NO BORDER

Days of Jazz , Sansin and Backgammon

心に栄養を与える本~こころのチキンスープ

2017-05-30 23:59:59 | Book

たまには、良本を読んで、
体にだけじゃなく、心にも栄養を与えました。

心に沁みる短編集が沢山書かれてます。
コメント

足を知る生活を目指して~減速して生きる・ダウンシフターズ

2017-05-22 23:59:59 | Book

豊かな暮らしをするためには、
お金を稼ぎ、モノを買います。
では、豊かになれないそうです。

逆に収入と働く時間をダウンさせて、
豊かな生活を手に入れた作者の考えが
書かれている本です。

今の経済社会から降りたい人が読むと
参考になる本だと思います。

個人的な意見を言えば、
はっきり言って日本人は働きすぎだと思う。
少しシフトダウンした方がいい。

自分なんかお金が有ったら、週休3日にして欲しいぐらいです。

今も自分は仕事は定時で帰るのが当たり前だと思っているので、
働かないようにしたいです。
コメント

整理整頓出来ない自分には・・・「スマートサイジング」

2017-04-27 23:59:59 | Book

必要ない物を減らして生きて行かなくては・・・
あと、無駄な物も買わないように・・・

物では幸せにはなれないようです。
言われれば、当たり前のように感じます。
コメント

テレビないけど・・・「ぼくたちに、もうモノは必要ない」

2017-02-15 00:00:01 | Book

今頃だけど、佐々木さんの本読みました。


自分もテレビを2年半に断捨離したけど・・・

まだまだ使わないのに持ってる物が多すぎるような気がします。
佐々木さんのように徹底的には、必要ない物は排除したいです。

体も物もまだ贅肉が有るので、
少しづつ落とすようにして行きたいです。
コメント

東大卒ポーカー王者のの本

2014-06-08 00:00:01 | Book
2日間で読み終えました。

「人事を尽くして天命を待つ」
王者が最も好きな言葉だそうです。
コメント

本のタワー

2014-05-05 23:59:59 | Book

神田界隈の某書店にて
売り出し中の本が積み重ねられてました
コメント

氷点50年

2014-02-13 23:59:59 | Book
作家・三浦綾子さんのデビュー作「氷点」が

2014年で発表されてから50年になったそうです。

氷点は、1964年に某新聞社主催の1千万円懸賞小説で入選した作品です。
今でも1千万って大金だけど、50年前の1千万って・・・

自分が初めて読んだ三浦さんの本といえば

塩狩峠でした

記憶が正しければ、その時は単に読む本が無くて、
北海道の峠の名前がタイトルになってるのに惹かれただけで・・・
三浦さんがどのような小説を書いてるかも全然知らないで、
古本で購入して読んだだけでしたが・・・

その後は他の作家の作品を読んでいたけど・・・
また読む本が無くなった時に、
氷点を古本で購入し読み始めてからは、
一気にハマってしまい、もう40冊は読んだかなぁー。
コメント

名作らしいけど・・・

2012-06-02 22:41:54 | Book

太宰治 人間失格
自分には合わなかったです
なんでこれが太宰の代表作なんだろうって・・・
走れメロスの方が全然良いと思います


※おまけ
キャバに行くカネ無いけど
伝説のキャバ嬢の本を読んでます

立花胡桃 ユダ

仕事の同じ部の人が貸してくれました
余り期待してなかったけど・・・
結構面白いです
キャバの女って恐ろしいです
コメント

天の瞳

2010-04-26 00:00:11 | Book


灰谷健次郎氏の最後の小説作品
生きる事・学ぶ事の大切さを実感出来ます

適当に生きてる自分には頭が痛いです

時代小説ばかり読んでるから
タマには真面目な本も読まないと・・・

”兎の眼””太陽の子”もお薦めです
これらの本は取っておこうかなと思ってます
コメント

古本買うのを当分禁止しないと?

2010-01-12 22:59:44 | Book

社員をサーフィンに行かせようと天の瞳を購入したら
なんと読んでない古本が26冊にもなっていた

とてもじゃないけど、今年中には読みきれない
来年でも微妙な数です

当分ブックオフ等にはお世話にならないようにします
コメント