押し花アート・ポケット ~内山実枝子のひだまり日記~

ドキドキ・ワクワク 魅力あふれる押し花の世界へようこそ

水墨画風景(押し花)

2018年08月10日 | 押し花生徒作品
水墨・山水画に、押し花をコラボされました。(85L額)

 I・Jさん

以前、おち先生の《水墨画セミナー》を受講してから、水墨画に魅了されたIJさん、勉強熱心で、独学とは言いながら、かなりレベルアップされました。
今回も、台紙を拝見した時に、思わず「このまま、押し花を入れず額装して飾って頂けますね!」と、押花の指導者らしからぬ発言をしてしまいました

教室の片隅で、黙々と作画に集中する彼女を、とりあえず見守ることにした私。
もちろん「何か困ったことがあれば、声を掛けてくださいね」と、一言そえて。

仕上げの段階で、滝や飛沫、水の流れの強弱などを、綿でどのように表現するかについて、いくつかアドバイスをさせて頂きましたが、それ以外はまさに見守るだけ。見惚れるような《水墨・山水画》が出来上がりました


*8月は、全教室がお休みです。
 生徒さんの作品をご紹介出来るのは、休み明けの9月からになります。

 ブログは、暑さに負けなければ、ボチボチ更新してまいります
 皆様も、熱中症にならないよう、くれぐれもお気を付けくださいね 



ここをクリックして応援してください、更新の励みになります↓

にほんブログ村
コメント

パラソル(押し花)

2018年08月07日 | 押し花生徒作品
生徒さんから愛されているパラソル作品ですが、背景台紙によって雰囲気が違うのも楽しいですね。
額を横に使ったデザインは、初めてです。

 U・Kさん

しゃぼん玉に影を付けると、ガラス玉や水滴に見えます。(葉っぱの上に水滴として使われています)
パラソルに使ったサニーレタスの使い方、そして作品全体の色の選択など、トータルとしてよく考えられ、一味違った素敵な印象を受けます


ここをクリックして応援してください、更新の励みになります↓

にほんブログ村
コメント

本格的な日本画(押し花)

2018年08月05日 | 押し花生徒作品

掛け軸、あるいは屏風絵を思わせる本格的な日本画を、押し花で表現されました。
85Lサイズの大きな額です。

 I・Jさん



牡丹に孔雀といえば、有名なのは円山応挙の《牡丹孔雀図》、もしくは花井富貴が浮かびます。
組み立てた牡丹も素晴らしい出来栄えです

教室のお仲間から、感嘆のため息が漏れました 


ここをクリックして応援してください、更新の励みになります↓

にほんブログ村
コメント

ブルーの台紙でパラソル(押し花)

2018年08月03日 | 押し花生徒作品
春には、黄色やピンクの優しい色合いの背景台紙が、気持ちにしっくりしますが、こんな暑い夏は《青》・《濃紺》のような寒色系が涼しさを感じてイイですね

 W・Fさん

 T・Tさん

しゃぼん玉が、水中からポコポコ浮き上がってくる泡のように見えます。
どちらの作品も、ひと時暑さを忘れて癒されます



愛知県名古屋市では、とうとう最高気温の記録更新です、なんと40,3℃…頭がふらふらします。
一日外出した後、作業部屋に入ると、ムァ~ッとした熱い空気が、部屋中に充満していました。

保管袋を詰め込んだ密封ボックスも、触ると何となく熱気を帯びて温かいようです。
冷蔵庫で冷やすと、押し花の乾燥状態が良いと聞きますが、全部の保管袋を冷蔵管理するには、業務用冷蔵庫が一台では足りません。

皆さん、乾燥シートがジットリ湿っていませんか? 押花の管理に気を付けましょうね、お互いに


ここをクリックして応援してください、更新の励みになります↓

にほんブログ村
コメント

水辺の風景(押し花)

2018年08月02日 | 押し花生徒作品
毎日、聞き飽きた挨拶かと思いますが、本当に暑っついですねぇ。。。
こんな日は、水辺の風景をご覧いただくと、少しは《涼》を感じて頂けるのではないでしょうか?

K先生の画集を参考にして、素敵な作品を作ってくださいました↓

 K・Mさん

明さと暗さ、水に映る岸辺の影、耳をすませば、流れる水の調べも聞こえてきそうです
 *撮影時に色々映り込んでしまいました、残念です


ここをクリックして応援してください、更新の励みになります↓
にほんブログ村
コメント