迷惑メールは大迷惑

携帯電話とかパソコンとかに形式的な勧誘のメールがたくさん来ますが迷惑を通り越して犯罪にもなってます。困ったものです。

インズウェッブの火災保険の紹介です

2011年09月28日 01時02分41秒 | 保険

「こんなときに使える火災保険100事例」の中で
自分がお得だと思うのは「噴火で家が燃えた。」ですね。
噴火でも火災保険が使えるとは知りませんでした。
確かに火災保険で使えそうな気がします。
その他インズウェッブのサイトでは
火災や天災に関するのランキング情報として

・あなたは、火災の原因が何かご存知ですか?

 1位:放火・放火の疑い
 2位:こんろ
 3位:たばこ

・あなたは、放火が起きている曜日。何曜日が多いかご存知ですか?

 1位:日曜日
 2位:土曜日
 3位:月曜日

・あなたは、人口あたりの出火率が低い県がどこかご存知ですか?

 1位:富山県
 2位:京都府
 3位:石川県
などとなります。
なかなか面白いです。

火災保険 ランキングとしてインズウェブにおける、
火災保険のランキング情報については、
火災保険は一般的に目的別に契約をするそうです。
よくある例として

1.建物を目的とする

2.家財(テレビや服など)を目的とする

だそうです。

各年代の家財に対する希望補償金額のランキングとしては

【30代】
 1位:500万円
 2位:1000万円
 3位:300万円

【40代】
 1位:500万円
 2位:1000万円
 3位:300万円

【50代】
 1位:500万円
 2位:1000万円
 3位:300万円

【60代】
 1位:500万円
 2位:1000万円
 3位:100万円
 4位:300万円

で調査期間 2010年8月~2011年8月だそうです。
なかなか面白いですね。














マクロミルへ登録
お得なポイント貯まる!ECナビ


215_60












コメント

火災保険のインズウェブの紹介です

2011年07月03日 01時02分44秒 | 保険
『こんなときに使える火災保険100事例』を見て
自分がお得だと思った事例は、
「親子ゲンカの上、子供が家に火を点けて燃えた。」ですね。
普通はもみ消すというか隠すというか
隠蔽するケースが多いのに堂々と保険が
使えるとはいい事です。
ということでインズウェブのサイトは、
自分でも見てみましたが
火災保険一括見積もり窓口という事で
火災保険の事が詳しく説明されています。
もちろん一括見積もりで一番安い火災保険を
見つける事もできます。
みなさんどうでしょうか。












マクロミルへ登録

お得なポイント貯まる!ECナビ


215_60












コメント