おっちーの鉛筆カミカミ

演劇モノづくり大好きおっちーのブログです
いろいろ活動してます
そのうち、みなさんにお目にかかれたらうれしいです

ポッドキャスト

2018年10月14日 20時23分50秒 | ニュース・報告
ポッドキャスト始めました。

https://anchor.fm/tokipla/episodes/ep-e2d5hf
コメント

天災人災に向かうとき

2018年08月06日 23時42分22秒 | 気づき
生きる上で
その前に立ちふさがる障害は
僕たちに
本当に大切なものは何か
見いだせと
僕らを問いただしている

僕なりだが
恐らくその答えは

いまこの瞬間に集中すること
なのではないかと思う

その上で
行動を続けることなのだろう

何が起きても
崩れない価値というのは
自分の中にしかない

それを表出し続けること

それしかない
コメント

自分の考えをまとめるために

2018年07月31日 22時55分40秒 | 気づき
この記事を書く。

 ただ呼吸をするように、毎日を生きれば良いのではないか。

 仕事をすること、料理すること、人と付き合うこと、家族と話すことモノを作ること、それらを力まず意識せず、感じるままにやりたいように、考えずに行う。

 それが世にいう「楽しんで生きる」ことなのではないかな。

 我武者羅なほど力まないけど、無我夢中で自意識を失くすくらいには集中して生きる。

 簡単に言うと、やりたくない時に、やりたくないことはやらないことである。
 それを実行するだけでもずんぶん違ってくるだろう。

 人間は、自分で意識しているよりも、桁違いに多くの情報を処理しながら生活している。

 それらの情報を踏まえた上で、やりたくない気持ちが生まれているのだから、それは個人にとって絶対的にやらない方がいいことなのである。

 逆に、何かをやりたい、今やりたい、と思う瞬間がある。

 そういう時は、その瞬間に行動に移すのがベストであろう。

 何かの理由でタイミングを逃した時は、次のタイミングが来るときを待つ。
 決して、既に気分が乗らない状態なのに、「さっきやろうと思ったから」という理由だけで無理やり行動に移してはいけない。それは死に体の行動である。せっかくの活動が、実のない活動になってしまう。

 だいぶ考えていたことがまとまってきた。

 けれども、やりたくないことを、やらなくてはいけない時もある。

 仕事上の指示。とか。人間関係のしがらみ。とか。とかとか。

 そういう時は、いったん深呼吸をしよう。

 そして、視野を広げる時間を取ることを、許してもらおう。

 自分の中にある情報を増やして、自分の理解する事柄を増やせば、自然に「その時」が来る。

 やりたくないこと、をやらないこと。

 あくまで、やりたくなったら、やること。

 自分というマシンの、操作方法を覚えること。

 その操作マニュアルでは、気持ちに無理をかけることを禁忌としている。

 無理ない余裕のある操縦を、極めて強く勧めている。

 今の世の中で、そんな悠長なこと言ってらんない、と思う方もおるだろう。

 しかし、本当の意味で自分を守れるのは自分だけであることを、知っておかねばならない。

 なぜなら、他人はあなたのことを全て理解することができないからである。

 別に他人は、あなたのことを意地悪して攻撃したいわけではない。

 他人はその人の知っていることをもとに行動するから、あなたのことを一番に考えることはできないのである。

 例え恋人だったとして、あなたのことを守りたいと切に思っていても、あなたのことを完全に理解することは不可能だから、あなたのことを完全に守ることはできないのである。

 あなたの大切にしていることが、他人の大切にすることと一致するとは限らないのだ。

 だから、あなたはあなたを守ることを第一に考えなければならない。

 あなたの心の健康を守るには、やりたいことを、やる。やりたくないことを、やらない。そのルールを守ることが、大切になってくる。

 その一番大切なルールを守りながら、この世間を生きていくにはどうすればいいか。
 それを、これからケーススタディーを含め、考えていきたい。
コメント

人として大切なこと

2018年05月15日 23時07分43秒 | 気づき
ひとりひとりをしっかりと見詰められる位置に立つこと
コメント

境界線

2018年05月15日 22時37分24秒 | 気づき
人は人のまま
人を超えられない
自分を超えてはいけない

自分は自分
ひとはひと
越境してはいけない

私は生き物
地球のいちぶ
宇宙のいちぶ
私は世界のぜんぶにならない

それで満足なのだ
生きてるだけで
満足なのだ

求めることは
境界線を
越えること

ひとのテリトリに
踏み込むこと

きちんと向き合えるのなら
それも許せる
覚悟がないなら
しないこと

私は生きる
ただ生きる
それだけで
満足なのだ
コメント