(社)RJAV被災動物ネットワーク  Rescue Japanese Animal Victims 

被災地・殺処分・虐待からの犬猫保護施設。ご支援で一頭一食を!必達・人と動物同行避難

残り少ない生命、下半身不随で全身に・・その5-2

2015年01月20日 | 医療支援(メディカルサポート)のお願い

「もう,助ける事ができない」と獣医師に告げられた「ミーちゃん」を
シェルターの猫たちがいたわり、優しく接している事は明らかでした。
どんな生き物でも、仲間を思いやる気持ちを忘れてはいけませんね。
「人間は動物を食べたり、利用する事は当たり前。」と考えている人が

ほとんどですが、
日々、動物たちに教えられる事は、たくさんあります。

二人は昔から一緒にいるみたいに仲良し、
神様もう少しだけ・・ダメですか?



日中はずっと、暖房の前に低体温の「ミーちゃん」を寝かします。
「ミーちゃんは」自分からやっとの思いで移動して
「ジャック君」の傍らに寄り添います。
2013年2月24日に、やはり危篤状態で新潟市の民間シェルター

からRJAVにレスキューされてきた 「ジャック君」です。

当時「ジャック君」と一緒に救出された子は当日現地で死亡する中、
大雪の新潟から脱出し、RJAVに緊急搬送されてきました。

低体温で、極度の貧血でした。
脱水も酷く、首の後ろを持ち上げるとまったく戻りません
でした。

ガリガリに痩せて、あばらが出ていました。

背中はくる病のように丸まって、後ろ脚のかかと
は常に持ちあげており、つま先立ちの状態が約半年ほど続きました。

両足のかかとの同じ高さに、ケージの横棒に載せていたような

肉に食い込んだあとがあり、なかなか毛が生えてきませんでした。

長期に渡る栄養不良で腎臓機能の3分の2
が壊れています。

腎臓は治療しても改善しません。

水の多飲やオシッコの色が薄くなった、匂いが少ない。など
日頃から健康チェックを怠ると、動物が犠牲になります。

RJAVでは、レスキューした現地ボランティアに迷惑が掛からないよう、
当初は「がんも」という偽名で、facebookやブログで発信しました。

「ジャック君」は当時、まったく動かず一ヶ月程度の命と診断されましたが、
現在も点滴は毎日続け、動物病院で必要な治療をしています。

餌は腎臓サポートのみで、ミルミキサーで粉にして
→水でポタージュ状に→レンジで温め、
→リンを排出する 「カリナール1」を与え続けています。

腎不全のほかの3頭の猫たちにも同様に与え、
状態は安定しています。

それでも重症の「ジャック君」は症状が悪化し、食べないときには
強制給餌や投薬しながら、これまで生命を維持してきました。

ここ数ヶ月はとても調子が良くなって、
シェルター内を自由に行動し、
走るときもあります。

時々どこかに隠れて、ボランティアさんたちを困らせています。

ミーちゃん」を支える「ジャック君」・・


壮絶な死の恐怖を体験した「ジャック君」だから
「ミーちゃん」の残りわずかな生命を理解できるのかもしれません。

他の子たちも、「ミーちゃん」や「ジャック君」より暖房の前に
座る子はいません。

やさしい猫社会ができていることに感動しました。

「ミーちゃん」が逝くとき、かならず看取る事ができるよう、
夜は代表の寝室で、看病と温度管理を続けることにしました。

              

今より広いシェルター用物件を探しています
情報提供・お声掛けをお願いします。
(施設の拡充のため移転を考えています。
)
現在シェルターは215平米です。
1階は猫学級、2階は犬学級です。
住所は 東京都中神町3-7-34です。   

・第一希望は都内ですが、あるいは近県で
400平米程度の広さのできればビルを
貸して頂ける方を探しています
・犬猫のフロアを分けて飼育できる物件を探しています。
・緊急保護に対応するため、より隔離部屋を充実させ
なければなりません。
・近隣に公園など犬の散歩ができる場所で、
・吠え声が近隣迷惑にならない、工業団地か大きな道路沿い
・ボランティアさんが集まりやすい立地で駐車場がある物件を
探しています。

以上の物件を貸して頂ける方を探しています
どんな情報でも構いません。
こちらから折り返しご連絡させて頂きます。

現在のシェルターは元バイク屋さんのため、
窓が少なく、エアコンを利用しています。
雨漏りが止まりませんので、湿気が大きな問題です。
(2014年11月、屋根と外壁の補修工事をして頂き
雨漏りが改善されました。)
部屋を20万円かけて自費で作りましたが、
病気や仲が悪い子は同時に出せません。
床が数ヶ所剥がれたままですが、工事には30万円以上かかり
オーナーには断られています。

rjav311@yahoo.co.jp か 
tel.070-6556-5611070-6556-5611
 佐藤まで 
情報がありましたらご連絡をお願い致します。
すぐにこちらから折り返します。
ご連絡お待ちしております 

 
 活動支援金のお願い

 当シェルターでは、瀕死の動物たちの緊急保護に対応しており
すべて治療・手術などで完治、安定しています。
自費とご寄付で医療費を最優先に大切に使わせて頂いております。
ご協力のほど、お願い申し上げます

 クレジットカードでのご寄付が可能になりました
Donation by Credit Card
  
https://www2.donation.fm/rjav2/ (日本語)
https://www2.donation.fm/rjav/ (English) 


 <振込口座>
ゆうちょ銀行  
郵便振替口座 
番号     00210-7-101037 
名義     どうぶつ支援
他行からは 店名〇二九(ゼロニキユウ) 当座 0101037 

銀行口座   
みずほ銀行 向ヶ丘支店(540) 

普通預金   1262115 
名義       RJAV
<領収証ご希望の方は、メールかコメントでご住所をご連絡ください。>
rjav311@yahoo.co.jpあて 


      ~  物資支援の緊急おねがい    
    


  以下の猫用フードが不足しています。 (かなり必要です)

 仔猫のドライフードが不足しています

昨年、次々持ちこまれた仔猫たちは衰弱し、危険な状態でしたが
自力で食べられるまで回復しました。

         

アマゾンほしいものリストからお願いいたします。
                  http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/23U18WAW6SG1F/ref=cm_wl_sortbar_v_p_page_1?_encoding=UTF8&page=1

 結石用のpHコントロール が不足しています。  (かなり必要です)

           
アマゾンほしいものリストからお願いいたします。
                  http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/23U18WAW6SG1F/ref=cm_wl_sortbar_v_p_page_1?_encoding=UTF8&page=1

 駆虫薬が不足しています。 
猫用レボリューション(駆虫薬) 1箱3個入り  (かなり必要です。)

アマゾンほしいものリストからお願いいたします。
            
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/23U18WAW6SG1F/ref=cm_wl_sortbar_v_p_page_1?_encoding=UTF8&page=1

 


 駆虫薬が不足しています。 
猫用ドロンタール(駆虫薬) 1箱4錠入り  (かなり必要です
)

 

 アマゾンほしいものリストからお願いいたします。
            
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/23U18WAW6SG1F/ref=cm_wl_sortbar_v_p_page_1?_encoding=UTF8&page=1

 

  猫ハウスが不足しています。 (老猫、免疫力の弱い子に使います)
   
     

 アマゾンほしいものリストからお願いいたします。
            
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/23U18WAW6SG1F/ref=cm_wl_sortbar_v_p_page_1?_encoding=UTF8&page=1


 使わない毛布
   ・使わないタオル類
いずれも 強烈な臭い、シミのない物  
  をお願い致します。

 寒くなりました。
猫学級の温度は24度をキープします。
暖房を効率よくするため、ケージごとに毛布を被い、中にも敷いてあげます。
使用していない毛布、犬猫用ホットマットがございましたら、
ぜひお譲りくださいませ。


タオル、バスタオル、シーツは15センチ角くらいに切って
送って頂けますと助かります。

(シーツは水を吸うか、確認してください。小さく切ると使えません。)

猫のトイレ掃除、ケージの掃除、犬の掃除など非常に便利に使っています。
紙や濡れティッシュでは、薄くてよく拭きとれません。
(※タオルケット、ジーンズ生地、カーテン生地、おむつ、
下着類はすみませんが送らないようお願いします。)

ご協力のほどお願いいたします。

送り先・・〒196-0022 東京都昭島市中神町3-7-34 RJAV(アールジャヴ)あて
連絡先・・070-6556-5611 佐藤

どうぞよろしくお願いします。

 お問合せ
rjav311@yahoo.co.jp   

  これまで、たくさんの方々に心のこもった物資を送って頂き、
誠に有難うございます 
支援物資はすべて消費期限を示し、大切に使わせて頂いております。

   


この記事についてブログを書く
« 緊急レスキュー!下半身不随... | トップ | 残り少ない生命、下半身不随... »
最近の画像もっと見る

医療支援(メディカルサポート)のお願い」カテゴリの最新記事