコの国旗の色だからだそうですが、この色はクリスマスカラーでもあるのでなんとなく今の時期にもぴったりな気がします。私の持っていたレシピではピーマンの肉詰め、くるみソース、チリコロラドの3部から構成されていましたが、チリコロラドはオプションだそうです。肉詰めのお肉の中にはフルーツとナッツが入ってシナモンで風味をつけるので面白い風味になります。肉類とフルーツの組み合わせが好きな人はぜひお試しを。


肉詰め部分
ポブラーノチリまたはピーマン 4個 種を除いて縦に半分に切る。

にんにく 1かけ みじん切り
玉ねぎ 1個 みじん切り
七面鳥か鶏のひき肉 450g
りんごか洋梨 2個
シナモン 小さじ1/2
クミンパウダー 小さじ1/2
オレガノ 少々
トマトの缶詰(みじんぎり) 半カップ
レーズン 半カップ
縦割りかスライスのアーモンド 1/4カップ
塩適量

作り方
ポブラーノチリ、またはピーマンはさっと湯通しして水気を切っておく
オーブンを180度に温める

1)フライパンに油をひいて(分量外)にんにくと玉ねぎを炒める。
2)火が通って軽く色づいてきたらひき肉を入れる。
3)りんごか梨とスパイス類を入れ、火が通るまで炒める。
4)トマトの缶詰を入れ水気がなくなるまで炒める。
5)レーズンとアーモンドを入れ塩で味を整える。
6)チリ/ピーマンに5)を詰め、耐熱皿に並べてオーブンで20〜30ほど焼く。ピーマンに完全に火が通り、詰め物にいい色がつくまで。



チリコロラド
*このソースは作りやすい分量です。かなり辛いので盛り付ける時は様子をみながら。

ポブラーノチリの乾燥したもの 12個 ぬるま湯に30分ほどつけ、種を取っておく。
チポトレ 乾燥かアドボソースにつけた缶詰 3個 乾燥の場合ぬるま湯につけておく。缶詰の場合はさっとすすいでおく。
にんにく2かけ
玉ねぎ 小1個
トマト 中1個
オレガノ 少々

作り方
鍋に油をひき、にんにくを弱火で炒め、香りがついたらたまねぎがうすく色づく程度に炒める。オレガノとトマトをざく切りにして加え、煮詰まってきたらとうがらし類を入れ炒める。フードプロセッサーやブレンダー、ミキサーにかけ滑らかにする。鍋に戻し塩で味を整える。温めておく。

くるみのソース
くるみ みじん切り 半カップ
クリームチーズ 半カップ
牛乳 1/4カップ
シナモン 小さじ1/4
塩 小さじ1/8

作り方
材料全部をフードプロセッサーかミキサーにかけ滑らかにする。これは常温にしておく。私は全部スティックブレンダーを使用。

プレゼンテーション
皿にまずチリコロラドを敷く。その上に肉詰めを並べ、上からくるみのソースをかける。上からざくろの身を散らす。

コロラドソースはオプションと本には書いていましたがくるみのソースが濃厚なのでスモーキーで辛いコロラドソースがあったほうが味のバランスが取れていると思います。
本体の生のポブラーノチリはたまに辛い時があるので子供用にはピーマンにした方が無難でしょう。



コメント

ハロウィン2014

2014-11-29 16:03:38 | カナダの祭日
もうクリスマスも間近ですがハロウィンの記録です。
かえでの衣装は今年も夢中のマインクラフトというゲームの主人公、スティーブ。アボもマインクラフトの悪役、へロブラインになりたがりました。

スティーブ


へロブライン


この二人、目以外は全く同じ。へロブラインは白目のスティーブです。マインクラフトはぜんぶブロックのデジタルなのですが体を作るのは面倒なので箱に紙を貼ってマスクを作りました。リサイクルの箱と家にあったその辺の紙で作って材料代無料。アボはその他にもらったワニの衣装もあったので、幼稚園に行く時にはワニ、トリックオアトリートの時はヘロブラインになることに。


スティーブの持っている剣も作りました。目の部分は青いセロファン。

このまま学校とプリスクールへ行きます。ワニは尻尾が濡れないように私が持って歩きます。プリスクールはやはり小さい子供達の衣装なのですっごく可愛くてうきうき。かえでの学校はジムでみんなでパレードをしたそうです。この日はおやつを持って行ってハロウィンのパーティーもします。

夕方はお待ちかねのトリックオアトリート。
今までは従兄弟たちの家の周りをまわっていましたが今年のハロウィンは学校の友達としたいとの事で初めて自宅の周りでトリックorトリートをしました。


出発前に記念撮影。


スティーブとヘロブラインは視界が狭いので階段のぼるのに時間がかかります。


従兄弟たちの住むタウンハウスとちがってあまり気合の入ったデコレーションが見られなかったのが残念ですが、2件だけコリコリに凝ったお家もありました。庭の一角にお化け屋敷を作ってしまったり、植え込みの中にゾンビが隠れていて子供達がきたところを見計らって手が出てきたり。

たっぷり2時間は歩いたでしょうか?最後の方は人のあまり行かない家に行ったので一件で両手いっぱいのおやつをもらってしまいました。

最後にもう一度記念撮影。ウィザーとエンダーマンも私が作った衣装。でも二人とも黒いので闇に紛れて危険でした。撮影中、あれ?アボがいない!と思ったら記念撮影している合間にちゃっかり一人で後ろの家にトリックorトリートしに行っていました。

家に帰ってさっそく収穫をチェック。次から次へと開けて食べたがるアボに対し「もう遅いから明日食べる。あ、でもやっぱり一つだけ食べようかな。」と控えめなかえで。しかもかえでは種類ごとに仕分けして数を数えています。その隙を狙って誰も見ていない瞬間にアボは飴を開けてむしゃむしゃ。典型的長男次男の図。


仕分け作業に没頭するかえで

かえで一人の時はハロウィンの飴はイースターまで持ったのですが、アボの出現で消費量は一気に増えて飴は3週間で綺麗さっぱりなくなりました。

コメント

サンクスギビング2014

2014-11-12 10:11:39 | カナダの祭日
大変遅ればせながら10月の祝祭日、サンクスギビングの記録です。

カナダの感謝祭は10月の第二月曜日でちょうど体育の日と同じ時期にあります。アメリカの感謝祭は11月最後の木曜日なので私のイメージとしてはかなり寒くなってからの祝日なのですが、カナダは北にあるので収穫したものに感謝するには10月の方が合っているとネイサンは言います。
さて、今年の感謝祭は2回に分けて祝いました。第一弾はかえでの学校つながりのグループ。このグループはキャンプに行ったりするいつものお仲間ですが感謝祭に集まるのは今年が初めて。みんな親戚が近くに住んでいないので自分たちだけでは七面鳥を食べきれないけどやっぱりカナダ風に祝いたいので集まりました。


食べ物は持ち寄りで、まず子供たちを食べさせます。友達がマンションのゲストルームを借りてくれました。私の担当はパンプキンパイとクランベリーソース。七面鳥、スタッフング、マッシュポテト、サラダ、温野菜の献立でした。


子供たちはコーヒーテーブルの周りに座って食べます。


その後はバルコニーで走り回り、その間に大人はゆっくり座ってご飯です。ドイツ人の友人が七面鳥担当だったのですが、スタッフィングがカナダ版と全く違っていて新鮮でした。その友達の作ってくれたスタッフィングはブラジルナッツ、クルミ、アーモンドとりんごを刻んだ物。栗もあるともっと良いけど見つからなかったとの事でした。パンプキンパイは3つ作っていったのですが子供たちにも大好評であっという間に売り切れて一安心。

たらふく食べて、誰もいらないという七面鳥の骨(スープに使う)をもらって大満足でした。

次の日はフェリーに乗ってサンシャインコーストのギブソンズにある義父母の家へ。今は上の階を人に貸しているので地下に集まりました。


テーブルセッティングがきれいなうちに奇跡的に集合写真がとれました。


ここでもメニューは七面鳥、スタッフィング、マッシュポテト、そしてサラダ。これもいつもの義母の味で美味しかった!
食後はたき火をします。お庭でたき火できるのはいいな〜。

次は忘れないうちにハロウィンの模様をアップします。
コメント

アップルソースとアリのパン

2014-09-23 14:13:14 | お菓子
すっかり秋めいてきてスーパーにも地元でとれたいい香りのリンゴが並び始めました。リンゴは一年中あるけれど美味しいのはやっぱりこの季節。毎週大量に買って消費しています。
そのまま食べるのももちろんですが、うちの子供達に人気ナンバーワンのおやつはとっても素朴なアップルソース。アップルパイやケーキよりこっちの方が好きなようで、毎週お鍋一杯つくってもあっという間に無くなります。もちろんアップルパイやケーキより作るのも簡単だし健康的です。

アップルソースはこちらでは赤ちゃんの離乳食から食べられる超メジャーなおやつ。ヨーグルトの様に一食分のパッケージになって売られていたりして学校にもっていくおやつでもポピュラーです。(離乳食のはお砂糖抜きのバージョン)
私は既製品のアップルソースの食感がぼそぼそしていてあまり好きではないのですが、自分で作ったアップルソースは別。我が家のアップルソースは洋梨も加えてつるりとした食感を楽しみます。


我が家のアップルソースの作り方
リンゴと洋梨の割合は大体4:1
リンゴと洋梨は四つ割りにし、種と皮を除きお鍋に入れます。水はほんのちょっと、お椀に半分ほど入れて蓋をし、強火にかけます。沸いてきたら中火にしてすっかり柔らかくなるまで煮ます。簡単につぶれる柔らかさになったらポテトマッシャーでつぶし、砂糖を好みの量入れ、シナモンも少々。つぶし具合は滑らかが好きなら裏ごししてもいいし、ハンドブレンダーにかけてもいいですが、我が家は荒いつぶし具合がカエデの好み。リンゴの味を見て甘さを調節しますがお砂糖はほんの少しにして優しい甘さに仕上がる様にします。煮上がる直前にブルーベリーを入れてもいいですが、かえではプレーンが好みなのでうちはこのまま。できあがったら冷やして食べますが、出来上がったばかりの暖かいままのをお味見と称して食べるのもおいしいです。冷蔵庫で1週間ほどもちます。それより持たせたかったら冷凍か脱気して瓶詰めにする方法もありますが、うちはそんなに残らずあっという間に無くなるのでやった事はありません。

アップルソースの食べ方はうちはもっぱら冷やしたものをそのまま食べていますがヨーグルトに入れたり肉料理につけ合わせたり、マフィンやパンケーキに混ぜ込んだりする食べ方もあります。今日はりんご7個にスリムな洋梨2個、砂糖大匙3、シナモン小さじ1で作りました。タッパに入れて明日の学校のおやつになります。時々そのまま凍らせて、凍ったままお弁当に入れるとお昼ご飯の時間にシャーベット状になっていてこれまた子供に人気です。りんごの美味しい季節の簡単おやつ、おすすめです。

アップルソースには一家言あるかえで

おやつ繫がりで昨日のアボのお話。
昨日は近くのパン屋さんでポピーシードの入ったロールを買ってきました。東ヨーロッパ系のお菓子ではポピーシードをあんこの様にペーストにしてパン生地に練り込んだお菓子がよくあります。プチプチの食感が癖になり、私の大好きなこのロール。

甘いので普段はあげていないのですが昨日は特別。
3人で賞味していたところ、アボがかえでに耳打ちしていました。「このアリのやつ、好き。」 「え??」「このアリのクリームのパン、おいしいよね?」
ぎっしり詰まったポピーシードのぷつぷつ具合、べたつき加減、群がっている感じ、そういわれてみるとまさしく「アリ。」
ひえ〜。もうアリ入りパンにしか見えなくなっちゃった〜。アボはアリが入っている美味しいパン、という認識でもくもくと食べていました。気持ち悪いという感覚はまったくナシなのがすごいなー。
コメント

Wedgemount Lake ハイキング

2014-09-18 14:06:31 | ハイキング アウトドア
夏も終わりに近づき、もうすぐ雨ばかりの冬がやってくるので焦って毎週ハイキングへ行っています。

9月も中盤になると脚も慣れてくるので難度の高いハイキングへも行けるようになります。(冬になるとハイキングへ行けず、筋力がおちて春になるとまた振り出しに戻る。)
この日は「ウィスラーのグラインド」の別名もあるWedgemount Lakeへ行ってきました。Wedgemount Lakeはガリバルディ公園の中で一番北にあるトレイルで、ウィスラーからペンバートン方面へ行く途中にあります。
ウィスラーのグラインドとはいえ実際はグラウスグラインドの傾斜平均は31%、Wedgemount Lakeは16%なのできつさはグラインドの足下にも及びませんが、私たちのいつも行くハイキングは10%未満なので16%でもかなりきつめ。7キロで1100m登ります。

最初は森トレイル、川沿いを登ります。噂に聞いていたよりは辛くはありませんが、所々根が張っていたり、この日は晴天続きだったので砂埃がすごくて滑りやすい所もありました。途中おやつ休憩を入れて2時間半ほどでゴロゴロ石の崖が見えてきました。
うわ〜きつそう、と思ったのですが降りてきたハイカーが「これさえ登ればもう湖だよ!」と教えてくれたのでやる気がでます。


崖は確かに急ですが「次はどこから行こうかな?」と考えるのに忙しくて苦しさを感じる前に上に着きました。
この後は教えられた通り本当にすぐに湖で、スタートから3時間弱で到着。

途中休憩を入れ無理をせず、しかも「これからもっと苦しくなる!」と思いながら来たせいか案外楽に登れて一安心。

このウェッジモントレイクも氷河の溶けた水。その上のウェッジモント氷河とアームチェア氷河から流れてきた水が貯まってできた湖です。
ここの湖は白濁していて温泉みたいな色でした。


一番景色の良さそうなスポットを選んでご飯にします。この湖のほとりはキャンプ地になっていて、テント場が沢山ありましたが荷物を背負ってここまで来るのは大変そう。実際一泊した人達を見てみると20代の若者ばかり。

ご飯の後は湖沿いを登ってウェッジモント氷河のすぐ下まで行ってみます。


振り返ると色合いに思わずため息がもれます。

空の色も青すぎて夜の様な深い青でした。


氷河へ到着。氷河のすぐ下に水が貯まって小さな湖になっていました。


ぷかぷか氷が浮かんでいます。こんな素敵な湖があるとはガイドブックには書かれていなかったのでびっくり、ギャビーも私も感動してしまいました。

涼しげな色合い。目の前で崩れないかちょっと待ってみましたが何も起こりませんでした。


しばし観察。うっとり〜。ハイキングはお天気の日に限ります。


ふと気がつくと、パンツ姿で水の中にたたずむ若者が。
このお兄さんはしばらくこのまま固まっていましたが、とうとう水に飛び込みました〜! 雄叫びが聞こえて振り向いたら全裸のこの人が水から上がってきて驚愕。水温は限りなく0度に近いはず。その後友達もつられて(この人はパンツを履いたまま)飛び込んで、やっぱり「ひゃ〜!!」と叫んでいました。

その後ちょっとだけ氷河の上を歩いてみます。
氷河の上はクレバスがあり危険なので本当はきちんと装備して歩くのも技術も必要なので私たちはほんのさわりだけ。


氷河が裂けているところ。
氷河の上をちょっとだけでも歩けてワクワクのギャビーと私。来て良かった〜。もっと秋が深くなってからくると、下のウェッジモントレイクも所々凍っていて色合いがさらに綺麗になるそうです。2時間半ほど過ごして下山です。

帰りも急なので降りるのは慎重に。

この崖で降りられなくて立ち往生している人達がいました。なんとその人達、足まわりはコンバースのハイカットとトムスのスリップオン、一人はミニのワンピース姿!普通の登山靴でも滑る様な道なので、そんな靴でよくここまで来られたな〜と逆に感心してしまいました。大丈夫?と声をかけますがロープなどもないしポールも使えない急斜面なのでどうしようもなく抜かして先に行きます。最後はお尻でずるずる滑っていたので多分大丈夫だったはず。

その後も角を曲がるたびに降りられなくて木にしがみついている人(この人はポールを貸してあげて脱出)がいたり、一泊して氷河登りの道具を背負った人があまりの荷物の重さで疲れきって泣きそうになっていたりしました。このコースは行きより帰りの方がきついのかも。

この日は疲れ具合も景色も大満足のハイキングでした。
ウェッジモントレイクの行き方などはこちら










コメント