気ままな毎日~風の吹くまま 気の向くままに~

日々の子どもの成長や大好きなモノ作りを気の向くままに更新中。
いつも見てくれる方も偶然通りかかった方も気軽にどうぞ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビブリア古書堂の事件手帖6〜今野敏

2018-12-02 20:12:01 | 読書日記
太宰治の晩年をめぐり、再び魔の手が。

面白かったけど、しかし、人間関係が複雑過ぎて疲れちゃう。
コメント

任侠浴場~今野敏

2018-11-25 15:02:21 | 読書日記
あちこちを立て直してきた阿岐本組が今度は銭湯に手をかける。
今までもそうだけど、成行き上手を貸すことになったが、今回も。
「日本の文化を建て直す」。

このシリーズを読むと任侠の世界はお金だけではなく、情にも厚いようだ。
コメント

みかづき~森絵都

2018-11-25 14:59:40 | 読書日記
ずっしりとした本。
塾を取り巻く環境とその中で奮闘した人たちの物語。

一言で塾と言っても、だれのための?という観点は時代によっても違うんだなぁ。
コメント

遠い国のアリス~今野敏

2018-11-25 14:57:26 | 読書日記
売れっ子漫画家のアリスが一人旅に行くと、パラレルワールドへ。
今野敏さんではめずらしい感じのSF.
コメント

異世界でカフェを開店しました1~7~甘沢林檎

2018-11-25 14:49:23 | 読書日記
ある時突然に異世界へ。
助けてもらったのは良かったが、その世界の食事がとてつもなくおいしくない。
ならば自分でおいしいものを作ろう、というのが物語のスタート。

設定など面白く読んだけど、主人公のリサさんとカフェ店員のジークくんの展開が速いなぁ。
コメント

掟上今日子の乗車券~西尾維新

2018-11-18 13:41:42 | 読書日記
今回は警備員の親切守を伴っての営業旅行。
名探偵が行けば事件に出くわす→営業活動と考えらしい。

その通りに次々と事件と出くわし、解決していく。
今回は旅行にちなんでか乗り物の中での事件ばかり。

最後の章は次回への予告となっている。
コメント

さいはての彼女〜原田マハ

2018-11-04 15:57:54 | 読書日記
若手女性社長。ひたすらに頑張り会社も順調。しかし、恋の相手もなく、信用していた同僚もやめてしまう。そこでが縄でバカンスのつもりが、何故かチケットは女満別。突然の出会いに心がほぐれていく。
読んでいるこちらも肩の力が抜けていく短編集。
コメント

ビブリア古書堂の事件手帖5~三上延

2018-11-04 11:29:35 | 読書日記
栞子さんに告白をしたが返事は「ただ待ってほしい」と。
その間にも不可解な問題が持ち上がったり、栞子さんの母の影がちらついたり。
最後にはハッピーエンドかと思いきや、新たな脅威が差し迫っていた。
コメント

すこくろ幽斎診療記 麦笛~今井絵美子

2018-11-04 09:58:29 | 読書日記
読み終わってから、前に読んだことがあることに気が付いた。
すこぶる玄人医師だから、「すこくろ」さん。
医は仁術とモットーとしているが、
孤児院も開設し、大所帯になっていく。

すこくろさんの人柄とその時代背景とが面白かった。
時代が変わっても人情は変わらないんだなぁということも。
コメント

京都寺町三条のホームズ4,5,6,6.5,7,8,9~望月麻衣

2018-10-21 12:48:22 | 読書日記
一気に読破。
主人公の「ホームズ」さんのさわやかイケメンの裏側にある腹黒い部分、負けず嫌いな部分など、シリーズが進むにつれてどんどん出てきている感じ。それと同時に葵に対する素直な愛情表現も。こっちが引いてしまうほど。

9巻では葵は大学生、ホームズさんは社会人。

ミステリーというほどのミステリーではないけれど、さらっと読めてしまえる本。
舞台になる場所の描写がよいのが魅力。
コメント