STOP!辺野古新基地建設!大阪アクション

沖縄辺野古の新基地建設を止めるための、大阪からのアクションを呼びかけています!よろしくお願いします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2019.8.25 大阪アクション5周年の集い 講師 牛島 貞満さん「沖縄戦から見た辺野古の今」

2019-08-29 09:02:10 | 日記
8月25日(日) 大阪PLP会館で大阪アクション5周年の集いを開催しました。

今年の講師は牛島 貞満さん。沖縄戦を指揮した沖縄第32軍司令官 牛島満中将のお孫さんです。
牛島貞満さんは、もと小学校の教員。ご自分の祖父が指揮した沖縄戦の実相に向き合い、
聞き取りや調査を積み重ねてこられました。
そして「軍隊は住民を守らない」「牛島司令官の南部撤退・持久戦」の作戦判断が、多くの沖縄住民の死をもたらした。
との結論に至り、教員時代は平和教育に取り組み、退職後は全国で講演などを続けておられます。

 (以下、牛島さんのお話をメモをもとに要約しますが、文責はすべて大阪アクションにあります。)



講演する牛島さん。プレゼンテーションは緻密な文献調査や聞き取りにもとづく実証的なもので、とても説得力があります。



19万人近い日本側の死者の中で、沖縄住民が10万人を占めています。



会場は150名以上の参加者でほぼ満員になりました。



質疑の時間です。沖縄戦に実際に兵士として参加したという100歳の方もおられました。済州大学から日本に留学中の韓国人の学生さんもおられました。

牛島さんがプレゼンで参加者に出した問題
「4/8 5/4の日本軍(第32軍)攻勢により、日本軍は兵力の2/3(約6万4000人死亡)を失った。米軍の死者・行方不明者は約5000人。
 沖縄戦が始まって約50日、米軍は司令部のある首里城近くまで迫った」

「問題:自分だったら、どちらの作戦をとるか
 ①首里でそのまま戦う
 ②南部に下がって戦う(南部撤退)」

 ②に手を挙げた方もかなりいました。韓国には徴兵制があるため、軍隊経験のある済州大学からの留学生さんは「自分は軍隊の経験がある。軍隊の理屈からいえば②になると思う」と発言されました。
 そして牛島司令官の実際の判断は②でした。(第1の命令)



 この命令が住民の死者を飛躍的に増やします。
 牛島さんが沖縄の長嶺小学校でおこなった調査(生徒のおじいさん、おばあさん、親戚で亡くなったかたは何月に亡くなったかを調べたもの)では6月に圧倒的多数の住民が、命を落としていることがわかります。



南部に軍民混然一体となっておしこめられ、その中で日本軍にスパイ扱いされて殺された人もいました。
米軍の砲撃は軍民区別なく浴びせられました。避難した壕(ガマ)のなかで、日本軍は「子供を泣かすな。泣かせば殺す」と、住民を先頭の足手まとい、さらにスパイと見なす、自決を強要するという非人間的行為を行いました。負傷兵も殺害されました。

安里要江さんの貴重なインタビュー映像が紹介されました。

そして牛島司令官の第2の命令
「最後まで敢闘し、悠久の大義に生くべし」
牛島さんの出した二つ目の問題は「この第2の命令で、沖縄戦が終わったのはいつか?」でした。

 ①6月22日または23日(牛島司令官自決の日) ②8月15日(天皇がラジオでポツダム宣言受け入れ) ③8月15日よりあと

実際には牛島氏司令官の第2の命令によって8/15以降も、切り込みなどの戦闘は続き、32軍が正式に降伏したのは9月7日でした。
「本土決戦-国体護持」への牛島司令官の強い意志が、8/15以降も含め尊い命を奪っていきました。
家庭では「やさしいおじいさん」だった牛島 満中将を戦争と天皇制が別の人間へと変えてしまいました。




最後に、沖縄戦に見る軍隊の本質と辺野古新基地建設についてお話がありました。



まず、圧倒的な沖縄への基地集中。「普天間基地の即時無条件返還」「辺野古新基地中止」という県民の要求は、現在の基地集中の実態からみればあまりにも当然でささやかなものです。



南部撤退が住民の死者を飛躍的に拡大したことは、自衛隊幹部も認めていること。
そして軍隊の本質は自衛隊になっても変わらない。自衛隊は敵と戦うのであって、住民保護は自治体の長の責任であると今の法律にも明記してある。



集会後、まだまだ暑い中でしたが、梅田までデモ行進しました。



歌とコールで辺野古に基地はいらない、普天間基地撤去、戦争あかん!!とアピールしました。

すばらしい講演をしてくださった牛島 貞満さんにあらためてお礼申し上げます。





8/25Stop! 辺野古新基地建設!大阪アクション5周年の集い/講演:牛島 貞満さん

2019-06-27 15:04:10 | 日記
Stop! 辺野古新基地建設!大阪アクション 5周年の集いを行います
今回の講師は、牛島 貞満さん 
      (元小学校教員/牛島満 沖縄第32軍(当時)司令官の孫)

--------------------------
日時:2019年8月25日(日)
13:30開場 14:00開会 17:00閉会
場所: PLP会館 大会議室
• 大阪地下鉄 堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分
• JR大阪環状線 天満駅改札口より南側へ徒歩5分
・資料代 一般500円 学生 300円
・集会後 梅田まで辺野古新基地中止を訴えデモをします
--------------------------
沖縄戦から見た辺野古の今
―牛島司令官はなぜ住民を巻き添えにしたのか?―
 「国体護持」のため、沖縄を捨石にした大日本帝国。
 今もまた日本政府は沖縄を泥足で踏みつけ、戦争への道を歩もうとしています。
 祖父の行った沖縄戦の現実に向き合い、何度も沖縄を訪れ、調査・聞きとりと講演を続けてきた牛島さん。
 その言葉には、重みがあります。

 牛島さんのお話から学び、沖縄県民と共に辺野古新基地を止める方向を見出す場にしたいと思います。
 みなさまの参加をお待ちしております。

 チラシPDFはこちら
 牛島さんをレポートした雑誌AERAの記事“立派なおじいちゃん”は沖縄戦で自決した司令官だった

 終わりなき沖縄戦 / 牛島司令官、最後の命令(動画)

【実行委員会の呼びかけ】5/15に辺野古新基地建設工事中止を求める関西の大集会をやりましょう

2019-03-28 13:17:58 | 日記
【埋め立てやめろ!ジュゴンを守れ!5/15に辺野古新基地建設工事中止を求める関西の大集会をやりましょう】

☆実行委員会の呼びかけ☆ 今問われているにはヤマト(本土)の声です!

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画に伴う名護市辺野古沖の埋め立てへの賛否を問う県民投票は「反対」が有効投票の70%を超えました。政府は県民の断固たる民意を真正面から受け止め、辺野古が唯一だという方針を直ちに見直し、工事を中止するとともに、普天間飛行場の1日も早い閉鎖・返還という根本的な問題の解決しなければならない。しかし普天間基地返還という名目で辺野古新基地建設を強行することは、最初から沖縄の声など聞く気がないのです。安倍政権の露骨なやり方にヤマト(本土)から声を上げるべきです。問われているのは、本土の人たちです。沖縄の民意を見下す安倍政権に対して抗議の声を上げるために関西で大集会(5月15日(水)時間未定)を予定しています。各団体、個人がひとつになり大集会に向けた実行委員会を立ち上げます。選挙、各団体の取り組みなどでご多忙とは思いますが実行委員会に参加して頂くよう、よろしくお願い致します。

************************************
日時 2019年4月11日木曜日

時間 18:30

場所 総合生涯学習センター

住所 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階

案内責任者 Stop! 辺野古新基地建設反対!大阪アクション共同代表 陣内恒治
************************************



 8/11の県民大会同時アクションの写真です。今回は実行委員会形式で行います。
 大阪アクションに参加されていない団体・個人の方も自由に実行委員会にご参加ください。
 みんなの力を出し合って、大阪で辺野古新基地中止の数千名のアクションを起こしましょう!


2月24日 大阪駅前でシール投票を行いました

2019-02-25 19:50:38 | 日記
2月24日 沖縄県民投票につながって、大阪駅前で辺野古新基地の是非を問うシール投票を行いました。



大阪は春のような日和。日曜日でもあり、若い方や家族連れの方も多かったです。



13時の開始まえから「シール投票せなあかんと思って来たんや」という方もおられました。なかなか場所がわからず苦労した。もっと詳しく場所ん案内しともらわんと!という言葉もいただきました。市民の関心が高まっているのをかんじます。



若い方や小さなお子さんを連れたかたも多く投票してくださいました。



2時間の行動で賛成9 反対158 どちらでもない4 の結果でした。数はもちろんですが、辺野古新基地と沖縄の民意を「自分のこと」と考えていただく機会になるとよいと思います。



行動は毎日新聞の25日朝刊に掲載されました。

沖縄では「辺野古新基地NO!」の圧倒的な民意が示されました。
しかし菅官房長官は、辺野古移設方針に変わりはないことを表明しています。

地方自治・民主主義を踏みにじる暴挙です。政府は直ちに工事を中止せよ!全国からの声を大きくしていきましょう。

2018.12月2日 言語道断!辺野古埋め立て-土砂投入をみんなで止めよう- 全国土砂協 阿部悦子さんのプレゼンテーション

2018-12-11 13:41:49 | 日記
2018.12月2日 言語道断!辺野古埋め立て-土砂投入をみんなで止めよう- (大阪PLP会館)での全国土砂協 阿部悦子さんのプレゼンテーションを、ご本人の了解を得て以下に公開します。(YOUTUBEおよびPDF)

「どの故郷にも戦争に使う土は一粒もない」という阿部さんのプレゼンをぜひご覧になって拡散してください。



        講演する阿部悦子さん


☆2018年12月2日 大阪集会 阿部悦子さんのプレゼン


☆プレゼンのPDFはこちらから