goo

かえで君と私

私、夫ネイサン、長男カエデ、次男アボ(全て仮名)4人家族の生活@ホワイトロック、カナダ。

前日の閲覧数
467PV
+SHARE
Twitter Facebook RSS メール

オレゴン ベンドで夏休み その6)

1週間のベンド滞在も最終日。サイクリングとハイキングという親の趣味につきあわせた子供達の為にこの日は子供達の行きたい所へ行く事にしました。

リゾートのおばさんが子供におすすめ、と教えてくれたハイデザートミュージアムへ行ってみました。
ここは民族資料館件自然科学館。地元の動物や歴史を紹介しています。


入場してすぐにカントリーのバンドがお出迎え。オーブラザー!のサントラみたいな音楽を演奏していました。雰囲気が良くて座って聞きたかったのですが、私以外興味ゼロなので先に進みます。

カエデもアボも真っ先に動物コーナーへ進みます。ここでは穴を掘って住処とするアナホリフクロウ、ガラガラヘビ、トカゲ、カメなどの地元の動物が展示してあります。


タランチュラ。


本物を間近で見て感動!ガラガラへび。


山猫(リンクス)はおやすみ中でした。耳の先の毛だけちょこっと長くてかわいいのです。忍び込んで一緒にゴロゴロしたい。
屋外プールではカワウソもいます。やっと本物を見られましたが、やっぱり野生のカワウソを見たかった。

次のコーナーは昔の生活のコーナー。

こんな風に荒野を旅してみたい!

ビーバー=捕まる=帽子になる、の図。

昔の中華料理屋さん。千と千尋風。そろばんもあったので使い方を説明しますが、3人ともまた興味ゼロ。

その後別料金で猛禽類のショーを見に行きます。

バーンアウル。その名の通り、納屋などに住むそうですが年々数が減っているそう。

野生動物を保護してショーに出すために訓練しているのであまり言う事を聞かない鳥たち。

最後にでてきたハヤブサはお利口でした。

次に屋外にある昔の人の家を見に行きます。

この人はここに住んでいるこの時代の人になりきって案内してくれます。大草原の小さな家にでてくる石盤なんかもありました。

外ではお兄さんがお洗濯。子供達もお手伝いができます。

また中へ戻って私の好きな先住民の民芸品を見ます。



ラルフローレンみたい。こういうスリッパ本当に欲しいのですがなかなか売っていません。
この博物館はレストランもあったのでお昼も食べて、ほぼ半日過ごしました。

その後はまたマウンテンバイクへ。ネイサンおすすめのPhil's Trailへ私も行ってきました。とっても楽しくて、マウンテンバイクのイメージ(苦しい、辛い、危ない)が変わりました。というのも、ベンドは砂漠地帯だけあってトレイルは石もなくてスムーズ、おまけにPhil's Trailは下りだけなので(登りは簡単コースKent trail)一時間ほどずーっとペダルを漕がずにスイスイいけるのです。これは病み付きになりそう。こんなトレイルがうちの近くにもあればいいのにな〜。

毎日外で遊んであっという間に一週間が過ぎ、次の日はもうカナダへ帰国の日。
長い道のりですが、さらに遠回りして内陸コースで帰ります。この日の目玉はジョンデイ フォッシルベッドへ行く事。ナショナルパークならぬ、ナショナルモニュメントです。フォッシルベッドは3カ所からなっていますが、今回寄るのはPainted Hills と Sheep Rock Unit。Painted Hillsは不思議な色合いの山肌の丘です。幾度となく火山灰が降り積もっり、その後風化して丘になったので、火山灰の色が露出したそうです。

太陽が照りつけて日陰がゼロですが、トレイルもあってハイキングもできるそうですが暑そう。。。


丘の上まで行ってみます。

他の惑星にきてしまったかのような風景でした。


鮮やかな赤い土が印象的。私たちはお昼ちょっと過ぎに行きましたが夕日に照らし出される頃が一番見頃との事です。そういえばオーストラリアのエアーズロックの写真も大抵夕日に照らされる図、です。赤い色が際立つのでしょう。


あっつー。水を大量に持って行って正解でした。

その後はシープロック方面へ。

このような岩が所々にあります。
ドライブの途中に見るにはいいのですが、これを目的にやってくるとちょっとがっかりする、かも? 
遠回りしたのと出発が遅かったのでホワイトロックへ帰ってきたのは夜中の1時を過ぎた頃でした。ネイサンドライブおつかれさま〜。












オレゴン ベンドで夏休み その5)

今回宿泊したSeventh Mountain Resortではアトラクションとして本格的な乗馬やラフティングができます。子供達の強い希望でこの日は乗馬に挑戦してみました。 乗馬は1日がかりでいくトレッキングや、レッスンなどもできるそうです。カエデは1時間の乗馬、アボはまだ小さくて大きい馬には乗れないのでポニーの引き馬に乗る事になりました。 あこがれのお馬さん(ポニー)に大接近してご満悦。 . . . 本文を読む

オレゴン ベンドで夏休み その4)

3日目  マウンテンバイク好きのネイサンは一人で有名なPhil's Trailという所に自転車を乗りに行きました。 リゾートで留守番の私と子供はパットゴルフなどをしてみます パットゴルフ好きのカエデ。 アボは最初にホールインワンを出しましたがその後集中力が続かず。カエデのスピードに付いて行けなくてアボもカエデもバラバラなホールを勝手にまわっています。私は暑いし興味ないので日陰で子供達を観察 . . . 本文を読む

オレゴン ベンドで夏休み その3)

ベンド滞在中は2回ハイキングへ行ってきました。子供連れのファミリーハイクはあまり僻地に行けないのでもの足りないのですが仕方なし。 まず最初に行ったのはマウントジェファーソンという富士山型の美しい山の麓にあるキャニオンクリークメドウというトレイルです。 入り口の看板。キャニオンクリークメドウはループで簡単トレイルという事で家族連れにおすすめ、とされていました。 入り口付近に湖がありました。 . . . 本文を読む

オレゴン ベンドで夏休み その2)

翌日目覚めると、快晴!9時を過ぎたあたりからどんどん暑くなってきました。ベンドの気候はハイデザート、砂漠気候なので夜は冷え込み昼は暑いのでした。前夜の心配は取り越し苦労に終わり、気温は一気に30度ぐらいまで上がりました。 さっそくお出かけ!と行きたかったのですが、私の体調がいまひとつ。出発当日の朝から怪しかったのですが、どうも膀胱炎気味。家を出たのが朝の5時だったため病院へ行けず、一日ドライブで . . . 本文を読む