豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

最新情報およびご案内

○最近の原稿執筆について(山関係)

PEAKS 2015年1月号 P56-60
山岳保険について執筆しています

簡単なプロフィールとフリーライターとしての実績について
原稿依頼歓迎です。

注意事項
なるべく読んでね。

富士山の山梨側と静岡側とでは、あいかわらず遭難者数が極端に違っている

2017年03月15日 | 遭難と救助について考える
2011年の夏にも富士山の山梨側と静岡県側で遭難事故の件数が大きく違うという話を書きました。そのときは山梨側が3件だったのに対して静岡側が46件でした。今回は山梨18件に対して静岡が86件とのこと。以前は15倍の差でしたが、4.7倍になりました。 富士山遭難が大幅増加 、昨年は世界遺産登録の年に次ぐ104件 BLOGOS  2017年03月13日 12:06 引用 目的別では、74件が観光登 . . . 本文を読む
コメント

長野の防災ヘリ「アルプス」が墜落 その3

2017年03月12日 | 山を飛ぶヘリコプター
全員死亡という結果に、ショックを受けております。 パイロットの方とは自分が小屋番だった時代に山でお会いしたことがあります。防災航空隊が発足して間もない頃です。休暇を使って槍ヶ岳まで、自分の足で登ってきていました。その目的のひとつは、各山小屋にあるヘリポートの状況を自分の目でチェックすることだったとか。その熱心さに感動したものです。 会ったのはその一度きりであり、あとはたまに救助の現場で無線のやり . . . 本文を読む
コメント

入山料と拝観料を一緒くたにされても

2017年03月11日 | 入山料・入山規制
山を登っていても、そこが誰かの土地だなんてことを考えることは少ないものです。そういう意味ではイイ感じの記事なのですが、後半がアカンですな。 富士山は誰のものでもない 「民有地」を立ち入り禁止にすると日本一の山に登れなくなる 産経新聞  2017.3.11 10:00 富士山の山頂が浅間神社の所有地であるとか、尾瀬が東電の土地といったことが書かれています。 低山だと地元自治体が整備している . . . 本文を読む
コメント

長野の防災ヘリ「アルプス」が墜落 その2

2017年03月05日 | 山を飛ぶヘリコプター
正直な話、墜落原因についてはまったく想像がつかないです。 長野防災ヘリ墜落 雪山に砕けた機体 訓練中、応答途絶え 毎日新聞  2017年3月5日 22時30分(最終更新 3月5日 22時41分) 引用 おかしい」。ヘリと無線で交信していた長野県消防防災航空センターの職員が異変を感じたのは午後1時45分ごろだった。同センターによると、午後1時半に離陸した際はいつもと変わらず「離陸した」とい . . . 本文を読む
コメント

長野の防災ヘリ「アルプス」が墜落

2017年03月05日 | 山を飛ぶヘリコプター
信じられない事故が起きました。 ==18:37、下に追記あり== 長野県塩尻市に県の防災ヘリ墜落 警察が確認 9人が搭乗 NHK  3月5日 16時51分 ↑早々とリンク切れしたので、 長野県防災ヘリ墜落 9人搭乗 3人が心肺停止 NHK  3月5日 17時52分 訓練目的のフライトであり、また高ボッチ山の東側斜面に落ちているとのことですが、墜落の原因等はまだ報道されていません。 . . . 本文を読む
コメント

埼玉県の防災ヘリ有料化条例って、成立の可能性がマジで高くなってきたね その2

2017年02月23日 | 遭難と救助について考える
さて、にわかに成立の可能性が微妙に高くなってきた埼玉県の防災ヘリ救助有料化条例ですが、これが施行されたらどうなるのでしょうか。予測とか問題点とかいろいろ書いてみたいと思います。 で、書き出す前に自分が6年前にこの件で書いたエントリーを読み直してみたんですけど、当時は有料化そのものには割と賛成していたんだと今更ながら気づきました。今はちょっと違うかな?金とることに対して全面的に反対とまでは言いませ . . . 本文を読む
コメント (3)

埼玉県の防災ヘリ有料化条例って、成立の可能性がマジで高くなってきたね その1

2017年02月18日 | 遭難と救助について考える
これまであちこちの自治体が試みたけど実現しなかった救助ヘリの有料化条例ですけど、今度はマジで成立する可能性が高そうです。 県ヘリ救助「有料化」条例案、国交省が容認 読売新聞  2017年02月17日 10時25分 引用 埼玉県の防災ヘリコプターで救助された山岳遭難者から燃料相当の手数料5万円程度を徴収する内容の条例案を巡り、国土交通省が、手数料を設定しても、航空法上の許可は必要ないと判断し . . . 本文を読む
コメント (2)

救助を有料化するとね…

2017年02月15日 | 遭難と救助について考える
先日、日経新聞が報じていた埼玉県の防災ヘリ有料化のアレですけど、読売でもニュースになっています。 ヘリ救助「5万円」、無謀な登山抑止へ…埼玉県 読売新聞  2017年02月14日 15時35分 引用 同県には手軽なハイキングコースが多く、「日本百名山」も三つあり、徴収は無謀な登山を抑止するのが目的。 引用おわり ハタから見て無謀に見える登山者って、必ずしも本人は無謀だと思っていないわけで . . . 本文を読む
コメント (2)

埼玉県の防災ヘリ救助有料化条例案が再びアップを始めたようです

2017年01月22日 | 遭難と救助について考える
埼玉県では2010年に防災ヘリが山岳救助の際に墜落し、それを契機に防災ヘリによる山岳救助を有料化しようという動きが自民党系の県議を中心にありました。で、条例案が作られたのですが、結果的には有料化を含まない内容で成立しています。このあたりについては2010年10月にエントリーを書きまくったので参考にして戴けるとうれしいのですが、この有料化案はそれっきり立ち消えになったと思っていました。それから約6年 . . . 本文を読む
コメント (3)

積丹岳救助失敗の件が判決確定したので、ちょっとだけ書く その2

2017年01月09日 | 遭難と救助について考える
この訴訟については「一生懸命に活動した救助隊を訴えるなんてもってのほか!」という感じの批判が溢れています。 自分も当初はそんな感じでした。しかし実際の救助活動がどのように行われたかを知るにつれ、いささか疑問を持つようになりました。特にストレッチャーが滑落した原因がハイマツの枝が突然ポッキリと折れたのでは無くて、単に「ロープワークが不適切なために抜けてしまった」のが原因と知った時ですね。 救助活 . . . 本文を読む
コメント