風の軌跡~All for FREIHEIT~

ようこそ我が城へ。城主のLaplaceツバサです。特におもてなしもできませんが、後ゆるりとおくつろぎください。

ラジエーター交換

2019-08-15 16:18:38 | CR-Z

ヤフオクで安く手に入った未使用ラジエーター、HPIの大容量ラジエーターを取り付ける。
以前ECUの書き換えをした際、水温がジャンジャン上がるようになってしまったため、
その対策&走行10万キロを越えたので長い目で見ての交換となる。

当初はディーラーに任せようと思っていたのだが、小加工が必要なことや、クーラントも買ってしまったこともあって、
折角なんで自分でやってみようと思った次第である。

ラジエーターを交換するついで、シリコンホースサーモスタットも取り付ける。(どちらもビリオン製)
これらも消耗品であるため、折角なので(

どれくらい時間がかかる作業かわからない為、早朝から作業を始める。
ロアアーム補強バーを取り付けたとき以来、久々の車体下もぐり作業がある。

エンジン下のメンテナンスリッドを取り外す。

ここからラジエーターのドレンプラグ(樹脂製の蝶ボルト)が見える。

これを外すことでクーラントがちょろちょろと排出されるようになる。

この状態でラジエーター上のキャップを外すことで上から空気が入り、ドレンパイプからジャブジャブクーラントが排出されるようになる。

手を血まみれにしながらラジエーター、冷却ファンを取り外すww
シリコンホースはアッパーホースだけ先に取り付けておいた。

また、ラジエーターの厚さが増して必要ホース長が短くなっているため、
箱だし状態のシリコンホースでは短く、折れてしまうためカッターで数十mmカットした。

純正サーモスタットとビリオンサーモスタット。
パッと見の劣化は見られないが、10万キロ使ってるからね・・w

ちなみに作動温度は71度タイプを選択。純正は80度近くで開くんだったかな?

サーモスタットを外すと、サーモスタット部分からアッパーホースまでに残っていたクーラントが一気にもれてくる為、受け皿の位置に注意したい。

HPIラジエーターを装着した状態。
厚さが2倍くらいになっているため、相当窮屈になる。

ラジエーターのフィン部分は相当弱いため、車体にぶつけないように細心の注意を払う。

写真のシリコンホースはまだ未カットの状態だが、写真で分かるようにかなり長さが余ってしまう。

ペットボトルを加工した手作り漏斗を使ってクーラントを注ぎいれる。

今回用意したクーラントはKURE製の青い無希釈タイプのクーラント!(色は単純に青が好きっていう理由)
6L用意したが、これだけあれば足りるであろう(最初は4Lだけだったが、不安になって2Lカイタシ)

各部締めわすれ、付け忘れがない事を確認し、クーラントを注ぎいれる。

クーラントをある程度(5Lくらい)注ぎいれた状態。
給水口付近にまで水面が着ているのが分かる。

いよいよエンジンをかけ、水温を上昇させる。

ある程度温まってくると、クーラントが循環をはじめ、内部にあった気泡がボコボコと出てくるようになる。
気泡が出た分クーラントが減るので、その都度補充する。(結局合計5.5Lくらい使用した)

クーラントのエア抜き方法に関しては割愛(^ω^)

クーラント流動中も、各接続部からクーラントの漏れがない事を確認する。

余談だが、HPIのラジエーターは純正ラジエーターと違い、純正水温センサーが付く位置にドレンプラグがある。
このままでは純正水温センサーを取り付けできないのだが、HPIは反対側にも謎のL字のステーが付いており、その先に謎の金属製ボルトがついている。

恐る恐る外してみたところ、水路が儲けてあり、どうやらここもドレンとして働くようだ。
また、HPIドレンプラグがついている穴のネジ穴と、純正水温センサーとのネジピッチが同じであったため、ドレンプラグを外し、水温センサーを取り付けた。
(これに気づくためにラジエーターを外した状態で1時間近く悩む)

エア抜きも終わり、リザーブタンクにもクーラントを補充して終了!

エア抜き後、キャップを取り付けて早速近くに山へ試走に向かう!

外気温はなんと37度!!ww

もちろん向かうは野呂山!
冷却性能は若干あがってはいるものの、やはり
低速&急傾斜の野呂山だと冷却性能がおいついていないようで、94度近くまで上がってしまう(´`

ま、まぁ高級なラジエーターでもクーラントでもないし・・・そこが違えばまた違うのかな・・?

サーモスタットの影響か、ラジエーターの影響か、平地走行時は純正時より5度近く水温が下がっており、70℃後半あたりをキープ。長い下りの際は74℃まで下がる。

ちょっとカスタム感出てきたエンジンルームに、満足感高まる(^ω^)

これでまた永らく乗れるね!!←


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラジエターホース■ ビリオン クーラントライン【商品品番:BWL-320】ホンダ CR-Z ZF1
価格:13122円(税込、送料別) (2019/8/15時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■ビリオン サーモスタット 開弁温度 71℃ D16A型 LEA(CR-Z) 【BSH-W15】
価格:6060円(税込、送料別) (2019/8/15時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2110 呉工業 CRC スーパーロングライフクーラント NEW(青) 2L KURE E-2110-98A
価格:923円(税込、送料別) (2019/8/15時点)

楽天で購入

 



最新の画像もっと見る

コメントを投稿