徳丸パラダイス食堂のブログ

池袋で移動販売10年、現在東武東上線大山駅にて「ライモンディ」として営業中。新店舗の地を探しオーナーは流浪の旅の途中

ホンモノはイロあせない

2021-09-11 00:56:54 | 音楽サイコー
色々考えて悩んだりする方です。
いや、いつもじゃないけどね

あれやこれやと
この数年はある部分が定まらず
彷徨い歩いていたのかも

だけどやっとまたしばらくの間は
こうだよなぁ〜という確信があって
やっていけそうだ

そんなワタシが今のトコ辿り着いた心境を、ずっと昔に歌っている人がいた。

甲本ヒロト、ブルーハーツです。
情熱の薔薇の中の歌詞ですね

「見てきた物や聞いた事
今まで覚えた全部
デタラメだったら面白い
そんな気持ち分かるでしょう
答えはきっと奥の方
心のずっと奥の方」

昔から知ってたし
CDも持ってたし良く聴いてた。

でも全く違う方向から
悩んで考えて歩いて来て、
今の自分の心境で
この曲この歌詞を思い出したら
その時、
ホント凄い
カキーーン!って気持ちだった

凄すぎるぜブルーハーツ!

腹の中まではしゃべりません。
歌詞の字のまんま読み取ったら
ワタシの今の心境とは
すこ〜しが、全然違います。

ん〜〜やっぱ良いよな〜
ブルーハーツ!

そしてこの方
こんな事も言ってます。

売れてるモノが良い物なら
世界一のラーメンは
カップラーメンだ

イエイ!!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

好きな人の伝記映画はいいね!

2021-09-03 17:19:18 | 音楽サイコー
ワタシの憧れるミュージシャンの
映画を見た


その中でこう言っていた

「自分の演奏に納得できれば、
観客の反応がどうであれ私は満足だ。
いつもより多くの観客が喝采を送ったとしても、
自分で失敗だと思えば喜べない。
観客の反応を見て
演奏の出来を判断したりしない。」

その通りだ。
その通りだぜー

普段は分かっているのに、
カレーの事になると
忘れて無駄に悩んだ時期あったなぁ。
無益な時間だったが…
皆んなに美味しい時間を過ごして欲しかったからさ……
一生懸命過ぎて裏目に。。

だけど
ワタシはマクドナルドでもなけりゃ、松屋でも、サッポロ一番でも無い。

彼の言葉の意味通りの、
本物の旋律の様にあるべきだ

こうも言っていた。

「舞台の上では自分の為に弾く。
確信があるからだ。
自分自身が満足できる演奏をすれば観客にも伝わると。



グレイテストーーッ!
迷ったのは自分自身の中で実力不足だったから。
永遠にずっと上手くなり続けるしかない。
自分の中の確信を信じろ〜
そうしていいだけの実力をつけろ〜

缶コーヒーファンの為に
最高のコーヒーを淹れるなんて
誰にも出来やしない


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゲスカスゲス!

2021-08-29 08:51:17 | 音楽サイコー
商業ロックにまみれた
恥ずべき地獄の80年代を
完璧に破壊したバンド、それが
ニルヴァーナ

1991年に発売された
ニルヴァーナのアルバム、
NEVER MINDの衝撃は
歪んだロックシーンを
根底から引っくり返し、
ロックに寄生する偽物を
完全に焼き払った

ちなみに80年代がティーンエイジだったワタシも、騙されて偽物CDも沢山聴いていた、イヤ…聴かされていた一人であります。
最悪の時期に生まれてしまった
ロックファンの一員なので御座います

ニルヴァーナを聴いた瞬間に、
今迄持ってたCDが恥ずかしくなり、
頭をカチ割られ、目から鱗が百枚程落ちて目が覚めました。

本当ここまで言っても
何もウソじゃない。
それ程80年代のクソ商業偽物ロックの流れを、180度変えたモンスターバンドであり、モンスターアルバムなのです。

それから30年……

ジャケットの赤ちゃんが
30年の時を越えニルヴァーナを、
性的搾取?だか
児童ポルノ?だかで訴えました

30年?????

写真撮らせたの誰だ???
写真売ったの誰だ??
あの赤ちゃんです、と
誰がバラした??名乗ったのか??

あのジャケットのオマージュ作品を、以前に何度か自分で作って発表したりしてたのはアナタ本人。
お前の人生の一つとして利用してきて今更ねえ…

これは大問題だなんて
クソバカな記事書いてる
最悪にテキトーなライターもいるしさ……

カスだなぁ……まぢカスだ

金が無くなったか?

訴えるならその写真を世に出す事を許した、親とかだろ?
それじゃ儲からないな!

もし金貰えても
お前の様な低俗な
誇りのカケラも無い奴に
明日はネエ!

久々にドカスを見たわ〜


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

70's歌謡 「夢の中へ」

2020-03-03 11:00:00 | 音楽サイコー
井上陽水の曲「夢の中へ」

この曲には俗説があって、
これは井上陽水が
警察のガサ入れに対して
揶揄して歌ったというもの

あまりに当てはまるので
ワタシも信じていたのだが、
どうやら違うようだ。

何故なら
曲の発表は1973年で、
彼が大麻で逮捕されたのは
その四年後だからだ

そして陽水本人も
薬についての歌では無いと
きっぱり否定している

しかし本当に
聴けば聴くほど
歌詞が当てはまり過ぎて
笑ってしまう!

どこかで、
やっぱりそうなんじゃ……と
思ってしまいたくなる程だ

そんな折、
マッキーが逮捕されたが…
何と去年!
彼は「夢の中へ」を
カバーしてリリースしているのだ〜♪

モチロン彼も
俗説は知っていただろうし
どんな気持ちで歌ったんだろうか

パクられた時彼の頭には
「夢の中へ」が流れたんではなかろうか…

そんなこんな思って聴くと
サイコーおもしろい。
もうガサ入れの歌でいいじゃん…
その方がオモシロいよ!

「夢の中へ」

捜しモノはなんですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も机の中も
探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか
それより僕と踊りませんか?
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?

ufufu- ufufu- さぁ

休む事も許されず
笑う事も止められて
はいつくばって はいつくばって
いったい何を探しているのか

探すのをやめた時
見つかる事も良くある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?

ufufu- ufufu- さぁ

探しものは何ですか?
まだまだ探す気ですか
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?

ufufu- ufufu- さぁ
ufufu-夢の中へ ufufu-夢の中へ
ufufu-さぁ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

70's歌謡 「襟裳岬」

2020-02-27 17:30:47 | 音楽サイコー
もう店はほぼ70年代日本歌謡ばっかり。
んー楽し〜〜

色々いい曲もあるけど今回は、
「襟裳岬」

森進一の代表曲として有名ですが、
なんとあれ!
吉田拓郎の作曲で
本人も歌っています

彼が歌うとフォークソングの様で、
しっかり拓郎っぽい曲。
本人曰く
キャロルキングの様に歌ったらしい。

普段彼は曲を提供すると
歌唱指導をしていたそうです。
しかし、
森進一の時は行かなかったらしく、
あとから聞いて
「ひっくり返った」と表現してました。

良くも悪くもそうなんだろう。
拓郎の襟裳岬を聞けば良く分かります

あーーーんなに力入れて、

えええぇぇりぃぃものぉぉぉーー!
はるぅぅぅはぁぁぁあーー!

と歌うなんて
元歌からは想像つかない!

しかし皆んな知ってるのは
森進一の襟裳岬な訳で
何がどうなるか分からないもんです

ワタシはどちらも好き!

そして歌詞も素敵!すてきやん!

と思ったら、
なんとこの歌詞の3番に
森進一がカンドーしたからも
彼が歌う事になった理由の一つらしい。

そしてワタシが
この曲に出会えたのは
ガキの使いでココリコ遠藤が
森進一のモノマネしていたからです……
最初はただ爆笑してました…♪
いや
わからんもんです

「襟裳岬」

北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい
理由のわからないことで 
悩んでいるうちに
老いぼれてしまうから 
黙りとおした歳月
拾い集めて 暖めあおう

襟裳の春は 何もない春です

〜2番割愛〜

襟裳の春は 何もない春です

日々の暮しは いやでもやってくるけど
静かに 笑ってしまおう
いじけることだけが 
生きることだと
飼い馴らしすぎたので 
身構えながら話すなんて
ああ おくびょうなんだよね

襟裳の春は 何もない春です

寒い友だちが 訪ねてきたよ
遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キヨシロー!

2020-02-16 22:15:50 | 音楽サイコー
輝き続けるキヨシロー。

という番組を見た!

いやーいいねぇ♪

キヨシローの話してるだけで
皆んなが優しい気持ちになって
幸せな空間になる

ワタシの中でキヨシローは
ラブ&ロックな人

いつも彼の持つ優しさが
ワタシを助けてくれたし、
彼のロックなスピリットが
ワタシを励ましてくれた

ワタシはキヨシローの様に
優しい人になりたかったし、
なれない事も知っている

でもキヨシローが心に浮かぶだけで、
自然と自分に問いかけてる。
人に優しいか、
人にとって幸せな人間か。

彼はあんなに華奢で優しくシャイな人間なのに、
仲間からの呼び名はボスって!

力や権力じゃなく、
優しさやその存在で
人にボスと呼ばせる人なんて
どれくらいいるものか

ホントーにサイコーだぜキヨシロー!

だけど出演していた泉谷しげるが
信者になっちゃいけない、と
言っていたが、
本当にそう思うなぁ

彼の優しさにあこがれたり、
あの人間性が大好きだったりするけど
ワタシは彼とは違うし、
違う意見も言える人間であるべき
だーーー!

まぁしかしいっか!
とにかくサイコーだぜ〜

いつもキヨシローにふれると
キモチEぜ〜♪

イェーーーイ!
会いたい〜人がぁ〜いるんだあ〜
どうしようもなく〜どうしようもなく〜

君が〜僕を〜知ってる〜♪
愛し合ってるぜーーい!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まっきーーー!

2020-02-14 16:13:45 | 音楽サイコー
ん〜〜
槇原敬之がパクられたらしいねぇ

TV見ないからよう分からんけど、
さすがに耳にした。

また叩かれてるのかなぁ〜
さんざんな事言われてるのかなぁ〜

ワタシは別にどーでもいいなぁ…

彼は普段から暴力的だったり、
イヤな奴だったり、
迷惑なヤツだったのだろうか。

TVで見る限り
野蛮人には見えない。
知らんけど〜〜
そんな感じ無いじゃない

確かに彼は法を犯した。

映画デスノートの鹿賀丈史の台詞が
心に思い出される

「確かに法は完璧じゃない!
しかし法は、そうながらも
人間が正しく生きようとした結晶だ!
だからそれを犯す奴を私は許さない!」

とか、そんな感じだった。
(細かく覚えてなくてすいません!)

ワタシは堅苦しいのキライなほうだけど、
この台詞にはカンドーして、
少し涙がチョチョ切れた。

だから彼は罰せられても仕方無い。
どんなに整備されて無い法律だろうと。

逆に言えば、
だからこそ、
もっとちゃんと法整備しろよ!

彼が罰せられて、
それだけじゃなく、

人格まで否定されて、
音楽まで亡きモノにされて、
全てそれありき人生にされるのかな。
だとしたら、
何てヒドイ無知な野蛮人社会か。

多分今そこのアナタが
聞いてる音楽も
一度パクられたヤツのかも知れないよ♪
あははは〜

いやホント。
調べたら沢山沢山いるよ。
薬やったヤツなら。
1人捕まる裏には30人いるかもね。
ゴキブリ理論だっ!

ピエール瀧もマーシーも、
もう別にいいじゃないか。

法に触れないで
毎日悪いことしてる奴ゴマンといるよ。

よっぽど恐ろしいヒドイ人間がね。

部屋で一人クスリやってる
迷惑かからない奴のほうが、

合法的に他人に暴力的なヤツより、
よっぽどワタシはいいけどなぁ〜

罰を受けたらもういいじゃないか!
クスリは犯罪から、
病気として扱うようになって来ています

人間皆んな、他人から見れば
多少なりビョーキがあるもんでしょ?!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒデキ感激♪

2020-01-31 09:36:30 | 音楽サイコー
息子ちゃんのお陰で
ものすごいヒデキを見る

全然気づいていなかった、
あの人の

爽快で元気!
輝き、清々しさ、かっこよさ!

そういえば生前、
一度たりともヒデキの
イヤな感じをみた記憶は無い。

いつも爽やかに笑顔で
凄く気持ち良いイメージしか無い

そんなヒデキ西城を
息子ちゃんと歌って踊って、
彼の偉大さを感じ、

今も、ヒデキで
精一杯踊る息子ちゃんを見て

空から喜んでくれてるだろうなぁ
なんて、勝手に思っちゃいます

だって、そんな嬉しい事って無いよねぇ〜

ありがとうヒデキ!♪

今日も息子ちゃんは
保育園に向かいながら、
ヤングマン!
熱唱していましたよー♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悩める毎日2

2019-02-20 19:04:20 | 音楽サイコー
仕込み失敗で寂しく一人仕込み直しているので
続き書いちゃお〜っと。

当時はまだ阿寒湖畔は番外地で、コンビニも無く、
夜9時か10時にスーパーが閉まると何も買えなかった

そんな中、
民芸品屋のバイト達が
ひと所に集まって腹が減る訳ですよ

何かないかー何かないかーって
木彫りの鮭熊よけながら、
みんなでそこいら中あさって
食い物を探すんですね。
そしたらホコリかぶったダンボールの中から
乾麺のウドンがでてきたんです!

北海道は阿寒湖畔の寒い夜
裸電球一つの民芸品屋の屋根裏で、
そのウドンをみんなで茹でて、
肩寄せ合って分けて食べる。
そりゃ最高に美味いですよ。

どんな料亭だろうと、
究極のウドンだろうと勝てる筈が無いですよね〜

今後は何処へ行っても
何処で食っても、
最高の味を機械が提供してくれる時代が来るらしいです

音楽は食に先立って、
アプリを入れたら
誰もが同じ音楽ライブラリーを持つ様になったんですね

何処の誰の所へ行っても、
棚に並んでいる音楽は全て同じという事です
とても素晴らしいし、凄いなぁと思います。
僕も入りたいなともモチロン思います。

でもホコリかぶった乾麺もいいなって思いも消せないんです。

完璧に揃った音楽ライブラリーを
みんなが持っている時代に、
それを持たず、
自分の本当に好きな音楽だけ
大切に持ってるホコリかぶったおっさん。

そのおっさんがかける音楽の素晴らしさって、
それはまるで乾麺のウドンなんじゃないかって思うんです

最高のライブラリーが
いつでも最高の音楽を提供してくれたとしても、
本当に身に沁みる音は、
ホコリかぶったおっさんの乾麺じゃないと鳴らないんじゃないかなぁ〜
なんて思ってしまうのです!




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悩める毎日

2019-02-19 13:21:55 | 音楽サイコー
ワタシは今、音楽聴き放題アプリ?
とやらを契約しようか人生の分岐点で頭を抱えています

大袈裟?
ですよね

しかし本人は大真面目!

誰もがダウンロードで音楽を聴く時代。分かります。
いいと思います!
なのでワタシも悩んでいるんですね

ワタシは年中音楽を聴きっぱなしだし、
いつも知らない曲に出会うのを喜びとしている人間です。

何を躊躇するのかって??
やらない理由が見当たらないですよね!

ん〜〜
長くなりそうだ……なので、
一言で言ってしまえば、
まだ音楽を大事に宝箱に一つ一つしまっていく様な、
そこにそれがある、という価値を持っていたいから。
ですかね〜
上手く言えてるかなぁ…う〜む…

本当に長くなりそうなのでこの辺で!
もしかしたら、つづく…


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする