師匠の不思議な日常

師匠こと天界の物忌み(巫女)で龍神界の語り部・天卜占と弟子で審神者(さにわ)の臣さんの(天)意の理ー祈りの実践

変わりゆくこと 変わらずにあること

2017年04月30日 | 天意の実践

月の祓えの帰りに、先月あたりから師匠こと天ト占が気になって行きたいと騒いでいた
護国神社へ行った。
 
気になっていた呼び声の主はこうなっていた。
私、臣が気に入っていた駐車場のケヤキさん。



ものの見事に伐られていた。



駐車場にほどよい木陰を色取っていて・・・。

ショックで言葉がでなかった。

他にも

根廻1メートルだろうか。これは中が朽ちていたからか。

これも。

その他、桜も切られてそこは資材置き場のようになっていた。

もともと神柱が無いので師匠は行きたがらないこの神社。
「だけど、植物さんたちのエネルギーがあるから、ここは少しは
清浄でいられるんだ。」
と言っていたのだが、こうして清浄がやぶられて荒廃する場がまた増える。
そうしてまたどこか人知れずの場所に清浄の場は作られる。
時に依頼されて神柱を降ろすのはそのためでもある。

エネルギーが低いせいか、招霊さんも少しおとなしい。開花はまだ先のようだ。

 

あなたの日々が光に満ちたものでありますように
傍らにいつもいてくださる神さま方と共に
感謝  天ト占と臣

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月の祓え

2017年04月29日 | 天意の実践



藤の花はまだ開花していなかったが、藤棚の下ではブルーシートが敷かれ、集まりがはじまっていた。
その関係なのか神事後だったのかもしれない、本殿が開かれていた。





数年前に切られてなかなか花芽がつかなかった躑躅さんたちも今年は落ち着いたのか
かなり咲いている。


神柱もエネルギーにあふれていた。
    
あなたの日々が光に満ちたものでありますように
傍らにいつもいてくださる神さま方と共に
感謝  天ト占と臣

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記号という存在 記号としてとらえる

2017年04月28日 | 天意の実践

ひとそれぞれにまとっているフィルターレベルは違うから
物事のとらえ方、感じ方、しこう、がさまざまに存在する。
そのどれひとつをとっても独自の色を放っており、とらえどころがない。
時にはそのとらえどころのなさを認識させたり承認させようとする。
寛容であればそれも有効でいられるが、寛容さまでも要求されて、
応えられないレベルも在る。
こういう場合ラベリングは有効、だ。
そのレベルであると記号化させる。
そうしていれば感情的になる必要はないし、寛容とまでいかなくとも、
それをそれとしておける。認識はしているとできる。

自分の存在を認めてもらいたい
承認欲求は多かれ少なかれ誰にでもある。
一番ひどい扱いは無視されること。
承認欲求の強い人にはたまらない仕打ちととるかもしれない。
そのような存在からの呪を受けないために、存在を記号化する。
そんなことも時には必要だ。

自分の世界を次清に満たすことで世界は穏やかでいられる。
   
あなたの日々が光に満ちたものでありますように
傍らにいつもいてくださる神さま方と共に
感謝  天ト占と臣

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寛容を楽しむ

2017年04月27日 | 神さま通信

最近はネットの発達で様々な意見が発信できる
けれども、その発信により己の許容を構築している
外に発信しているようで、その実は自己ー内面に影響を及ぼす
そうすることで周囲だけでなく、己にその呪をかけている
自分の生き方は言うに及ばず、そのグループにも影響する
そうして個々のグリットが形成され、場を構築している

かつて世界は寛容に満ち満ちていた
誰もが笑い合い助け合い世界を楽しいでいた
その寛容は世界が変化した中でも、微かに生き延びていた
今では小さな灯だが、それでも寛容は在る
自己に寛容を施せば、あなたは楽に生きられる
寛容を自己の世界に灯せば、世界はあなたに楽しさを教える
あなたは寛容すら楽しめる


ありがとうございました。
民話に出てくるほら話をかつては笑いにしていた。
その残り火は方言に「ほげ」とか「すら言」などと言って笑っていたのが
揶揄になっている。
それほどにココロが『豊か』にないことに気づく。
笑い飛ばせるにもパワーがいるほどに、枯渇していた自身の本来の力を
もう一度、思い出せ
そう言われている気がした。

あなたの日々が光に満ちたものでありますように
傍らにいつもいてくださる神さま方と共に
感謝  天ト占と臣

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊かな國霊ー花瞑想

2017年04月23日 | 天意の実践

この豊かさを感じる。











この國魂に添う。
    
あなたの日々が光に満ちたものでありますように
傍らにいつもいてくださる神さま方と共に
感謝  天ト占と臣

コメント
この記事をはてなブックマークに追加