Razi Eサポート 学生向け職業訓練、起業家塾、社員研修、出張講義 宮崎ならココ! 様々な力が身に付きます

「企業進化論」「キーワードペーパー」「後出しテキスト」等すべてがオリジナルコンテンツ!
宮崎で職業訓練ならラジ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本年最後です、、、

2016-12-29 | 経済

 

筆者Q・・・・早いもので本年最後となりました。時々友人知人にこのサイトを見てもらうのですが、やはりみんなが興味を持つのは{企業進化論}でいうところの(企業価値、生態的地位)SONYや出版社の回、それと求職者も多いので面接の回です。

求職者にとって気になるところですが景気の現状はどうなのでしょう?

Razi・・・宮崎ではこの4年で人口が3000人流出してしまいました、これに対し仮に求人が2000件減ったとしても求人は1000件増えた事になります。実際には2000も減る事はないでしょうが、これをもって国は「景気は回復傾向にある」と考えるわけです。

また「アベノミクスによって景気が良くなったから私もパートにでも出ようかしら、と思って家庭の主婦がパートで働き始め月25万円の給料を稼ぐようになる」と総理大臣自ら国会でおっしゃってましたね。さて実態はどうか?という事です。

アベノミクス(円安)によって生活物価(日常の生活に必要な食べ物や雑貨、ちょっとした娯楽、衣類等)が値上がりする中で収入はむしろ減り続け、おまけに老後の生活保障はない。多くの国民は消費を控え貯蓄するしか選択肢はありません。金利があまりにも低いからといって国の政策に乗せられ軽率に株に手を出すのは危険かもしれません。

企業も売り上げが落ち続ける中で仕入れ等に掛かるコストは上がり続けるため利益を維持するためには削れるのは人件費だけ、正社員を減らしパートの求人をかけるといった状況です。

家計が厳しいためパートに出ないとやっていけなくなった主婦の有効求人倍率は高くなっているのも当然。株転がしで数億儲けた人達が数万台4kテレビを買うわけではありませんし数十万人分の食事をするわけでもありません、お金は世間には回らない、と、見る事も出来ます。

筆者Q・・・・前半は数字のカラクリですね、そもそも人口が一極集中し全国的にはかなりのスピードで減少している事や資本が一極集中する傾向自体が大問題といったところですかね、宮崎で橋ひとつかけ終わるのに数年掛かり何年か前に工事を開始し完成がオリンピックよりも後、東京ではそれまでにカジノも出来るかもしれません。

Razi・・・東京ではちょっとした不動産バブルですが、空き家率が30%を超えてしまっているのも気になります。

筆者Q・・・・宮崎でもマンションラッシュですが大丈夫なんでしょうかねえ。

Razi・・・古い物件の家賃を値下げしてくれれば県民にとってはプラスです。

筆者Q・・・・結局のところ景気回復はまだまだかなり厳しい感じですが、どうすれば良いのでしょうか?

Razi・・・8年位前に私が県に提案したのは外資(県外、国外からの資本)を流入させるためにいかにして宮崎の商品・農作物を外に売っていくか、県外からの移住を促進するかの企画でした。

椎葉の葉豆腐をパッケージ出来る企業とのコラボで通販出来るようにする等、今でいう6次産業化の話もそこにはありました。当時提案は無視されましたが、現状を見ると県なりに取り組んでいるのではないでしょうか。

筆者Q・・・・これからの産業としては医療、福祉が注目されていますがどうでしょう

Razi・・・私はこれらは産業(=資本を生み出す仕組み)ではないと考えます。あくまでも税金を使う仕組みです。入院患者がお金を使うとしても出所は税金です。

筆写Q・・・・しかし医療用ロボットなんかはこれから売れるのではないでしょうか?

Razi・・・はい、仮に病院が導入するとしてそれを買うお金も出所はほとんど税金ですね。お金が回る点はもちろん景気にプラスです、しかしこれを輸出産業化しなくてはいけません。つまり北九州市が水道のシステムを輸出し(もしかしてメンテナンス・コンサルタント料でも稼いでいるのでしょうか)税収にしているように国をあげて病院そのものやナースコールのシステム、レセプトや診断書の管理システムや先程のロボット等々丸ごと輸出しロイヤリティやメンテナンスやコンサル料を貿易黒字に計上出来るようにすべきでしょう。

筆者Q・・・・なるほど日本の得意分野ですね。なかなか詳細が載せられないのが残念ですが、今回はこの辺で

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 企業進化論、生態的地位、企... | トップ | 企業価値とコンセプト »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済」カテゴリの最新記事