【半休中】Beyond talk to oneself

子どもや日常、スポーツ回顧、時事の疑問に世の声の1人として触れていきます。競馬予想はあくまで履歴と仲間向けです。

本日の競馬予想

2010年04月17日 13時54分47秒 | expected Horse Racing
東京では1969年以来の41年ぶりになる最も遅い降雪となったのだが、
深夜から明け方に降った様だけど、そんな時間だからもちろん見てない。
夜勤だったかみさんは吹雪みたいに降ってたと言ってたが、
それも後に雨に戻って殆どを流しつくしたため本当に降ったのか?と言う感じ。
雪以前に昨日から寒くて寒くて本当に体が付いていけないよな。
地域によっては雪を被った満開の桜の花も見られたようで、
滅多に見られない光景にこぞって撮影する人も多かったとか。
そうこうしてると思ったら本日の福島開催はその雪で中止。月曜にスライド。

中山11R 中山GJ JGI
◎ 6トーワベガ
○ 7メルシーエイタイム
▲ 4ショウリュウケン
△ 9オープンガーデン
△14バシケーン
× 5テイエムトッパズレ
次点1トウカイポリシー、10ドールリヴィエール、11メルシーモンサン

障害もグレードが付きGIも出来たがやはり平地ほどは盛り上がらないねぇ。
それも競走数が少なくて平地で歯が立たない馬が集まってるからだよな。
その辺が一新されない限りは取って付けて飾ったって変わらんよな。
そして阪神SJは重賞だけにその上位馬が人気のようだが、
中山の障害には大竹柵と大生垣障害が名物だけに、中山巧者が重要。
そこでエイタイムは前走平場での調整も大障害の好成績のように好印象も
中山は9戦7連対と鬼だが2着が5回で8歳だけに対抗。
やはりここは次世代の若駒に期待したく連勝中のトーワにした。
でも落馬経験無い飛越が上手いことで克服か、それとも初落馬か?
ポーツマスは…あ、ショウリュウケンはトーワに勝ったこともあるが
近走負け続きで時計差もついていることから逆転厳しそうだが重得意。
ガーデンは中山はまずまずだが落馬2回あり不安大きいが大障害3着。
バシケーンはガーデン同等の中山実績で前走1着で勢いづく。
トッパズレは大障害で初落馬に前走惨敗も復調なら侮れない。

阪神10R マイラーズC
◎13スーパーホーネット
○ 9スマイルジャック
▲12キャプテントゥーレ
△ 6ライブコンサート
△ 7セイウンワンダー
×15シルポート
次点5キングストリート、8スマートギア、16タマモナイスプレイ

絞込みムズイ。4歳世代はへなちょこ揃いで全部次点以下にと思ったが、
最終的には阪神3戦着外0でマイル4戦4連対のワンダーは押さえた。
だが本命は人気落ちもホーネット。昨年はこのレース以降1戦のみで
前走もダートだけに順調さは欠いたが叩き2戦目4勝で阪神も5戦3勝。
昨年のこのレースでは作秋大活躍したカンパニーに勝利。
ジャックは作秋GIではトゥーレに0.2秒負けたがその前2走は勝利で
前走同じコースを58kgで勝利したのを大いに評価。
トゥーレは秋の朝日CCを激戦で制すも負かしたブレイクランアウトは
その後尻すぼみだし、自身も以降のレースで今ひとつで3番手評価。
コンサートはここ惨敗続きも阪神は8戦5連対と得意で調教良く、臭う。
シルポートは全く人気無いがやや重のようだが重は2戦2連対と得意で、
近2走は時計や内容だけで見るとそん色なく逃げ一発も。
もう1頭の逃げそうなリーチは迷走を続けていてここも期待出来ない。
ストリートも臭いけどこの連闘がどうなのか不安もあり。
ナイスプレイはこれよりも相応しい次点が居そうだが阪神実績良く。
ギアは大崩れ少なく安定身あり自在性もあるが鉄砲苦手。
そんな馬たちよりリーチのほうが下位と見た。
前走ガッカリのトライアンフも同等。この2頭と共に次次点なのが
コーズウェイだが、そろそろ走りそうで非常に気になる。

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 皐月賞など予想と昨日の結果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

expected Horse Racing」カテゴリの最新記事