元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

藤原市民の森から姥山貝塚公園へ

2012-04-16 05:24:37 | ウォーキング

春の天気で、行く先々で季節の花が迎えてくれた。それで、結局「花散歩」になってしまった。

日時:2012-4-15
徒歩:13キロ

コースとタイム--*トイレ
  鎌ヶ谷駅(8:20)---鎌ヶ谷市民の森*---(9:15)丸山市民の森(9:20)--(9:30)藤原市民の森(10:30)唱行寺(10:35)---(10:50)姥山貝塚公園*(11:00)---(11:20)青少年の森(11:30)---富士見霊園*---(11:45)信号・谷地川(12:10)グリーハイツ公園(12:15)---(12:30)南部公民館*(12:50)鎌ヶ谷駅


(その1)


(その2)縮尺1/9000


(その3)縮尺1/18000 ※(その2)とは縮尺が異なる

以下2枚は自宅から駅までの道で↓

快適な市民の森を抜けて南部小へ向かうと、一面の梨畑。もうすっかり花をつけだした。
真間山にある水原秋桜子の句碑を思い出す。「梨咲くと 葛飾の野は との曇り」↓


グリーンハイツを抜けた所で

以下2枚は丸山市民の森へ向かう道で↓

上と下の写真の間で丸山市民の森へ立ち寄った。いつもは森下の道を通り過ぎるだけだったが、斜面を登り森の中へ入った。丘になっていて、山道を歩いている感じ。大いに気に入った。


牡鹿台ハイツを抜けて法田中へ向かう場所

以上3枚は藤原市民の森を抜けて法典公園方面へ向かう道で。数年前までは畑の中で、
新開発の宅地だ。↑

以前利用した畑道は無くなり、「この辺りかな?」と思う場所は「通せんぼ」になっている。
新開地の中を迷っていて、向こうに見えるマンションの方へ行きたいのだが、「との曇り」の梨畑が行く手を塞ぐ。↓

ようやく、このような畑道に辿り着いた。↓ ここまで来ればもう安心。法典公園はもうそこだ。

車道へ出たら、それを横断し、セブンイレブンの右の道を進む。また新開地だが、どんどん進むと、行く手にこんもりとした森が見える。これは市川市との境界線で、「野馬土手」のような形状で南北に延びている。
その快適な道を利用して木下街道方面へ向かうと、藤原観音堂裏手の崖下住宅地に出る。

崖を攀じ登って木下街道へ出るには、一箇所、山道らしいのがあるにはある。ただ、入口に
「私道につき立入り禁止」の札がある。だから、崖に沿って宅地内道路を進み、車道に出たら右に下って唱行寺に行くのがよい。

唱行寺に寄って、姥山貝塚へ向かう。以下2枚は貝塚公園直前の道で撮影。↓

貝塚公園で↑↓

柏井小から畑道へ入り、そこから青少年の森へ入る。

富士見台霊園の中を通り、梨畑の道から八幡神社の裏手へ。


信号・谷地川前の民家で。

鎌ヶ谷グリーンハイツへの道で↑↓


グリーンハイツで

以下は、南部公民館から妙蓮寺への道で。


コメント   この記事についてブログを書く
« 4月15日(日)のつぶやき | トップ | 藤ヶ谷の森--入門編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウォーキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事