洋楽フリークス

洋楽、HR/HMのCD,ライヴレポート等。
2009年、娘を出産後更新をお休みしています。

【CDレビュー】Extreme『Saudades De Rock』

2009年02月27日 23時59分59秒 | 洋楽レビュー(CD・DVD)
サウダージ・デ・ロック

ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


1. Star
2. Comfortably Dumb
3. Learn to Love
4. Take Us Alive
5. Run
6. Last Hour
7. Flower Man
8. King of the Ladies
9. Ghost
10. Slide
11. Interface
12. Sunrise
13. Peace (Saudade)
14. Mr. Bates [1986 Demo](Bonus Track)

myspaceで試聴してみましょう→コチラ・・・いきなり爆音出ないからいいよね~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ライブ行きたかったなぁ~とプルコさんのライブレポを読みながらつくづく思います。
ヌーノ、かっこよすぎでしょう。
#貴重な写真、ありがとうです。

さて、Extreme復活作となる本作ですが、
第一印象は
『Pornograffitti』『Ⅲ』を期待していた人は肩透かしやったろうな(笑)」
です。
私はというと、どちらかというと『Waiting For The Punchline』寄りの内容になるだろうと思っていたけど、どちらも違ったね。
これがNunoの・・・もとい!Extremeの今の音なんだろう。

肩から力が抜けている音で、かつGaryのVocalも少し前に聴いたときは超不安だったけど、ちゃんと歌えてるし、Nunoは当然の自己主張しっかりしているし。

曲調も力抜けてるよね。#1や#4なんか、特に。
#7も楽しいロケンローであるんだけど、力抜けてんだよね。
ギターソロを聴けばすぐにNunoとわかるところが、”らしい”。

#3はNunoが少しギター弾きを頑張っていて(リズム隊も)、『Ⅲ』好きの私はこの曲がこのアルバムではFavorite Tuneかな。
ライブでは演らなかったみたいですが。
#10も『Ⅲ』寄りかも。かなりファンクなロックです。
おぉ、そういえば、Extremeってファンク・メタルだのっていわれてた時期があったね。

あと、Extremeの最大の魅力である、GaryとNuno(←Garyよりも歌が上手い)のコーラスワークがサビにテンコ盛の#5、お気に入りです。
ミドルテンポなんだけどね、Extremeらしさが最大限に発揮されていると思うよ。

もう1つの魅力・・・”More Than Words”のような彼らの美コーラスバラードも入っています。
#9,11あたりですな、ちょっと期待されていたのと違う感じだけどね、良質ですよ。

全体的に総括すると。。。
大人のためのハード・ファンク・ロックって感じで
メンバーの無理していない感が心地よいアルバム。
やっぱり、各メンバー、ある程度現役で活動していただけあって、
演奏や曲の質も高く、過去の栄光だけにとらわれることなく、
今、演りたいことを、質を高く保って演っているというのが伝わってきた。

お気に度:←期待以上だった(3.75)!
こんな方におススメ
良質な大人のロックを好む方
近年もNunoの活動を応援し続けてきたファン

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ←お手間でなければ、ぜひクリックをお願いします♪

コメント   この記事についてブログを書く
« Sentenced - End Of The Road | トップ | 【CDレビュー】【ライヴの予... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋楽レビュー(CD・DVD)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事