荒川区南千住あさり接骨院ブログ

良好な感覚から効率的な運動へ。身体は気づきで変わる。

ランニングから身体を整える

2020-02-01 08:30:00 | 日記
個人的にランニングは身体を整える整体だと考えている。(ランニング障害)

先日、ランニングと身体をチェックしてもらったところ

あらゆる問題点が見つかった。

1、身体の落下がうまくできていない。

例えば右足着地時に右肩が上がっている。
これだと落下に向かうエネルギーが分散され床半力をうまく使えない。

理想は頬まで揺れる床半力を感じなければならない。

2、膝が内側に入る

いわゆるニーイントゥアウト。
最も膝に悪い使い方。
足着地の仕方、仙腸関節の可動域がよくない。

3、手の振りは引いたり上げたりはダメ

腕は振り下ろす。肘を落下方向へ。


他色々教わる。

患者様には色々教えることがあるが

自分で体現するのは意外と難しい。

指導されて上手くいかないのは

大脳皮質の関係だ。

大脳は計画を立てるところであって

身体を動かすところではない。

計画に行動がついていっていないのだ。

この修正には「失敗」という経験が必要。

失敗を経験して少しずつ勝手に補正していく。

やはり失敗は成功の元なのだ。

コレらがうまくいくと身体は上手く機能し身体はうんと効率良く動くようになる。

楽に動いてくれる。

日常生活、スポーツパフォーマンスは向上する。

自分の身体を知り変わる事は本当に楽しい。

楽しみが一つまた増えました。

南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院は熟年アスリートを応援します。

※フォローしてくださった方はできる範囲で相談のります。

コメントください。


交通事故 労災
南千住三ノ輪あさり鍼灸接骨院



最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。