NPOつくばアーバンガーデニング(TUG)のブログ
100本のクリスマスツリーなど、花や緑でまちを楽しく(T)美しく(U)元気に(G)する活動をしています。
 



2月2日  

2月に入って陽射しはかなり暖かくなり、公園の利用者も増えてきたようです。しかし花壇の花は春待ちの様相ですね。

 

2月4日  

TXA5出入口周囲のウッドプランター花壇に「さくらそうミニミニ花壇」をつくろうと、準備を始めました。

 

2月9日

いやしの庭  

さくらそう花壇用の苗作りで、黒ポットにさくらそうの花芽を植え込んでいます。

松見公園  

さくらそう花壇の草取り作業は、斜面のため精がでます。

青い空のもとで汗も出ず、爽やかな作業でした。

 

植えこみ用に新しいプランターを駅前に用意しました。

黒ポットのさくらそうは花がまだなので、一足早く、スーパーアリッサムとコプロスマ、多肉を植え込みました。

 

コロナ緊急事態の状況下、これからしばらく団体活動を中止し、灌水作業は当番を決めて、花殻摘みは自発作業で行うことになりました。

3月2日

ジョイフル本田に出かけ、さくらそう花壇の斜面の土流れを防ぐための資材をみんなで見ながら話し合い、レンガ73個、鉄平石10個を購入しました。

3月9日

今日から作業は午前9時半より11時半の夏時間になりました!

さくらそう花壇で、レンガと水やりの踏み石の鉄平石を敷く作業を始めました。レンガ位置のさくらそう苗を移動しながらでしたが、思いのほか時間がかかり、結局12時過ぎまで作業してしまいました。残りは次回です。

3月23日 

さくらそう花壇のレンガ敷きの続きと、いやしの庭の手入れ作業などでもりだくさんでしたが、陽射しもあたたかくて公園は桜が満開、公園を訪れる人のたくさんの笑顔に出会えました。作業した後はからだも心も軽やかでした。

 

3月25日 

駅前花壇  

花芽から育てた「さくらそう」の花苗を植えました。野草から園芸植物となり、江戸時代から愛され続けている花「さくらそう」の涼やかな美しさに、ぜひみなさんにも出会ってほしいとの願いを込めて 

 

3月30日  

いやしの庭Aグループは、育てた花苗をさくらそう花壇に植え込みです。早咲きは美しく色づき始めています。

植え込み用に土を掘り下げていたら、なんと! 亀が出てきました。ミドリガメのあかちゃん? 子亀です。この子は池よりかなり高くまで登ってきたことになります。冬眠状態なのでそっと土をかけてまた埋めてあげました。いやしの庭Bグループは、堆肥場の切り返しと堆肥化がむずかしい剪定枝などを袋詰めして業者さん渡しとしました。重労働でしたが記録写真がなくて残念! お疲れさまでした。

いやしの庭のベンチが崩れかけて釘が露出しているため、応急処置をしました。そこで、今年度もベンチをリニューアルする案が出てきました。

いやしの庭も花が咲き揃いました。手入れ日以外にも灌水作業に来ているボランティアに感謝です。

歩みの小径は、シャンティ―のみなさんのお水やりと公園ガーデナーボランティアさんとの共同作業で、今年は一段と華やかな春を迎えています。

駅前さくらそうも色付き始めてきました。

駅前プランター。11月に植えこんだビオラがチューリップを囲むように大きく育ちました。四角のカルーナが隠れてしまうほどです。「ウエルカムフラワーCityつくば」の花苗提供により、市民のみなさんに美しい景観を提供できました。

 

TXつくば駅A5出入口  周囲の駅前プランターの設置場所です(☆さくらそう

  

3月31日

さくらそう花壇  標識がつき、花の開花に合わせた準備完了です。

 

歩みの小径 ガーデナー作業日です。

今年のオリンピックにちなんで、5輪(ヨーロッパ、アジア、アメリカ、アフリカ、オセアニアの5大陸)を5色(青 黄 黒 緑 赤)のチューリップの輪で花壇作りをしました!

もう1色(白×緑)のチューリップは遅咲きのため、開花は4月下旬過ぎからです。5輪はスポーツつながりで世界平和を、花壇は花を愛で認め合うDiversityを。

紡ぎの庭(筑波メディカルセンター病院前花壇)

 

 

 

病院前花壇にふさわしい、やさしい色合いの花づくりは、花苗選びと日頃の手入れの賜物ですね。ガーデナーさんの努力にありがとう!

午前中は風も少なく晴天に恵まれ、来園者もコロナを気遣いながらも一息ついているようでした。

かがやき保育園の園児たちは天久保2丁目からのお散歩です。

赤花のサヤエンドウにさやが実ってます。

コキンちゃんといっしょにお水やり、後ろ姿もかわいいですね。

蛇口は1つなので、ジョーロをもってハイ交代。

  

お水やりに集中ですね、またよろしく!

花たちが喜んでます。やさしいお姉さん、ありがとう!

1歳4か月の僕には、水の入ったジョーロのノズルは下を向いちゃうよ・・・。変だなあと、こぼれても何度もやる姿がかわいい! 夏になれば、きっと上手になるヨ

 

4月6日  

来園した子供たちがいやしの庭に立ち寄ってくれました。

今日は平年並みの肌寒いくらいの爽やかな陽気で、タイムやチューリップが色鮮やかで「春」を満喫しているようでした。

保育園時代からよく参加していた啓(ヒロム)君は明日は入学式です。新1年生になっても時々はきてくださいね。

駅前「つくばの玄関口を花とアートで美しく」 皆さんの春のスタートを応援します!

松見公園内で「わらび」を見かけると野生の春を感じます、ことしも出会えてうれしいです。

スモークツリーの下の「山桜桃梅」は花が終わり、青い小さな実をつけ始めました、赤い実になるのが楽しみです。

いやしの庭の「ムベ」に今年もたくさんの花が咲きました。鈴なりの実を前に来園者と会話するのが待ち遠しいです。

いやしの庭のクリスマスローズの中で今年一番人気でした。この花の種からは4年後にどんな花が咲くでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新型コロナウイルスの市中感染と緊急事態宣言、感染防止に向けて市民一丸となった                                   自粛生活の2020年、そのなかで、医療従事者の皆さんの働きを思うと、言葉では言い                       表せない感謝の気持ちでいっぱいになります。                                    「紡ぎの庭」が心の癒しにつながるといいのですが…。

TUGはDiversityの理念のもと、                                          世界中のすべての子どもたちが平和な社会に暮らせることを願ってきました。                                                   筑波メディカルセンターでは、オーナメントのカードに子どもたちへの思いや応援、                        大人同士も伝えられずにいる気持ちを綴ることで、モミの木を中心にそれが別のだ                        れかにつながり、温かい思いが生まれ広がっていきますようにと                                  「みんなでクリスマス」の企画を実施してきました。

第8回目の今回は、来院する人とのソーシャルディスタンスなどコロナ感染防止配慮                             のなか、「コロナに負けるな!」を合言葉のようにして、12月17日より25日まで実                         施することができました。たくさんの温かい思いを受け取りました。

12月17日 今年のクリスマス催事スタートです。

12月19日 歩みの小径 花壇の周りの落ち葉を整理して今年最後の手入れです。

12月19日  筑波メディカルセンターにて

《オーナメントから・・・・・》

12月20日 メディカル入口にて

12月26日 会場よりツリー退場。ツリーはまた松見公園内に植え戻されます!

今年も互いにお疲れさま!

12月29日 駅前 

お昼過ぎてもプランターの土は凍っていますが、花殻摘みと乾燥期のお水やりは欠かせません。

1月12日 新調したプランターと塗り替えしたプランターで春待ちです。

プランターA:五色カズラまたはハツユキカズラとタイム

プランターB:カルーナ、ビオラ

1月19日 歩みの小径 

宿根草中心のボーダー花壇の緑の葉はアガパンサス、その間の茶色の株はマーガレットコスモス。

茶色の咲き終わりの茎が花壇をまたぐのを防ぐために、ガーデナーの知恵でメド―セージの枯れ

茎を残しています。

いやしの庭

3本の支柱の下には2株のサヤエンドウ。サヤエンドウのまわりは緑葉のスイセン。

花壇の左側の縁はハーブのオレガノ。右側の一番高いところに位置するタイムの列と列の

あいだに、黄色のよく咲くスミレ。それぞれが春を待っています。

 

自粛活動で2021年1月の火曜日の手入れはすべて中止でした。

ついこの間まで緑葉に黄色の花をつけていたマーガレットコスモスが茶色になり残念。

よく似た花に、ユリオプスデージー、ユリオプスデージーポピー、マーガレットコスモスがあります。

・ユリオプスデージー/開花期:11月~5月

 葉の状態:シルバーリーフ(緑葉に白い毛がある)で切れ込みが多い細葉          

・ユリオプスデージーポピー/開花期:11月~5月

 葉の状態:緑葉で切れ込みが多い細葉

・マーガレットコスモス/開花期:5月~11月

 葉の状態:緑葉で切れ込みが浅くユリオプスデージーより太く見える

2020年7月撮影                                                   この写真を見ると、葉の切れ込みが浅く、歩みの小径の花はマーガレットコスモスですね。

2021年1月撮影                                                    管理棟入口プランターの寄せ植えは、切れ込みが細く葉の表面に白い毛があるので、

こちらはユリオプスデージーでしょうか。

1月26日 かわいいガーデナーさん、お水やりをありがとう!

1月31日

1月30日 紡ぎの庭に、かわいいスイセンが補植されていました。

今日は陽射しの暖かさにも春を感じられました。

松見公園では、花の季節ばかりでなく、ハトやカモ、コイなど子どもたちが大好きな生き物に

いつでも身近にふれあうことができます。

 

コロナの自粛生活のなか、幼児のいる家族にとって、見通しのよい芝生広場や花壇周辺は

安心安全な憩いの場となっています。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月15日 「いやしの庭」の手入れ

  

「歩みの小径」はていねいな灌水作業で残暑のなか、綺麗な花を咲かせています。

9月22日 

「堆肥場」では今日は切り返しと鶏糞のすき込み作業をしました。嬉しいことに小学生の作業応援もありました。

「いやしの庭」では先週、剪定しながら青い実をたくさんつけているムベの食材としての話に花が咲き、ムベに似ているアケビの食べ方の話になりました。

今日の休憩時に、食に詳しい小林さんから、アケビの新芽とシロザを湯がいて食べやすい長さに切り、すりごま、しょうゆ、パルシステムの便利つゆで和えた胡麻和えが差し入れされました!おいしかったです!! 春だともっとおいしいそうです。

9月29日

見てください! ギボシの葉に羽根を広げて止まっていました。アサギマダラでしょうか?(まさか)

晴れの日が続きます。灌水作業に精がでます。

「松見公園管理棟入口のプランター」のラベンダーに替えて、キバナコスモス、サルビアコクシネアに植え替えです。

10月はじめには咲き揃いました。

10月5日 TUGガーデナーによる「紡ぎの庭」の手入れ

「いやしの庭」ブルーサルビア、千日紅、ペンタス、ユリオプスデージー、レモンバーベナ、オレンジミント、レモンバームなど。

10月6日 「さくらそう花壇」の雑草抜き

10月10日「歩みの小径」お手入れ

10月13日 「歩みの小径」も10月中旬を迎え彩り良く咲き揃ってきました。日々の手入れと丁寧な灌水のお陰です。

「いやしの庭」のモッコウバラに続き時期外れになってしまいましたが月桂樹も剪定です。メキシカンセージが大株になり通路を塞ぎそうです。

10月19日 「駅前」25日の高校生の体験作業に向けて準備した資材ですが、残念ながら雨天で中止となり、27日にいやしの庭ボランティアで植え込みました。

ベゴニア、ジニアプロフュージョン、カンナはまだきれいに咲いていますが、霜には耐えられないので秋冬苗に交代です。

10月27日 「駅前」 植え込み苗はカルーナ、ガーデンシクラメン、チューリップの球根です。

10月31日 「歩みの小径」の古株の抜き取りです、堆肥場は満杯。私たちが利用できる業者持ち帰り処理の松見公園内の雑草や剪定枝の置き場所は1回につき約10袋のため、今回はクリーンセンターへ搬入です。

 

11月2日 「紡ぎの庭」の土作りは、TUGガーデナーに今回も「NPO青少年の自立を支える会シオン」から4人の応援を得て行いました。午後には枯れ松を切り倒すサークルの宿根草移植までお世話になり感謝です。

11月7日 松見公園の北側に生える高木に今まで気づかなかった黄緑の実をみつけました。この木なんの木? ちょっとした話題でした。アキニレに似てるかな? つくば市で植えたのか、鳥さんには「ただの木」か…。

「紡ぎの庭」花植え  お水やりの後は花植えの記念撮影

今回もご参加ありがとうございます!

「歩みの小径」花植え

「いやしの庭」古苗抜き取り後に、ボランティアの記念撮影

11月10日 「いやしの庭」花植え

11月11日  駅前の補植です。つくば市ウエルカムフラワーCITYつくばの花苗助成でビオラをいただきました。

下広岡の「たのし家」花壇に花植え応援にいきました。

11月12日 いやしの庭

松見公園の駐車場から園内に向かうには階段とスロープ道があります。スロープ道もその先も、ご覧のようなボコボコ道。ピンコロ石の石畳です。ママさんがガタガタいわせてベビーカーを押すのを見て、かつて車イスで母を散歩に連れ出し、「おざぶを敷いてもお尻が痛い」と言われたことをいつも思い出します。1mほどの幅で目地をコンクリートで埋めたい!

11月13日 お互い松見公園をフィールドにしているご縁から、歩みの小径の水やりを10月末より「NPO法人茨城の専攻科を考える会 福祉型専攻科シャンティつくば」の青年たちがボランティア活動で参加してくれています。

何しろたくさんの若者たち、ホースでは足りません。頼もしいペットボトル水やりリレーが登場でした。花の植え替え後の水やりの目が離せない時、ありがとうございます!

松見公園の紅葉です。

11月17日 松見公園管理棟入口プランターの植え替え

元松見公園入口?でしょうか、チェーンのかかった駐車場入り口で「展望塔口」「松見公園」のプレーが付いているレイズドベッドのガーデンも植え替え。となりのケヤキの根がコンテナの下から入り込んでいるため、土を入れ替えたい25センチ下まで掘り進めるのは大変な作業でした。

特別に登場です!

青く晴れ渡った空に映える黄色の実。つくば市小貝川運動公園の沿道にあった「センダン」。名前の由来は「千団子」らしいです。香木の「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」のビャクダンの香りの木とは違いましたが鈴なりの黄色の実は見事でした。

 

11月24日 

春にサクラソウを咲かせたプランターの植え替え作業。筑波大学さくらそう里親の会の今井さんより余剰芽の差し入れもありました。プランター21個では足りず、芽は持ち帰り冷蔵庫で来週までお休みとなりました。

 

メディカルイルミネーション取り付け作業 

「認定NPO法人青少年の自立を支える会シオン」の和久浩明さん、丸山純平さん、鍛原翔さん、安斎顕斗さん

「えがおの家」知久浩明さんのメッセージ

「作業も無事に終わりホッとしております。今年は大変な年となりましたが、入院患者の皆さま、医療関係者の皆さまに少しでも楽しんでもらえたら幸いです。よろしくお願いいたします。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月4日 つくば市松見公園にて「ラベンダースティックをつくろう!」

 

 

7月6日 TUGのTシャツのできあがり

7月13日 駅前プランター花殻つみ   

 

暑い日のなか、カンナが咲きました。

7月13日 いやしの庭」  ブルーベリー、カンゾウ、ヤマユリ

いやしの庭で北側に位置する「カラーガーデン」の植栽

ブルーサルビア、コリウス、ペンタス、ガウラ、モウズイカ

「アリスの窓」

7月18日 花と緑の環境美化コンクールに応募

7月20日 この夏、駅前プランターには月・水・金曜日に灌水をしています。

7月20日 「紡ぎの庭」ラベンダーの刈り取りなど手入れ

7月21日 「いやしの庭」毎週火曜日に手入れ 

火・木・土曜日に「いやしの庭」と「歩みの小径」のお水やり

7月21日 「いやしの庭

ミニトマトの手入れ 

 

ブドウの手入れ

 

お水をありがとう!

 

7月28日 松見公園管理棟入口プランターの補植作業

7月28日

8月10日  

8月11日 「いやしの庭」中学生のボランティア体験

8月11日

  

8月17日

8月18日 駅前にて、筑波高等学校体験学習について担当の先生方と打合せ

8月18日 「いやしの庭」 灌水ホースリールの運搬用台車(これは便利!です)

8月20日

8月23日 雨模様になりましたが、降りが弱くて灌水は必要でした。

8月25日 「いやしの庭」お水やりと花殻つみ

9月 1日 前半:モッコウバラの剪定

      後半:「つくば公園ガーデナー講座」テキストの「植物の手入れ」「花壇の手入れ」と基本的な水やり」まとめによるレクチャーと話し合い

9月 5日

9月8日 モッコウバラの剪定と剪定枝の整理

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コロナウイルス感染防止のため外出控えめなこの頃ですが

夏花壇への植え替え時期を迎え、自主活動再開です。

【5月】

5月1日 サクラソウ花壇

松見公園は今日も市民の憩いの場です。

「かわいいお嬢さん、お水をありがとう!」キンギョソウより

松見公園管理棟入口 夏花壇に模様替え

Aプランター「マリーゴールド・カンナ・マリーゴールド」

Bプランター「インカルビレア・ゴールドクレスト・ラベンダー

松見公園入口コンテナガーデンの植え込み

松見公園展望塔口のコンテナガーデンの植え込み ガウラ・ガザニア・マリーゴールド

【6月】

6月1日 紡ぎの庭 ( メディカルセンター前 )

阿見町のシオン学苑からの応援隊と夏花壇にむけての土つくり

6月2日 いやしの庭 花植え

植え込み苗/ブルーサルビア・ペンタス・コリウス・マリーゴールド・ミニトマト・バジル・

既存の宿根草/タイム・ウオールジャーマンダー・コモンセージ・パープルセージ・レモンバービナ・レモンバーム・カラミンサ・クリスマスローズ・ガザニア・ガウラ・チドリソウ・ラベンダー・チェリーセージ・バーバスカム・ユリオプスデージー・サクラソウなど

いやしの庭の花 アカンサス・カリステモン・ニューサイラン・ガクアジサイ

6月6日 紡ぎの庭 花植え

紡ぎの庭の紫陽花が見ごろ

メディカル花植えボランティア一同 「コロナに負けないぞ!」

歩みの小径 古苗抜き取り土つくり

6月10日 TXつくば駅A5出入口周囲コンテナガーデン花植え

駅前プランター32基のお水やり

Aプランター「ブルーサルビア・銅葉ベゴニア赤」

Bプランター「ブルーサルビア・銅葉ベゴニア白」

A寄せ植え/ローズマリー・銅葉カンナ赤・ペチュニアクリーム

B寄せ植え/ローズマリー・ルドベキア

その他プランター/ラベンダー・タイム・五色カズラ

6月14日 歩みの小径 花植え

植え込み/ブルーサルビア・センニチコウ・ジニアプロヒュージョン・サルビアコクシネア・アルテナンテラ

ベトナムよりつくばに来ている人たちの集いがあったようです。

ここに居合わせた記念にと数名に花植えのお誘いをしました。

 

新たな日常に2003年から続く「ラベンダースティックをつくろう!」を加えることが

できました。メディカルセンターはじめ周りの皆さんのご協力に感謝します。

6月30日 ラベンダースティックをつくろう!2020

筑波メディカルセンター病院前「紡ぎの庭」のラベンダーで香りのプレゼントつくり

(以上7枚撮影:TMC)

チラシを見ての参加でした。

36本の香りのプレゼントができました。

≪ 参加者の声 ≫

「ラベンダースティックをつくろう」に参加して

・梅雨の中、ラベンダーとたわむれて、ひと時やすらぎます。

・花は心のビタミン剤と言われますが 花と関わっていると心が豊かになりますね。

・香りのプレゼントつくりが出来て、楽しい時間が過ごせて、よかった!                                                「紡ぎの庭」のラベンダーさん、ありがとう!

・花は黙ってあなたの気持ちをわかってくれますね。どんな花も好きです。

・スティック作り。何度やってもまちがえる。                                                                                                 でも楽しい人達とうれしい集い、やっぱりうれしいね。

・前回はオリガミを教わり、今回はラベンダースティックです・・・

・花は咲きほぐみると、きれいな花を咲かせますので見てくださいね。

 

【7月】 松見公園にて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ