日本をよくする大阪府民の会

活動方針
1「互敬の世紀」を築く
2我国の歴史と文化に基ずく日本文化の継承
3道徳教育、歴史教育で次代を育成する

徴用工問題シンポジウム報告

2019-10-07 23:31:07 | 日本をよくする会大阪府民の会

10月5日歴史認識研究会主催による―「韓国徴用工問題の真実」―をテーマに日韓シンポッジウムが開かれた。
 まず主催者の西岡 力会長から、韓国国内や世界に「徴用工像」や「慰安婦像」が設置され続けている。

これは韓国国内において主なマスコミや政界の恣意により、また一部日本のマスコミ、弁護士なども加担した 
虚偽宣伝の積み上げによって進められた結果である。

 例えば元徴用工であった韓国人の原告の1人は、当時本人が希望し約10倍もの競争の結果選ばれて、
日本に出稼ぎにきていたことを、戦後のある時期から証言を捏造している事実を、客観的資料を示しながら説明された。

 このまま放置すると、国際社会における日本の立場を大きく損ねることになりかねないと危惧し、
このシンポジュムを、福岡、大阪、東京で行っていると挨拶。

 次に韓国の李衍(イ・ウヨン)博士から、今の韓国世論はマスコミや政界リーダーによってミスリードされている。
まだ一部の箇所ではあるが、今年ソウル市の光化門広場なで「慰安婦像・労務動員労働者像」の設置反対集会を開いている。
参加した人は少数であったが、韓国の良識や発信している。

 李 博士は学生時代にマルクス主義を深く学んで左翼活動に参加していたが、韓国経済史を学びながらそれを抜け出し、
歴史の真実を追求する学徒となり、事実を無視した「反日民族主義」に公然と反旗を翻す実践活動を始めるいきさつと心情を話され、
また帰国して勇気をもって訴え、活動を続ける決意を発表されると、会場から大きな拍手が沸き起こった。

 当日は主催者が想定した倍の約400人が来場し、会場外の廊下まで立ち見があるほど、日韓関係の異常を心配するなど関心の高さを感じた。             
コメント

講演会(日韓国際シンポジューム)のご案内

2019-09-18 15:35:31 | 日本をよくする会大阪府民の会
日韓国際シンポジュムが下記のとおり行われますので、ご案内します。

○日韓国際シンポジウム―韓国「徴用工」問題の真実
 ・日時   :10月5日(土) 14時~17時
 ・会場   :高槻市現代劇場 (阪急線高槻市駅から5分、JR高槻駅から12分)
 ・登壇者  :西岡 力、 李宇衍研究員(韓国落星台経済研究所)、
金基洙弁護士(韓国反日民族主義に反対のリーダー)
  司会   :高橋史郎
 ・参加資料代:1000円 (事前申込不要)
 ・主催   :歴史認識問題研究会
 ・問合せ  :090-8579-0056 吉田
コメント

日本人で良かったと思える話題!

2019-08-09 23:04:01 | 日本をよくする会大阪府民の会
(本会会員Sさんから情報をいただきましたので掲載します)

大林組や清水建設など日本の大手建設業者4社は2015年、バングラデシュの首都ダッカと第2の都市 チッタゴンを結ぶ3本の橋の改修と、それぞれに並行して造られる同規模の鋼橋の建設工事を受注し、
2016年1月から工事を開始していました。

 それらの工事が先日、テロの影響で半年工事が中断されていたのにも関わらず、予定より数ヶ月早く終わり、その影響で工事費用が数十億円抑えられました。
現地のメディアによると、浮いた建設費用は本来企業の利益なのですが、この工事が円借款によるODA案件ということもあってか、4社は建設費用の返還をバングラデシュ政府に申し出たそうです。
この件は多くのバングラデシュメディアに取り上げられ、現在現地で非常に大きな反響を呼んでいます。

関連記事には日本への称賛の声が殺到していましたので、一部をご紹介します。
■ 正直にお金を返還してくれるのは日本人だけだろうね。
  日本が大好きだ。ありがとうJICA(※国際協力機構)。 
■ 日本人はお金を返還しただけじゃなく、僕らに教育までした。
  日本人の姿をお手本にしよう。誠実である事より人間にとって大切なものはないんだから。 
■ 「日本人は勤勉で誠実」小さい頃から何度となく耳にしてきた言葉だ。 
■ 暗鬱な気分になるニュースが多い中で、明るい気分にさせてくれる素晴らしい話だね……🙂 
■ 今俺が言えるのは、日本には尊敬の念しかないということだ。 
■ この国の大臣たちにもこれくらいの誠実さがあれば、
  バングラデシュの今は全く違うものだったかもしれない。 
■ 日本人に仕事を頼んだ時の安心感は異常。 
■ この国のメガプロジェクトを全て日本に一任出来ないものか。 
■ 日本人にとっては珍しいことではないのかもしれないけど、
  ベンガル人からすれば歴史的なことだよな。 
■ 世界的な信用があるからこそ日本は先進国なんだよ。
  そしてそれがないからバングラデシュはバングラデシュなんだ。 
■ みんながイメージしてる通りの日本人の姿じゃないか。 
■ この橋の建設に関わることが出来た自分はラッキーだった。
  日本企業と2年間も一緒に仕事が出来たんだから。 
■ 首相、お願いです。原発の建設も日本に依頼してください。 
    (※同国初の原発は印露が担当。2箇所目は提案を国際的に募る予定)
■ 日本人の誠実さに敬服してる。
  ただ悲しいかな、返還されたお金が正しく使われることはないだろう。 
■ バングラデシュに生まれて悲しい。日本みたいな先進国に生まれたかった。
  悪意や、不正や、腐敗や、色々な犯罪を目にして、真っ当な精神が育つはずがない。
■ 誠実さは日本人の特徴なんだよ。もしもそういう国民性がなかったら、戦後焼け野原から     
短期間で大国として復活する事はなかったはず。日本人から学べることは沢山あるよ。 
■ 6年前にも同じような話を聞いて、それ以来日本人に敬意を抱いてる。
  日本人は仕事において、相手を騙すようなことはしないんだ。ジェントルな国民なんだよ。 
■ 中国にはノーと、日本にはイエスと叫ぼう。
  パドマ川にかかる橋を今中国が建設してるけど、あれだって日本に任せるべきだったんだよ。 
■ 日本の兄弟たちに敬意を。あなたたちの高潔さは仰ぎ見る価値がある。 
■ もういっそのことバングラデシュを国ごと日本に任せたいんだが。 
■ 人としての質の高さがムスリムには必要だ。まさに日本人のような……。ありがとう日本🇯🇵 
■ なんて美しい話なんだ。誠実さの意味を子供達に学んでもらえるように、
  この話は歴史の教科書に載せた方がいいよ。 
■ 日本の企業だからこそだよな。これがバングラデシュとか中国の企業だったらあり得なかっただろ。それどころか建設期間も費用も増え続けと思うわ。 
■ 日本の皆さん、ダッカの都市開発や地下鉄も全部お願いします。 
■ 日本はバングラデシュにとって一番信用出来る友人。困ってる時はいつだって手を差し伸べてくれた。 
■ 本当に誠実な人たちだね。日本人が世界中で高い評価を受けてるのも当然なんだなぁ。 
■ 「高潔な国」と書いて日本って読むからね🇯🇵 
■ 日本人は自分を騙すことを嫌うんだよ。だからこそ彼らは全ての分野でトップにいるわけで。 
■ 日本人は無神論者だけど高潔な国民。俺たちはコーランを何度も読み返してるのに、
なぜに不誠実で腐敗したままなんだろうなぁ。 
■ 日本みたいな国になれたらみんなハッピーだろ?それなのにどうして諦めて目指そうと   しないんだ。 
■ だって日本人だもん。それ以上でも以下でもない。 
■ 今までに何度か、日本があれだけ進んだ国になった理由を考えた事があった。
その答えが今ようやく分かったよ。今後バングラデシュで行われるプロジェクトは、
全部日本人の手に委ねようじゃないか。 
■ 3つの橋全部に日本語の名前を付けよう。そして今回日本人が示した誠実さをずっと
語り継いでいこう。 
■ 普段は腐敗のニュースばかりだから新鮮だったよ。
  日本は真の友人。俺たちはそのことを絶対に忘れてはいけない。 
バングラデシッシュの橋梁建設を!〜、納期より数カ月早く完了した日本の大手建設会社!・・・
その上工期を早めて浮いた工事費をバングラディッシュ政府に返還した事は、バングラディッシュの人々を甚く感激させた。
現地にメデイアがこぞって報道し、多くのバングラデシュの人々が知ることとなり、もともと親日的だったのが、更に親日度が深化した観がある。

日本の外務省よりは!〜、遥かにまっとうな民間外交を展開している日本の大手建設会社!・・・

日本人が海外で歓迎されるのも、静かで、有効な民間外交の賜物だ!と言えるようです。
バングラディッシュの橋梁工事に携わった日本大手の建設会社の皆さま方、有難う御座いました。
感謝致します!!!・・・。
コメント

参議院選挙

2019-06-29 23:54:19 | 日本をよくする会大阪府民の会
参議院選挙の戦いが始まりました。
本会は全国区に立候補予定の「えとう せいいち」氏を支持します。

えとう氏は内閣総理大臣補佐官として安倍内閣を陰で支えながら
①憲法改正の推進  ②皇室、日本の伝統文化を守る活動
③天災、人災に対応できる国土強化
④領土問題、拉致問題への取り組み
⑤世界に誇る「日本の社会保障制度」を守り、社会的弱者に寄り添う政治
等に全力で取り組んでおられます。

「えとう せいいち」さんをもう一度国政で活躍いただくために皆様のご支援を
お願いします。
コメント

憲法講演会に参加の報告

2019-05-07 12:43:13 | 日本をよくする会大阪府民の会

5月3日、美しい日本の憲法をつくる大阪の会主催「憲法フィーラムIN大阪市」に参加した。
最初に 防衛問題研究家 桜林美佐指氏より、現在の世界のほとんどの国は集団的安全保障
で自国の平和を目指している。ところが、日本の憲法9条の内容は「一国平和主義」としか
解釈できず時代に合わない憲法である。しかし残念なことに多くの国民は理解できていない。
 一方昨今の国内の大災害には自衛隊が派遣され、感謝と理解がすすんでいる。
自らの安心・安全と大いにかかわりのあるこの活動が円滑に行えるよう私たちは身近な人に
自衛隊の憲法上の地位向上の必要を訴えて改憲議論のムードを盛り上げましょう!とのお話。
 次に地元選出の参院の太田房江議員より、改憲は自民党の党是である。①自衛隊の明記
②緊急事態対応③参院の合区解消④教育関係条文の充実等に本気で取組んでいるとのお話があった。
本会でも会場で配布された「憲法審査会の審議促進」請願署名活動をすすめます。
コメント