ようこそ西千葉へ アミーゴ.

ゴールは88歳。誰も教えてくれない12年。主役は自分だ。昨日はもう来ない今日を明日をどう生きる。わはははーアミーゴ

久しぶりです。

2016年10月24日 | 地域通貨ピーナッツクラブ
作業で忙しく書く事ができませんでした。アミーゴ
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ノーベル賞、よみうり寸評2016.10.4

2016年10月04日 | 地域通貨ピーナッツクラブ
大隅良典栄誉教授は四葉のクローバーを収穫し、若い人たちに渡すのだという。もらった人はうれしいだろう。ご本人は笑みを浮かべ、ただ得意がっているだのようだが、もらった人は嬉しいだろう。通説では、四つの小葉が象徴するのは(希望、誠実、愛情、幸運)
私が願うのは幸運です。アミーゴ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

編集手帳。プロ野球、パリーグで優勝、日本ハムの選手を見て、読売朝刊2016.9.30

2016年09月30日 | 地域通貨ピーナッツクラブ
客観情勢という森を見渡せば、道を開拓(優勝)する心は萎えたに違いない。その日その日の対戦相手という(木)だけを見つめ、目の前の1本を切り倒すことに精魂を傾けての大逆転劇である。森を見ず木を見よ。
.商店街が寂れていくことを感じても、絶望てきな状況になっても、これをやるぞと一つ決め精魂を傾けて汗を流し続ける事ができれば、何処にもない商店街とまちが育まれると信じている。それが私の夢だ。アミーゴ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

イグノーベル賞10年連続受賞者、読売夕刊、2016.9.29

2016年09月29日 | 地域通貨ピーナッツクラブ
日本の研究者、好奇心旺盛。
ユーモアあふれる研究に贈られる米国の(イグ.ノーベル賞)の今年の受賞者が22日発表され、日本の研究者が10年連続の受賞を果たした。賞の主催者で科学雑誌(ユーモア科学研究ジャーナル)編集長のマーク.エイブラハムズさん(60)に、日本の連続受賞の背景などを聞いた。受賞者の多い国とその理由は。
(米国のほかに、多くの受賞者を出しているのは日本と英国だ。両国に共通するのは、とっぴなことする人たちを受け入れ、さらに誇りに思う文化があることだ。ほかの多くの国は変わったことをする人に困惑し、追い出そうとする)
日本の研究者の特徴は何か(日本人は、好奇心旺盛で一心不乱に研究に取組む。まるで、自分が興味を向けたこと以外、ほかの世界がなくなったかのような集中力だ)
.日本人にたいして好奇心旺盛だと誉めてくれるアメリカ人。ふふっ(笑)元気が出る。アミーゴ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞のチラシから、

2016年09月28日 | 地域通貨ピーナッツクラブ
年齢以上にカラダの中は歳をとっているかもしれない。恐怖のキャッチコピーだ。アミーゴジイジの体内年齢は、ウソだー、おかしい、サカタの計量器は(60歳)と表示した。頭でもない脳内年齢でもないのです。(笑)脳内年齢はなぜ計れないのだー。お金にならないからかな。何をいいたいのかわからなくなりました。アミーゴ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加