つれづれ つらづら

好きなものをupしたり。
心の整理帳。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

☆映画☆「天地明察」

2012-10-13 | 舞台・映画
先月末に准くん主演「天地明察」を見に行きました。
原作を読んでとても好きな作品だったので、准くんが主演で嬉しかったです。

原作とは少し違う部分もありましたが、映画もとっても良かったです。
算哲はえんと結婚する前に、「こと」と結婚していたのですが、それが映画では触れられていなくて残念でした。。
ことはとても病弱で、算哲は健康祈願のために江戸中を巡ったりしてとても愛妻家だったらしいのですが。。

長生きをした算哲はそれ故に、ともに生きた人の死に立ち会ってきました。
だからこそ、えんと同じ日に亡くなったというのが奇跡というか。
映画になっちゃうと自分の中では大切だったことが案外さらっと流されちゃって。。
感性の違いなのかな??

文句ばかり言ってるみたいですが、映画もとーっても良かったですよ(ホントだよ)

 

右のカレンダーは前売り券のおまけ?
月の満ち欠けが載っているのがとってもGoodです

ちなみに映画を見た9月30日は十五夜でした
あいにく夜は台風で、お月さまは見られませんでした。


今年は3月に坂本さんの舞台があったっきり、V6のコンサート等がなく・・・
いくちゃんと会うのも半年ぶりでした。



お誕生日プレゼントをもらっちゃいました
さっそく使わせてもらってます~どうもありがとう
トートバックは車でちょこっと買い物に行くときにぴったりです

 
 

そして上野動物園のお土産っ
開くと6種類のメモが入ってます~
かわいすぎるよっ
本当にありがとうーっ

あー。パンダに会いたい

☆舞台☆「ラブリーベイベー」

2011-11-13 | 舞台・映画
健ちゃんの舞台、2回めの観劇です。
今日は東京楽日。
私が見たのは楽日前の昼の部です~

2回めなので前回よりも感情移入できたし、理解もできたかなーってかんじです。
結構早いうちから、泣いてる方も多くて。
せつなかったけど、でも私は泣けなかったなー。
でも途中で犬が死んだ事を思い出して・・・
ちょっとうるっときちゃいました..すみません

今日は改めて小島聖サンの顔の小ささに見とれてしまいました
健ちゃんも小さい方だと思うけど、さらに小さいんだもん。

今頃楽日が終わったころかなー。
東京公演お疲れさま


さてさて。
今日のランチ


ヨドバシAkibaの「芋蔵BAR」でいただきました

そして。
観劇前に新大久保にある「皆中稲荷神社」へ。
こちらの神社は宝くじにお利益があるというので、いつか行ってみたいと思っていた場所。
今回は宝くじに当たりますように..ではなく、11/29の平家派のイベントにあたりますように...とお願いしてきました

それから観劇後は再び秋葉原へ。
ikuちゃんのおさがし物を探しにガチャポン会館ってお店?へ。
たくさんガチャポンとリーメントが置いてあって、おもちゃ箱のようなお店でした
ちょっと怪しげでもあったけど・・・
なんとかおさがし物が見つかり、ホッ
それにして秋葉原の変わりようにはビックリ





せっかくなので、キティちゃんのガチャポンを2回やってみました。
「MONSTERマスコットストラップ」
左:ゾンビ、右:フランケン

今日も舞台だけでなく、いろいろ楽しかった1日でした

☆舞台☆「ラブリーベイベー」

2011-10-29 | 舞台・映画


健ちゃんの舞台、「ラブリーベイベー」を観てきました。
最初「ラブリーベイベー」と聞いた時は、ピンクでピュアな恋愛ドラマのような舞台をイメージしていたのですが...
かなりハードでせつないお話でした。
正直同性愛とやらには興味がないし、縁もないので全くもって感情移入ができませんでした。
でも同性愛であっても男女の仲であっても相手に対しての気持ちは変わらないのかな、とは思ったけど。。
でもちょっと気持ちが重すぎるような気がしないでもないけど。
ま。人それぞれです。

上の写真は舞台のチラシとパンフレット。
美しい背中ですー

映画「コクリコ坂から」

2011-09-15 | 舞台・映画
先週ikuちゃんと観てきました
准くんが「ゲド戦記」に続いて2回めのジブリ声優。
できたら「もののけ姫」のアシタカのような役がよかったな。。
~~って贅沢すぎ

映画は・・・ま。普通かなー。
つまらないわけではないけど、ジブリっていうと期待しちゃうんだよね
1つ疑問に思ったのが主人公の海ちゃんがメルって呼ばれていた事。
ネットで探してみたら「海はフランス語でラ・メール。メールが縮まってメル」とありました。
なるほどね
こーゆことも含めていろいろ説明不足
旗もどんなメッセージなのかとか???
時代背景もよくわからないからかもしれないけど。





こちらはikuちゃんからいただいたお誕生日プレゼント
スタバのコーヒーとアフタヌーンティのバームクーヘン&ラスク
どちらも大好物っ
どうもありがとーっ

☆舞台☆「ZORRO THE MUSICAL」

2011-01-15 | 舞台・映画


1/13から公演が始まった「ZORRO THE MUSICAL」~本日昼の部を観劇してきました
坂本さんが自らオーディションを受けて、手にしたZORRO~
開演後すぐの「バイラ・メ~」を歌っている坂本さんを見ながらそんなことを思い出して、ちょっとうるうるっとしちゃいました
そして本当にこの人のファンで良かったなーと。。
これからもずっと応援していきたいな、と改めて感じました。

舞台はとーっても迫力があって、圧巻でした
アクションもすごかったし、コメディな部分もあったし。
そして何よりフラメンコシーンが素敵でした
会場の音響がいいせいか、いつも以上に坂本さんの歌声を堪能できました
島田歌穂さんの存在感もすごかったなー。
大塚ちひろさんの歌声もとてもきれいでした。
何もかも良かったです
フライングは見慣れていないせい、プラス坂本さんが高いところが苦手ってことで、ちょっとヒヤヒヤしちゃいましたけど・・・

そうそう~オープニングでキャストのみなさんが観客席を通って舞台にあがるんですが。
今日は通路脇の席で、すぐそばに坂本さんが通りました~~
すごーくかっこ良かったです~~そしてウエストが細かった
坂本さん、久々にまじかで見たなー

次の観劇は来月末。
待ちきれないな~~観劇、、増やしちゃいたい気分。。
多分増やさないと思いますが
3月末まで続くこの舞台。
ケガなく千秋楽を迎えられますように。。

なんだかまだまだ興奮中の私
最近少々お疲れモードだったのですが。
坂本さんの真摯な姿を見てもっともっと頑張らなくっちゃとパワーをもらいました。
本当に坂本さんのファンで良かった

☆映画☆「カールじいさんの空飛ぶ家」

2011-01-09 | 舞台・映画
母がレンタルDVD屋さんへ行くというので、一緒に行って借りてきました。
以前から観たかった「カールじいさん~」

カールじいさんが風船をいっぱい付けた家で飛んでいくお話?っていうのはわかってたんだけど、どうしてそうしたのか?とかどんな結末なのかがとっても気になってたので、スッキリ

スッキリしたけど、ほのぼのしたお話・・・だけど切なくってね。
気持ちは少しスッキリ~ではなかったかな。私的には。

昨年から韓流にハマっているウチの母。
レンタルDVD屋さんの会員にもなってます。
母に借りてもらうと半額になるので、これからも一緒に利用させてもらおうと思ってます

☆映画☆「SP 野望編」

2010-11-19 | 舞台・映画
准くんの誕生日の昨日、「SP 野望編」を観てきました

評判どおり??、すごいアクションでした
准くんがケガがあったらそこで撮影が終わっちゃうから、ケガのないように体を作ることが役者の仕事~みたいな事を言ってたけど、うーん。。さすがっ
頭ではわかっていても、なかなかできないよね。
すごいな。このプロ根性~~

ドラマの最終回で准くん演じる井上が堤真一さん演じる尾形に対して疑念を抱いたところで終わってしまったのですが、その尾形の謎・・・みたいなところが見えてきます。
・・・といってもまた来春の「SP 革命編」に続いちゃうんだけどね
あー。春が楽しみ

でもドラマでの井上と尾形の師弟(信頼)関係がとっても好きだったからちょっと残念
また「革命編」でどうなるかわからないんだけどね。
その分尾形の部下の井上含め4人のチームワークの良さみたいなものがドラマ以上に描かれてたかな。
井上の能力をチームも頼ってたしね。

映画とは関係ないっていえば関係ないんだけど、正義とテロ(悪人)って紙一重だなーという感想。
戦争だってその国にとっては英雄でも敵国にしてみたら悪人だしね。
尾形だって本人とっては正義。
でも別の角度から見たら悪。。
何が正しくて何が悪いのか。。
尖閣諸島の映像問題だって同じ・・・?
でもしちゃいけないことはいけないんだよねー。
中国との関係が映像流出によってさらに悪化していたら、逮捕見送りになってないかもしれないな。。


パンフレット~600円
最近は舞台のパンフレット購入が多かったので600円という安さにビックリ
ちなみに舞台のパンフが2000円くらい~

☆舞台☆「りんご 木村秋則物語」

2010-11-06 | 舞台・映画


昨日から始まった博さんの舞台「りんご 木村秋則物語」を観てきました
りんご農園に婿養子に入った木村さん。
奥様が農薬でかぶれてしまうのをきっかけに、無農薬栽培を始める~
全く花も咲かずもちろん実もつかない時期が何年も続き。
周りからの中傷や金銭的な問題。。
どうにもならなくて自殺を考えたときに、自殺をしようとしたその場所でりんごの木に農薬に代わるものを与えるのではなく、その場所(土)が大切であることに気づく。
無農薬栽培を始めてから約10年、ようやくその頑張りが実を結ぶ。。
ざっとそんな感じです~

実際のお話なので、劇的なエンディングが待っているわけではありません。
でも約10年も文句も言わずに婿養子の木村さんを信じて頑張った家族が素敵です
舞台ではなーんとなくしか描かれませんでしたが、実際には実家と絶縁状態にもなったそうで、その他にも苦労等がたくさんあったんだろうなと思います。
舞台では何時間かのお話ですが、実際は10年・・・想像がつかないです
なんでこんなに頑張れたんだろう?
やっぱり自分を信じてついてきてくれる人がいたからなのかな?
奥様のためというのが一番なんだろうけど、もっと木村さんの思いを深く知りたかったな。なーんとなくただ研究が好きな木村さんの自己満足みたいにも感じちゃったんだもん。

来週もまた観てきます。
ちょっと博さんの笑い方が不自然で、(演技でワザとなのか本気でやってるのか不明)ちょっと気になりました
1週間たって、どうなってるのかチェックしてきたいと思います。

今日はikuちゃんと私の隣の人がそろって観劇中にガサガサガサガサ落ち着かない人で困りました
時々いますね。隣にいてなんだか目障りな人・・・
人の振り見て我が振り直せ~自分も気を付けたいと思います

☆舞台☆Pal joey~10/17東京公演楽日

2010-10-31 | 舞台・映画
2週間前に観た坂本さんの舞台~
1週間前に無事に千秋楽を迎えました
今更ながら東京楽日の観劇日記です。

今回は多少観劇に余裕ができたせいか、1回目の観劇とはまた違った感想となりました。

1回目はちょっと物足りなさを感じてしまったのですが、今回は大満足でした
やっぱり前回は初日というのもあったのかな。
今回の方がすごく雰囲気が良いというかまとまっていた気がします。
役者さんがソデにはける時に、ここでこんなセリフってあったかな?というものいくつか。
あれはアドリブだったのか、前回聞き逃していたのかわかりませんが。。
坂本さんの歌声ももちろんのびやかですごーく良かったです

坂本さん演じるジョーイと3人の女性。
3人の女性はジョーイのおかげで??それぞれがきちんと成長する。
だけどジョーイはずっと子供のまま。
きっとジョーイはこの後もドコに行っても変わらないで、ずっと夢を見続けてフラフラしているんだろうなー。
その点、女性の方が現実的ですよね。
ダメな男に関わると女性って強くなる~そんな感じ。

この舞台では坂本さん演じるジョーイの人物像がなんだか薄っぺらかったような。
プレイボーイというのはわかるんだけど、なんでジョーイに女性たちが惹かれてしまうのかが全く理解できませんでした。
口がうまいとか才能がある・・・という描き方はなかった気がするし。
そこらへんが描かれていると、ジョーイという人間性に共感できたり、彼の未来もなーんとなく光が見えてきたりするんだけどな
3人の女性に光がはっきり見えていただけに残念・・・

ま。なんだかんだ言ってもとても素敵な舞台でした~
ダンスも細かかったなー。
ホントお疲れさまでした
カーテンコールで坂本さん、世界一幸せって言ってましたね。
世界一幸せなあなたを見られて私も幸せでした
ありがとう

☆映画☆「ハナミズキ」

2010-08-26 | 舞台・映画
今日は会社帰りにikuちゃんと映画観賞~
観たのは「ハナミズキ」

思い切りネタバレありなので、これから観ようと思っている方は見ない方がいいかも・・・デス

斗真くん目当てで観に行ったのですが、ガッキーのかわいさだけが印象に残った映画でした
あ。もちろん斗真はかっこよかったけどね。
ホント大人になっちゃったなー、斗真。。しみじみ
内容は普通でした~
大どんでん返しもなく、予想のできるストーリーです
泣く気満々でハンカチ用意したけど、必要ありませんでした~
少しはうるっときちゃったけどね。
普通の純粋なラブストーリー
でも純粋なラブストーリーをするためにの??不幸が多すぎ
10年の間に親が亡くなって、家が破産したり。
婚約者が亡くなったり・・・
ふたりが一緒になるために、ここまで不幸を作らなくっても・・・ってかんじでした
そこまで(遠回り)して一緒になっても、なんだかこの先このふたりは幸せになれるのかなー~なんて考えちゃいますが。

そうそう。ガッキーの母親役が薬師丸ひろこさんなのですが、このお母さんがとーってもかわいらしい
子供の頃から好きな女優さん~~

それにしても。ガッキーがとにかくかわいかった
それにつきます

☆舞台☆アリバイのない天使

2010-07-17 | 舞台・映画


本日夜の部、この舞台2回目の観劇です
2回目もとーっても楽しめました
笑いどころがわかっていても、やっぱり笑っちゃいます。
そして1回目の観劇では気づかなかった、次に続くセリフというか・・・
なるほど、このセリフが後でこう繋がっていくのねーっていうのがわかったりして
そして初日に観た時よりも笑いがパワーアップしてる気がしました。
特に社長役の久ヶ原さん、飛ばしすぎだよー
アドリブなのか本当のセリフなのかわかりません~~
他の出演者さんも本気で笑っちゃってたし
出演者もお客さんもみんないっぱい笑っていて、その場にいるだけで幸せになっちゃいました。
そして後半は坂本さんに「スタイルがいい」と何度も言ってました。
確かに・・・スーツ姿の坂本さん。スタイル抜群でございます
カッコよすぎです
今日の観劇が最後なので、これでしばらく会えないなー・・・という淋しさに浸る予定でしたが、最後はカッコいーという余韻で淋しさはありませんでした
一応カーテンコールでは、ちょいと早いけど来週の「お誕生日おめでとう」も忘れずに心の中で言っておきましたよ

坂本さんの舞台はミュージカルじゃないとちょっとこ恥ずかしい・・・という思いがあったのですが、今回の舞台でその思いが少しだけ薄れてきたかも。。
この舞台がDVD化されますように...

☆舞台☆アリバイのない天使

2010-07-03 | 舞台・映画
今日は坂本さん主演舞台、「アリバイのない天使」初日でした

実は・・・ミュージカル以外の坂本さんの舞台を観るのは、なぜかちょっと恥ずかしくなっちゃうんですね
でも見事に役にハマっていて・・・恥ずかしくなかったーっ...ごめんなさい
すごーくすごーく楽しかったです
いっぱい笑っちゃいました
出演者もみんな個性的でそれぞれ味があって、すごーく良かったです。

坂本さんの真面目なサラリーマンっぷり。
すごーく板についてました
でも出来たらスーツの色が濃い目の方が良かったかも。

あと1回観劇予定ですが、もう1回くらい増やしてもいいかなー・・・なんて思っちゃう。
でも我慢っ
あまり欲張ってもね。
次の観劇がとーっても楽しみです

そうそう今回劇場でパラパラメモが売ってました
パラパラ漫画のようになっていて、坂本さんが帽子を追っかけて、おまけにウインクして、最後にごあいさつ
楽しすぎる
家で何度もパラパラしちゃいました。
前回の舞台ではポストカード。
今回はパラパラメモ。
次の舞台でも何か販売してくれるかなー

『FLOWERS -フラワーズ-』

2010-06-26 | 舞台・映画
今日はikuちゃんと映画『FLOWERS -フラワーズ-』観てきました。
それはいのっちが出ているから。
主演は、蒼井優さん(凛)、鈴木京香さん(奏)、竹内結子さん(薫)、田中麗奈さん(翠)、仲間由紀恵さん(彗)、広末涼子さん(佳)。
蒼井優さんの子供が竹内結子さん、田中麗奈さん、仲間由紀恵さん。
そして仲間由紀恵さんの子供が鈴木京香さんと広末涼子さん。
いのっちは仲間由紀恵さんのダンナさま役(宮澤晴夫)。

時代は昭和11年、昭和40~50年代、そして現代。
その時代がとても丁寧に描かれていたと思います。
例えば昭和11年はモノクロ映像。
そして威厳のある父、そして控えめな母。
昭和40~50年は翠が泣くシーンがあるのですが、マスカラで黒い涙・・・
あぁ、この時代ウォータープルーフのマスカラなかったもんなー、なんて。
そしてまだ珍しい女性の社会進出。
髪型や洋服なんかも見ていて面白かったです。

いのっちは昭和50年代~七三分けです。
そして現代のいのっちが演じた役を平田満さんが演じているのですが。
似てる。。雰囲気が。違和感が全くありませんでした
このキャスティング決めた人、すごいなーと思いました。

多分いのっちが出ていなかったら見なかったであろうこの映画。
家族愛にちょっとうるっときちゃいました
でも6人の女優さんを平等に扱ってあげないといけないせいか(わからないけど)、ひとりひとりのストーリーがやや薄っぺらくなっちゃったような気もします

そして題名にもなっているFLOWERS~いろいろなお花が出てきますが、最後はやっぱり椿なんだよね。
資生堂のCM、TSUBAKIに出ていた女優さんだけあって。
ラストに薫がアイスクリームを買っていたけど、きっと資生堂パーラーなんだろうな。

☆舞台☆ULTRA PURE!

2010-03-20 | 舞台・映画
今日は健ちゃんの舞台、2回目の観劇です~
やっぱり舞台は2回観ないとわからないなーとしみじみ実感・・・
1回目の観劇では??だったセリフが2回目の観劇でつながったりして。
前回以上に楽しめました
かわいーねぇ、健ちゃん。
昨日のVシェランの最終回を見たせいか、愛おしさが増してしまいました
そして今日も鷲尾真知子さんもとーってもかわいかったです~~
鷲尾真知子さんの年齢になったら、私もあんなかんじになりたいな。

今日は3連休の初日のせいかいつも以上に電車も混んでました~
ヨドバシAkibaも人でいっぱいでした。
ま。ここはいつものことか。。

すっかり写真を取り忘れちゃったけど観劇前にikuちゃんとヨドバシAkibaに入ってるお店でランチ
とってもおいしかったスパゲティ
でも店員さんの接客が悪かった~
多分彼女はちゃんとしているつもりなんだよ。
テキパキテキパキとね。
でも・・・え?そんな早口でまくしたてちゃうの?ってくらいの勢いで
ランチといっても11時だったし、お客さんもそれほどいなかったし。
急ぐ理由もなかったのにね。
おそらく彼女は気づいていないと思うけど・・・かなり接客ヘタっぴですよって教えてあげたーい・・・大きなお世話だね
コメント (4)

☆舞台☆ULTRA PURE!

2010-03-13 | 舞台・映画
今日健ちゃんの主演舞台「ULTRA PURE!」を見てきました(マチネ)
今年に入って剛くんの舞台「血は立ったまま眠っている」と映画「人間失格」とちょっと思い内容のものが続いていたので、健ちゃんの舞台はまさに「ULTRA PURE!」な気持ちで楽しめました
素じゃないかってくらい健ちゃんっぽいかわいーお話でした
きっと健ちゃんファンはキュンキュンしちゃうんだろーなー

健ちゃん演じる沢田俊太郎はあと2日で30歳。
それまでに童貞を捨てたい~と馬術クラブのメンバーと春スキーへ。
そこで天候が崩れ雪崩が起き、生きるか死ぬか・・・の展開に。

生きるか死ぬかってときなのに、おもいきりコメディです~
この舞台のいいところは根っからの悪い人がいないところ。
健ちゃんだけでなく、みんながみんなPUREなのです。
中でも鷲尾真知子さん~V6と共演してからずっと大好きだった女優さん。
とってもとってもキュートでした

そしてなーんと、坂本さんが観劇されてました~
なんとも男前でした
同じ空間で同じ舞台を見られたことが奇跡
ひとりテンションあがっちゃって、舞台後に食事をした際一杯ひっかけちゃいましたとさ

来週もう一度観劇します~
とても楽しい舞台なので楽しみです

コメント (4)