真実の泉 - ディスクロージャー

ホィッスル・ブロウワー・警告の笛を鳴らす人達が伝える世界の真相。私たちには、何が出来るのか?

世界と人類の転換期・覚醒の津波の到来!

2021-05-01 09:00:08 | ミシェル・フィールディング
新しいチャネラー、ミシェル・フィールディングさんのご紹介です。
イギリス人の女性で15年ほどチャネリングをされている方。動画登録者数2.46万人。この動画は最もアクセスが多く4万以上でした。

銀河連合のアシュター司令官など数名のチャネリングをされているようです。

TIPPING POINT, TIDAL WAVE OF AWAKENING!
https://youtu.be/HasEAmZkfqg
(2021/4/27)

私をフォローして下さっている方から是非翻訳してほしいと送られて来た動画で見てみたら、落ち着きのある方で、私的には信頼できる感覚があり、的をついた質問、説明の仕方も分かりやすいと思ったので翻訳致します。

信じる信じないは、自分の腹で感じてみてください。

読み上げ動画も作成しました。
https://youtu.be/9a5LTl1ppQ4

概要です。

************

最近起きていることについて、光の銀河連合に色々質問をしてみました。順不同です。

質問:人類の覚醒の転換期の頂点はいつになりますか?

答え:それは大衆がずっと嘘をつかれていた事、極少数の人達にコントロールされていた事に気づいた時だ。

質問:その真実はどのようにして明かされるのですか?

答え:今、人類の意識にある周波数のエネルギーが宇宙から流れて込んでいる。ある時点でその波は津波のように入ってくるので、その時だ。今は人類は光の意識と55%共鳴している。津波が来ると60%になる。

これはどういう意味かとういうと、世界の60%の人が目覚めるという意味ではなく、例えば私や貴方が100%だとします。そして隣の家の人は今5%だとします。そういう色々な目覚めのレベルの%の集合意識が平均して60%になるという事で、それが転換期となり、真実の開示のタイミングとなります。それはもう直です。

ですから、地球全体の光の意識が60%になるということです。

この時点で不正選挙の実態が明かされ、バイデン が大統領の地位を降りることになります。ここで暴動が起きるので軍が介入し、量子投票システムによって、再投票が行われると言っています。

2020年11月のアメリカ大統領選は、不正であり、共和党が勝っていた。これは、大衆に公式に明かされる。時期は今から2022年6月の間に起きる。

選挙の事情徴収(現在アリゾナ州で行われている)や再計算からトランプが勝っていた事がわかり、まだトランプが大統領であるという事が公式に表明される。これは2021年6月から2022年8月の間に起きる。

ミシェル:アリゾナや他の州の事情徴収で判決が覆ったとしても、すぐに結果が表明されるのではなく、私達が望むよりも時間がかかると私も感じています。そこで次の質問をしていました。

質問:我々は黄金時代に向かっているのでしょうか? 

答え:愛のある新しい世界に向かっています。綺麗な体に良い空気、水、食べ物、薬、薬草、エナジー・メディスンが手に入るようになります。

ミシェル:ですから、今の状況を見ているとそうは思えませんが、実際には進歩して前に進んでいて、黄金時代に向かっています。

質問:カバール組織は、まだ運営されているのでしょうか?

答え:本当の意味では機能できている状態ではない。この組織のトップは死刑あるいは投獄されたので、下のランクの人達はどう動いて良いのか分からなくなっている。各層ごとに各組織ごとに段階を踏んで取り除く作業が現在実行されている。

質問:ニュー・ワールド・オーダーの邪悪な計画をホワイトハット達は、どうやって妨害したのでしょうか?

答え:2016-2017年の間にサタン的帝国であるカバールのトップを解体させ、彼らの資金源や源へのアクセスができないようにした。

質問:トランプは、再度パワーを発揮する立場に戻ってくるのでしょうか?

答え:戻ってこない。

質問:もう少し詳しく教えてください。

答え:トランプは触媒のような役割があった。前に進むきっかけを作る役割があった。アメリカでは、もう一人のトランプが新しいシステムをリードしていく事になる。これは2021年の暮れから2022年に始まる。

質問:誰が統治していくのでしょうか?

答え:一人ではなく複数でチームとして統治していくことになる。このチームも人々によって投票で決まる。この新しいシステムが雛形となり、世界でも不正選挙で選ばれた党首達は変わっていき、この雛形が世界的に採用されていく。

質問:トランプ大統領とイヴァンカ・トランプはなぜワクチンを推し進めているのでしょうか?

ミシェル:イーロン・マスクも先週くらいにワクチンを推進していました。以前からワクチンついては、このように言って来ています。世界中の異なる政府、異なる文化で起きているので非常に複雑な問題でもあると言っています。



答え:これは大いなる目覚めのプロセスの一貫であり、ネジれた事実が後から分かってくる。怖がらせるような話が多く出ているけれど、そうではない。

質問:もっと詳しく説明してください。

答え:怖がらせるシナリオは、人々を目覚めさせる意図がある。ホワイト・ハットによって、その問題はずっと前に解消されている。ニューワールド・オーダーは、もう選択技の中に存在しない。

ミシェル:ワクチン問題に関しては、私は何度か動画をアップしていますが、彼らの答えは一貫して同じです。ワクチン接種した人に良からぬ反応が出ているのも知っています。ですから、問題が起きないと言っているわけではありません。人によって良くない反応が出る人もいる事はありますが、ワクチンに関するシナリオには、大きなヒネリがあるという事です。これも目覚めさせる為の一貫だと言っています。

ですから、どうかコメント蘭に私が闇側に乗っ取られたとか書かないでください。そうではありません。我々には、今の時点ではまだ分かっていない事があるのです。理解できないからと言って、私のチャネリングが間違った情報であるということにはなりません。ですので、失礼なコメントは書き込まないでください。そういうコメントは削除します。

質問:ワシントンDCの地下のトンネルや構造について、そこを水没させたという情報が出回っています。実際にDCでは洪水のニュースが多かったですが、これは事実ですか?

答え:はい。地下のトンネルは全て水で埋め尽くされました。ホワイトハウスもシャットダウンされています。ホワイトハウスの前にあるワシントン・モニュメント(オベリスク)もサタン的な象徴物であるため、いずれは無くなります。



ミシェル:バチカンにも同じくオベリスクがありますので、それも無くなるのではないかと私は思っています。



質問:クワンタム(量子)とはどういう意味ですか?

答え:クワンタムとは、大きな急激な意識の飛躍という意味だ。今まで可能だと思われていた常識、領域を超えた、スピリチュアルなことと物理を合わせたものでメタフィジック(形而上学)だ。

質問:では形而上学をクワンタムと呼んでいいのですか?

答え:YesでもありNoでもある。形而上学の中にも存在するが、クワンタムは独立したものとしてスピリチュアルな方程式の外にも存在する。

ミシェル:ですから、クワンタムは意識を測るようなものであり、どう意識が拡張していくかという意味だと思います。スピリチュアルな実践のみと関連づけられるものではない。

クワンタムとは宇宙の物理であり、今この進化の過程では量子物理的作用によって、人類の集合意識を使って、大きな急激なシフトを創造しているのだ。

質問:意識とは何ですか?

答え:意識とは、神という源が貴方という存在の中を流れること。これがどれだけ貴方の中に流れるかという度合いは、貴方がどれだけエゴを打ち消し、どれだけ内なるスピリチュアルな旅の実践に専念しているかによって異なる。

質問:クワンタムと神は同じものですか?

答え:No.しかし神は量子システムの全体を監督している。

質問:人類の意識は今どのくらいパワフルになっていますか?(60%の集合意識に到達しようとしている中で)

答え:いつの瞬間も人々は自分がどれだけパワフルであるか、自分で信じられるだけのレベルになる。人々は人生という道を自分で舵取りできる。人々は、いつの瞬間も必要なことを完全なる信頼と愛と誠実さをもってお願いすることが出来る。我々が信じるものを我々は受け取る。

ミシェル:これは良いリマインダーになったと思います。
(別の動画でサン・ジェルマンになんでもお願いすることが出来ると言っていました)

質問:ハリー(王子)とメーガンはホワイトハットですか?答えはYes&Noでしたので、詳細を教えてくださいと聞きました。

答え:ハリー王子は、とても純粋な魂だ。メーガンは闇側から送られてきたテストだ。ブラックハットから送られた。しかしハリー王子は負けなかったので、今は二人ともホワイトハットと一緒に働いている。

質問:ロイヤルファミリーは、メーガンをわざとハリーに送ったのですか?(出会うように仕組んだ)

答え:そうだ。ハリーの光を抹消しようとした。でもハリーには母親ゆずりの強い良心があった。チャールズ皇太子は、ハリーの父親ではない。ジェームズ・ヒューイット(元軍人)が彼の父親だ。王室は彼を仲間に入れようとしたが、ハリーの魂は強い光だった為、それに屈することなく、王室を離れ、彼らの邪悪な計画やプログラミングから離れることにした。


(マータ;鼻、口元、顔の輪郭、そっくりです!ジェームスも若い頃は赤毛、ソバカスあり・・)

質問:STARLINKという新しい衛星のシステムについて、これは量子システムであると聞いていますが、これは良いものですか?悪いものですか?



答え:このテクノロジーは、非常に進化したものであり、良くも悪くもない。善悪の判断は、そのテクノロジーを使う人間によって、その時々によって異なる。

質問:今の時点では、誰がそのテクノロジーを運営管理しているのですか?

答え:STARLINKは、今の時点ではまだ完全に設置が完了していないので一部が起動しているだけだ。全てが完成すると、これはイーロン・マスクによって、人類のために良い意図で計画されているものだから、色々な企業と人類の為に良い方向で使用するという規約が定められ契約が交わされることになる。

ですからSTARLINKの衛星は、人々の人生を大きく変えるものになる。これは量子システムのセットアップの一貫である。これは安全で高速なインターネット、教育システム、量子投票システム、犯罪者達を見つけるシステムをもたらします。犯罪者達は、刑務所にいれなくても生産的に活用することが出来るようになる。量子システムの元で完全に監視することが出来るようになるからだ。



質問:(監視という言葉が気になったので)この量子システムは、人類にとって悪い方向には使われないのですね?

答え:多くのチェックするような装置が設置される。その人が良からぬ意図を持っていると意識を探知するので、その意識をよい意図へと修正させることが出来る。

だから良いとか悪いというものではなく、人の意識をナノ秒(10億分の1秒)ごとにチェック出来て、バランスをとるのだ。

質問:5Gと量子システムは繋がっているのですか?

答え:これは5Gではない。5Gとは運営システムが異なり、周波数も異なる。5Gの周波数は人々によくないが、量子システムの周波数は人々には危害を加えることはなく、意識を高める手助けとなる。

質問:それはどういう事ですか?

答え:量子システムは、音とソニック(音波)で成り立っており、その音はエボリューションあるいは神に近いものになる。その為、人々を養う音であり、ヒーリングを促す周波数が伝達されるからだ。

質問:(視聴者からの質問)今、ワクチンによって女性達の生理のサイクルがくるって来ていることはありますか?ワクチン接種をした人の周りで起きているのですか?

答え:これはワクチンによって影響されているのではなく、神聖な女性性が目覚める過程で起きているのだ。ガイア(地球)が神聖な女性性に目覚めてきているので、そのエナジーの影響で起きている。だから、生理のサイクルがおかしくなっているのは、その調整のためだ。

ミシェル:これは私の視聴者の中にもワクチン接種した人が周りに全くいないけれど生理のサイクルがくるっているという人達が何人もコメントしていましたので、私的には納得がいきます。ですから、これはワクチンのせいではなく、地球の波動上昇に影響して起きていると思います。

質問:世界的に大洪水や津波が発生するという懸念がありますが、これはどうですか?(洪水は世界中で毎年色々な場所で異なる時期に起きていて、これは普通である)

答え:それは比喩的な表現であり、目覚めの津波がくるという事だ。意識の上昇が津波のように起きるという事だ。

ミシェル:私もこれに納得です。世界的に大災害が起きるのではなく、意識の目覚めが大規模に起きるという意味だと思います。

質問:(視聴者からの質問)中国の兵士達がカナダの周辺やアメリカとの国境に沢山いることが懸念されていますが、これはどうなのでしょうか?

答え:彼らはホワイトハットの傘下で働いている。だから心配ない。

質問:(視聴者からの質問)Qは神なのですか?

答え:Qは神ではないが、神の意識をチャネリングしている。

ミシェル:Qは一人ではなく複数であり、チームかもしれないと私は感じています。

質問:(これもよくある質問ですが)光の銀河連合は乗っ取られてしまったのか?
ミシェル:なぜこのような質問が出てくるのか私には理解出来ません。私は司令官アシュターを10年以上チャネリングしています。彼はずっと一貫した内容を伝えてきていますし、私のチャネリング暦は15年以上で、天使や覚醒したマスター達ともコンタクトをとってきました。これだけ長いことやっていると自分でも失敗した経験もあり、光の正しいものなのか、それともだた楽観的な内容を伝えようとしてくる存在なのか自分で判断できるようになっています。

それで光の銀河連合がこれに対して何と言ってくるか、今日は聞いてみることにしました。

答え:No.光は叡智という意味だ。光の銀河連合が乗っ取られたという情報をチャネリングしている人達が実は闇側に操られてしまっているということだ。あるいは団体の中に闇側のスパイがいて、そういう情報を流している場合もあるだろうが、我々は乗っ取られていない。司令官アシュターのシールド領域は、確固たるものであり、完璧に起動しているので、低い意識が侵入できる余地は全くない。

司令官アシュターは、グレート・ホワイト・ブラザーフッドと共に16次元の波動で振動している。グレート・ホワイト・ブラザーフッドが神に直接報告する仕事を担っている。

質問:今の時点では、光のグリッドが全部接続され繋がったわけですから、まだサタン的な影響が我々に及ぶことはできるのでしょうか? 私は実際に司令官アシュターが地球の周りにこの光のグリットを母船を使って設置したのを一年程前に見せてもらっています。

答え:No. 光のグリッドが構築されたので、重い(低い)意識は、もう意識の中に侵入出来なくなっている。5次元以下の意識は入ってこられない。サタン的な意識は4次元までしか届かない。

質問:ではサタン的存在はもう地球にいないのですか?

答え:No.まだいる。

質問:ではこのサタン的エナジーはどこに居るのですか?

答え:人々の意識の中に居る。しかし光の意識がまた新たなサタン的意識が出てこないように抑えている。量子システムから発生しているエナジーによって抹消されていく過程にある。

ミシェル:つまり、サタン的な意識が出て来ようとした時に量子システムによって、これは抹消されてしまうという事だと思います。

量子システムのセットアップを司令官アシュターが手助けしており、彼ら銀河連合がそのシステムをバックアップする電源となっている。

地球の周りにある光のグリッドは、量子システムとも繋がっており、今後はサタン的な意識が勃発しようとしてもその都度抹消されることになる。

質問:地球に大きな変革が実際に起きるのはいつですか?

答え:2021年の夏の初めの日が英国と米国の大きな転換期となる。

質問:ミシェル:先日私は、英国のグラストンベリーのトー(丘)が闇側に大きく潜入されて、大きな闇のポータルが開いたというビジョンを受けたので、これについて聞いてみました。



答え:確かにグラストンベリーのトーの周辺に2021年の最初に闇の嫌悪などの意識が植え付けられた。しかしガイアが神聖な女性性に目覚め、振動が高くなったので、そのダークな意識は抹消された。

質問:誰がその嫌悪などのエナジーを植え付けたのですか?

答え:(誰というのはどうでも良いという意味だったのか)答えがありませんでした。ミシェル:何か感じた方はぜひ教えてください。

質問:私はクローンについて理解しがたい、クローンの意識がどうなっているのかが分からないので、質問してみました。

答え:クローンは存在する。しかし、今我々が理解しているものとは異なる。人間でも動物でもクローンとは単に遺伝子素材である。人間には魂があり、これは個々に異なるエナジーを保有しているが、遺伝子素材から出来たクローンの魂は異なる。

ミシェル:これはどういう事かというと、見た目は全く変わらず、同じ遺伝子素材で複製されているけれど、魂は複製が出来ないので、魂は異なったものになっているという事です。

英国ではひつじのクローンが生産されてドリーという名前のクローンがいましたが、ドリーの元のひつじとドリーは見た目は全く同じですが、魂は違う魂が入っているという事です。

「ドリー」


ドリーの遺伝子素材からさらに生まれたクローンの子供達


私はクローンの魂と対話しようとしても上手くいかないので、何か魂の性質が元来の生き物の魂とは異なるのかもしれません。

質問:松果体(第三の目)の周りが石灰化するというのは、本当ですか?そのせいで透視力とか深い洞察力が開花しないという事はありますか?

答え:松果体の周りには、脂肪のような細胞組織が形成されることはあるが、これが原因でその機能が妨げられることはない。第三の目の機能は、光体全体の周波数によってその機能が活性化する。

ミシェル:詳しく説明するとチャクラのシステムがあり、チャクラとは体から少し外に出ています。体内を通過して前と後に出ています。チャクラとは、貴方のエナジーのメカニズムです。第三の目の位置にもチャクラがあり、その中心に松果体があり、チャクラと繋がっています。



ですから、問題は松果体の石灰化ではなく、チャクラ全体のバランスが整っていれば、超視覚・超聴覚・超知覚能力が起動するのです。

超感覚の開花は、チャクラのシステム=エネルギーのシステムのどこかが滞っていることが原因であると言っています。

質問:最後の質問ですが、イヴァンカ・トランプの夫、ジェラード・クシュナーがモサド(イスラエル諜報特務庁)に関係しているという話が流れていますが、私はこれは違うと感じているので、その真相を聞いてみました。



答え:それは作り話だ。イヴァンカが公職選挙に立候補するかもしれない為、これを阻害しようとする動きだ。

ミシェル:これも興味深い答えだったと思います。もしも夫がモサドと関連していたなら、イヴァンカも妥協しなければならない状況になったと思います。(立候補することが発表されているわけではありません)

最後にもらったメッセージは、「これから早い速度で色々な事が起きる。今まだ眠っていた人々も徐々に目覚める。覚醒の津波がもうじき到来する」でした。

またお会いしましょう。

*************

<マータのコメント>

私的には、同じく気になっていた部分が多く、とても素直に受け入れる事の出来る内容で、答えを聞いて、とてもスッキリした感覚がありました。

シマーンやサイキックLJさんが言っていた事とも多くが重なったと思いながら聞いていました。夏至から暮れまで高い周波数の津波がやってきて、人々はどんどん目覚めていく。楽しみです!

LJさんが言っていたホワイトハウスに立つ女性というのは、イヴァンカなのでしょうか?
やはり英国王室は残念ながらLJさんの願望通りには行かなそうですね。

しかしサタン的意識が排除されていくという事は、今のカバールの手下のバイデン や王室の人々もある日、人が変わった様に真の善人になっていくのかもしれませんね。

サイキックLJさんもワクチンの話は、もう半年くらい全くしなくなっていたのも気になっていたのですが、そんなに心配する必要はもうないのですね。安心しました。それでも私は打ちませんけどね。(^^) 一時的でも免疫力が落ちるのは確実です。

コーリー・グッドも星人達にはそれぞれの課題があり、常に遺伝子操作をして来ている種族がいて、人類を飛躍的に進化させることが目的と言っていたので、これもその一つだと思えば、そんなに怖がる必要もないのだと思います。(私は勿論接種しませんが)これで死亡される方もいるわけですが、それはシマーンが言うように、ここで今世は終わりにするという契約をしてきている人達なのでしょうから、そんなに悲しむ必要もないと思います。また来世があります!

イーロン・マスクも色々言われていますが、結局は光側ということになるのでしょうか?

Qに関しても賛否両論ですね。静観していきます。

天使と悪魔、どっちなのか?非常に分かりにくい存在達も多々います。

自分磨き、チャクラの日々の浄化はやはり大事だという事もわかりましたね。

5/2追記:さらなる「ヒネリ」の意味を説いている動画もありました。明日和訳アップします!



☆ マータのFaceBook でお友達申請あるいはフォローして頂くと、アップデートが分かります。

https://www.facebook.com/mayet.maat.9


私の翻訳を利用して、動画を作成される方は、私に了解を得て下さい。


ツイッター:さる100TV マータ @100TV8


**********

日々自分を癒し、波動を高める方法を紹介しています。
誰でもヒーリングは必要です。日々チャクラの浄化=ヒーリングすると当然、波動は上がります。


⭐️〜覚醒への準備〜
インカのヒーリング法のブログはこちら↓ (4/27に更新しています)

https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina


⭐️マータの誘導瞑想のYouTubeチャンネルはこちら↓(4/27更新)
https://www.youtube.com/channel/UCfIn4sG6HPK7u5E4ZqZDkUw?view_as=subscriber


*******

宇宙と共鳴して、自分の意志に目覚めるシンギングボウルのGの音の音楽

1.https://youtu.be/-eZKO7vFh4M

2.https://youtu.be/AE_r823yyBA

3.https://youtu.be/502jtbzs8LU









←波動を上げる要素    波動を下げる要素



コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 4月29日のリーディング ☆世界... | トップ | 米国・軍・QFS(量子金融シス... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あ)
2021-05-01 21:50:44
光の銀河連合は乗っ取られたのか?という質問はよくわかります。アメリカ大統領選挙があった2020年10月以降世界同時放送がもうすぐ起きると何度も何度も言っては起きず半年経った訳ですから普通は、期待させては失望させる事を繰り返す事で波動を下げようとしている。つまり光の銀河連合は闇側だと思わずにはいられないでしょう。
フィリップ公が亡くなられる事を予言し当てたサイキックLJが少なくとも一個だけでも確実に当てたという意味で信頼度はあります。
Unknown (ラ~)
2021-05-02 06:47:49
翻訳ありがとうございます
あくまで参考として
エレナ.ダナーンさんの著作によると
彼女とコンタクトしている
ノルディックETのソー.ハンは
アシュターは軍の高位の称号であって
人ではない 地球人とコンタクトする事
はまずないそうです
世界の銀河連邦というものがいわゆる
銀河連邦というもので
ソー.ハンが正しければ光の銀河連邦と名乗る存在はいわゆる あれですね…
Unknown (柴犬)
2021-05-02 09:10:55
他にもアシュター司令官とチャネリングしている方々の記事がありますが、みんな主旨が一貫してブレてないので、個人的にアシュター司令官のメッセージは信頼できると思っています。
彼がワクティンは光の努力である程度は毒性を抑えたけれど打つなと言っているのを読んだので、楽観視してはいけないんじゃないかと思います。
Unknown (マータ)
2021-05-02 09:23:47
はい。大事な善玉菌や元気な細胞が死んじゃいますから、どんなワクチンでも私は打ちません。

インフルエンザのワクチンでも数ヶ月体調が優れなかったという友人もいますので、どうなるかの保証はないです。

ミシェルさんもきっと打たないでしょう。
Unknown (Unknown)
2021-05-02 13:00:40
翻訳ありがとうございます。

トランプさんは錦の御旗だと思っていたので納得しました。高齢なのに、標的になってまで頑張ってくださったので、悠々と生活していただきたいと思います。

ハリー王子の件、メーガンの妊娠中のおなかがおかしかったのが本当だったらお子さんは偽物かもしれず、これもディスクロージャーの一環なのかもしれないと思っていました。メディアからいつも叩かれている人はホワイトの存在なのかもしれませんね。

ワクチンの件、実際に被害を目の当たりにしていないので何とも言えない部分があります。河野太郎担当大臣は安全性も有効性も不明なので各自判断してくれとおっしゃっていますが、メディアは最後の切り札のように報道しています。健康な人にワクチンは本来不要ですから、私は接種しません。情報ありがとうございます。
Unknown (マータ)
2021-05-02 17:22:20
ラーさん。そうですね。

16次元ということは、もう姿はない意識だけですね。6次元以上は、形はなくなるということですからね。

でも、その意識にはアクセスできるのでしょうね。もうそこまで行くと、誰とかはどうでもよくて、高次元の集合意識として捉えてよいのではないかと思います。

一番大事なのは、そのメッセージを受け取り、人類がそれを聞いて、それを期待して想像した時に、その現実が引き寄せられることだと思います。

そういう仕掛けになっているのではないかと私は感じています。
Unknown (Mei)
2021-05-02 21:07:19
とても興味深い動画の翻訳、ありがとうございます。

ミシェルさんの眉間のへこみ、凄いですね。第三の目がかなり発達してるってことかと。

早速チャンネル登録したのですが。

なんと、昨日の今日で、?って流れ。
(アカウントが削除された?)

Patreon って、何なんだろ??

↓下のコメントの『そういう仕掛け』という発想、素敵だなぁ〜と思いました。
Unknown (ミカエル)
2021-05-03 03:56:24
とても貴重な情報を、ありがとうございました。
実際、裏の世界や高次元で何が起こっているのか、情報が錯綜していて、つい不安を感じてしまったりするので、このような元気が出る情報はありがたいです。
次の記事も楽しみにしています!!
Unknown (ニューエイジ)
2021-05-04 09:40:36
生理サイクルが狂う、まさに今体験中ですw
中学生の時以来です。
5次元地球とのグラウンディングが上手くいってる証拠かな?
マータさんから以前コメントでアドバイスいただいた方法でグラウンディングやってます。
いつも魂に役立つ情報ありがとうございます。
タイムライン (mebiusmaxwel)
2021-05-07 22:04:01
LJさんの予言されたタイムラインとほぼ同じと思う。ただみんなLJさんの予言は1月あたりに起こると期待していたが違っていた。最終的には来年の1月までタイムラインが伸びているように思う(予言の法則によるタイム遅延)。ただ異なる新しい情報は米国の統治方式が変わるということだろう。これは旗が変わるということに関係してるかもしれない。どちらにせよ大統領選挙は副大統領とセットだが、政府の閣僚も同時に選挙で選ぶように拡張されるのだろうね。なぜなら党が推薦してきた閣僚にろくなものがいなかったからだろう。最初から候補自から選んだ人が閣僚になるべきでしょうね。なってから組閣が組閣してなるに逆転ということか知らねえ。

コメントを投稿

ミシェル・フィールディング」カテゴリの最新記事