池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」

2020-12-11 | 弾いたピアノ曲

第1曲 Allegro: 冒頭の単純明快な主題に続く第2の主題は珠玉の第4曲 Intermezzoの萌芽か。後半部分はリズムが強調され、ショパンのポロネーズやマズルカの中間部を想起させるが、謎めいた半音階となり、闇に溶ける。
第2曲 Romanze: 淡い嘆き。
第3曲 Scherzino: ロシアの舞踊「トレパック」のような快活なリズム。洒落たコーダ。
第4曲 Intermezzo: 氾濫するスフォルツァンドは時にはむしろピアニッシモの方が心に響く。コーダのカノンは低音域のバランスが難しい。
第5曲 Finale: ジグザグ音形で精力的に突き進む中、女神の子守唄が現れ、最後にバッハのジーグのような3連符の奔流。

シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」を暗譜した。


コメント   この記事についてブログを書く
« 第24回静岡県高文連ギター・... | トップ | 弦楽オケ作品《HATAORI》ポー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

弾いたピアノ曲」カテゴリの最新記事