池田 悟≪作曲家≫のArabesque

・・・深くしなやかに・・・(フランス語に訳してます)

歌曲"Daffodil" 詩/ライブ音源

2020-06-01 | 作曲/言葉・声

                     Daffodil

Yours the grace that lights my temple’s light,
and yours the consecrated fire grown,
as patiently, at first, beneath the latticed ice,
emerges earth’s first measure of its own.
Here the green wrought bough’s reflected will,
its understanding and its being unknown,
holds that without which nothing can be stilled
before love which is but God’s to know.
But stays the course she does of winter come,
and contemplates in dark the body tended;
and having contemplated thus as one,
the petalled sun on yellow face illumined,
does she burst, at last, upon th’ eternal rush
of all things risen and good in us.
                                                      —Darcy Blahut

                ラッパスイセン

私の神殿の光を灯すのはあなたの恵み、
燃え盛る聖なる火もあなたのもの、
忍耐強く、最初は格子状の氷の下に
地球それ自身の最初の重みが立ち現れ。
ここに精緻な緑の大枝の熟考された意志
その理解と、未知であること、
静められないものは何もないと信じ
愛、むしろ神の知り給うを前に。
しかし、冬が来る流れに彼女は留まり
体が向かった暗闇の中、じっと見つめる;
そして一人、このように考えながら、
黄色い顔に花びらの太陽が照らされ、
彼女はついに爆発し、永遠の突進を引き起こした
すべての蘇ったものと私達の幸福の。
                                                      (拙訳)
《大意》聖なる忍耐の花、ラッパ水仙。その黄色い花弁が太陽のように爆発する。
自演のライブ音源


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠り生活と作曲 | トップ | リスト「スペイン狂詩曲」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

作曲/言葉・声」カテゴリの最新記事