TAKAGIYA

バスフィッシングトーナメントを楽しんでいる人のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今シーズン総括

2018-10-02 20:23:03 | 日記

MIYAGAWAYAのご主人、惜しかった。
AOY2回目の壁というのがどれぐらい高いかを感じたFinal STAGEでした。

で、ワタシの方は、NABのFinal STAGEをもって、今年のトーナメント活動は終了です。
毎年、KADに参戦するのですが、今年は都合が悪く断念。。
giveawayがアメリカンでいつも楽しみなのですが、、うーん、しょうがない。

NABの年間成績は10位。いつもお立ち台1回、年間はシングル。を目標にしているのですが、
結果的には、お立ち台1回立てたし、年間もまあトップ10ということでほぼ達成。
2019年度ゼッケン一覧にはどんな一言が記載されるか楽しみなところです。
けど、10位という結果をどうみるか、というと、JB霞の代替戦とNABがかぶっていたりして、参加者が年間通じてフル参戦していないこともあり、その分年間順位を押し上げたのかなと見えます。
しっかり釣るべき試合は釣ってきて、とか、あと1本とか、まだ何かが足りないように感じますので、来年は修正できたらなと思っています。



仕事もプライベートも忙しく、練習も試合前日に入る程度。
※最終戦は頑張って金曜日に沼って、大雨と風にやられたのは秘密、、というより、既知の情報(Y添さん2位コメントより)です(涙)

それらが優先でどうしても制約が出てきてしまう歳なのかもしれません。
NABの試合の日に、娘の運動会の日とか、その他イベントと重なっていないか心配しますし。
参加者の皆さんの中にはワタシよりもっと大変な方が多いはず。結果もそうですけど、試合に参加でき、試合を楽しむということが出来たという点では満足かと思います。
そんな環境を作っていただいているNABのスタッフの皆様、参加されている皆様、1年お疲れ様でした。そして来年もよろしくお願いします!

って感じでシーズンも終わった感があるので、ボートやトレーラーメンテを進めていこうと思っています。

コメント

サングラスのレンズ変更

2018-09-09 12:20:46 | 日記

部屋の片付けをしていたら、昔使っていたオークリーのサングラスが出てきました。
ご覧のようにレンズのコーティングが剥げてしまったので、買い換えましたが、そのあとはほっぽらかしになっていたものです。

アメリカに行ったとき(確かU.S OPENだったと思いますので、十年以上前)、ラスベガスのどこかのショッピングモールで自分へのお土産として購入したものなので、捨てずにいつかレンズだけ交換してリサイクルしようと思っていました。今回のこのタイミングでレンズを入れることに。

余談ですが、ワタシ、鼻が少しスッとしているため、U.Sサイズのサングラスでもある程度フィットしてくれるのがささやかな自慢です。。(スッとしているというのは良い書き方ですが、要は鼻が大きい。というのはコンプレックス、、)

そして、極度の近視です。
生まれてから視力検査で裸眼では1.0なんて超えたことがありません。
目が悪い、というコンプレックスもあるせいか、サイトフィッシングもできないし、水の中のネストなんて到底見つけられません。今はコンタクトレンズで、それなりに水の中も見えるとは思うのですが、きっと見ようとしていないんでしょうね。
印旛沼のネストはワタシから見えないところにあります。と思っていますし、バスが泳いでいると思って投げると、大抵、鯉が釣れることの方が多いです(笑)

そんな感じなので、サングラスは一応偏光ですが、特にこだわりもなく、眩しくなければよいかな程度でした。


ちょっとググってみると、、タレックスが良さげ。
それなりにお値段も手ごろのようですし、何となくブランド力もありそうだし。近所のイオンにあるメガネ屋さんでも交換できそうなので、買い物ついでに立ち寄ってきました。
丁寧な店員さんの接客で、いろいろなレンズカラーがあることを知り。。。サンプルいっぱい比較してみる。。。
そりゃーなんとなくわかっていましたけど、、今使っているのと比べで色合いが薄くて、とかそんなノリで交換してもらおうと思っていたので。

最後はパンフレットとサンプルのレンズ1枚を渡され、「これで勉強して来い」という感じでしょうか。1週間程悩みました。



そしてどのレンズを選んだかというと、タレックスのホームページで、イヨケンさん、並木さん、田辺さんの3人が使用(薦めて)いる”ラスターオレンジ”にしました。
今持っているのはオークリーのブラックイリジウムという濃い色なので、曇ったとき用にほしいと思っていた。という当初の思いと、曇りの日に明るく見える感じ、これはホームページにも書いてあるように、コントラストが強くてはっきり見えた点。フィールドでも見やすそうだなと。

何よりも心に刺さったのは、、
並木さん曰く、「年齢を重ねて見えにくくなってくると、日中でも明るいレンズカラーの方が見やすく感じてくる」とのことでして、、
結局これが購入の決め手なのはナイショです(笑)


フィールドで試していないですが、数少ない釣行の日がすべてピーカンだったら残念ですけど、早く試してみたいですね。


ちなみにワタシの周りの印旛沼の諸先輩方は、サングラスのカラーなんて話さないですよ。
「水中の魚が見えるか?」よりか、「フックにラインが結べるか?」ですよ。

ワタシもそろそろでしょうね。。近眼の人は老眼が来るのが遅い、という都市伝説を信じています。。

コメント

2017年夏アメリカ旅行(5日目)

2018-08-17 21:09:28 | 2017年夏アメリカ旅行

5日目はアンテロープキャニオンに行きました。
アンテロープキャニオンは国立公園ではなく、ナホバ居留置といって、要はインディアンの方が管理している箇所であるため、個人で立ち入ることはできずに現地ガイドが必要となるため、観光客はツアーを申し込む必要があります。

アンテロープキャニオンは「アッパー」と「ローアー」の2箇所があります。
アッパーの方が内部が広く、メジャーなのですが、夏休み期間中だからか、ツアーの予約がいっぱいでローアーのツアーしか取ることができませんでした。
以前行ったときはアッパーでしたので、ローアーは今回初めてとなります。

向かう途中、「バチン」とウインドーガラスに飛び石が!

アメリカの道は日本ほど整備されていないですし、田舎の自然の中を走るため、このようなトラブルも多いようです。
レンタカーの保険は大丈夫だろうか、、と心配になりながら現地に到着。


予約していた時間から1時間程度待たされました。ようやっと順番が来た後、受付の建物からちょっとだけ歩きます。


こんな階段で降りていきます。

階段を下りると、人が1~2人、横になって通れる幅ぐらいで狭い。






探検感覚で先に進み、最後は細い階段を上がっていくのですが、地上から見るとこんな感じ。


アンテロープキャニオンに行くと、写真はたくさん撮ってしまうのですが、家に帰ると同じような写真ばっかりのように見えてしまう観光スポットNo1だと思います(笑)


その日の宿泊先は、ホテルを変えてLake Powell Resort Hotel。定宿です。
中心部から車で10分程度走らせ、国立公園の中にあります。


部屋からの風景。レイクビューの部屋。




スターバックスが入っていました。部屋のコーヒーもスタバです。


芝生にはウサギがいます。


プールサイドから。このとき娘はプールを楽しんでいました。。

夕食は、行きたかったBig John's Texas BBQがとても混んでいたので、前日と同じDam Bar&Grillへ。またステーキ食べちゃいました。。




そんな感じで5日目もゆっくり。。

コメント

HONEY SPOT

2018-08-13 22:57:46 | 日記

ハニースポットという博多にあるプロショップです。
いつかチャンスがあれば行ってみたいと思っていたのですが、某日、福岡出張に行った際に、前日、日曜日に現地入りだった都合上、少し時間があったため立ち寄りました。

福岡空港国際線ターミナルから徒歩15分。

到着したのはもちろん国内線ターミナル。国際線ターミナルは滑走路を挟んで反対側。そうなんだ。。
ということで、国内線→国際線へバスを使って移動しました。

国際線ターミナル到着後、夏だけど15分ぐらいなら歩けそうだなと軽い気持ちで思っていたのですが、、この時期の歩きはちょっとキツかった。。
お店についたときは汗だくでした。

お店のほうはというと、、アメリカ系のクランクなど、かなり充実していましたね。
トレーラー用品、灯火類の在庫もあって、なかなか関東でもこのような充実した品揃えのショップはないぞ、と思いました。。

と書きながらも、購入したものはいつものモノ。。なんかごめんなさい。。


ワタシ、ショップ周りは昔から好きで地方に行ったときは時間があれば立ち寄っていたのですが、最近は通販でなんでも購入できる時代になっていますので、ショップに行って掘り出し物を見つける、そんなワクワク感がなくなってしまっています。なんだか寂しいですよね。
そんななか、こちらのハニースポットさんは在庫も豊富ですし、アメリカンな感じで、ワクワク感を感じさせてくれる期待が持てるショップだと感じました。

また、キャリーケースを引っ張っていたのですが、会計時に店員さんがタクシー呼びましょうか?と声をかけてくれました。
ケチってバスにしようと、バス停の場所を伺ったら親切に教えてくれました。こんな気遣いも良いですね。
また、機会があれば様子を見に行きたいです。


最近、博多ラーメンが好きなのですが、いつも空港でしか食べれない。。今回もしかり、でした。


コメント

2017年夏アメリカ旅行(4日目)

2018-04-28 17:21:51 | 2017年夏アメリカ旅行

4日目は、予定通り、朝からレイクパウエルでフィッシングです。
ガイドがホテルの駐車場まで来てくれて、そこからガイドの車についていく形でアンテロープマリーナに到着。大きなマリーナです。

マリーナの駐車場からこんなバギーに乗って桟橋まで行きます。



ボートはバスボートではなく数人乗れる屋根付きのボートで、がっつり釣りをするという感じではなく、奥様、子供がいるため、あえてこのようなボートを持っているガイドをチョイスしました。フロントデッキが広くていいかんじ。


しかしエレキを見るとウルトレックス!

ガイドによると、このガイドサービスで扱っているフィッシング用のボートはすべてウルトレックスに変えたとのこと。とても便利だといっていました。確かにガイドからすると、船首に立って、エレキを操船してしまうと、後ろにいるお客さんの状態がわからないので、リモコンで操船できるウルトレックスは便利ですよね。

ファーストポイントは入り江にちょっと入ったところ。

餌を付けはじめたので、まずはストライパーを釣らせるんだなと。
期待通り、程よくストライパーが釣れます。

娘にも釣れて気分上々。



しかし釣りたいのはスモールなんだよなあ~と心で思いながらも、ガイドが動かないため、こちらから提案し、メインレイクへ出ました。

その途中、水上トイレを発見。

以前も来た時に気になっていたのですが、今回は行ってみました(笑)

綺麗です。しっかり管理されているんですね。国立公園として入場料を払って、このようなところで還元されていると思います。


その後、シャローのウィードエリアやちょっと深いところに連れて行ってもらいルアーを投げましたが、結局ノーバイト。

「まあそうだよなぁ~。夏でこれだけ太陽が上がってしまっていたらちょっとこのエリアじゃ、、」という思いはありましたが、釣果だけではない、この壮大な風景の中、釣りができたという目的は達成できた、ということでしょうか。



その後、マリーナに戻って、ペイジの街の中にあるチャイニーズレストランでランチを取った後、全員、時間も体力もあるという感じだったので、ホースシューベンドへ。
人が多く、有名観光スポットになってしまった感があり、ちょっと残念ですが、相変わらず素晴らしい風景。


風が強かったですが、帰り間際には虹も見れました。


夕食はDam Bar&Grill。

もう何度も行っていますが、アメリカンなステーキを食しました。


そのあとはホテルに戻り就寝。ペイジ2泊目になります。
釣りと観光と。移動がないと盛りだくさんで充実した日になりました。

コメント