小さなゲーム屋の日々

街の小さなゲーム屋さんの日々の
思いや販売状況などを細々と綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1月も終わりPSPとDSは?

2005-01-31 14:36:52 | Weblog
さて、今日で1月も終わりPSPもDSを落ちついた感じかな?

当店ではどうだったな?というと
販売台数ではDSが多くて人気はPSPと言う感じ
入荷が比較的あったDSは入荷分も完売
入荷がすくなかったPSPは問い合わせが多かったものの……

現在は、どちらも在庫ありで落ち着いています。
ただPSPは予想よりも売れてないですね~
年末年始こそ問い合わせも多かったですが
値段が高い所為か今は在庫あっても見ていくだけで
実際に売れてくれるのは少しって感じです。
これからはイメージの改善とソフトの充実が課題かな?

DSはもともと当店の客層が子供が少ないこともあり
最近はサッパリな感じです。
だたヨッシーといっしょに売れたりとかしているのを
みているとソフトがきちんと発売さえしてくれればと……

まぁどちらも必要なのはキラータイトルかな?

ただ実売数がDSのほうがかなり多い現状でPSPが
売れ行きが緩くなってきているのが気になります。
客層の違いの所為だけなのか値段の所為なのか……
まぁあくまで当店だけの話ですけどね。

ソフトのほうで見ると、どちらもまばらに売れているのですが
そんななかでも売れ残ったのが
DSでは「研修医 天堂独太」と「きみのためなら死ねる」
PSPでは「どこでもいっしょ」と「アーマードコア」「ルミネス」
DSのほうはやっぱりと言うかちょっと大人向けのタイトルが残りました
PSPのどこでもいっしょは売れると思ったんですが全然でした
なんとなく研修医をPSPで、どこでもいっしょをDSでって
感じのほうが売れたのかな~なんておもってしまいました(笑
まぁあくまで当店だけの結果ですけどね。

売れ残ったタイトルはボチボチ売っていくしかないかな~と
ユーザー数が限られている現状で安売りしてもそんなに
効果かが出るとも思えないですし春ぐらいまで現状維持って感じです。

どちらの本体も新作ソフトを仕入れても売れてくれるだけの
市場は出来てくれているので一安心です。
あとはどちらも切磋琢磨して市場を大きくしてくれること期待しています。

コメント (3)