ただいま妄想中

夢、かつリアルな頭の中身をどこへ。

救いとは何か

2008-10-29 15:44:28 | Weblog
いま小休憩で、本坊より戻りました
数時間後には、親戚が来られ始めます

きのう、プロフェッショナル見ました!
みなさんは、見られましたか??

あの番組は、おもしろいですね~
やっぱり「人間」にスポットを当てているからでしょうか。

生き様を見て、いろんなことを考えさせられます。

もう眠ろうというとき。ポツンと若院に尋ねる。
「きょうプロフェッショナル見て、どう思った?」

→まず、ものすごい人だなと。
→でも、どこまで行っても、イタチごっこでもあり。
不老不死に到達できないという事を思った。

だそうです。わたしも、まったく同じことを感じました。


心臓に病を抱えていて、その50%は死んでしまうという
「人々を救う」ことは、本当に尊いことです。

一方、その背景には、改善余地のある人工心臓によって
命を終えてしまう人がいたり。

開発途中で犠牲になる、
豚の心臓=豚の命を奪わなければならなかったり。

手術によって、その一時、延命されても
鞄を提げながらの生活を、余儀なくされたり。

長寿であるのと同時に、
数多くの別れ・苦しみ、悲しみを味わうことにもなったり。

もしかしたら、いま看病してくれている人より長生きをして
孤独な日々を、過ごすことになるかもしれなかったり。


命を救うのは、本当に素晴らしいことです。
もちろん、自分や大切な人にとったら、

1分1秒でも、長く・・・の命なんだけれども。

善の上に悪が成り立ったり、悪の上に善が成り立ったり。

すべては、たった「一点」での判断でしかないんだよなぁ、、。

やっぱり、完全なる善なんて、
存在しないんだよなぁ、、と思ったり。

病の痛みを治して、手を尽くして死から守り
患者に寄り添うのが、お医者さんであるとしたら。

命は終わりゆくものです、と伝える宗教者の目から見て
「救い」とは何であるのか、、。

人間には、不可能な領域があると知らされて
すべてを受け入れて、まかせて、安心する・・・

たとえ、どうあっても、どんな人にも
「願い」が届けられているということを

ともによろこぶ・・・


いや、きっと。宗教でいうところの「救い」は

『いついかなる時も、寄り添って下さる光がある』ことだ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« おはようございます | トップ | 法事と火事 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
速報 (新風会議長)
2008-10-30 21:58:38
浄土真宗本願寺派の立法機関である「宗会」が昨日、解散しました。50日以内に選挙が行われます。解散は平成13年にあり、7年後の今年におこるとは思いませんでした。最近の宗会は首都圏の布活動の重要案件について審議しているみたいですが、混乱が続き、うまく運営されていないみたいですよ。ちなみに戦後6回目の解散だそうです。
すごいね~! (まゆら)
2008-10-31 23:42:06
そうなんですかぁ。国だけでなく、宗門にも
選挙がありますからね~。

大変ですなぁ、と客観的に思ってしまいがちです。でも、そういった役割を担って下さる方もいなくては、と思いますねぇ。

われわれ人間の右往左往に関係なく、
お念仏は、まことであることに変わりはなく、ありがたいものでありますが・・・☆

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事