美玲詩文堂

ようこそ♪こちらは不定期詩ブログです。
ゆっくり羽を休めていって下さい。
明日羽ばたく為に…。

いたずらと気まぐれ

2024-04-07 00:01:37 | Weblog
0から1以上を
またひとつ生み出せたことの偶然よ

夕焼けがきれいだったから
花が咲いたから
空に虹がかかったから

インスピレーションという名の
心憎い神様のいたずら
粋な気まぐれ
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生まれた理由

2024-03-10 00:03:43 | Weblog
そう言えば
よく分からないし 考えたこともない
今ここにいることは普通のことなんだと
疑いもせずにいたから

でもそれは
決して当たり前ではなかったね

こうしている今でも
実ははっきり説明できないのだけれど
1つ言えることは
生まれた理由は分からなくても
生まれた意味は絶対にあるということ
ただ 答えを知っているのは神様だけなんだよ

これからも生きていくということが
きっと
生まれた理由や意味を探すことになると思わない?

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

その手をずっと

2024-01-06 22:23:32 | Weblog
この瞬間までずっと
考えていました
自分にはできるだろうか?
守りきれるだろうか?と

でもね
1秒でも早く
考えるよりも先に
あなたの手を取ることが
大切だと分かりました

……離さないよ、ずっと
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

優しい世界

2023-12-02 23:28:22 | Weblog
本音と建て前
巷で毎日繰り広げられる
どこか作り物の楽しさ
借り物の中で生きているような24時間
それが証拠に
たまに現実と向き合えば
世知辛さしかない
そして師走の夜は寒い

そんな日々の中でも
夜空の美しさだけは毎日本物
自販機で買ったコーヒーの温もりも本物

缶コーヒーを握りしめながら見上げた夜空は
今夜も無限の優しさに満ちている
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

抜け穴

2023-12-02 01:05:18 | Weblog
抜け穴に出くわしても
そのまま素直に出て行くのは
少し怖い

暗いこちらとは違って
晴れた昼間の向こうは
光眩しい青空
それを見た時
向こうは案外いい所かもしれないと感じた

そうだね きっとそうだ

まずは頭から徐々に
向こうの世界を「こちら」にしていく
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スポットライト

2023-11-18 22:57:36 | Weblog
今まで生きてきた中で一番好きなのは
学校帰りの夕焼け

日の落ちかける時間帯
心の中の
時が止まる
そんな時にこっそりと
片思いの人のこと
思い出す

夕焼けの光が
ちょうどいい塩梅に
私や
心の中の彼を照らす
スポットライトになる

何か劇的なことが起こりはしないかと思う
平凡極まりない私が
心の中で彼の隣にいられる時の
スポットライトにはちょうどいい
秋の夕焼け
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

えも言われぬ……

2023-11-13 00:07:45 | Weblog
正視できない存在
なのに
何かを伝えたい
だけど
言葉が出てこない
地に足をつけたくてもできずに
漂うような彷徨うような
そんなときめきに
体の中から揺さぶられているんだ

それだけあなたの存在が
眩し過ぎて……
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水平線

2023-10-07 23:29:06 | Weblog
不意に
飛び込んでみたくなった

水平線を縁取る光は
キラキラと乱反射して
こっちにおいでと
己の限界を突破してごらんと
囁きかけてくる気がして……

水平線の先には何があるのか
あまりにも未知数だけど

今の自分以上の自分になりたくなってる
確実に……
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

満月旅行

2023-10-01 00:07:33 | Weblog
もしもこの夜空を飛べるなら
手を繋いで一緒に飛びたい人がいる
目いっぱい月の光を浴びながら
着いたら兎を探そうよ
兎がついたお餅食べてみたいね
そんな他愛ない話をしながら
満月旅行がしたい

そんな話ができるのは
たったひとりだけなのです
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

灯台のような…

2023-08-26 23:52:50 | Weblog
あなたがいるから私は
心おきなく旅立てるし
帰って来られる

でも考えてみたら
あなたはその間
どうしていたの?
どんなことを考えていたりしたの?

そんなことを想うようになったのは
大人になってからのこと
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする