ソプラノ和泉聰子の『おんがくのいずみ』~うたの心をあなたに~

ソプラノ歌手・ボイストレーナーの和泉聰子のブログ。HPは http://lulu-hikichan.jimdo.com

作曲家と稽古すると曲が現在進行形で変わっていく

2019-05-05 00:03:22 | 稽古日記
昨日は法事のあった村上から戻り
新百合ヶ丘へ稽古に行きました。
 
 
途中からの雷雨に
顔面蒼白になりましたが
駅から近い稽古場でよかった!
 
昨日の稽古はこちら
 
作曲家 伊藤康英先生がいらしての
お稽古でした!
 
 
先ずはそれぞれのソロや
重唱を合わせてから
最後にサルビルサ、ちきゅうのうた、
ある朝人生を
と大きなアンサンブルを合わせました。
 
 
『おんがくかおかしや』は
原曲より完全4度上げました。
ワンフレーズずつ歌って聴いてもらって。
こんなことも、
先生が聴いて決めてくださり
夜にはメールで移調楽譜も届きました。
 
すごい!!
 
 
さらに、
なんだかハモリを入れたくなった!
と合わせの時間内で
三重唱バージョンが完成‼️
 
 
すごい!!!
 
 
アカペラで歌う
このみち の一番。
 
 
前回、もっと自由に歌って、
 
との宿題にどのように歌ったら
この曲の良いところが
きちんと伝わるかと
悩んでいましたが
先生に
すごく素敵に歌ってくれた!
と言っていただき
先ずは一安心。
 
ここにも間奏が挿入されました。
 
 
 
どんどんその場で
楽譜が変わっていく面白さ。
クラシック音楽に即興は少ないけれど
この人ならこうしよう、
この編成ならこうしよう、
と作曲家のアイディアが
とにかく尽きません。
 
 
なんて楽しいのでしょう。
このコンサートに参加できて
本当に感謝しています。
 
 
 
だから演奏家も守りに入らず
常に良いものを提示して
どんどん作っていかなくては。
 
 
私に限ったことではありません。
 
 
 
きっと皆さんが、
出版されている楽譜とは
違うことが入っているはず。
 
 
作曲家自身の監修による
演奏会なので、
是非声楽家の方には
聴きに来て頂きたいと思います。
 
 
そして声楽なんて知らないよ!
 
 
という人ほど
本当に楽しめるはずです。
 
 
お時間のある方は
是非是非
5/16の夜は
渋谷の伝承ホールへ。
チケットのお申し込みはこちら
 
 
稽古の後は家の近くの
新しいお花屋さんで
お花を買いました。
なんと開いてるからと
黄色いバラを7本もつけてくれました。
 
心がほっこりしました。
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 祖母の十七回忌と瀬波海岸散歩 | トップ | 連休最後は高岡へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (141)
2019-05-05 02:12:41
実話。貴方の、担当で、動画で、聴きたいです。
Unknown (vivisisterpiyo)
2019-05-05 13:20:58
141さん
このコンサートは動画をとれないかもしれませんが、他のコンサートの動画はいずれなにかの形でアップできたらと思います😊

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。