TAKAGIYA

バスフィッシングトーナメントを楽しんでいる人のブログ

ふるさと納税

2021-11-20 19:00:02 | 日記
ふるさと納税を行いました。
税金はなるべく自分の住んでいる自治体に税金を納めたほうが自分の生活のためでもあるのでよいかなと思っているので、ふるさと納税については比較的消極的ですが、今年は本来のふるさと納税の趣旨どおり、ワタシの出身地、佐倉市にふるさと納税をしてみました。
応援メッセージを記載する欄があったので、船戸大橋付近に公衆トレイを整備してほしいと最後に付け加えておきました。応援ではありませんけど(笑)
寄付金の使い道は環境事業にしたけど良かったかなあ~。チューリップの球根代に使われちゃうかな。それはそれでよいか。。

2021年NAB全戦終了

2021-11-08 18:26:00 | 日記
ご無沙汰でした。
色々忙しくて、なのか、コロナ禍で釣りに対する意欲が下がっていた感じでしたが、昨日NABの3rd stage代替戦、悲しくもノーフィッシュで終わり、今シーズンのNAB全戦終了となりました。
最近、トーナメント終わりの帰りの道中で飲む飲み物はコーヒーではなく、ヨーグルトドリンクになりました。すごく甘くて疲れた体に染みわたります(笑)

2週間前のFinal stageから引き続きノーフィッシュと、何か嚙み合わないシーズンでした。1本が取れないシーズン。
噛み合わないというのも偶然性の話ではなくて、近年の魚の動きに釣りがついて行っていない感じというか、、頭ではわかっているのですが、それに対して強いコンフィデンスを持っていけていない感じ?
何言っているかわからないと思いますが、要は釣りこんでいない、釣りに行っていないからっていう感じでしょうか。
実際、今年もトーナメントに関する釣行のみなので、10回は行っていないぐらいですからね、、昨年なんてもっと少ない。。(けど、毎年そんな程度かも)

長くやっているとこんなシーズンもあるさということで、来年度はコロナの影響なく、シーズンを通して試合ができればよいですね。
スタッフの皆様、本当に1年お疲れさまでした。参加された方々もお疲れさまでした。

さて、シーズンオフはどう過ごそうか、、

トランサムセーバー交換

2021-03-05 19:38:03 | 日記

昨年11月のメンバーズトーナメントの帰りに、トランサムセーバーのエンジンを支える側のプラスチックが割れてしまったので、シーズンイン前に交換です。
今まで使用していたのは低馬力用?の少し小さめのトランサムセーバーでしたが、エンジンを抑える箇所全体がプラスチックとなっているせいでエンジンと擦れてしまい、白くキズがついてしまう感じでしたので、今回は少し大きめのゴム4つでエンジンを支えるものにしました。
このプラスチックが割れてしまうのは、過去2回、高速道路でエンジン側から外れて引きずり回してしまい、プラスチックの箇所がすり減ってしまったせいなのですが、、

一応、落下防止で、以前使っていたものと同じようにステンレスのワイヤーで取り外しができるように括って、エンジン側から滑り落ちてもトランサムセーバーが落下しないようにしました。高速道路で外れてしまい、後ろの車にぶつかったなどあったら大変ですものね。





オフシーズン

2021-02-21 19:20:03 | 日記
あけましておめでとうございます(笑)本年もよろしくお願いします。
この冬にかけて、ある程度は予想していましたが、コロナの影響で特に家から出ない生活をしています。
仕事もほぼ在宅勤務なので、ホントに家の外に出るのは朝刊を取りに行くときと、たまにゴミ出しだけ、という日が週半分ぐらいはあるでしょうか。
あとの半分はコンビニとか近所のスーパーとか。
コロナ前は定期的に運動をしていたのですが、今は全然しておらず、かなり体力が落ちているのが心配になってきました。

そんな中、晩秋ぐらいからは、たまに家族で海釣りに行くようになりました。
「お金もかかるし、、バス優先だからなあ~。」と今まで控えていましたが。バスのスピニングタックルにメバル用のワームと、釣り具で青イソメをちょっとだけ買って、観音崎へ。
これが初めて行ったときに娘がたまたま小っちゃいカサゴがワームで釣れちゃったので、盛り上がってしまったという感じです。




それにしても、我が家の周りは海釣りするのにはとてもよい環境だというのを実感しています。
休日の昼下がりに、ちょっと天気がいいから釣りに行こうか、ってノリでいけて、1~2時間程度日が暮れるぐらいまでやって、家に帰ってきても夕食前に帰ってこれるという、、このお手軽さ。魚が釣れなくてもまあいいかで済む感じ。

昔を思い返せば、そうだよねと。
ワタシもまだ小学~高校の時は、わが母校の中学校の校歌の歌詞にもあったように「印旛のほとり」(というまで近いかは微妙ですが)に住んでいたので、移動手段は自転車でしたが、印旛水系まで2、30分の距離とか、そんな感じだったんですよね。その頃もバスを釣るには良い環境に恵まれていたんだなあと思います。
今はもう、丸1日かけて印旛沼に行って、ノーフィッシュを食らった日には、、もうガックリですよね(笑)
と思うと、やはりトーナメントというイベントがあるからモチベーションになると思っています。なので、自分の中ではトーナメントって大事だなあと感じます。

今年もNABは参戦する予定ですので、4月にはみなさまにお会いできることを楽しみにしています。
B.A.S.Sのエリートはすでに開幕していますしね。WEBで見たり、ちょっとモノを買ったりメンテしながら気持ちを盛り上げていこうかと思っています。


トレーラーキャリパー交換

2020-11-18 20:23:22 | 日記
ブレーキオイル交換のその後になります。
NABの試合、10月11日の前週に練習に行こうと思い、高速に乗り、途中のパーキングでハブのチェックをしたところ、変わらず熱を持った状態でした。(釣りに行く前にその辺でチェックしとけよ!というお声はお受けします。。)試合まで1週間しかないので、確実に直すため、プロに診てもらうべく、このまま茨城方面に押し進むか、それとも次の出口で出て家に引き返し、自分で修理を試みるか、の選択に迫られました。

結局選んだのは後者。
家に引き返し、もう一度チェック。
ネットなどでもいろいろ調べて、結論はキャリパーのピストンの固着であろうと判断しました。
翌週の試合まで時間もないため、国内のショップからキャリパーのAssyを取り寄せ平日に取り付け。(在宅勤務の強みですね。日が落ちる前に大体終了できました。)
取り付けた直後は娘にタイヤを回してもらい、回っている状態で慣性ブレーキをかけてブレーキが利くか確認。キュッと綺麗にかかったので今度こそOK。


結局、その週の試合は中止になってしまいましたが、後日近所をトレーラーを引っ張った状態で熱を持たないか確認したところ、大丈夫になりました。
ハブベアリングの交換、ブレーキ関係とトレーラーの足回りのノウハウはまた一つ習得されたかな。
とはいえ、注意は払わないとプロではないので気を付けないといけませんね。。このあたりは事故につながることもあるので、自分で修理する際にも気を使います。