豊後ピートのブログ

元北アルプス南部の小屋番&夏山パト十数シーズン経験。今はただのおっさん

最新情報およびご案内

○最近の原稿執筆について(山関係)

PEAKS 2015年1月号 P56-60
山岳保険について執筆しています

簡単なプロフィールとフリーライターとしての実績について
原稿依頼歓迎です。

注意事項
なるべく読んでね。

白馬村営天狗山荘が今シーズン休館

2017年06月25日 | 白馬岳など北アルプス北部ネタ
パトロールしていた当時、頻繁にステイしていた山小屋です。こんなことが起きるとは… 村営天狗山荘から重要なお知らせ/白馬村 北アルプス・白馬村営天狗山荘、積雪で倒壊の恐れ。2017シーズンは休館/ヤマケイオンライン ヤマケイオンラインのほうから引用します。 引用 6月中旬、2017年のオープンに向けて小屋関係者が入山して確認したところ、小屋が雪に横から押されて倒壊の危険があることがわかった。 . . . 本文を読む
コメント

木賊山の遭難、無事救助

2017年06月16日 | 山岳遭難
とりあえず、無事に救助された模様です。 木賊山で遭難の男女 4日目に狼煙で救助 日テレ  6/15 19:04 日テレだとニュースが早く消えてしまうので読めないかもしれませんが… 引用 日下部警察署によると15日午後1時50分ごろ木賊山の標高約1600㍍付近の斜面で県警ヘリ「はやて」が2人を発見し救助した。 引用おわり 前回ブログを書いた時に参照した報道記事ですと、標高2100m付近で声 . . . 本文を読む
コメント (1)

木賊山の遭難

2017年06月15日 | 山岳遭難
最初の報道を読んだ時点でもなぜ見つからないのか不思議だったのですが、14日の捜索でも見つからないとは… 山梨 木賊山 登山中不明の男女14日も捜索へ NHK  6月13日 20時12分 登山で不明の男女 捜索続く 山梨 木賊山 NHK  6月14日 12時20分 2番目の記事から引用します 引用 山梨と埼玉の県境に近い山梨市三富川浦の標高およそ2500メートルの木賊山では12日、「男性が5 . . . 本文を読む
コメント

現在地確認って、本当にやってるの?

2017年06月12日 | 道迷い遭難を防ぐシリーズ
朝日新聞に紙の地図の売り上げが最盛期と比較して20分の1まで落ちたという記事が出ています。 紙地図、売り上げ20分の1に スマホ猛威、取次も倒産 朝日新聞  2017年6月10日07時50分 ネットで道路地図どころか地形図まで見れてしまう現在、紙の地図が売れなくなるのは時代の流れですな。 で、本題。この記事に気になる記述が出てきます。 引用 5月の連休中、長野県の北アルプスは大勢の . . . 本文を読む
コメント (4)

ソフトバンクの遭難者捜索システム、実証実験の結果が出てる

2017年05月23日 | 遭難と救助について考える
当ブログでも以前触れたソフトバンクのシステムですが、昨年の12月に実証実験が行われ、その結果が簡単に報道されています。 雪山の遭難者を気球やドローンで探す実験、ソフトバンクが結果報告 ケータイ Watch  2017年5月22日 15:07 引用 検証は、山中などのを一時的に携帯電話エリア化して、遭難者の携帯電話の位置を特定するという内容。気球やドローンは携帯電話の電波を中継する「中継局」とし . . . 本文を読む
コメント (3)

ヘリの風圧で発生した落石で遭難者が死亡?

2017年05月15日 | 山岳遭難
これがホントに風圧で飛んできた石が原因だとしたら、聞いたことがないケースです。 県警ヘリが救助の男性死亡…風圧で石当たる? 読売新聞  2017年05月14日 23時52分 引用 14日午後1時50分頃、山梨県丹波山村の山中にある小室川の斜面で、県警ヘリ「はやて」が左足首を負傷した男性の救助活動を行っていたところ、男性の周辺に樹木や石が落下した。 男性は意識不明の状態で甲府市の病院へ運ばれ、 . . . 本文を読む
コメント (5)

山梨県がヘリ有料化見送りで富士吉田市長が激おこ

2017年05月14日 | 遭難と救助について考える
埼玉の防災ヘリ有料化条例が成立した直後ぐらいに、山梨でも有料化という話が出てきておりました。その言いだしっぺは富士吉田市長なんですけど、県がこれをあっさり見送ったことでお怒りの様子です。 ヘリ有料化「絶対すべきだ」 富士吉田市長が山梨県の見送り批判 産経新聞  2017.5.13 07:08 引用 堀内市長は“公平性”について「へ理屈」と切り捨てた上で、「県警ヘリも有料化すれば解決する。(他 . . . 本文を読む
コメント (1)

登山道に反射材を設置する試みが群馬方面で行われている

2017年05月07日 | 遭難と救助について考える
これは久々に「うむむ」と唸った遭難対策です。 登山道に反射材 日没遭難ゼロに 安中・松井田山岳会 上毛新聞  2017年5月7日(日) AM 06:00 引用 反射材の貼り付けは2年ほど前から、同会、市、安中署、安中消防署が連携して始めた。道を間違えやすい分岐点の看板や、見えづらい曲がり角の木などに縦3センチ、横15センチほどの反射材を貼り付けた。同会によると、こうした活動は県内でも珍しいと . . . 本文を読む
コメント

高校総体への出場を自粛って…

2017年04月24日 | 遭難と救助について考える
もはや「羮に懲りて膾を吹く」ってヤツですな。 インターハイ、山岳部出場せず 県予選も中止 県高体連専門部決定 /栃木 毎日新聞  2017年4月22日 引用 那須町で先月27日にあった登山講習会に参加した県立大田原高の山岳部の生徒や教諭の計8人が死亡した雪崩事故の影響で、県高校体育連盟登山専門部は21日、全国高校総体(インターハイ)県予選(5月12~14日、日光市)の中止を決めた。安全管 . . . 本文を読む
コメント (8)

7年前の春山安全登山講習会でも雪崩ガー、の続報が出ている

2017年04月22日 | 山岳遭難
普通のネットニュースだとあまり疑いもせず鵜呑みにしてしまうんですけど、NHK等で先日報道された、7年前にも同じ講習会で雪崩って高校生埋まったけどケガ人無かったというニュースについては「ヘンだな?」と思ってコメントを差し控えていました。 高校生死亡の雪崩事故 7年前も同じ登山講習で雪崩 NHK  4月21日 5時20分 このニュースを読んで最初に思ったのは、雪崩の規模がよほど小規模だったのではな . . . 本文を読む
コメント