レザークラフト講座 初心者から上級者まで

レザークラフトを体験しましょう。カービング・フィギャー
革工芸は小物からバッグまでなんでもオリジナル作品が作れます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レザークラフト、フィギャアーカービィング

2010年05月23日 | ⑧ フィギャーの作品

オードリー・ヘップバーンの似顔作品



牛革の作品 「オードリーヘップバーン」
この作品はカレンダーの写真をトレーシングペーパーに
描いて、やはり革を湿らした上に重ねて先が丸い鉄筆で
写します。カットを入れる時は、表現する部分によって
深く切り込み入れたり浅くしたり工夫をします。
表現方法は工具を使って叩いて革をへこませます。
渇いても元に戻る事はありません。

コメント

レザークラフト フィギャー作品「かわせみ」

2010年05月23日 | ⑧ フィギャーの作品

スェーベルカッターを使いこなそう!。

レザークラフトに使う工具類いちばん多用する
必須アイテムがスェーベルカッターです。

 

↑ これを使って図柄をカットして叩いて表現します。
古ぼけた枝の先にとまっているかわせみを
拡大してよくご覧になって見てください。



スェーベルカッターで細かく切り込みを
入れて表現しているのが解りますね。

コメント

本革製のインテリアを作ろう

2010年05月23日 | ⑩ 本革インテリア作品

彫りは深くしっかりとたたきます。

今日はティッシュカバーを作る手順です。すごく手間がかかります。

① トレーシングペーパーに図案を書きます。
② 本革を少し大き目に裁断します。
③ 革を湿らせた上に図案を重ね鉄筆で写し取ります。
④ スエーベルカッタ-でカットを入れ、工具を使って
  叩いて立体感を表現します。
⑤ ローパスパチック(染料)で色塗りをします。
  乾かしては塗り、乾かしては塗りを繰り返します。
⑥ 色止めをしてニスを塗り渇いたら、余分な部分を切る。
⑦ 重ね合わせる部分の片方をうすく削ります。
⑧ 革用のボンドで貼り合わせて出来上がりです。

 下の画像は色塗りの順序と出来上がりです。

  

色を塗るとせっかくの彫りの良さがぼやけますね。
しっかり強く表現しないと作品が迫力に欠けます。

コメント

本皮製のペットの首輪のいろいろ。

2010年05月23日 | ⑥ ペットの首輪の作品

本革製レザークラフトペットの首輪

またピンぼけで作品の良さが伝わりませんが、
三本編みと中央にネームを入れた、大型犬用の首輪と
その他は小型犬や猫用の首輪です。参考までに見てください。

     

オーダーメイドで作ってましたが、けっこう手間がかかり
時給計算で行くと高くつくし、凝った物を作れば割に合わ
ないし、商売に成り難いですね。格好いいんだけどなぁ。

コメント

本皮製の手造りセカンドバッグ

2010年05月23日 | ⑤ バッグ類の作品

デザインは形だけ彫りはありません。

始めに作りたい大きさのセカンドバッグを紙で試作
しましょう。各パーツを念入りに寸法や仕立て手順
を頭に入れてから革の裁断に取り掛かります。

今回は模様(カービング)の無いシンプルなバッグで
KEMEEのロゴが入っているだけです。

裏側に使用する皮も寸法を合わせて裁断しておきます。
革の表側の色塗りをします、貼り合わせるマチの部分
約8ミリを薄く削り取ります。
バックの内側の仕切り部分をあらかじめ縫い合わせ、
各パーツに裏皮を貼り付け仕立て作業に入ります。
千枚通しで穴をあけ、クラフト用の針二本と糸で
縫い合わせていきます。最後の仕上げに綿棒を使って
ふちの部分(切り口)を丁寧にはみ出さないように、
トコノール(皮革の仕上げ剤)を塗ります。

   

チョットしたお出かけ用のシンプルなセカンドバッグでした。

コメント

小物・サイフ小銭入れ

2010年05月22日 | ④ 小銭入れの作品

KEMEEは私のブランド名です。

小さな作品でも、裏皮を貼ったり、チャックをつけたり
デザイン次第では凝った物になると、手で縫ったりする
だけでも大変な作業です。型があって機械で裁断して、
ミシンで仕立てるのとは違って、針を通す穴は千枚通し
を使い一穴づつコツンコツン叩いて開けていきます。
でもまぁ、それもこれも手づくりの楽しみのひとつです。

 
 


色を塗って乾いたら、各パーツを組み合わせていきます。
チャック部分は一番先に縫い付けておきます。
アイディア次第で色んな物が作れます。参考作品としてご覧下さい。

使い勝手が悪いかもしれませんが、使い込めば何とか成ると
思っています。もっとシンプルで使いやすい小銭入れを作り
ましたが、売れて今、手元には残っていません、工芸と言う
分野も作者が芸術的になったり、趣向を凝らせば日常的な物
から少しかけ離れていくように感じます。使いやすさを考慮
して作品に取り組むべきか、大袈裟だがアーティスト感覚を
どう生かすか?作品センスを求められ悩む所でございます。

コメント

フィギュアカービング技法作品を2点

2010年05月22日 | ⑧ フィギャーの作品

貴方の趣味にレザークラフトを!

フィギュアカービング技法とは人物、動物、風景などの
図柄をリアルに表現するもので様々な工具を使いあらゆる
テクニックを屈指した技法です。カッティングから工具を
使い分けて叩く押さえる色を塗るなどまで楽しい工程です。



ブルドッグですが20年以上経って色あせています。
2つの作品の額を含めすべてが牛革でできています。 



ひなに親ツバメがエサを運んでいます。
額縁も全て皮で出来ています。
20年以上経って色が変わっても皮の
良さと味わいが出ていますね。

コメント

仁王像 阿形吽形のフィギャー

2010年05月22日 | ⑧ フィギャーの作品

クラフト展出品作品!

今から24年前に昆陽寺に行き脚立の上に乗って吽形と阿形の
横顔と納骨堂の中をのぞきながら観音様をスケッチしました。
それを元にトレーシングペーパーにイメージした図案を描き、
草書(くずした)文字は仏教の教えの本から四字熟語を選びました。
横幅が80cmぐらいの大きな作品です。拡大してご覧下さい。

     

阿と吽左右の仁王を出来るだけ深くカットを入れ迫力が出るようにした。
田舎の実家の玄関を入った右側の壁に飾ってあります。いい色になっていました。

   

四字熟語は草書の見本を半紙に書いたものをトレースに写して皮に重ね
両面スリム鉄筆を使って力を込め押え付けるようにして表現する。

   
 
額縁の模様は仏具展に行ってスケッチしたものから図案を構成した。
観音様は出来るだけ柔和で穏やかで崇高な顔になるようにしました。
作りたいと思った構想から工芸展に出展まで約3カ月要しました。
額縁も牛革です。サイズは37インチぐらいの大きさです。

コメント

パーティーなど着物にも合うセカンドバッグ

2010年05月22日 | ⑤ バッグ類の作品

バラのデザインのセカンドバッグ。

これも古いですね、使い込んでいるうちに牛革が手に馴染み

手作りの良さが増してきていますね。色塗りはチョッと工夫して
アンティークな感じに仕上げました。

  

   
  
手で持ったり、さりげなく脇に抱えたりして使います。
お財布を入れて、ハンカチや化粧ポーチも余裕で入ります。
中はティッシュや小銭を入れるマチがあります。

コメント

ちょっとお出かけ用のセカンドバッグ

2010年05月22日 | ⑤ バッグ類の作品

柄はカービングで彫刻し仕立てる!。

チョッとしたお出かけ用のセカンドバッグ、化粧品などを入れる
ポーチにも使えます。色塗りも楽しみの一つです。

    

 バッグのふちはレースでかがります。

彫りはカット次第です。カッティングをする時に、しっかりと
切込みを入れましょう。中はタバコ入れと携帯入れを豚皮で
仕立ててあります。単行本が入る大きさのバッグです。


コメント

ベルトの作品 カービング技法

2010年05月22日 | ⑦ ベルトの作品

カービングによるベルト作品です!。

基本工具があれば作ることが出来ます。

  

  

 アルファベットの刻印も大中小と色々

あります。KEMEEは使っていたブランド名です。
知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね!。

コメント

牛本皮のセカンドバッグ

2010年05月22日 | ⑤ バッグ類の作品

やや大きめのセカンドバッグです。

制作手順や仕立て方の解説は省かせていただきます。
別のページセカンドバッグの作り方でご説明いたします。

  

 

  



バッグの表と裏、マチ巾や革レースの仕立て、全体のデザイン。

        

 

コメント

レザークラフト用の初心者セット

2010年05月22日 | ⑬ 工具類の紹介

これからレザークラフトを始めようかなと思っている方は
とりあえず、基本キット革細工用具セットBを揃えましょう。
今はレザークラフトの専門店に出かけなくてもパソコンで
購入できるので便利ですね。

こちら革細工用具 材料セットC の方がいいかも知れません。
初めからいろいろとそろえる必要はありません。後から少しづつ
必要と感じた工具や道具を増やして行った方がいいでしょう。

ちなみにこちらで紹介しているのはレザークラフトセットですが、
たくさんありすぎてどれを選べばいいのか迷いますね…。

レザークラフトのカービング工具類に関してはご自分が
作りたい物に合わせて買い揃えていく方がいいと思います。

コメント

自分用のオリジナルベルトを作ろう!。

2010年05月21日 | ⑦ ベルトの作品

ベルトはベルト用のサイズになっている厚手の牛革が売っています。
大きな一枚ものの牛革をベルトサイズに裁断して作る場合もあります。 



 こげ茶色のベルトは今は亡き父に作ってあげたベルトで30年ぐらい
経っています。ベルトは細かい作業で結構時間が掛かります。

朱色の方はジーパン用にこしらえたもので工具を選んで打ちつけた
模様だけで簡単に作れます。KEMEEは当時の作品のブランド名です。

コメント

セカンドバッグの作品

2010年05月21日 | ⑤ バッグ類の作品

自分用のオリジナルセカンドバッグを作ろう!

 ほとんどの作品は受注してから作成していましたので、
手もとにはこれだけしか残っていませんでした。

作品としてはできのいいものではございませんが、
参考画像としてアップしました。

 3点とも25年ぐらい前の古い作品です。
使い込んでるうちに味が出るのも革のいいところです。 

 

次回はこの中の作品の一つ一つの画像をアップして作品の
つくり方の手順を説明したいと思っております。

コメント

世森友の楽しい面白いレザークラフト講座

レザークラフトは牛革でいろいろなものが作れて楽しいですよ!。
伊丹市梅ノ木5丁目6-17 コミュニティカフェ「青い屋根」