豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

最新情報およびご案内

○最近の原稿執筆について(山関係)

PEAKS 2015年1月号 P56-60
山岳保険について執筆しています

簡単なプロフィールとフリーライターとしての実績について
原稿依頼歓迎です。

注意事項
なるべく読んでね。

いつまでも待たずに動いたからこそ助かった実例

2016年05月19日 | 遭難と救助について考える
道迷いなどで行方不明だった遭難者が救助されると、「その場で動かずにいたから助かった」みたいなことを識者がコメントするケースが多いのですが、それについて何度も批判してきました。この事故も遭難者は当初、じっと動かずに待っていたようですが、数日後に移動を試みたら携帯電話が繋がるようになり、防災ヘリでピックアップされて生還しています。 登山中に遭難の男性 4日ぶりに救助 群馬 NHK  5月18日 2 . . . 本文を読む
コメント

富士山で遭難者と救助隊員が滑落

2016年04月22日 | 山岳遭難
最初の報道記事を読んだときは気づかなかったのですが… 富士山で滑落の救助隊員ら2人救出 産経新聞  2016.4.21 12:36 とりあえず事故の概要を引用します。 引用 富士山8合目付近で20日夕、スキー滑走中に転倒した外国人男性を救出中の山梨県警山岳救助隊の飛弾晶夫警部補(45)が男性とともに滑落した事故で、2人は他の救助隊員などに救出され、21日午前3時半ごろ、5合目に到着し . . . 本文を読む
コメント

富士山で長靴履いた高校生が無事に救助される

2016年04月10日 | 山岳遭難
この場合、長靴だから助かったのかもしれないですね。 遭難16歳高校生、無事救助 毎日新聞  2016年4月10日 10時26分(最終更新 4月10日 11時22分) ヘタに「冬富士登山にはアイゼンとピッケルが必要」なんて豆知識があったら7合目どころかもっと上のアイスバーンでカチカチになったところへ突っ込んでしまい、引き返そうとして滑落してたかもしれません。あるいはその場でビバークするにしても、 . . . 本文を読む
コメント

救助要請は110番がいいかも

2016年02月17日 | 遭難と救助について考える
救助要請について、以前はその山がある地元の警察署に直接連絡するのがベストかなあと思っていましたが、スマホにGPSが当たり前のように搭載されるようになった現在では110番あるいは119番に電話するのがいいのかもしれません。そんなことを考えさせられた遭難事故というか未遂があります。 遭難電話の女性、自力で下山 「捜していると思わなかった」 福島民友  2016年02月17日 10時35分 ちな . . . 本文を読む
コメント (3)

富士山救助失敗の件でちょっと長めに書いてみる

2016年02月08日 | 遭難と救助について考える
富士山の救助失敗の件については静岡市が事故調査委員会を立ち上げ、2014年3月に調査結果を報告しています。(参考URL) で、この件で遭難者の遺族が静岡市を訴えるというニュースが報道された時にふと思い出したのですが、国土交通省の運輸安全委員会もこの件で調査をしているのではないかと。東邦航空の篠原氏が亡くなった事故でも調査が入っていますので、富士山の方も当然調査が入ってるものと思い込んで検索してみ . . . 本文を読む
コメント (5)

新聞記者ですら遭難防止の意味を違えている

2016年02月05日 | 遭難と救助について考える
この記事を書いた人のプロフィールを読むと海外を含む山岳取材の経験が豊富で、しかも日本登山医学会の認定山岳医講習会の講師までやっているんですよね。それでもこういうことを書いてしまうのです。 規制だけではない「安全な登山」対策/近藤幸夫の山へ行こう 引用 調査を終えて、気になったことがありました。登山届提出の義務化について96%が賛成なのに、実際に提出した人は64人。山岳保険の加入者は59人でし . . . 本文を読む
コメント (22)

積丹岳のアレはハイマツの枝が折れたのでは無いらしい

2016年01月28日 | 遭難と救助について考える
とりあえず読んでみそ 「うっかりハイマツにビレイしたらポキン!」ではないらしい/みいさんのブログ・・ヘリコプターが好き さすがにこれは擁護しようがないですわ。 またこのことについて、他で報道とかされているんですかね? 登山・キャンプ ブログランキングへ . . . 本文を読む
コメント

静岡市消防航空隊のヘリコプター、救助活動を行う高度を3200mまでに制限

2016年01月26日 | 山を飛ぶヘリコプター
始めに書きますが、静岡市消防航空隊のヘリが富士山で救助活動中、サバイバースリングから要救助者がスッポ抜けてしまったことと標高の高さとは、ほとんど関係が無いことです。このことをきちんと切り分けて考えるべきでしょう。 というわけでニュースを紹介。 静岡市救助ヘリ 3200メートル上限 中日新聞  2016年1月23日 引用 ヘリコプターによる富士山での遭難者救助について、静岡市が活動区域を . . . 本文を読む
コメント

遭難救助にかかる費用について再び

2016年01月25日 | 遭難と救助について考える
以前は「遭難救助 費用」というキーワードで検索してウチのブログにたどり着く人が大半でした。また一時期はこのキーワードで検索するとウチのブログが筆頭に出ていたこともあります。が、最近はそっち系で来る人は少なくなりました。そこで「遭難救助 費用」で検索すると最近ではどんなウェブサイトが出てくるのか久々に見たんですけど、ちょっと古い内容のものが多かったですね。以前と比べて高額な費用が掛かると脅迫する系の . . . 本文を読む
コメント (5)

機内収容直前に要救助者が落下した件で遺族が静岡市を提訴

2016年01月09日 | 山を飛ぶヘリコプター
あのショッキングな事故から、もう2年が過ぎたのですね。コメント欄に2名の方から提訴について書き込みがあり、それで知ることができました。 富士山救助ミス:ヘリから落下の男性遺族、静岡市を提訴 毎日新聞  2016年1月8日 この件については何度も書いていますので、お暇な方は参照してみてください。 富士山の遭難で機内収容直前に要救助者が落下 富士山の遭難で機内収容直前に要救助者が落下 その2 . . . 本文を読む
コメント (2)